« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月

●「あかままなぶ」、仙台市太白区選挙区(12人)に立候補を決意。

●「あかままなぶ」、仙台市太白区選挙区(12人)に立候補を決意。
7月31日付

午前3時54分、地震で起きた。

震源は福島県沖。M=6.4.震度5強が楢葉町、川内村、

福島第一原発、福島第二原発の近くだ。

広野町の高速が不通だと。

震源の深さは40キロなので、津波はなし。

仙台市、盛岡市、普代村、石巻市は震度4。

いわき市、郡山市、日立市、震度5弱。

新聞の来た音がある筈だが、まだない。

そうだ。概ね自衛隊活動の任務は今日までだ。

避難所に12日、昼にアルファー米を配送してくれた自衛隊。

「自衛隊の皆さんありがとうございました。」

余震は続く。

仙台市は宮城野区体育館の避難所を閉鎖して、すべての避難所

が閉鎖された。仮設住宅への移転が進んだ結果だ。

よかったね。

●大震災後 富沢中学校での避難所、泉崎南、連合町内活動

 などをする中、煮詰まった。

 なりふりかまわず、一生懸命考えて、
   ブログ「あかままなぶの部屋」記載者、
 赤間 学 本人が立候補を決意しました。

立候補の決意

再挑戦!である。

「ノー 選挙カー」で戦う。

決意は 《復旧を急ぎ、復興を共に成しとげる。》ことだ。
     
まなぶの実行すべき皆様への誓いは5つ。

● 『子供への放射線被害を少なくする。』
   放射線量監視体制強化、

   土壌除染対策を進める。

● 『被災住居に支援を図る。』
   被災住宅、マンションの支援拡大。

   団地再生。

● 『失業者を減らし、実年者を活用する。』
   企業の誘致、実年者の雇用の場を創る。

   実年者とは50歳代から60歳代の人達だ。

● 『こわい町はイヤだ。』
   震災・防災・路上犯罪対策強化。

   電子化による安全安心対策。

● 『市議会議員の数が多い。』
   議員定数30人に削減、報酬半分に削減、

   当然ながら政務調査費は廃止だ。

前々回の挑戦テーマは
 
 ♪夢学土 仙台   
        しなやかな街に育てたい♪
                          であった。

 選挙カーから、バッハの無伴奏チェロ組曲をバックに

 流しながら訴えたことを知っている方々もおられよう。

 今回は選挙カーは使わない。

 使って選挙をする気にならない。

 被災者として被災者の市民に寄り添う気持ちが大切と思う。

                       
経歴
☆1948年4月2日生  大郷町出身 粕川小、明星中卒

☆仙台第一高卒: 生徒会議長、国体出場(走幅跳、短距離走)

☆弘前大学・農卒:弘前大学フィルハーモニー管弦楽団OB会長

☆若築建設(株)、学塾、㈱サムシング、他勤務。

   
☆地域活動:泉崎南町内会元会計・福祉厚生・防災対策部長 

選挙事務所(自宅)泉崎一丁目18-35ネオハイツ泉崎106号
連絡先、電話080-5577-2342 Eメールnbk10022@nifty.com
 

尚、選挙事務所(自宅)はマンション内であるので、隣人に迷惑が
掛かりますので、激励、連絡は電話、Eメールでお願いします。

尚、重点政策には財源確保が必須ですが、下段の参考として、

仙台市の復旧・復興の骨格をクリックして頂ければと思います。

           

東日本大震災の影響で延期されていた仙台市議会選挙
(8月19日告示)は8月28日の投票まで1ヶ月を切った。

津波被災地を抱える県内自治体としては初の選挙となる。

因みに仙台市議会議員の選挙を早めた理由は、現職議員が

1月から選挙事務所を開設して、運動費を含めて

1ヶ月100万円以上の経費が係り、時間が経てば経つほど

負担重く掛かるので選挙管理委員会へお願いしたとの

噂もある。真偽は別として、成るほど、町の目立つ場所に

選挙事務所を開設している人が多い。

仙台市の選挙費用を考えれば、一回が安いのに、宮城県

議会選挙の日程は未定だと、通常の同時選挙になっていない。

今回の選挙区の定数は
●太白区    12人  (-1人減)
 青葉区   15人  (-2人減)
 宮城野区 10人  (-1人減)
 若林区   7人   (-1人減)
 泉区    11人  (前回と同じ)
 計            55人   (-5人減)

この「あかままなぶの部屋」のブログでは、
仙台市の選挙公費削減に関して、
①選挙カーや備え付けの拡声器を使用しない。
②選挙カーの借り受け代、ウグイス嬢代、運転手代、
  ガソリン代などを市に請求しない。
③夏の暑い中、名前の連呼によるスピーカーの騒音で、
 被災をした仙台市民の迷惑になる。
等の理由で選挙カーは取りやめるべきであると書いてきた。

