« 2020年3月 | トップページ | 2020年5月 »

2020年4月

コロナ禍での俳句依頼あり

>コロナ禍での俳句依頼あり。

 

 「滝」6月号へ 5月12日迄 400字以内

 

> コロナ禍の中の俳人    赤間 学

 

> カミュの「ペスト」(封鎖された街で人は

 

  どう振舞うのか)を読み直している。

 

   コロナ禍の収束後の世界を読み解くヒントに。

 

  少なくとも終息には一年はかかるだろう。

 

  東日本大震災は一瞬の出来事であり

 

  十年目の今も復興再生の途上にある。

 

  あの時俳人はあの被災時を、復興時の

 

  場面場面を切り取ってきた。

 

  それは詠まざるをえない内からの要求に

  

  よるものであった。

 

   今回の新型コロナウイルスによる感染症

 

  の世界的大流行であろうとも、

 

  詠まざるをえない内なる要求があれば詠むだけである。

 

  そして俳句的生活は変わらない。

 

  今は緊急事態宣言中、

 

  外出自粛が期待されているので自由に

 

  吟行に行けないだけだ。

 

 

>    コロナ禍の春の寒さの自宅にて    学

 

 

     年寄りはかかれば死ぬや春嵐     学

 

 

     医療者へ銀座の鐘や春灯し      学

 

 

    五月憂しコロナ休暇といふ次第     学

 

 

 

> ここ二三日で 句集「福島」を読んだが、

 

  是非 その俳句を 書道展への応募作品

 

  として使用する為の承諾のお願いである。

 

   宮城県名取市在住の82歳の方で

 

  10年目の最後の作品として出したいとの事。

 

   「秋天や福島ザブザブ洗ひたし」の句。

 

  又 弘前市からは 感動したので

 

  ねむの会木村直美代表による10月24日

 

  弘前市百石町のコンサートホールに

 

  「俳句を歌曲を歌う」発表の「福島」の俳句を

 

  書にて掲示したいとので承諾の依頼があった。

 

> コロナウイルス禍の終息を願いつつ、

 

 コンサートの開催ができることを願いつつ

 

 承諾というより感謝です。

 

 いろいろ反応が今も在り、感謝です。

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

| | コメント (0)

軍艦マーチ 鳴りやむべし

>パチンコ店の 軍艦マーチが鳴りやまない

 

>緊急事態宣言中、

 

>パチンコ店は営業自粛の要請中の業界であるが、

 

 要請に応じない店名を大阪の吉村知事が 

 

 4月24日に6店公表。

 

  府内では700店程あるが、開店数は20店程。

 

> 東京都の小池百合子知事は休業要請に応じていない

 

 41店舗であるが、要請を再度お願いして

 

 4月28日に再度現状を公表するとの事。

 

> 兵庫県、茨城県も公表を予定している。

 

> 改正新型インフルエンザ対策特別措置法による

 

 「休業要請」から「要請」へ

 

 「要請」から「指示」へ。段階があるが、

 

 「3密」による感染拡大防止のためには

 

 利用制限を発するのが遅すぎる。

 

>パチンコ店の北朝鮮総連系との関係もあるが、

 

 中朝関係筋で中国からの医療団50人の北への派遣

 

 が報じられている。コロナが発生したので

 

 金正恩氏の首都からの移動があったらしいが、

 

 健康不安中 重篤説が浮上しているが。

 

>パチンコ業界は警察庁と関係が強く、

 

 天下り先としての思惑があるのかと勘繰る。

 

> 東北七県(北斗七星)、仙台市、新潟市

 

 も共同で休業要請した。

 

 つまり休業補償が得られる事も示している。

 

  又「県境の移動をしないように」とも。

 

> 又 検証すべき事に岩手県の感染者ゼロの検証。

  

 達増知事は外務省入省後、ジョンズポプギンス大学へ

 

 出向して、感染症対策も受講してをり、

 

 保健所の人に聞くと早め早めの対策がされているとの事。

 

