« 仙台市市議会議員選挙 本格化 | トップページ | 個人演説会 »

●「あかま まなぶ」 

「赤間 学」 

8月12日付

仙台市議会議員選挙、太白区選挙区、

被災地で一番早い選挙。

友達との支援の輪が広がりつつあり。

8月28日投票日まで、一時休止します。

再開では、結果を、ご報告いたします。

現在、フェイスブックにアクセスできず、

成りすましを調査中とのことです。

●大震災後 富沢中学校での避難所の活動

 泉崎南、連合町内会活動などをする中、煮詰まった。

 なりふりかまわず、一生懸命考えて、
   ブログ「あかままなぶの部屋」記載者、
 赤間 学 本人が決めました。

決意

再挑戦!である。

「ノー 選挙カー」で戦う。

決意は 《復旧を急ぎ、復興を共に成しとげる。》ことだ。
     
「まなぶ」の実行すべき皆様への誓いは5つ。

● 『子供への放射線被害を少なくする。』
   放射線量監視体制強化、

   土壌除染対策を進める。

● 『被災住居に支援を図る。』
   被災住宅、マンションの支援拡大。

   団地再生。

● 『失業者を減らし、実年者を活用する。』
   企業の誘致、実年者の雇用の場を創る。

   実年者とは50歳代から60歳代の人達だ。

● 『こわい町はイヤだ。』
   震災・防災・路上犯罪対策強化。

   電子化による安全安心対策。

● 『市議会議員の数が多い。』
   議員定数30人に削減、報酬半分に削減、

   当然ながら政務調査費は廃止だ。

前々回の挑戦テーマは
 
 ♪夢学土 仙台   
        しなやかな街に育てたい♪
                          であった。

 選挙カーから、バッハの無伴奏チェロ組曲をバックに

 流しながら訴えたことを知っている方々もおられよう。

 今回は選挙カーは使わない。

 使って選挙をする気にならない。

 被災者として被災者の市民に寄り添う気持ちが大切と思う。

                       
経歴
☆1948年4月2日生  大郷町出身 粕川小、明星中卒

☆仙台第一高卒: 生徒会議長、国体出場(走幅跳、短距離走)

☆弘前大学・農卒:弘前大学フィルハーモニー管弦楽団OB会長

☆若築建設(株)、学塾、㈱サムシング、他勤務。

   
☆地域活動:泉崎南町内会元会計・福祉厚生・防災対策部長 

選挙事務所(自宅)泉崎一丁目18-35ネオハイツ泉崎106号
連絡先、電話080-5577-2342 Eメールnbk10022@nifty.com
 

尚、選挙事務所(自宅)はマンション内であるので、隣人に迷惑が
掛かりますので、激励、連絡は電話、Eメールでお願いします。

尚、重点政策には財源確保が必須ですが、下段の参考として、

仙台市の復旧・復興の骨格をクリックして頂ければと思います。

東日本大震災の影響で延期されていた仙台市議会議員選挙
投票日(8月28日)。

(8月19日告示)、1週間を切った。
津波被災地を抱える県内自治体としては初の選挙となる。

因みに仙台市議会議員の選挙を早めた理由は、現職議員が
1月から選挙事務所を開設して、運動費を含めて
1ヶ月約100万円以上の経費が係り、時間が経てば経つほど
負担が重くなるので、仙台市へお願いしたとの噂もある。
真偽は別として、成るほど、町の目立つ場所に選挙事務所を
開設している人が多いので無駄な経費が掛り大変だろう。

但し、仙台市長は、10月末でまとめる復興計画に新議員の

討議を経て決定したい為と話されている。一理あり。
8月3日に12月まで選挙が延期できる法案が可決された。
名取市補欠選挙5人は県議会と同時選挙を考えている。

仙台市の選挙費用を考えれば、一回で済めば、安いのに、
宮城県議会選挙の日程は未定だが、通常の同時選挙に
はならないのは無駄だ。
また、選挙区が同じな県議は自分の為にも応援できるので、
市議会議員の連携化、系列化が進むであろう。
太白区では、親子で現職の県議と市議が立候補を考えて
おり、議員同士の都合のよい仲良しクラブ的連合選挙に
なる懸念がある。いいか悪いかは有権者次第だが。

今回の選挙区の定数は
●太白区    12人  (-1人減)
 青葉区   15人  (-2人減)
 宮城野区 10人  (-1人減)
 若林区   7人   (-1人減)
 泉区    11人  (前回と同じ)
 計            55人   (-5人減)

