« コロナ禍での俳句依頼あり | トップページ | 春コロナ都市消失のゼロ地点 »

緊急事態宣言延長5月31日まで

>6日から緊急事態宣を延長した。

 5月31日まで。

>ただし 感染収束を見据えての

 一部で制限緩和も。

>医療現場の逼迫の改善がするために必要な

 期間としている。

>感染拡大が深刻でない地域で社会経済活動の

 再開を容認した形だ。

>宮城県ではここ6日間感染者が出ていない。

 村井県知事、郡仙台市長は学校の再開を

 5月31日までとしていたが、

 名取市を除く他の市町村は再開を各自に

 決定して5月11日からが大部分であると

 5月1日には発表していたが。

>再開日が違うのは解除の目安と具体化策が見えて

 いない事が原因であろうが、

 国の方針がイマイチはっきりしない為でもあろう。

>出口戦略を議論するのが遅い性かもしれないが

 各自体、個人はそれなりに腹を括って対応して

 生きる道を模索しようとしているからであろう。

  尚、宮城県の飲食店は5月6日から休業解除

 を知事が表明しているが。

>東芝は5月7日から週休4日勤務、勤務時間、 

 給与同じでの戦略の新しいシステムを実施するという。

>感染拡大防止と経済活動への配慮をどう両立

 させるか、道筋を示すべきである。

>宮城県でも休業、休校、営業時間の検討が

 焦点にになっている。

 経済をどのように回してゆくか課題は多い。

 

 

>さて読売新聞朝刊2面「四季」長谷川櫂

 の連載欄で5月3日から毎日佐藤鬼房の俳句が

 掲載されている。

 佐藤鬼房氏は釜石市出身で 塩釜市の「小熊座」

 の元主宰である。新興俳句から社会派俳句へ。

 今年「佐藤鬼房俳句集成」が死後18年経って

 刊行された。定価3万円。

 5月3日 白桃を食ふほの紅きところより

 5月4日 然るべき荒野はなきかわが端午

 5月5日 生きのびて篠の子を食ふ有難し

 

 

 

>さて 「滝」俳誌への投稿句予定句(7月号用)です。

 

 > 蚕豆の莢四寸に五六粒

 

 > 嫁にやる日まで泰山木の花

 

 > 田に水を入れて瑞穂の国になる

 

 > 素足にてオリーブの樹へこんにちは

 

 > 昼寝癖つきし夫婦や金魚玉

 

 > アカシアの真昼の思慮の足らざるに

 

 > カステラにうすかはあるや夏落葉

 

 > 朝日さししだれざくらも葉になりぬ

 

 > 空海を近くに思ふ楠若葉

 

 > 花の山鬼女が舞ひたる夢舞台

 

 > その昔女人禁制花の寺

 

 

  「滝」 瀬音集より (同人句で選句なし)

 

 「夏山へ」

 

 > 大津波見てゐし春のサングラス

 

 > 石蕗の花足音あらぬ人の来て

 

 > 白神にたつた一羽で囀れり

 

 > 逝く春や湖のまとへる風の皺

 

 > 言霊の降りる五月の竹の冷え

 

 > 目の前の猪飼の森も夏山に

 

 

> 以前作句の新型コロナの句

 

> コロナ禍の仏のごとき土筆かな

> 春疾風コロナ対峙のウォール街

> 刻々とコロナ迫りぬ春の闇

> コロナ禍の句会中止や春寒し

> マスクして微笑み減るも八重桜

> コロナ禍の民のくぐりぬ茅の輪かな

 

 

>仙台一高楡の会俳句部投稿句 (6月号)

 メール句会、30人、5月8日締切、5句提出6句選

 5月24日 選句講評、天地人佳作3句選句

 題「清水」 「立」

 

> 若き女のしめやかに岩清水

> 苔の中より沁み出づる崖清水 

> 写生子のパレットの中風立ちぬ

> くちびるの風に敏しやライラック

> 白神の山毛欅はしづかに暑に向ふ

> 夏霧を脱いで顕はる馬百頭

 

 

> 青磁会(中山一郎代表)6月号用

 茨城県常総市中心の句会 月末投稿、月中選句

 会員15名

 題「風薫る」「天道虫」「休」

 

> 宿坊の大き塗椀風薫る

 

> 天道虫スカイツリーの空高く

 

> 五月憂しコロナ休暇といふ次第

 

> 夏迎ふ大いなる山抱くごとく

 

> さみどりの山繭の村通りぬけ

 

> 種蒔に志功天女を与へばや

 

> 掴みたる鮒のぬめりや青葉冷

 

> つばくらめ畳あをくて冷たくて

 

 

 以上休暇が長かったので作句が進みました。

 

>尚 ここ5年程病気なしでしたが、

 咳がとまらない。

 14日間ほど。

 病院にはいっているが。

 胸やのどはきれいだといわれたが。

 肺、気管支の炎症 喘息のようであるが。

 まさかコロナではないと思うが。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

|

« コロナ禍での俳句依頼あり | トップページ | 春コロナ都市消失のゼロ地点 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« コロナ禍での俳句依頼あり | トップページ | 春コロナ都市消失のゼロ地点 »