  この検証を是非、地方の県は参考にすべきだと思うが。

 

> 営業のできる食料スーパーの3密は

 

  改善の方向へ向かっているようだが。

 

> 驚いた 岡江久美子さんのご冥福を祈ります。

 

> ヤンキース田中選手が全額で3千⑤百円寄付。

 

 巨人原監督以下、阿部、菅野、坂本、丸選手が

 

 5千万円 医療関係者へ寄付したとの事。

 

 つながりも目にみえてきた。

 

>会社は29日~6日までの連休になった。

 

 同僚で千葉県、埼玉県、東京都の自宅で

 

 帰省ができない人もでたが。

 

> コロナ回復者の血漿から重症者への

 

 回復が期待されるとの記事をみた。

 

 刻々よい方向に向かっている。

 

 大丈夫だよと。

 

> 東京都の感染者数から見ると4月17日の201名

 

 がピークであったように見えるが、安心はできない。

 

> 命を守るステイホーム週間にしたい。

 

>一月からの点盛り点が多い青磁会句会の俳句を掲載します。

 

   漉く紙に漉きし手をもて賜りぬ

 

   それぞれのふるさとにある雑煮かな

 

   藤蔓の太く捩じるる淑気かな

 

   大寒の光の粒の中にあり

 

   シベリアに遺骨残れり冬の星

 

   洗ふたび深まる藍や冬の川

 

   テノールにソプラノからむ雨水かな

 

   除染田に客土の山や日脚伸ぶ

 

   探梅の誰とも遭はぬ野山かな

 

   校庭の大樹忘れず卒業す

 

   石段のすきまにこぼるる菫かな

 

   灯の点る雛の間に父いましけり

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

新型コロナで一句

新型コロナで一句。

 

>   コロナ禍の先の見えずや桜散る

 

>  刻々とコロナ迫りぬ春の闇

 

>  年寄りはかかれば死ぬや春嵐

 

>  コロナ禍の春の寒さの自宅にて

 

>  医療者へ銀座の鐘や春の宵

 

>  コロナ禍のコロナ休暇や五月憂し

 

>  コロナの世界蛇の舌を炎とも

 

>  コロナより逃げて夏の夜のスキャット

 

>  コロナ禍に柶みたる世界涅槃雪

 

>  掴みたる鮒のぬめりやコロナ冷え

 

>  コロナ禍のコロナ離るゝまでの夏

 

>  コロナ禍の家族団欒花の冷え

 

>  コロナ禍は家にごろごろ春灯し

 

>  風信子コロナ崩るゝ波頭

 

>  五月憂しコロナ休暇といふ次第

 

>  コロナの感染拡散麦の秋

 

>  コロナ禍の自粛八十八夜かな

 

>  竹皮を脱ぐコロナはあちらこちら

 

>  コロナにKO寸前夏落葉

 

>  コロナ禍を知りて忘るる初鰹

 

>  春潮の匂ひもせずやコロナ宿

 

>  コロナ禍のことなくすぎて花散りぬ

 

>  コロナ禍の句会中止や春寒し

 

>  教会のミサも歌えず春浅く

 

>  コロナ疲れの身に仏の座を舌に

 

>  むず痒きまで春コロナ孵りけり

 

>  泥中に芽吹きコロナと同じやう

 

>  コロナ禍の倍々々に進む春

 

>  遺影見てコロナの影や春遠し

 

>  動物に好いて好かれてバカ殿忌

 

>  コロナ禍の民のくぐりぬ茅の輪かな

 

>  先見えず加賀友禅のマスクして

 

>  妻の手作りマスクして知事会見

 

>  ご当地のマスクに自粛する気なし

 

>  蕗味噌のかをりせぬコロナ感染か

 

>  PCR検査に冬空ゆくごとく

 

>  PCR検査にしばらく花水木

 

>  コロナ禍の仏のごとき土筆かな

 

>  ここ二日熱出て独り暮らしの春

 

>  伝播経路をつきとめる長い春

 