この「あかままなぶの部屋」のブログでは、
仙台市の選挙公費削減に関して、

①選挙カーや備え付けの拡声器を使用しない。
②選挙カーの借り受け代、ウグイス嬢代、運転手代、
  ガソリン代などを市に請求しない。
  公費負担約100~150万円。
③夏の暑い中、窓を開けているので、名前の連呼による
  スピーカーの騒音で被災をした仙台市民の迷惑になる。

 等の理由で選挙カーは取りやめるべきであると書いてきた。

 私の選挙方法は
 選挙用ポスター掲示。
 選挙公報
 郵便はがきの郵送
 の3点とする。

 結果として、 

 1)選挙カーは  「ノー、選挙カー」

   自転車での「ふれあい遊説」とする。

 2)選挙事務所は、「ノー、選挙事務所」。
  選挙事務所は選挙カーの運行を司るのが大きな目的で
  あるので、選挙カーを使用しなければ要らなくなる。
  又選挙事務所では、ボランィアという金で雇われたアルバイト

  感覚の選挙違反者による電話掛けの隠れ場所としても利用

  されている場合が多い。
  被災者にとっては、選挙違反者から投票依頼の御願い電話
  を受けることは、わずらわしいし、暑い夏をさらに暑くしてしま
  うだけだ。

    さらに、選挙期間中の地域選挙事務所,個人演説会は

  候補者の意見を聞くというより、踏み絵になっている。

  入口受付机の前に名前、住所、電話記入の紙が備えられている。

  誰が来た、来ないで村はちぶ現象が起きている。

    個人情報保護法の観点からみれば、逆に来ない人を特定できる

  ので、個人演説会場での名前の記入は選挙違反行為の

  疑いが濃いと思うが。

  地域の絆が分断されるような行為はすべきでない。

  選挙スタッフはもう少し配慮をすることが必要かと。
  又、別に個人宅に集まって(選挙事務所は1個)後援会名簿

  の人へ、投票依頼の電話を掛けているアルバイト感覚の

  選挙違反が横行しているが、いかがなものか。
  電話の通信記録で簡単に判明できるのに。
  (金のないもののやっかみでしかないが。)
  
 
  
 本人については、仙台市は「選挙公報」を配布する。

 今年から点字と音声による配布もされるとのこと、

 ボランティアの方々のご苦労さに頭が下がる。
 ぜひ、 他と見比べて、立候補者の日頃の運動と見比べて
 市民は、大切な判断をなされると期待しています。

 8月19日~8月28日の選挙期間、
 ブログ更新は公職選挙法違反になりますので休みます。
 公職選挙法
 http://kousenhou.blog.shinobi.jp/
 仙台市内の選挙違反で思い出すのは、飲食業界の女性を
 裏(別な)選挙事務所で電話掛けをさせた事件で、電話掛け
 の責任者が違反とされたが、連座性にはならず代議士は
 首を繋いだ。、
 組合運動員が国会議員の系列の市議会議員の出身の支社
 毎選挙運動をして、組織選挙運動員の報酬が支払われており、
 連座性で代議士が辞職した事件があった。(参考1.)
 とはいえ、公職選挙法は、ざる法である。

 また、選挙前は捕まらない慣習があるので、引っかからな
 ければいいということで違反行為を大胆に犯している。
 私も選挙違反ぎりぎりの選挙運動が選挙プロと
 思っていたが、選挙中、団体で行動をすることになると、どうしても
 応援している候補者を勝たせたくなる為に違反の誘惑に駆られた。
 だから、選挙違反をしないようにするには、活動を自分で
 規制するしかないのである。
 だから、私は3点だけの選挙運動に絞った。

  選挙って、ちょうちんを選挙事務所や個人演説会に掲示するの
 はいいとか、時代劇になっていることが多い。
 因みに個人演説会場での茶ボトルや水ボトルの提供は
 買収行為違反である。しかし、手入れでのお茶は大丈夫だ。

 インターネットが選挙期間中でも自由に使えて、意見を表明
 できる選挙運動ができる仕組みになればと思っている。

 理想的には、仙台市議会議員は政党の議員をなりわいにして
 いない人で、社会的経験を積んだボランティア議員が夜間の

 開かれた議会で、仙台市統一1選挙区、定数30人の議員が、

 真の市民の代表として、成熟都市としての討論をして、

 議案のチェックや、議員の思いの立法を提出して、

 大きな課題にも対応できる体制で望みながら、

 議論のすえに、意思決定してゆく仕組みが望ましいと思っている。

 仙台市の市町村合併の弊害、
 選挙区を5区にして、旧宮城町、旧秋保町からも市議会議員が
 得ばれやすくする裏の合併合意があったが、
 大震災で、若林区長へ荒浜町内会長連名1万5000人の
 陳情書、(町内会の勉強会で、869年貞観地震で津波の
 波高が約9mであった痕、霞の目の波分神社、長町四丁目の
 蛸薬師、があるので、仙台東部高速道路への避難について。)
 を提出したが、区長は選挙で選ばれた人ではなく、会社での
 5人の中の一人の部長である。
 権限がないのか、放っていたとのことらしいが。
 仙台市も市議会議員選挙も、仙台市1選挙区にすべきである
 と考えている。
 地域の要望はしっかり伝えられることが条件であるが。

