« 句集「福島」平成を貫通する句集 2000年代 | トップページ | 句集「福島」2005年代  »

令和元年5月1日です 互いに健康に

>令和元年5月1日です。互いに健康に。

 

>平成最後の宮城県俳句大会が4月29日にありました。

 

 応募作品は全滅でした。

 

>失礼ですが、応募作品を載せますね。

 

「2019 県俳句大会」応募作 

>晩鐘や春夕焼けの土に撒く

>見ることにこころの至る弥生かな

>鶯や泣くにまかせよ泣く子には

>八月やくり返し聴くソノ・シート

>大陸や黄砂より出づ父の貌

>春風や夢に虚子先生の来て

>師を遠く見る眸も一縷萩根分

>青一天の墜ちきたり抱卵期

>雁帰る民族絶えて言葉絶え

>鷹鳩と化して戦士の消えし街

>墓洗ひつゝ訛りを塗り込みぬ

>くるぶしを佳き押す土や種を撒く

>花の夜の道の果てなる虚子忌かな

>アメリカ大陸のなき地球儀ガリレオ忌

>まくなぎの骸と土とかよひあふ

>月の出やあぢさゐは毬育ちつつ

>虚子の忌や女性はつよき言を言ふ  」

 

>尚選者12名特選3句 入選⑮句 計120句

 応募作品981句

 

 河北新報賞は

>河口より潮の匂いし春ショール

 

でしたね。

 

>それにしても今年の会場係は疲れました。

 それにしてもに懇親会、二次会と大変楽しい時を過ごしました。

 

 

 

|

« 句集「福島」平成を貫通する句集 2000年代 | トップページ | 句集「福島」2005年代  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 句集「福島」平成を貫通する句集 2000年代 | トップページ | 句集「福島」2005年代  »