>  合掌して終る介護苑春深し

 

>  コロナの内なる炎よ龍天に

 

>  合掌して終る介護苑春深し

 

>  マスクせずパトカーちょっと止まりけり

 

>  コロナ禍に大飯食らふ菖蒲の日

 

>  マスクして人に遭わずや春の山

 

>  コロナ禍や土手駆けあがる野火の果

 

>  コロナ禍に死装束のなかりけり

 

>  花散りてコロナのなをも空に満つ

 

>  マスクの中にせぬ人を見てゐたり

 

>  顔に出ぬ肺の嘆きやバカ殿忌

 

>  春の闇見えぬコロナにおそれをり

 

>  コロナ禍の自宅自粛や春灯し

 

>  町中のコロナかんなくずのごと

 

>  春嵐コロナと対峙ウォール街

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

4月18日日本感染者1万人を超え

>4月18日 日本 感染者1万人を超え

  ついに1万人を超えたという感じ。

  東京都も一日200人を超えた。

     30代以下 拡大1/3.若者に増えている。

  3月下旬から加速した。

  世界の死者は15万人を超えた。

  ここ1週間で5万人と急増。

  尚 コロナ偽情報が世界で拡散、注意が必要。

 全国への緊急事態宣言が4月16日に出たが

 遅いでしょうと素直に思う。

  とりあえず感染者の鼠算的伸びは回避されて

 いるようだが。

   100年前のスペイン風邪で日本は38万人が

 死亡した事実は忘れてはいけない。

>会社でも 対応に途惑っているような連絡が

 届いて、又現状の変化に またまた変更の通達が。

 

> 7から13へ 都道府県の特定地域への帰省は

 5月の連休に際しては帰らないように自粛してとの事。

  借り上げ社宅の福島、郡山、いわき、福島

  南相馬、相馬等に留まるようにとの事。

> それ以外の県を跨ぐ場合(ほとんど福島→宮城)

 も同じだと捉える現場の代表者のパニックぶり。

  また24日頃には、帰省者のリストを

  会社へ提出等と騒ぎ始めた。

  それぞれの場所でパニックの判断間違いが

  おきているようだが。

> 会社的には、ゼネコンの対応もまちまちだ。

  東京都内の現場でS社、は感染者がでたので、

  500か所休工、しかし 福島の浜通りで

  継続施工。

  又別の、K,T、O社等は、思惑から、

  発注者の指示がない場合は継続施工。

  指示がでたならば、その間の休業補償が請求

  できるので休工。

   泣き寝入りはしない建設業界である。

  又下請けも、元受けが休業しても、別の

  元受けの仕事に預かるなど、さまざまである。

   新規入場者教育のステッカーがヘルメットに

   飾ってあるのがよく見える風景だ。

>途惑っているのは、国もそうかなとも。

 10%程の収入減者に30万円支給であったが、

 ある政党の 国籍に関わらず一人当たり10万円の

 給付案に迎合、20日には国会での予算措置が決定しそう。

 世帯主が郵送やネットで申請との事。

  5月中には配布対応をするとの事のようで。

 

>新型コロナは重症者への高度医療体制が大切である。

人工呼吸器のトヨタ等の他業種の参入が進んでいる。

 医療の衣服防護服とか感染防止器具であるが、

 これも他業者の参入が進んで来た。

 日本の死亡者数から、クラスター対策は

 正解だと思う。

  検査で喜んでいる韓国とは違うが、それなりに

 日本もドライブスルー等の検査体制の充実も。

  AI医療体制改革、

 日本もAIドクターの存在が必要である。

 そこである程度絞り込める為。

 

 今後非常時の管理社会の良い面の見直しも必要とも。

>普通の顔をしているが、コロナ禍で自宅勤務

 収入減等でイライラ、不安が募る。

 DV、暴力に対応すべき。差別の連鎖が進む。

 コロナに擦りかえらない事が必要。

 コロナストレスに立ち向かう事。

>又 このコロナ対策は最低でも1年間は継続する。

 特に3密の場所、ライブハウス、パチンコ屋、

 映画館、夜の繁華街等は完全封鎖する必要がある。

 その覚悟が必要になっている。

 

