« 青磁会 中山一路会長 雁渡る民族絶えて言葉絶え 学 鑑賞 | トップページ | 俳誌「軸」秋尾敏主宰「新刊紹介」に句集「福島」掲載2019.4 »

みちのくの春もそこへ来ていますよ

>みちのくの春もそこに来ていますよ。
>南相馬市の馬事公苑の登り口からの八重桜が
 八分咲きですよ。
 見物の夫婦ずれがめだってきた。
 尚 二三日前の寒の戻りと強風でもう散ったさくらも
 何本かあり、日当たりのよい場所の桜は満開である。
>イチローの引退で、弓子夫人がクローズアップされている。
 8歳上の元TBCアナンサー。イチローと価値観を同じでなければ
 こんな生活おくれなかったでしょうに。いいね。

>句集「福島」より2000年頃から

 
> 五線譜の落つる一枚夕月夜
  (げせんふのおつるいちまいゆうづきよ)


> 門も戸も開けつ放しや稲穂風
 (もんもともあけっぱないしやいなほかぜ)


> 川岸の霧に炉を焚く蝦夷の血
 (かわぎしのきりにろをたくえみしのち)


> しひようしひよう雪積み重ね寒立馬
 (しひょうしほうゆきつみかさねかんだちめ)

> 馬橇のまだ雪蒼き中を行く
 (うまぞりのまだゆきあおきなかをゆく)

> 禽去つて寒林の空墜ちてくる
 (とりさってかんりんのそらおちてくる)


>次回も宜しくお願いします。
 乞うご期待。

|

« 青磁会 中山一路会長 雁渡る民族絶えて言葉絶え 学 鑑賞 | トップページ | 俳誌「軸」秋尾敏主宰「新刊紹介」に句集「福島」掲載2019.4 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 青磁会 中山一路会長 雁渡る民族絶えて言葉絶え 学 鑑賞 | トップページ | 俳誌「軸」秋尾敏主宰「新刊紹介」に句集「福島」掲載2019.4 »