« 3.11が過ぎて 新たな課題へ | トップページ | 句集 「福島」 第一章 暮れゆく秋は  連載中 »

南相馬市馬事公苑の八重さくら二分咲きですよ3.13

>南相馬市馬事公苑上り坂前、片倉入り口の

 八重さくらが二分程咲きはじめました。

 16日、17日頃が見頃かな

>赤間 学第一句集「福島」  第一章 暮れゆく秋は

 1992年~2011年3.11

 暮れてなほ暮れゆく秋やみちのくは

 (くれてなおくれゆくあきやちのくは)

 立春や甕の底より藍立つ日

 (りっしゅんやかめのそこよりあいたつひ)

 春風やど真ん中なり太白山

 (はるかぜやどまんなかなりたいはくさん)

 ゼロといふ数の発見春の水

 (ゼロというかずのはっけんはるのみず)

 一湾の風に列なす芽吹きかな

 (いちわんのかぜにれつなすめぶきかな)

 エジプトの天秤思ふ春の月

 (エジプトのてんびんおもうはるのつき)

 よく食べてよく寝て野山焼きにけり

 (よくたべてよくねてのやまやきにけり)

>こんな感じで 第一章を書いてゆきます。

 乞うご期待。

 

|

« 3.11が過ぎて 新たな課題へ | トップページ | 句集 「福島」 第一章 暮れゆく秋は  連載中 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 南相馬市馬事公苑の八重さくら二分咲きですよ3.13:

« 3.11が過ぎて 新たな課題へ | トップページ | 句集 「福島」 第一章 暮れゆく秋は  連載中 »