 前々回は1581票でした。
  前々回を振り返ってみます。

 選挙開票の早い秋保地区では、地元候補者がいなかった
 ので、大学の先輩のお医者さんや高校の友達が応援して
 くれたので約500票を獲得できた。
 旧秋保町ではビッグ3に入った。
 秋保の皆さんに、感謝します。
 特に馬場地区、長袋地区では街頭演説を静かに聴いて頂き、
 最後には、初めてにも関わらず、拍手と、声までかけて
 もらえたおばさんたちに感謝します。

 仙台市体育館での開票が進むに従い、選挙立会人から、
 合図を受けた連絡者からの連絡が少なくなり、
 劣勢が報告された。
 太白区内に住む明星中5人、高校同学年16人、
 大学同窓生12人、さらに他の区の同窓生がフルに太白住民
 の友達にお声をかけて頂きながら、
 1581票獲得。
 残念、落選だった。
 因みに高校同窓の現職の村上議長が次点で落選した。

村上先輩はラガーであったので、ノーサイドと願いたい。
今回の選挙の選挙管理委員会委員長である。
選挙用の申請書はすべて委員長村上氏宛てで書く事になる。

 立候補の切欠は高校の「楡の会」新年会の二次会であった。
 「同学年では誰も議員がいない。高校は生徒会長を置かない。 
 応援団長がいいが、県で上にゆく人だ。(現県小林教育長。)

 全校の直接選挙で選ばれたのは、生徒会議長だけだ。
 生徒会議長の赤間よ、考えてみろ」と。
 それ程甘くない世界であった。
 選挙告示前の3月末に30年以上勤務した会社を退職して
 立候補した。
 会社は3月中旬までの勤務にしてくれて、応援してくれた。
 今考えれば「志」が低い。
 思い、「公約:まなぶの七つの思い政策」だけが先行して
 いた気がする。
 「腹の括りかたが、なっていなかった。」

  落選後、居酒屋で小規模の何回かの残念会、反省会があった。
 小林君は公務員なので応援できなくてごめんねと、
 急作りの後援会長の浜田君には、名取市の医院に内部用ポスター
 が貼ってあって愛嬌があっていいと、笑いもでた。

  2学年担当の平野和夫先生は、指導されている中田公民館の

 女性コーラスグループに合唱で参加させて頂、帰り際、さらっと

 教え子と紹介して頂いた。3学年担任の小野寺東一郎先生

 (元気仙沼高校校長)は丁寧な激励文をお送り頂、選車メンバー

 が読んではがんばって呉れた。八木山の松が丘団地を遊説中

 突然駆け寄る女性がおり、先生からお電話頂いているので、

 がんばってとの激励を得た。

 この感激が選挙をしているんだなと思う一瞬だ。しかし落選。
 自分の力のなさの悲哀と、友達の心情に感謝感謝だけだった。

 さらに、落選後、
 10年間泉崎連合会会長(約1700世帯)でもあった柴崎会長
 が来られて、町内ではあなたを誰も知らない。
 選挙事務所も茂庭台であったそうだが、町内の誰にも
 挨拶状もこない。
 いずれにしても、「志」があるのであれば、町内会活動を
 すべきであると諭され、まんまと会計部長に押し込まれた。

 元部長は○○銀行勤務だった方で、温厚で、
 福祉関係に造詣が深く、書類の整理の仕方を教えて頂く
 他にも、実践している福祉に多くの感銘を受けた。
 ベテラン総務部長とは、真面目で尊敬できる人である。
 しかし、「町内会のあり方」、町内会費を払わない約8%の

 方への対応で考え方が違った。

 私は町内会は仙台市の行政を安くする為の、お手伝いで
 あり、市政だより等で、町内区域全員配布の人数を申請して
 補助金を得ている以上、町内会費の有無に関わらず、
 配布すべしとした。
  これだけは、反対の人もいたが、私が役員の時は、町内
 区域内に住むでいる人全員配布とお願いして実施された。