> 最新コロナ医療対策として 感染者の回復した血漿を

 投与する事が進められている。 

  中国も米国も進んでいるが、国立国際医療センターで

 チームを作り活動がはじまっている。

  ワクチンができるまでの1年間を何とか対策を。

  それにしても、医療に携わっている人に感謝と

 自分の身体も大切に従事する事を期待します。

 

> 例により 暇にまかせて俳句等 

  壷焼で一句。

 

>  壷焼の壷を見壺の中を見ず

 

>  壷焼の煮えたぎりたり大黒舞

 

>  壷焼の壷を担ぎて大黒来る

 

>  壷焼のおのおの滾る夕焼中

 

>  壷焼の潮の香のなほまつはりて

 

>  海女言へり壺焼すれば海荒るる

 

>  壷焼の口開かざる開かざる

 

>  壷の貝塚を見て壷焼を喰ふ

 

>  茜色の海草食ひし壺を焼く

 

>  壺焼に口約束をさせられし

 

>  壷焼や奏でそめたる海の色

 

>  入海のあをあをもつて壺を焼く

 

>  壷焼の香に数分も持たざりし

 

>  壺焼の渾身の闇開きたり  

 

>  壷を焼く黒雲北へ北へゆく

 

>  壺焼や海の夕日にまぎれなし

 

>  壷食へば海の月夜の起伏かな

 

>  東北の北は淡しや壺を焼く

 

>  壷焼の壷の大粒小粒かな

 

>  壺焼に匂ひ発ちたる夕べかな

 

>  寒風山焼きて煮立つる栄螺かな

 

  それでは来週(土曜日)まで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   

 

 

 

 

| | コメント (0)

新型コロナ対策の今

> 新型コロナ対策の今

 

 4月11日日現在 世界の感染者は150万人程であり、

 死者は10万人を超えている。

 はっきりした数字はWHOすら把握していない。

 ましてや中国での死者等は、中身がわかるに従い

 ますます信用できなくなる。

 とりあえず 米国が感染者が50万人程で死者は1万8千人

 であるが、米国が推定していた死者数24万人から

 大幅に減って 6万人程に抑えられる見通しになったとの事。 

  これも大統領選を見据えての情報操作かとも思うが。

  スペインは感染者数16万人 死者数 1万6千人

  イタリアは    15万人     1万9千人

  ドイツ は    12万人       2800人

  フランスは      9万人      1万3千人

  中国  は    8万2千人      3400人

  ・・・

  ロシア は    1万2千人        94人

  韓国  は    1万500人       208人

  シンガポール     1910人        6人

  香港          973人        4人

  ベトナム        255人        0人

  日本          6184人     120人

 

 が今日現在のデータです。

 やはり 中国 ロシアのデーターは死者の数が

 異常であるようだが。

 情報を操作するのが、感染対策には一番危険である。

  武漢の都市封鎖の解除は大丈夫か。

 一日1件の感染者だとは。

     2,3月で中国の携帯解約者が1千400万人

  である事から判断しても、感染者数はおかしい。

   病気で死んでもコロナ死にはならない統計である。

 

  米空母に感染者。

 中国軍の南シナ海への活発化。

 又、中国共産党の「謝らない」体質が

 わかりやすく示している。

 それにしても

  米国の失業解雇で1600万件の失業申請件数、

 皆医療制度はなく、食料配給の恩恵を受けている人もおり、

 貧困層への感染が本当に収まるのか。

  今後のアフリカ対策も同じ状況であろう。

 戦時下のトランプ大統領の手腕が問われる。

 