私の選挙方法は
 選挙用ポスター掲示。
 選挙公報
 郵便はがきの郵送
 の3点とする。

 結果として
 1)選挙カーは  「ノー、選挙カー」
 2)選挙事務所は、「ノー、選挙事務所」。
  選挙事務所は選挙カーの運行を司るのが大きな目的で
  あるので、選挙カーを使用しなければ要らなくなる。
  又選挙事務所では、金で雇われたアルバイト感覚の選挙
  違反者による電話掛けの隠れ場所としても利用されている
  場合が多い。
  被災者にとっては、選挙違反者から投票依頼の御願い電話
  を受けることは、わずらわしいし、暑い夏をさらに暑くしてしま
  うだけだ。

   本人確認は、仙台市は「選挙公報」が配布されるので、それを
 見比べて、立候補者の日頃の運動と見比べて市民は、大切な
 判断をなされると期待しています。

 8月19日~8月28日の選挙期間、
 ブログ更新は公職選挙法違反になりますので休みます。
 公職選挙法
 http://kousenhou.blog.shinobi.jp/
 仙台市内の選挙違反で思い出すのは、飲食業界の女性を
 選挙事務所で電話掛けをさせた事件で、電話掛けの責任者
 が違反とされたが、連座性にはならず代議士は首を繋いだ。、
 組織的組合運動員が支社毎選挙運動をして、選挙運動員の
 報酬が支払われており、連座性で代議士が辞職した事件が
 あった。
 公職選挙法は、ざる法である。
 また、選挙前は捕まえない慣習があるので、引っかからな
 ければいいということで違反行為を大部分は犯している。
 選挙違反をしないようにするには、活動を自分で規制する
 しかないのである。
 だから、私は3点だけの選挙運動とする。
  選挙って、ちょうちんを選挙事務所に掲示するのはいいとか、
 時代劇になっている。
 インターネットが選挙期間中でも自由に使えて、意見を表明
 できる選挙運動ができる仕組みになればと思っている。
 理想的には、仙台市議会議員は政党の議員をなりわいにして

 いない人で、社会的経験を積んだボランティア議員が夜間議会で

 、仙台市統一1選挙区、定数30人の議員が、真の市民の代表

 として成熟都市としての討論をして、意思決定してゆく仕組みが

 望ましいと思っている。

 前々回は1581票でした。

  前々回を振り返ってみます。

 選挙開票の早い秋保地区では、地元候補者がいなかった
 ので、大学の先輩のお医者さんや高校の友達が応援して
 くれたので約500票を獲得できた。
 旧秋保町ではビッグ3に入った。
 秋保の皆さんに、感謝します。
 特に街頭演説を静かに聴いて頂き、最後には、声までかけて
 もらえたおばさんたちに感謝します。

 仙台市体育館での開票が進むに従い、選挙立会人から、
連絡が少なくなり、劣勢が報告された。
太白区内に住む明星中5人、高校16人、大学同窓生12人、
さらに他の区の同窓生がフルに太白住民の友達にお声を
かけて頂きながら、1581票獲得。
残念、落選だった。
 因みに高校同窓の現職の村上議長が次点で落選した。
今回の選挙の選挙管理委員会委員長である。
選挙用の申請書はすべて委員長村上氏宛てで書く事になる。

 立候補の切欠は高校の「楡の会」新年会の二次会であった。
 「同学年では誰も議員がいない。高校は生徒会長を置かない。 

 応援団長がいいが、県で上にゆく人だ。(現県小林教育長だ。)
 全校の直接選挙で選ばれたのは、生徒会議長だけだ。
 生徒会議長の赤間よ、考えてみろ」と。
 それ程甘くない世界であった。
 選挙告示前の3月末に30年以上勤務した会社を退職して
 立候補した。
 会社は3月中旬までの勤務にしてくれて、応援してくれた。
 今考えれば「志」が低い。
 思い、「公約:まなぶの七つの思い政策」だけが先行して
 いた気がする。
 「腹の括りかたが、なっていなかった。」

  落選後、居酒屋で小規模の何回かの残念会、反省会があった。

 小林君は公務員なので応援できなくてごめんねと、

 急作りの後援会長の浜田君には、名取市の医院に内部用ポスター

 が貼ってあって愛嬌があっていいと、笑いもでた。

 自分の力のなさの悲哀と、友達の心情に感謝感謝だけだった。

 さらに、落選後、

 10年間泉崎連合会会長(2000世帯)でもあった柴崎会長
 が来られて、町内ではあなたを誰も知らない。
 選挙事務所も茂庭台であったそうだが、町内の誰にも
 挨拶状もこない。
 いずれにしても、「志」があるのであれば、町内会活動を
 すべきであると諭され、まんまと会計部長に押し込まれた。

