« ●仙台市は東日本大震災の宅地被害の救済策を急げ。 | トップページ | (政党交付金)民主党→菅直人(草志会)→市民の会→市民の党 »

●東日本大震災、「地震と津波」について検証する。

東日本大震災、「地震と津波」について検証する。
7月19日付

台風6号が九州の南東に接近中、天気予報では、
最大級の警戒をしてくださいと。
一日、1000mmの降雨と風速40m以上と言われている。
四国、紀伊半島への上陸は決定的だ。
東北への影響は、房総半島から太平洋へ抜ける予定なので
台風はそれそうだが、地盤が沈下しているだけに警戒が
必要だ。

7月18日 午後2時55分からTBCテレビD1で「震災の記憶」
が放送された。
児童の7割もの犠牲ー「石巻市大川小学校の悲劇の検証」等
大震災の津波についての大特集であった。
学制が発布された明治以来、小学校に通っている児童が一瞬に
7割ものが亡くなった事例はない。
死者確認69名、未だ見つからぬ行方不明者6人の計70人以上の
児童が犠牲になったのだ。
校長が正式な休みを取っていたとはいえ、最悪の学校管理が
なされていたことになる。

例により宮城県内のテレビ(地元4社)に津波の解説者として
出てくる人が、東北大学の津波学者・今村教授である。
津波の発生メカニズムから、津波の力学的特性、さらに津波の
被害の予想、津波防災対策、津波避難防災計画、防災教育
等、県内の津波に関して津波学者として権威を得ている。
さらに、県内の津波対策施設の設計安全指針に対しても絶大な
権威者として認識されている。
行政サイドでも、よその学者の意見、見解は、無視されている。

今回の津波特集でも、大川小学校の児童の犠牲の上に立って、
今村教授は、学校として、津波の避難計画が策定されてあり、
そこには高台に避難するようにとあると指摘している。
しかし、今後は訓練をして、避難する高台を決定することが必要
だと指摘している。
その際に、避難する過程から問題を見つけて、より具体的に
避難する場所を決めたり、さらに、避難場所までは、一通りでなく、
色々なルートを想定して避難訓練をして、津波被害にあわない
ようにとコメントしている。
現在父兄が学校の津波避難の管理について、疑問を持つ人も
おり、沈痛な顔の児童をなくされた親のクローズアップが映し出された。
このやりきれなさを誰に訴えたらいいのか途方にくれているようだった。

このブログでも再三書いてきたが、今村教授に疑問を持っている。
疑問な点について下に書く。

1)宮城県の津波防災対策の検討会等で、第一人者で在りながら、
  児童少年の津波死亡・行方不明者が岩手県、福島県とくらべて、
  格段に多いのにも関わらず、(津波防災教育も指導されていた
  と言っていたので)、公の場所で、自分の学説による指導で、
  津波被害が拡大されたことの反省の弁を聞いていない。
  釜石市は児童少年の被害者はゼロである。群馬大学の先生と
  防災教育を実施している。

  大震災後、2週間頃だと思うが、テレビで津波の防災解説で
  宮城県には、最大の津波が来るとしても、2~3mが最大だと
  防災教育に生かしてきたし、そのように指導してきたと
  「さらっと」話されていた。
  この津波波高の低さ設定が、宮城県の津波避難防災教育の
  中心をなして、津波被害を大きくしたと考える。
  この反省がなくて、教授の元で防災教育を策定されようと
  しているが、別の人材の活用が求められる。

  今回の津波を想定外の津波が来たといっているが、想定内
  であったのは、東北大学2001年「学びの杜」NO.16,で検証
  できる。
  このブログを見た東北大学生が教えてくれた。
 つまり貞観地震869年で、地質調査結果から、波高さ9.0m
 の波になると、計算していた。
 参考、女川原子力発電所の設計津波波高さは9.3mである。
 この整合性がつかない。

2)津波防災施設のハード設計は費用対効果の点で議論される
  ものと考える。
  しかし、防災教育では、歴史的検証がなされずとも、津波の
  大きさの口承も含めて、波高を想定して、防災、減災の対策
  とすべきと考える。

  個人的には、2002年頃にメデアテークの7階での今村教授の
  宮城県沖地震に備える市民講座で、貞観地震の口承、伝承の
  長町4丁目の「蛸薬師神社」や霞の目の「波分神社」の事を例
  にして、この大きさの波を参考に仙台市の津波避難計画を作る
  べきではないかと質問したが、質問が愚問とみなされ、返答が
  なかったことを少し根に持っているからかもしれないが。