>国と東京都の対応にコロナ対策に温度差があるが。

 基本は 自粛、規制をする業界への補償の点からである。

 東京都は財政的に優位であるので、今回は

 規制の業者に関して政府を押し切った形になっている。

 これは小池知事以下の東京都の感染に対して深刻さは

 譲れない局面になっている事がそうさせたと考えられる。

 東京都 4月11日 感染者189人で、最多更新。

 緊急事態宣言後も収まらない。

 学習軸 スポーツ施設、映画館。ネットカフェも休業施設だ。

 接触を8割減少が目標である。

  橋本元大阪知事の「口を出すなら金を出せ」の業界を

 代表している意見であり、当然である。

  個人業者への感染防止拡大協力金を支払う予定である。

 神奈川も休業補償を打ち出した。

 少し 国と都県との調整連携をもう一度徹底する事が大切だ。

 それにしても 岩手県感染者 ゼロは快挙であるが。

 三密の日本最大の過疎地帯だからというわけでもない。

 小まめな達増知事の対応の手腕がある事も忘れてはいけない。

 

 

>尚自粛においては各国の対応が違うが、日本は甘いとの

 認識があるが、国内経済の状況との兼ね合いがあるからと。

  ただ、封鎖すればいいという物でもない。

  アルベールカミュの「ペスト」が売れているが、

 私もアマゾンで購入しているが、どう生きるか

 、終息後の世界を考えるために。

> 又 クロスビーの「史上最悪のインフレエンザ、

 忘れられたパンデミック」みすず書房

 1918~1919年のスペイン風邪の本

 ウイルスは見えないので様々な事が起きる

 「正しく怖がることが必要だ」

 「国際協力体制が重要だ」

>1964年小松左京原作 「感染列島」

 深作欣二監督 「復活の日」映画が思ひ出される。

>又「首都封鎖」の映画も現実的になってきた。

 しかし今 「国民民主党玉木代表」提案の

 都市封鎖はパフォーマンスではないか。

 医療崩壊を防ぐ対策が急務だ。

 

> 尚 アグネスチャン姉の要請を受けて香港に帰宅している

 香港の状況をブログで発信しているが、

 リストバンドで行き先を記録される。食糧の買い物や散歩も

 できない自宅待機である。

 米国にいる日本人の投稿も 日本はゆるすぎるとの懸念が

 書き込まれている。

 

> 又 コロナを巡る偏見と差別をなくさなければならない。

 各病院やクラスター場所やお店、京都産業大学等への

 恐喝などがではじめており、使用では注意が必要。

 医療関係者への差別に対してスポーツ選手による

 拍手の動画で励ましているが。

 

> 八月の仙台七夕、花火大会、ねぷた祭り等の中止が決定した。

  現在は桜祭りの禁止、自粛が進んでいるが、

  宮城県の白石川堤の一目千本桜が満開である。

 

     蔵王背に一目千本桜かな   学

 

  昨日は 福島県浪江の請戸川の桜吹雪の中にいたが。

     仙台市太白区の我が家の前は花吹雪の最中である。

  笊川沿いの桜も花吹雪であろうか。

   4月8日に福島県の双葉町大熊町の環境省の中間貯蔵施設で

  線量を測定しているゼネコン・S社やA・H社に感染者が

  でいるが、自宅待機を素早くとり、現場は2週間ほど

  休業する事になっているとテレビ報道されている。

   病院だけでなく、仕事場に感染者が出始めている。

 

> 私の仕事場は 感染者がでていないので、通常の

  仕事をしているが、いつまで続くか心配だ。

   だが、この4月10日から2週間、4月24日まで

  削減8割の自粛が成功すれば

  5月の連休にはピークアウトされるであろう。

  対策班の北大西浦教授のデーター解析である。

  今日は銀座、渋谷は7割減。

  電車の移動の自由で8割減は厳しいとあるが。

   それから徐々に活動が解禁されて7月頃には

  終息の流れができるであろう。

  世界的には5月頃からのアフリカでの感染で

  又第二波が、第三波が世界を襲う可能性がある。

   基本はその流れを科学的に推測してつぶしてゆく

  事が大切である。

 