 元部長は七十七銀行勤務だった方で、温厚で、
 福祉関係に造詣が深く、書類の整理の仕方を教えて頂く
 他にも、実践している福祉に多くの感銘を受けた。
 ベテラン総務部長とは、真面目で尊敬できる人であるが、
 「町内会のあり方」、町内会費を払わない約8%の方への
 対応で考え方が違った。

 私は町内会は仙台市の行政を安くする為の、お手伝いで
 あり、市政だより等で、町内区域全員配布の人数を申請して
 補助金を得ている以上、町内会費の有無に関わらず、
 配布すべしとした。
  これだけは、反対の人もいたが、私が役員の時は、町内
 区域内に住むでいる人全員配布とお願いして実施された。

  内容は町内会費300円/月・世帯と県、市政だよりの
 配布金約200~300円/世帯の収入管理。
 支出はなぜか、西多賀防犯協会や区長町南地区体育協会
 などへの寄付金などがあたり前に行われている。
 協会のメンバーは市議会議員や各町内会の役員の人が多く、
 その使途は内部監査だけであるので、町内会の人には目が
 届かない仕組みだ。
 代々同じメンバーが役員を勤め、不明確な使途会計処理が
 なされれる土壌がある仕組みである。

  つまり、町内会役員をして、、仙台市から、市政だより、
 水道だより等の配布補助金が出されるが、市の下部団体の
 ○○協会へ町内会費から、寄付されて運営されているという
 通例により、二重行政の洗礼も受けた。

  町内会も今回の震災を切欠に、防災の他に、町内会費から
 各団体への寄付金の使途を検証すべきである。

  落選後、意気消沈していた私を活性化させてくれた町内
 の皆様に感謝します。
 私も少し意地もありましたので、がんばりました。
 地域活動として、泉崎二丁目公園での夏祭り、防災訓練等の

 楽しい連合町内会活動を指導して頂いた方々に感謝します。

 お友達に、「あかままなぶの部屋」のブログを紹介したり、

 「つぶやいて」頂ければと願っています。

 一方、「やらせ」による「よいっしょ」コメントの誘惑に駆られます。

 選挙終盤になれば、さらに誘惑に負けそうになるでしょう。

 又、そのおそれや疑惑を生む可能性が大です。

  金もなく、限られた選挙運動になりますが、

 せめてもの選挙戦法として公明正大を誓います。

 そこで、8月28日午後8時まではコメントを削除します。

 8月29日から、従来通り、よろしくお願いします。

 

参考:「あかままなぶの部屋」ブログから、重点政策関連ブログ。

●子供への放射能被害を少なくする。
 7月16日安全基準値3.8msv/時ー怒りますこの数値
 http://manabu5577.cocolog-nifty.com/blog/2011/07/post-313a.html
 6月17日仙台市の学校の放射線量対策は、大丈夫。
    http://manabu5577.cocolog-nifty.com/blog/2011/06/post-34d0.html

●被災住宅に支援を図る。
 7月18日仙台市は東日本大震災の宅地被害の救援策を急げ。
  http://manabu5577.cocolog-nifty.com/blog/2011/07/post-7212-1.html
  
●こわい町はイヤだ。
  7月23日震災後、仙台市泉崎南町内会、防災計画見直しへ。
  http://manabu5577.cocolog-nifty.com/blog/2011/07/post-08a5.html

● 7月21日東北、仙台市の復旧・復興への骨格提言
 http://manabu5577.cocolog-nifty.com/blog/2011/07/post-4a74.html

●7月20日福島第一原発工程表を検証する。
  ステップ1→ステップ2へ
  http://manabu5577.cocolog-nifty.com/blog/2011/07/post-ab2e.html 

●7月18日東日本大震災、「地震と津波」について検証する。
 http://manabu5577.cocolog-nifty.com/blog/2011/07/post-eb76-1.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

仙台市太白区ー東日本大震災での地震保険の現状。

仙台市太白区ー東日本大震災での地震保険の現状。
7月30日付

29日三条市豪雨、YouTobu

http://www.youtube.com/watch?v=axz9R-UALXQ

30日未明で37万人以上が避難指示・勧告がだされている。

7年前の豪雨を超える降雨量だ。。
新潟県、三条市全域3万4千世帯、10万3997人を対象に
避難勧告が発令された。
午後3時55分、市内を流れる五十嵐川の堤防決壊の恐れが
あるとして、県を通じて自衛隊の派遣を要請した。
新潟市も400ミリ/日の大雨で信濃川も洪水警報水位
に達している。
十日町市は121ミリ/時を記録している。
今年の日本一の時間当たりの降雨量だ。
新潟県内では5万8000世帯に避難勧告が出されている。

2から3日前の韓国の暴雨の雲が、日本に偏西風に流れて
集中的な豪雨になっているのだ。
福島県の只見町、三島町でも全地域で避難勧告がでた。
只見町では520ミリ/日の豪雨に見舞われ、只見川が
決壊したのである。
JR只見線 http://www.youtube.com/watch?v=OT7ObDeCdWM

