« 2019年9月 | トップページ | 2019年11月 »

2019年10月

台風19号 被害5万6000棟に

>台風19号、2019.10.12 東日本に洪水や

 土砂災害に甚大な被害をもたらした。

>1週間が経て、被害住宅は5万6000棟に及ぶ。

 又雨の日の土曜日をむかえた。

 被災者やボランティアらは懸命に復旧作業を続けている。

 釜石市でのラクビーのカナダチームも復旧活動に

 あたっている。

 

>個人的であるが この度 宮城県吉田川が決壊した様子を

 テレビ画像や新聞の写真の大写しで報道されている。

>そして、その吉田川の決壊箇所、大郷町粕川地区の

 旧粕川小学校(現在 何年か前に廃校になった。現在は

 旧大谷小学校内に統合大郷小学校になっている。)こそが、

 私の出た粕川小学校である。

 校庭の脇がお寺を覚えていたが、この地区は旧品井沼の

 西側にあたり、明治、大正、昭和と品井沼干拓事業で

 農地になった場所である。

 祖父の代に吉田川と鳴瀬川との交差にサイホン形式の水路を

 作って水を排水して広大な農地にした場所である。

>このことを高校1年の夏の地理の宿題として、レポートした事が

 少し片隅にあり、大学もその学部へと進む事になった。

>1986年8月にも大きな洪水被害があり、国直轄事業で

 再三土手の改修工事をしてきたが、30年ぶりに又同じ

 結果をもたらした。しかし生死にかかわる点はなくて

 なんとか復旧を始めている。

 友達に電話をかけてが、一部不通であり、友達を介して

 安否と確認したりしたが、なんとかなるという話で

 少し安心した。

>又 台風が来そうであるので心配だ。

>11月15日、16日に松島のホテル壮観で、毎年粕川小学校

 100名卒業生の懇親会を開催している。

 20名が鬼籍に入ったが、例年30~40名が出席しているので

 愉しみであるが、今年はいつもと違う話が聞けそうである。

 話を聞いているのも一種のボランティアで思っているが。

 

 

 

 

| | コメント (0)

俳誌「山茶花」(主宰三村純也)で句集「福島」、今月の本棚よりに紹介

>俳誌「山茶花」(主宰三村純也)で

 句集「福島」「今月の本棚より」に紹介される。

  尚、三村純也氏がNHK俳句選者時に、

  2011年,11月特選 凩や瓦礫は今も街の中  学 

  の選を受けた縁がある。

 

>「今月の本棚より」は卯滝文雄の記事です。

 一番目に宇多喜代子さんの句集「森へ」

>二番目が赤間学句集「福島」

 

>「滝」同人赤間学氏の第一句集である。

  平成四年から平成三十年までの四百五十五句が

  収録されている。

  作者は平成四年「滝」入会、菅原鬨也に師事。

  現編集部長。東日本大震災後の人類や自然が、

  どのように変わってゆくのかを知りたかった

  というのが句集を編むきっかけとなった。

 

   暮れてなほ暮れゆく秋やみちのくは

 

   滝壺の渦の離るる晩夏かな

 

   紅葉散るたび遠くなり母の耳

 

   松島の海揺らぎなき帰雁かな

 

  どの句も哀愁が漂っている。

 

  一句目、第五十回松島芭蕉祭全国俳句大会の

  長谷川櫂 特選一席の句である。

  みちのくの秋を余すことなく伝えている。

 

 

>  甚平着て晩年といふ軽さかな

 

   鷹の巣や谷の底まで蔵王晴

 

   畳替へ父母を待ちゐる門火かな

 

   冷え曇る硝子の窓や山開

 

  一句目、作者と同じ団塊の世代は、大方の人が

  第一線を退かれていると思われる。納得の一句。

  尚 赤間学氏(主に港湾土木技術者)は 東日本震災

  後、仙台新港の国際ターミナル埠頭等、4000m程の

  沖防波堤復興事業を多賀城市の国交省事務所で技術支援

  コンサルとして従事し、後に現在は環境省の福島地方環境

  機関への技術支援業務に従事している71歳である。

 

  二句目、蔵王という地名が句の格調を高めている。

 

>  あの日より水仙は我が地震の花

 

   避難所のふるさと語る吊し雛

 

   溝浚ふ人ら春日の中に居り

 

   被災者のその後聞きゐる夜長かな

 

   震災後の福島を詠んだ句である。

 

  第三十回日本伝統俳句協会賞佳作一席(準優勝)の三十句

  も含まれている。

  

  復興再生作業は令和への時代へと引き継がれている。

 

   

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

« 2019年9月 | トップページ | 2019年11月 »