> あすを考える。 コロナ禍の後。

  ネットワーク化が進む世界。

  そして あらゆる伝達が増幅されてしまう。

  デマもウイルスも。

  IT全体主義に立ち向かう民主制を厳守し

  なければならない。

    重要な事は

  全てが繋がっている世界は理想郷に近いが、

  巨大な富の集中が進む事であり、

  世界の富は7人の巨人に世界の富の90%が

  集中する。

  貧富の格差是正の仕組みを早急に考えて

  おかねばならない。

  今世界がかんがえなければならないのは

  コロナ後の世界である。

   戦争の為の開発競争の金を、

  ウイルス研究に使うべきである。

   5年程前ビルゲイツが提案したが、頓挫している。

  つまり21世紀の世界で一番怖いのは ウイルスである。

   約10年後毎に 世界的流行爆発を起こしている。

  このコロナ禍の最中だから考えておかねばならない。

  

 

> 新型コロナの影響で世界が一つに。

 

  それを祈る。

 

  コロナには人類で対抗しなければならない。

 

  世界が一つにならなければ対抗できない。

 

  コロナ禍の終息のあとの世界を考えなければならない。

 

  そうでなければコロナ禍と戦った意味がない。

 

  新しい世界の模索が始まっている。

 

  世界で何が起ころうが、変わらない事もある。

 

  そうです。

 

  俳句を作る事です。

 

  そんな人生があってもいいのでは。

 

> さて 俳句をいろいろ作ってみたが。

  少し 載せますね。

 

>  一山を神とし春の灯りかな

 

>  春燈や円座に着きし炉のほとり

 

>  春燈やほぐれてゐたるこころざし

 

>  寺一つ浦ひとつあり春灯

 

>  春燈や露天湯に柚子二つ三つ

 

>  春燈やマストを立ててカレー食ふ

 

>  春燈や妻ゐて子ゐて孫のゐて

 

>  春燈や粥の淡きに青菜あり

 

>  春燈や敷藁の上に馬の糞

 

>  春燈や空の匂ひの鷺の翅

 

>  春燈や湖の山小屋に佇ち

 

>  春燈や孫に曳かれて橋の上

 

>  春燈の工場の角曲がりけり

 

>  大きくも牛の仔といふ春灯

 

>  荒鋤きの田なり蔵王の春灯

 

>  歩ききて手のあたたかし春灯

 

>  夕暮れは汽笛の近し春灯

 

>  春燈のひと来て午後の短かけり

 

>  浄瑠璃の眉毛の影や春灯

 

>  駅長の敬礼の手や春灯

 

>  咥へたる林檎の接穂春灯

 

>  春燈や鮫の目の青々とあり

 

>  春燈や虚子の墓より風吹きて

 

>  駅近くなれば走りぬ春灯

 

>  白波の歌舞伎の傘や春灯

 

>  春燈や庖丁きらり台所

 

>  春燈やわがこゑの身にのこりたる

 

>  蜜蜂は銀座屋上春灯

 

>  北国の日暮れ短かし春灯

 

>  春燈やあしたの伊達の街づくり 

 

>  人群るゝプラットファーム春灯

 

>  春燈や葱又葱を刻む音

 

>  春燈の自転車翼もらひけり

 

>  春燈の長閑なるさま絵付皿

 

>  春燈の二夜三夜経るタイヤ跡

 

>  婆ちゃんの昔の話春灯

 

>  春の灯や失いしもの夫足して

 

>  春の灯の家を出てゆく人の影

 

>  春燈の竈の土間を通りけり

 

>  金襴の娘うしろの春灯

 

>  春の灯に土の匂ひのたちにけり

 

>  春の灯の障子の影の一枝かな

 

>  春燈の一行の詩をのこしたり

 

>  春燈やフェリー埠頭の雀らに

 

>  春燈の俎板に水垂れてゐる

 

>  春燈やメタセコイアの化石あり

 

>  春の灯の竹見返してをりにけり

 

>  春燈に水の匂ひのゐたりけり

 

>  生ハムの食卓にあり春灯 

 