の鉄橋も浸水して流された。
道路が崩落して、完全孤立の集落がいくつもできている。
夜にはいって、小雨になったが、ダムの放水が遅く、川の
水位はどんどん増えてきている。
堤防を越えて田んぼに濁った水が入り込んでいる。
原発の避難民も只見町の旅館の浸水が危惧されるので、
新たに避難している状況だ。
朝までは動くのは危険であるので、避難所で眠れない夜を
迎えている。

 東日本大震災で4ヶ月半が経った。
もう一度、 地震保険について検証する。

仙台市太白区泉崎の当マンション(7F,45戸)は管理組合で
3年前に不動産鑑定士で建物管理を経営されている人の強い
要望で地震保険に加入したばかりだった。
 一部損壊の判定で、5%の金額約500万円が支払われた。
私は区分所有者で、マンション購入時の火災保険(20年間)
が切れたので、新たに5年間の火災保険と、それにプラスして
地震保険に加入した。
ちょうど1年前であった。
(2000万円÷2)×(100%-20%年)×5%=40万円。
3月末に、泉崎のセゾン系保険会社代理店から電話があり、
4月上旬に調査にきて、4月25日には指定銀行に振り込ま
れていた。
すばやい対応だ。
感謝している。
しかし家財保険には加入していなかった。
築32年の戸建だが、地震保険の家財保険にも加入していた

ので、テレビが移動して、少し角に傷があったもの等含めて、

申請した物が100%程認定されたとのことで
建物の約35万円の他、家財保険で約250万円程が支払わ
れたらしい。
家財保険が甘い査定ではないかとの疑問もあるが、
やっかみかもしれない。

阪神淡路大震災により、地震保険の必要性が問われ、
一部損壊が加わり多くの人々が恩恵を受けたと言われる
その意味で地震保険は役に立ったと言える。

仙台市太白区の
東日本大震災での地震保険の現状を検証する。

東日本大震災で多くの人から注目された地震保険。
災害後、保険会社の認定などが迅速な対応だったため、すで
に地震保険加入者の9割に保険金が支払われたとのことだ。

 震災前(09年度末)の加入率は国内全体で23%だが、
津波による被害がとくに大きかった東北3県では、
宮城県33%、福島県14%、岩手県で12%、の加入率だった。
宮城県では、2009年には、宮城県沖地震(M=8クラス)が
30年以内に99%の確立でくると予想が出させれていたので、
地震保険加入率が高かったのかもしれない。

 東日本大震災による地震保険の支払い金額は、7月7日
現在で1兆530億円を超えている。
これまでの最高額は95年に発生した阪神・淡路大震災で
約783億円であった。
阪神淡路大震災と東日本大震災の被害の大きさは約4~5倍
と言われているので、その支払いの金額の差は、90%の
段階でも13倍に昇り、地震保険の加入率と保険支払いの緩和
もあったと推測できる。

 地震保険では、一級建築士の鑑定人が損害の大きさを調査し、
全損、半損、一部損という3つの区分に認定し、
保険金が支払われてきた。
しかし今回の災害では被害が甚大であり、個別に調査していた
のでは支払いまでにかなりの時間を要すると判断したそうだ。

 そこで損害保険業界では、写真測量会社のノウハウを得て、
GPSの活用により、航空写真や衛星写真を用いて、津波などで
壊滅的な被害を受けた街区にある契約をすべて全損と認定する
といった例外的措置をとった。

 写真と住所地の照合が困難を極めるなど、さまざまな苦労が
あったようだが、このような取り組みがあってこそ、
迅速な支払いが実現したのだ。
 地震発生から4ヵ月半で90%の支払いを終えており、
多くの人の助けになったことは間違いない。

 ほかにも、保険証券の紛失などで加入している保険会社が
分からない人の問い合わせに応じたり、
請求のない契約者には保険会社側から連絡をとって未払いを防ぐ
など、損害保険会社の取り組みは親切でスピーディであった。
 地震保険は公的な性質が強く、保険会社の利益には寄与しない。
そんな中で調査・支払いに尽力されたことに、高く評価と希望を
与えてくれた。

しかし、仙台市が発行している
り災証明書の判定の4段階、全壊、大規模半壊、半壊、一部損壊と
地震保険の判定の3段階、全損、半損、一部損に
名前が似ているせいもあるが、
又、認定の仕方に違いがあるにしても
戸惑いを持つ人が多い。