 又、老人ホームのサニーライフは開設時は町内会に入会して
 いなかったが、粘りつよくお願いにゆくと今は入会してをり、
 大震災時は、見回り隊がお連れした1丁目公園の
 「いっとき避難所」にいた車椅子の女性を、橘内副会長が
 サニーライフで預かってもれえるように交渉した結果、
 あの雪が降り始めた大変な時に、引き受けてくれた。
 ご近所付き合いが実った場面でもあった。

  さらに現泉崎南町内会は、30代から40代が活躍してをり、

 新しい町内会のモデルケースになっている。

 会計部長の作業内容は、町内会費300円/月・世帯と県、
 市政だよりの配布金約200~300円/世帯の収入管理。

 支出はなぜか、西多賀防犯協会や区長町南地区体育協会
 などへの寄付金などがあたり前に行われている。
 協会のメンバーは市議会議員や各町内会の役員の人が多く、
 その使途は内部監査だけであるので、町内会の人には目が
 届かない仕組みだ。
 代々同じメンバーが役員を勤め、不明確な使途会計処理が
 なされれる土壌がある仕組みである。

  つまり、会計部長をして分かったことだが、、仙台市から、
 市政(県政)だより、水道だより等の配布補助金が出されるが、
 市の下部団体の○○協会へ、町内会費から、寄付されて
 運営されているという通例により、二重行政の洗礼も受けた。
 市議会議員や町内会長は○○協会で、こまめに日当を請求
 されているが、町内会の規約より、支給規則がゆるいようだ。
  町内会も今回の震災を切欠に、防災の他に、町内会費から
 各団体への寄付金の使途を検証すべきである。
 
  落選後、意気消沈していた私を活性化させてくれた町内
 の皆様に感謝します。
 私も少し意地もありましたので、がんばりました。
 地域活動として、泉崎二丁目公園での夏祭り、

 (今年は8月20日(土)午後4時~8時迄、

 何時ものブラバンとすずめ踊りと盆踊りを泉崎二丁目公園で

 盛大に行われる。)

 防災訓練等の楽しい連合町内会活動を指導して頂いた方々

 に感謝します。

 お友達に、「あかままなぶの部屋」のブログを紹介したり、

 「つぶやいて」頂ければと願っています。

 一方、「やらせ」による「よいっしょ」コメントの誘惑に駆られます。

 選挙終盤になれば、さらに誘惑に負けそうになるでしょう。

 又、そのおそれや疑惑を生む可能性が大です。

  金もなく、限られた選挙運動になりますが、

 せめてもの選挙戦法として公明正大を誓います。

 そこで、8月28日午後8時まではコメントを削除します。

 8月29日から、従来通り、よろしくお願いします。

 

参考:「あかままなぶの部屋」ブログから、重点政策関連ブログ。

●子供への放射能被害を少なくする。
 7月16日安全基準値3.8msv/時ー怒りますこの数値
 http://manabu5577.cocolog-nifty.com/blog/2011/07/post-313a.html
 6月17日仙台市の学校の放射線量対策は、大丈夫。
    http://manabu5577.cocolog-nifty.com/blog/2011/06/post-34d0.html

●被災住宅に支援を図る。
 7月18日仙台市は東日本大震災の宅地被害の救援策を急げ。
  http://manabu5577.cocolog-nifty.com/blog/2011/07/post-7212-1.html
  
●こわい町はイヤだ。
  7月23日震災後、仙台市泉崎南町内会、防災計画見直しへ。
  http://manabu5577.cocolog-nifty.com/blog/2011/07/post-08a5.html

● 7月21日東北、仙台市の復旧・復興への骨格提言
 http://manabu5577.cocolog-nifty.com/blog/2011/07/post-4a74.html

●7月20日福島第一原発工程表を検証する。
  ステップ1→ステップ2へ
  http://manabu5577.cocolog-nifty.com/blog/2011/07/post-ab2e.html 

●7月18日東日本大震災、「地震と津波」について検証する。
 http://manabu5577.cocolog-nifty.com/blog/2011/07/post-eb76-1.html

参考1.

 民主党今野東氏の衆議院宮城県1区選挙、連座制で辞職。

 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BB%8A%E9%87%8E%E6%9D%B1

 2年後、参議院民主党公認比例区15位で議員に。

 「あかままなぶの部屋」

(政党交付金)民主党→菅直人(草志会)→市民の会→市民の党

 http://manabu5577.cocolog-nifty.com/blog/2011/07/post-69e0.html

|

« 仙台市市議会議員選挙 本格化 | トップページ | 個人演説会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504062/52455430

この記事へのトラックバック一覧です: ●「あかま まなぶ」 :

« 仙台市市議会議員選挙 本格化 | トップページ | 個人演説会 »