« 大久保白村氏に 句集「福島」の選句をして頂きました | トップページ | 感謝、山田真砂年先生の句集「福島」鑑賞 »

歌会始め 贈られしひまはりの種は生え揃ひ葉を広げゆく初夏の光に

>1月16日 歌会始めがあり

 天皇陛下が

 「贈られしひまはりの種は生え揃ひ 葉を広げゆく初夏の光に」

 と詠まれた。

 召人は 俳人鷹羽狩行さん、歌人栗田京子さんの吟じであった。

 声が通り長い余韻もあり、すばらしいかった。

 天皇陛下は 阪神淡路地震10年後に贈られた御所の「はるかのひまわり」の事

 を詠まれ、又 福島県いわき市のひまわり信用金庫の花壇のはるかのひまわり

 等を同時に時空を越えて詠まれたように私には思ったが。

> なお 私の句集「福島」2018、11,1朔出版 刊行 に

> 来て知るやひまはりの空の高さを   学

 の句も掲載されています。

 是非一読を、朔出叛、アマゾン通販等でご購入を宜しくお願い致します。

|

« 大久保白村氏に 句集「福島」の選句をして頂きました | トップページ | 感謝、山田真砂年先生の句集「福島」鑑賞 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 歌会始め 贈られしひまはりの種は生え揃ひ葉を広げゆく初夏の光に:

« 大久保白村氏に 句集「福島」の選句をして頂きました | トップページ | 感謝、山田真砂年先生の句集「福島」鑑賞 »