当マンションでは、り災証明書は大規模半壊であるが、
地震保険では一部損である。
太白区役所南側マンションでは、1階がピロティー型の窓が多い
店舗のためもあり、弱い部分で亀裂が出やすく、足場を組んで
応急処理をしている。
住民から相談があったので、話を聞くと、
り災証明書の判定は、全壊 である。
地震保険の判定は、一部損 であるという。
外観も歩道側の舗装部や敷レンガが凹凸の形をしていて、
通行人も避けて通っている状態だ。
さらに建物事態の外回り柱部の亀裂が酷く、壁の中間に足場を
打ち込んで応急処理をしている。
土木系なので、核心をつけないが、なぜ一部損の判定になった
のか疑問である。
相談者にも、地震保険のやり直しを進言したが、今管理組合で
施工会社や販売会社等との賠償の話し合いの他、
地震保険の再調査をお願いしているということだ。

 当マンションの私の扉も連日の暑さから、風の通り道として開け
放っていたが、余震のあとに、閉まらなくなり、ホーマックに頼ん
だが、すぐに見にきたが、まだ修理をしていない。
 一週間も経つった7月23日の宮城県沖地震、震度5のあと
扉が閉まるようになった。
ラッキーだった。
しかし、余震が続くうちは、開口部は強度が弱いから、扉は
閉めておかなければならないようだ。
かくもマンションがひび割れ、破損の進んでいることを
実感できる。

地震保険は、その素早lく支払いをされたのは感謝する。
しかし、地震保険の建物判定に疑問を持つ人が多い。

判定に疑問をもち二次調査の判定を地震保険会社に請う人に
、快く調査を受けさせてもらいたい。
さらに、調査項目の採点方法や、採点を明示して、
全損、半損、一部損だけが、知らされている現状を
なくしてほしい。
被災住宅・マンション住民は、粘り強く二次調査を受けて
真実の判定を受けて、生活再建に力強く踏み出したいものだ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

その日付ー3月11日-日本沈没、小松左京氏に黙祷

その日付ー3月11日-日本沈没、小松左京氏に黙祷
7月22日付

世界水泳

寺川綾 50m背泳ぎ 銀メダル

http://sports.livedoor.com/photo/search?w=%BB%FB%C0%EE%B0%BD

10年越しの初メダルだ。

北島さん、入江さん 待ってるよ。

会社に入り立ての頃だ。
「日本沈没」というSF小説がベストセラーになった。

タイトルがセンセイショナルなので、福島県いわき市小名浜の
柏屋本屋で手に入れた。
本屋の名前を今でも覚えているのは、本屋に通い詰めで、
高校入試の参考書を物色していたので、なぜと尋ねれ、
建設事務所の炊事婦の娘さんを教えているのでと話した縁で、
、柏屋本屋さんの娘さんの家庭教師を10ヶ月間程したことが
あったので、覚えているのであるが。
因みにこの娘さんは、あとでかみさんの同窓となられた。

内容は、「3月11日に、日本列島弧を中心にして、巨大な
地殻変動が起こりかけている、というアメリカ測地学会の発表
が電撃のように世界をゆすぶった。」とあった。

その日付ー3月11日・・・
東日本大震災を経験した今、偶然にしても、3月11日とは。

当然ながら、小松左京さんは初めてのベストセラーに税金の
支払いを心配して「増版は止めてくれ」と出版社に電話したと
の逸話もあるが、なんと400万部超のベストセラーになった。
映画も大ヒットを記録した。

映画には主演の藤岡弘さんとともに本人も出演されていた。
デカプリオで有名になった題材だが、あの初代ポセイドン・
アドベンチャアーの映画が封切りさらた頃の映画だ。

ファンタジーのめがねをかけた手塚治虫
http://tezukaosamu.net/jp/
と同じように根底には文明批判の目を蔵していた。
夢があるが、どかかかなしみが沁みてくる作品が多い。

「子供だまし」と一段低くみられていた世界を、子供にも、大人にも
わかりやすく、夢をもって未来を信じながら、本当の幸せは「青い鳥」
のように、生まれた地球の中にあり、それを守っていくことが大切
だよと語っているように思えた。

日本沈没で数少ない老人が言った言葉があった。
「日本全体がなあ、どんどん・・・・
 これまでは、幸せな幼児だったのじゃな。
 二千年もの間、この暖かく、やさしい四つの島のふところに
 抱かれて。」
 
小松左京さん(80)逝く。
http://www.nacos.com/komatsu/

7月26日に亡くなった小松左京さんの遺稿が発表されている。
東日本大震災への思いだ。
「東日本大震災後は、自分は取材に行けないので語る資格が
ない」と発言を避けていたが、来月刊行のSF作家らの寄稿集に
寄せた序文では、震災への思いをつづっている。
この本は「3・11の未来ー日本・SF・創造力」 作品社 である。

内容は原稿用紙4枚ほどの長さで、

「東日本大震災を関東大震災や終戦に続き、日本の文明に
大変革をもたらす出来事だと位置づけている。
想像を絶する災害に虚脱感を覚え、原子力の平和利用や文明
への不信感まで生じかねない現状だとしながらも、この先に
「人間の知性と日本人の情念を信じたい」