  とりあえず今日はここまで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

村井宮城県知事、郡仙台市長 新型コロナ急増に自宅自粛へ、

>宮城県 仙台市 新型コロナ 急増。

 4月3日に6人 感染者が判明。

 宮城県では感染者 18人に急増。

 このうちに20歳代が半数の9人を占める。

  村井知事は「今一番大きな問題は若い人の行動」

 と指摘。若い人も重症化すると強調している。

> 18人の内15人が仙台市発生である。

 秋田から来た外国籍(4人)(外語講師)のクラスター場所

 「 HUB仙台一番町4丁目店 」

  南北線地下鉄「勾当台公園駅」(市庁、県庁への駅)から

 定禅寺通り側入り口をおり、一番丁へ、仙台三越を過ぎ、

 100m程で、右側へ折れて国分町の繁華街へ進みつつ

 50m程の場所 稲荷小路の前の場所である。

 この飲食店での接触によるとの事。

  濃厚接触者は5~10人程いるとの事。

 陸上自衛隊に災害派遣要請で医官の派遣が決まった。

  若林区「西友大和町」の40代パート。総菜を扱っていた。

 大崎市は大崎市民病院は勤務医と 職員2人程。

 このクラスターの原因究明が急務。

  大崎市民病院は宮城県北の拠点病院。

 同級生の太田君が15年前から計画して新築した

 最新設備の病院で、建設の前に私も訪問した事が

 あり、4年前に病院長を引いたばかりである。

  同級生の医師のご子息で大学が同じ野球部の浜田君も

 勤務している。早い段階から対応しているの大丈夫と思うが。

 我が太白区に東京から転入した3人の感染者がわかった。

 転入届で提出であるので、区役所へはいかないように。

   知事 市長とも 学生のこの土 日 の

 外出自粛を訴えている。

  仙台駅のエスパル仙台、パルコ、イービーンズ、

 三井アーバン、各地区の映画館 休業。

 ウシエスーパー、ヨークベニマルは 一部営業する。

 基本は 食料店はあいている。

  3密「密閉」「密集」「密接」を裂ける事を訴えている。

 

>仙台市は3日に花は満開である。

 4日我が家の前のサニーライフの介護苑の桜も

 満開である。

 外出自粛で 介護苑への出入りもない。

 

>緊急事態宣言を発するのか。

 首相の決断は 今ではないとの事。

 私もそう思う。

 何故なら 国民に

 「宣言前に、対応方針の具体化策

 を知らせる事が急務だから」

 首相も、小池知事の方針も 科学的にサポートされて

 いるようなので安心であるが。

 「都市封鎖」との誤解を解けと言いたい。

 東京都は感染者4月4日は120人。やばい。

   長期化に対して持久戦対策をする事も必要になる。

  社会機能の復旧をしながら、うまく付き合いながら。

 

>医療崩壊防止に「軽症療養は病院外で」

 トリアージの考え方で、優先順位を明確に。

 瀬戸際が継続している。

 感染者数は 今週がポイントである。

  医療施設へオンライン化の流れが急務。

 不安を無くすために。

   尚、全世界は感染者100万人超。

 マッハッタンから人が消えた。

  国際線も運休で 日本人4000人が帰国できず。

 

>現金給付 1世帯 30万円に増額。

 1250万世帯への給付を想定している。

 小規模事業者の事業継続のために給与金制度

 の創設が急がれる。

 世界規模の会社も 欧米の経済の減速 失速での。

 影響が必須。

 つまり、外出制限での個人消費が冷え込んでいるから。

 「外食産業」等の落ち込みは90%減で

 営業できない状況である。

 車は売れないから 生産調整の大波をかぶっている。

 ロックダウンしても長い期間が問題だ。

 社会的混乱を招く。心配だが。

>世界77億人、新型コロナの免疫をもっていないから

 免疫をもつまでは感染しつづける。

 新薬ができる1年後までは感染し続ける。

 それまでに感染しないことが重要だ

 手洗い、うがい等。 

 

