« 句集「福島」第一章 1998年代 | トップページ | 青磁会 中山一路会長 雁渡る民族絶えて言葉絶え 学 鑑賞 »

イチロー ユニホームを脱ぐ

>イチロー ユニホームを脱ぐ
 日米通算4367安打。
 引退会見をずうと見ていた。
 息子夫婦がかみさんのスマホに後楽園の試合を
 バックネット裏からの写真を送ってきた。
 マスコミには引退試合は既成の事実だった
 ようだね。
 ごくろうさん。
 「明日もトレーニングしていると思います。」
 イチローらしい、引退の言葉だね。

>羽生結弦フリーで挽回だ。
>仙台の桜の開花は4月1日、万愚節(ばんぐせつ)
>今日は平日だが有給消化で休みだ。
 平成31年度も元気よく仕事だ。
 そこそこに遊びて仕事梅日和
>NHK俳句の5月第1週目八十八夜、2週目マーガレット
 3週目筍、4週目牡丹
 久しぶりに投稿してみようと作ってみました。
>八十八夜
 八十八夜しゃぼんの匂ふからだかな
 八十八夜真鯛をうまくほぐしけり
 八十八夜舐めて治しぬ指の傷
 八十八夜がばと起きては鎌を研ぐ
 八十八夜シールドマシン眠る地下


>マーガレット

 浅野真央マーガレットの花束を

 マーガレット智恵子の空の晴れ渡る
 旅の途中マーガレットのエーゲ海
 マーガレット土橋の空の揺るゝ中
 マーガレット日の匂ひ持ち帰る児は

>筍
 一寸とは行かずとも竹の子となす
 竹皮の闇に入りたる野川べり
 筍の空のあゆみに汽車通る
 瑠璃空や筍掘ると思はねど
 筍飯電話取り次ぐ子のこゑに


>牡丹

 くちびるの風に敏しき牡丹かな

 俤と見れば消えざる牡丹かな
 女の句女くさしや夕牡丹
 一息に闇は牡丹を押しつつむ
 ぼうたんの散りつゝ天の落ちきたる


>今日はこれまで。


|

« 句集「福島」第一章 1998年代 | トップページ | 青磁会 中山一路会長 雁渡る民族絶えて言葉絶え 学 鑑賞 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 句集「福島」第一章 1998年代 | トップページ | 青磁会 中山一路会長 雁渡る民族絶えて言葉絶え 学 鑑賞 »