と願いを込めた内容になっている。
編集部によると、

「長生きして日本の行方を見届けたい。
 長い射程で未来を考え、
 前向きに危機を乗り越えていくべきだ」

とメッセージを発していたと。

以前、小松さんが語っていたことに、
「震災の多い国に近代都市を造った日本人が、
 自然への畏敬の念を持っていてくれたら」
と心情を吐露していた。

8日に発熱して入院した大阪府の病室で、
「日本は、今は大変な時期だが、
 必ず乗り越えられる」
と最後に話されていたという。

                      黙祷

| | コメント (0) | トラックバック (0)

悲劇を繰り返さないために

悲劇を繰り返さないために

いくつもの
悲劇を繰り返さないために

いくつもの
涙を流さないために

隣の人が
波にのまれていくのを
どうにもできなかったように

きわわに

空に何を刻んだんだろう

今は

青空があるだけだ。

ただただ
運がよかっただけだ

だけど
悲劇にあった家族は
いつまでも
永遠に
晴れる日はない

あの笑い声は還ってこない。

家族にとっては
生きていられればそれでよかった
それがしわわせだと気づいた。

いまはともに生きたいのです。

君を
忘れないためにも。

優しすぎる君を
楽しく思い出したいから。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

津波で教習生25人が死亡した遺族が、自動車学校を提訴した。

宮城県山元町の常盤山元自動車学校が、東日本大震災の
津波に襲われ、送迎用マイクロバスなどに分乗して帰宅しようと
していた18~19歳の教習生が25人が死亡した。
25人の遺族は「学校が迅速に避難させていれば、犠牲者は
出なかった」として、同校側を相手取り、総額約17億円の損害
賠償を求めて9月に仙台地裁に提訴する方針を固めた。

常盤線坂元駅周辺
http://www.youtube.com/watch?v=KM3XRnXWK28&NR=1
http://www.youtube.com/watch?v=OWuKin6xlx0

山元自動車学校の位置は、太平洋から約700mにある。
相馬亘理(県道)線の沿線にあり、JR常盤線では、東京方面に
向かい、山下駅の次、坂元駅手間の海側にあった。
東日本大震災の津波は、太平洋から約2.5キロの小高い
国道6号迄押し寄せた。
一部の津波は国道を越えて、坂元町の繁華街、(娘の友達の
理髪店まで浸水被害にあった)迄、押し寄せた。

津波に飲まれたマイクロバスは、教習所から約2キロの坂元駅
から国道6号線の間で2台、さらに仙台方面へ2キロの地点で2台
、山下駅付近で1台の計5台である。
マイクロバスに乗っていて助かった人も何人かいたが23人が
犠牲になった。
路上教習を打ち切って同校に戻った後、徒歩で帰宅途中で
2人が犠牲になった。
テレビでもマイクロバスで助かった人が証言していたが、
「地震直後、教官らは、一時間後に教習を再開しますと少し待つ
ように大声で言っていた。」と。

3分後には津波波高6mの津波警報が発令中だった。
10分後には津網波高が10mに変更されて、消防署の車が
津波警報と、即座の避難を促すようにとの、拡声器で再三
注意を呼びかけていた。

午後3時20分(地震発生から34分後)頃に停電になり、
同校側は、ここで、初めて教習生を帰宅させることにしたのだ。
教習所側は、津波警報が発令されていたので、午後3時40分後
から教習生らは、マイクロバスやワゴン車、教習車計7台で
順次出発した。

 約10分後(地震発生から1時間5分後頃)に、山元町の
沿岸部に津波が押し寄せて、7台の内5台が津波に押し
流されたのであった。
 又、マイクロバス運転中の教官4人、教習所にいた校長や
教官、事務員ら5人が犠牲になった。
因みに自動車学校の経営者は、校長も亡くなっているので、
教習所からと、見舞金5万円を配った。

遺族側によると、教習所側は「津波の際の避難マニュアルは
用意しておらず、津波警報に際しても、危機感がなかった。」と。
教習所側の代理弁護士は「大規模津波は予見できなかった。
仮に予見が可能だったとしても、生徒たちは自ら避難することが
できた。」と、一連の対応に過失はなかったと主張する文書が
遺族に送られてきたという。

遺族側は、悲劇を繰り返さないためにも、多くの人が事実を知って
ほしいと、提訴を決めた。

宮城県では、石巻市の大川小学校の児童死亡行方不明者
合わせて74人の犠牲がでたが、学校管理の是非が話されている
が、裁判沙汰にはなっていない。

一概に、山元自動車教習所と大川小学校での悲劇は一緒に
扱うべきものではない。

緊急時のリーダーシップ像が、独裁者にダブルことからか、責任は
みんなでの風潮がある中で、震災後の課題として提起したい。

生きる力は 三陸の「てんでんこ」だ。

参考 

送迎手間取り被害、 マイクロバスで助かった人の声、
http://raicho.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1311413668/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

