« 句集「福島」 Ⅱ章 東日本大震災後 2011年 | トップページ | 毎日新聞 12月28日 カルチャー季語刻々 句集「福島」掲載 »

句集「福島」 Ⅱ章 東日本大震災以後 2012年

>句集「福島」 Ⅱ章 東日本大震災以後
 2012年
>墨汁の一滴落つる寒(かん)の水
>寒晴(かんばれ)や花の浮き出る洗ひ張り
>待春(たいしゅん)の古き楽譜の走り書き
>如月(きさらぎ)の馬如月の光なり
>梅林(ばいりん)の中に入(はい)つてゆく軍手
>春光や大海揺する鮭の稚魚
>春蝉の死や少年の喉仏(のどぼとけ)
>散り初めて花の盛りになかりけり
>こひのぼり居久の根(いぐね)の影に骨の家
>ざりざりと髪の切らるる雲の峰
>立つ雲に閃光(せんこう)の夜や沖縄忌(おきなわき)
>政宗(まさむね)の子への詫(わ)び状風入るる
>真直ぐに真鯉群れ来る大暑かな
>海荒れて浜に火を焚く暖鳥(ぬくめどり)
>一葉忌(いちようき)七輪(しちりん)の炎(ひ)のうつくしく
>大寺(おおでら)の屋根の反(そ)りたる小春(こはる)かな
>王義之(おうぎし)の模写の手鑑(てかがみ)雪山河
>荒星(あらぼし)や砂に埋もれし古代都市

|

« 句集「福島」 Ⅱ章 東日本大震災後 2011年 | トップページ | 毎日新聞 12月28日 カルチャー季語刻々 句集「福島」掲載 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 句集「福島」 Ⅱ章 東日本大震災以後 2012年:

« 句集「福島」 Ⅱ章 東日本大震災後 2011年 | トップページ | 毎日新聞 12月28日 カルチャー季語刻々 句集「福島」掲載 »