> 今後はコロナの後の世界の構築へどのようにするか

 を模索する事が一番重要である。

  米中中心の経済世界から 別な価値観をもって。

 

>外出自粛で 今週末も俳句三昧になる。

 

>   コロナ禍の先の見えずや桜散る    学

 

  桜を読む

 

> 桜咲く弘前へ汽車のりつぎて

 

> 晩年の見えてくるなり夕ざくら

 

> 潮の香の汀こそよし花月夜

 

> 山近く桜の包む街の中

 

> 桜咲く眼を山にぬすまるる

 

> 白雲のふえてをりたり八重桜

 

> 一斉に花の散るさま春の山

 

> 花吹雪お堀の前に岩木山

 

> 花吹雪青年愛を知りそめし

 

> 花祭ひと雨ふりてゆきにけり

 

> 花吹雪都を百里離れたり

 

> 花ひとつ鍾乳洞を下りてゆく

 

> 花の葉の出て曇天の翳りかな

 

 俳誌「滝」へ

 

> 雪解川女の咽喉のころころと

 

> 海鳴の聞こへ揚羽の荒々し

 

> 花の葉の出て曇天の翳りかな

 

> 潮の香の汀こそよし花月夜

 

> ふらここや宇宙の果の夢の中

 

> 仏とも鬼ともなりし虚子忌かな 

 

> 大空のトランペットの暮春かな

 

> 木蓮の花弁や波紋なす刃

 

> 雨音に雨遺りたり花蕾

 

> 春蝉や起伏の丘を裸馬

 

> 白昼の春の微塵になりにしか 

 

> 連翹や膝にいとしく手を置きぬ

 

> どんどんとドンキホーテシャボン玉

 

> 若き女のしめやかに春の雨

 

> 噴水の空の高さに鈴の鳴る

 

 

 仙台一高楡の会俳句部へ投稿句 「春光」「里」

 

> 春光や蔵王の天に鳶ひとつ

 

> 古琴や蝶の里山語らしむ

 

> 春泥や荷風のをみなどぶ板を

 

> コロナ禍の先の見えずや桜散る

 

> 啄木忌今また一つ嘘言へり

 

 

  青磁会へ投稿句 「ライラック」「暮春」 「下」

 

> くちびるの風に敏しやライラック

 

> 夏落葉山刀伐峠下り来れば

 

> 猫の恋一夜かぎりの恋もあり

 

> 白昼の春の微塵になりにしか 

 

> 竹皮を脱ぐ野仏のあちら向き

 

> 風の日のことなくすぎて花咲きぬ

 

> 山に目を盗まれて花水木咲く

 

> 晩春のほとけを真似てをりにけり

 

 

  とりあえず、じゃ。今週はこれまで。

 

 

> 尚 タイトル 「四国遍路」 20句  赤間 学

 

>  秋立つや阿波は夕日の大き国

 

>  鶏頭の日暮はどつと眉山見ゆ

 

>  露けしやあと一寺を一里ほど

 

> 一心に祷る白衣の露に濡れ

 

>  コスモスの中の迷路に行き昏れて

 

>  椎の実を拾ひしことが今日の幸

 

>  霧の夜の膏薬にほふ遍路宿

 

>  風音と団栗落つる記憶のみ

 

>  石段を登りし黙や鳥渡る

 

>  神の意のまゝに大霧山下る

 

>  同行二人として花野に昏れて

 

>  巡礼の背に風あり曼珠沙華

 

>  白湯あまし寺の夜寒のつよければ 

 

>  鰯雲みほとけの掌は空を享く

 

>  真直ぐに芒の中へ夕ごころ

 

>  源平の舟溜りより夕月夜

 

>  御朱印を額に掲ぐる夜長かな

 

>  神杉に巻きつゝ散りぬ蔦紅葉

 

>  今生を忘れんとふる落葉かな

 

>  瀬戸内に帰燕の空のありにけり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

« 2020年3月 | トップページ | 2020年5月 »