悲しみから立ち上がる勇気を

悲しみから立ち上がる勇気を

  『神様のカルテ
            ~
               辻井伸行自作集』

大震災後の今、沁みる音が鳴っている。

三内丸山の縄文時代から
海から採取の名残りのある東北
高木恭造の
石川啄木の
昭和28年からブームの続く宮沢賢治らの
詩は
銀河鉄道の透きとほる夜空に輝いている。

その一つ一つの星々は
かなしみを讃えている。
しかし、ただ かなしむだけではない。
そこから立ち上がるエネルギーの炎がある。

身を護るための
東北人の飽くなき戦いの歴史。

いま、力強く
かなしみを乗り越えてくる音が聴こえてくる。

作曲・ピアノ:辻井伸行 【CD】AVCL-25736 3000円
収録曲
神様のカルテ 映画「神様のカレテ」テーマ曲
風の家    「マヨルカの啓示~辻井伸行ショパンへの旅路~」
コルトカの朝 「Revalue NIPPN Project中田英寿 日本をつなぐ」
ショパンへのオマージュ  「ショパンが療養していたマジョルカ
                         島の修道院にて作曲」
音の絵    「たけしアート☆ビート」演奏曲
風がはこんできたもの「風がはこんできたもの~音楽の原風景~」
神様のカレテ=手紙=  映画「神様のカルテ」挿入曲
それでも、生きてゆく  ドラマ「それでも、生きてゆく」テーマ曲
ロックフェラーの天使の羽  小学校6年生のとき、
                  クリスマスのニューヨークで作曲
花水木の咲く頃 「FUJIFILMフジカラーフォトブック スクエア」
セーヌ川のロンド   2000年春のパリ、
             楽しかったセーヌ川下りの思い出
高尾山の風      高校の友人と高尾山登山を
               したときの楽しい思い出
川のささやき   「FUJIFILMフジカラーフォトブック スクエア」
ヴェネツィアの風に吹かれて「世界遺産ヴェネツィア展」テーマ曲
神様のカレテ=エンディング=映画「神様のカルテ」エンディング曲
     
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
辻井伸行氏の魂は
感性のままに宇宙を浮遊する。
その音を聴いていると
かなしみから
立ち上がってくる勇気を感じる。

一人でも多くの人と共に
この音を聴きたい。

参考:辻井伸行
ラ・カンペネラ
http://www.youtube.com/watch?v=v9fo3FoHDBc
天才詩人
http://www.youtube.com/watch?v=fuwAUUbrkxY

ツイッター詩人・和合亮一

http://www.youtube.com/watch?v=3ZvyfCHNShs&feature=related

http://book.asahi.com/clip/TKY201106220295.html

宮城県高校野球 決勝戦 古川工業競り勝つ

決勝戦 古川工業:利府=3:1

娘出身の仙台西高校以来、9年ぶりの公立校出場だ。

婿殿は同じ年で向山高校出身だが、高校から付き合っていたか

は分からない。

単身赴任で月に1回程しか帰って来なかったから。

だんな元気で、留守がいい時代だ。

ベガルタ仙台 対 柏=2 : 1 逆転、やった。

http://ameblo.jp/the29bomb/entry-10966805520.html

少し仙台市 街散歩
さとう宗幸さん おでん三吉紹介
http://www.youtube.com/watch?v=fQFgvCtjJ_8

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『復旧を急ぎ、復興を共に成しとげる。』

『復旧を急ぎ、復興を共に成しとげる。』
7月26日付

東日本大震災後、世界中から日本は他人への思いやりや忍耐
強さ等で称賛された。
しかし、日本が称賛されたのではなく、日本の東北、みちのくの
忍耐強さが称賛されたのである。

750年代、大和朝廷に奈良の大仏建立に金を献上した奥州涌谷、
802年には征夷大将軍坂上田村麻呂が、みちのくの首、アテルイ
を京都に連行し打ち首にした。
それはねぶた、ねぷた祭りに伝えられている。
869年、みちのくを襲った貞観地震があり、数万の死者の霊を
悼むかに、京都では祇園祭りが始まった。
1100年代、世界遺産に登録された藤原四代の栄華があったが、
義経討伐を口実に、(1192年)源頼朝に滅ぼされた。
1600年代関が原以後、徳川幕府が260年間、文化的に、平穏な
時代が過ぎた。
伊達政宗公がボルトガル等の外国の力を借りて、徳川家を破らん
とした企みがあったとしても。
 1860年代、統幕の動きの中から、天皇を仰いで薩長同盟という
西側の勢力が強くなり、東北は松平合津藩主を中心に奥州列藩
同盟を構築したが、間単に瓦解した。
その為の明治政府は北海道、東北を未開の地と位置ずけ、日中
日露戦争へ人馬を提供する基地とした。
先の敗戦でも、東北から出征した多くの人々が犠牲になった。
1950年代から、東京の大都市化によるエネルギー問題が
表にでると、政府は又もや、東北へ、福島県沿岸部への原発銀座
建設と青森県六か所村への、核使用済燃料処分や貯蔵場所
として積極的に推進してきた。
政府は地元に金を落とすとして、地元も了解した。
2011・3.11 福島第一原発事故も、大きな歴史時間軸から
見れば、東北への惨劇は折込ずみだったような気になる。