大川小の津波被害に会われた親御さんの顔を思うと、学者の軽率な
津波高さの設定「2~3m」だと指導してきたことへの義憤が湧き
出てくる。
地区毎の津波高さと津波避難方法の指導をしなければならないが、
子供さんは戻ってはこない。
あの30分の間、校庭にいなくて、直ぐに逃げていればとつくづく思う。
てんでんこてんでんこ。

参考:過去の津波、地震 関連ブログ

7月1日 松本市「牛伏寺(ごふくじ)断層」激震ー余震に注意
http://manabu5577.cocolog-nifty.com/blog/2011/07/2011630-9ef7.html月14日 岩手・宮城内陸地震、あれから3年
http://manabu5577.cocolog-nifty.com/blog/2011/06/index.html月10日 東日本大震災から90日、学校被害と震災孤児
http://manabu5577.cocolog-nifty.com/blog/2011/06/post-1137.html月18日 貞観地震ー西へ震源移動、国家崩壊から平泉へ
http://manabu5577.cocolog-nifty.com/blog/2011/05/post-347d-1.html月17日 続編ー1号機冷却装置 津波前に停止 エぇ~
http://manabu5577.cocolog-nifty.com/blog/2011/05/post-c4f5-1.html月15日 1号機炉心溶解(メルトダウン)まさか早、津波4時間後!
http://manabu5577.cocolog-nifty.com/blog/2011/05/post-4ab9.html月1日 余震M=8・津波備えー福島原発に仮設防波堤を
http://manabu5577.cocolog-nifty.com/blog/2011/05/m-e785.html月28日 余震続きM=8か(直下型も)近づく
       - 東日本大震災は想定外なんかじゃない
http://manabu5577.cocolog-nifty.com/blog/2011/04/post-ec01.html月23日 速報、仙台市に山津波ー造成地の被害調査結果(土木学会)
http://manabu5577.cocolog-nifty.com/blog/2011/04/sokuhou.html月20日 震災死者93%水死、60歳以上が65%以上
http://manabu5577.cocolog-nifty.com/blog/2011/04/post-9ce2.html月18日 東日本大震災後、仙台市5週間経ってみて・・・
http://manabu5577.cocolog-nifty.com/blog/2011/04/post-4830.html月17日 石巻市津波被害ー雄勝病院9割、大川小7割死者・不明者
http://manabu5577.cocolog-nifty.com/blog/2011/04/post-6e11.html月16日 東日本大震災 陸前高田市で地盤沈下ー84cm
http://manabu5577.cocolog-nifty.com/blog/2011/04/post-d4a8.html月14日 知られざる藤沼貯水池崩壊 他 土砂すべり
http://manabu5577.cocolog-nifty.com/blog/2011/04/9315-6495-1.html月11日 4・11いわき市直下型地震M=7.0 震度6弱
http://manabu5577.cocolog-nifty.com/blog/2011/04/1-f77e.html月8日 余震で被害拡大、仙台市治滑り地区ー折立5丁目、緑ケ丘4丁目
http://manabu5577.cocolog-nifty.com/blog/2011/04/post-1d31.html月7日 午後23時32分 宮城県沖大地震の再来だ
http://manabu5577.cocolog-nifty.com/blog/2011/04/post-b2fe.html月5日 15.5m防潮堤・水門 岩手県普代救う
http://manabu5577.cocolog-nifty.com/blog/2011/04/post-49ef.html

3月28日 仙台市避難勧告 緑け丘四丁目100戸
http://manabu5577.cocolog-nifty.com/blog/2011/03/index.html

3月25日 余震は続く、震度4以上が74回だ
http://manabu5577.cocolog-nifty.com/blog/2011/03/74-bd43.html

3月20日 竹内宮城県警本部長談、死者1万5000人か
http://manabu5577.cocolog-nifty.com/blog/2011/03/post-86c8.html

3月18日 釜石湾口防波堤、大船渡湾口防波堤軒並み崩壊
http://manabu5577.cocolog-nifty.com/blog/2011/03/index.html
3月18日 東日本大震災の津波雑感 (YouTobu津波)
http://manabu5577.cocolog-nifty.com/blog/2011/03/post-6fa7.html

|

« ●仙台市は東日本大震災の宅地被害の救済策を急げ。 | トップページ | (政党交付金)民主党→菅直人(草志会)→市民の会→市民の党 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504062/52247140

この記事へのトラックバック一覧です: ●東日本大震災、「地震と津波」について検証する。:

« ●仙台市は東日本大震災の宅地被害の救済策を急げ。 | トップページ | (政党交付金)民主党→菅直人(草志会)→市民の会→市民の党 »