« 第21回壺の碑全国俳句大会開催 | トップページ | 年間被ばく量 1mSvを一時間当たりに換算すると0.19μ㏜/hの疑問 »

雁や帰還困難区域内

>東日本震災の余波は

>がれき処理は 宮城県では平成26年3月末にはすべて終了した。

>しかし、 福島県浜通りでは 平成26年4月から本格的に始まったといえる。

>又 地区によりバラバラである。

>相馬市やいわき市の放射線量が少ない場所はそれなりに進んでいる。

>しかし 第一福島原発(双葉町、大熊町)の近辺の浪江町、富岡町、

 3月14日の爆発時の北西風方向の市町村、川俣町等の福島市方面

 の線量の高い場所はがれきの処理ができないでいる。

 例の処理物の仮置場問題の点もあるが、残置物の線量が高く、

 人海戦術で対処してしようにも 被爆という難しい問題もあり進んでいない。

>尚 南相馬市(旧鹿島町 旧原町市 旧小高町)などは平成26年4月から

 本格的にがれきの処理が始まっている。

>どうしても残置廃棄物の除染線量の課題がつきまとう。

>どうしようもない状況である。

>一部その 平成26年10月末の現状を写真でアップしている。

> https://www.facebook.com/manabu.akama

>少し刺激的な写真もあるが、あしからず。

|

« 第21回壺の碑全国俳句大会開催 | トップページ | 年間被ばく量 1mSvを一時間当たりに換算すると0.19μ㏜/hの疑問 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504062/60602913

この記事へのトラックバック一覧です: 雁や帰還困難区域内:

« 第21回壺の碑全国俳句大会開催 | トップページ | 年間被ばく量 1mSvを一時間当たりに換算すると0.19μ㏜/hの疑問 »