 大震災が歴史的必然があったとしても、政府の対応が素早く
復旧復興が進めば、救われるのであるが。

 仙台市は死者が700人以上、行方不明者が30人程だそうだ。

大震災当日仙台市若林区ニュース(YouTobu)

http://www.youtube.com/watch?v=xPg7gAO___I&feature=fvwrel

http://www.youtube.com/watch?v=EdmcfFisFo4&feature=related

http://www.youtube.com/watch?v=oZSy1ZkvTKA&feature=relmfu
3月末の死者行方不明者は3000人を越えていた。
しかし義捐金、住居の罹災証明書の申請等で行方不明者が
判明し、減る結果になったようであるが、うれしい誤解だった。

 だが、よく見てくると、松本復興相暴言辞任や、政府の機能
不全で進まない。
仙台市の瓦礫処分でも、一次仮置場への搬入さへ約40%にも
満たない。
2年間で全部を処理するということだが、分別での処分である
から時間がかかるのも仕方がないが、他都市との連携での
早い処分が求められる。
環境省、厚生労働省、国土交通省等、縦割り行政に翻弄され
てはいけない。
瓦礫処分は主体的には仙台市の責任だ。

石巻市や気仙沼市の友達は、60歳も過ぎたので、新たな金で
商売を開くのはあきらめたという。
「あきらめた」というより「気力が起きない」という。
国も、県も、市も、希望の持てる再生ビジョンを提示することは
急務だが、今、困っている、やる気が失せつつある人々に
何かの対策が必要である。

私もそうであるが、東日本大震災で、予定していた仕事が
キャンセルになった。
体はバリバリ、やる気はムンムン。寝れば疲れも消える。
とは思うが、そんな人だけではない。

 大震災から4ヶ月半も立つので、被災地の現状を書く。

 報道できない現実。震災の裏側。

http://www.youtube.com/watch?v=zrJje5pTZ0A

震災の裏側 パート2

http://www.youtube.com/watch?annotation_id=annotation_445617&v=MVKWtxXtZ3E&feature=iv

震災の裏側 生きる、希望を

http://www.youtube.com/watch?v=OnfQL2G-44s&feature=mfu_in_order&list=UL

石巻市の友達だが、牡鹿半島の先の鮎川にお母さんがいたが、
運良く津波は2軒前迄でで、引いていったが、知り合いは居なく
なったので、お母さんを一人にはできないので、仙台市南仙台
の自分の家で引き取ることにしたそうだ。
嫁さんとの今後がどうか心配だと。

また、津波で家の一階が流され6日間目に発見された夫婦は
若林区の娘の家に疎開していたが、ボランティア等でヘドロを
撤去して頂、大工に床を敷いてもらい、又、住めるようになって
よかったということだ。河北新聞に出ていたあの人だ。

石巻市の離島田代島の友達は、船を流されたが、家族は無事
だとのことだが、娘の元に夫婦で引越しをすることになったと。
 みんな新しい道を決めて進み始めた。
ところが、海の工事をしていた人は仕事がまだ発注されず、
会社も厳しいとのことで、解雇になり、ハローワーク暮らしだ
そうだ。
会社都合であるのでハローワークの支給期間が延びたのだけ
はよかったと。
62歳であるので前の給料の45%だと。
加算期間も入れても7ヶ月だけだから、
あと3ヶ月しか残っていない。
やる気がでないと、ぶらぶらしているのも奥さんに見せたく
ないので、パチンコ三昧だと。
自分でもだめだと思いつつ、打ち友達もできて、結構楽しいと。

しかし、水産会社に勤めていた20代の息子が4月に解雇を
通告された。雇用保険も8月までだ。
貯金もないし、仮設住宅の親父のところに転がりこんできて
、首が回らないと。
又は、信号機が消えていて、交差点で事故をおこしていまい、
負傷して仕事ができなくなった等。
聞けば、聞くほど、失業者が多い。

被災地は農漁業者まで仕事がないのだ。
海も船を流され、又、瓦礫で漁ができない。
田圃も畑も塩害で今年は植え付けは無理だ。
政府は短期の雇用創出のために、自治体で行っているが、
瓦礫の撤去や仮設住宅の見回り等の臨時職員だ。
やりたい仕事ではない。
事業再開のめだがたたず、前向けになれない。

テレビでは被災地を助けている人のいい話が多いが、一過性で
継続的でない。
家族はテレビの前では笑っているが、仮設住宅へ帰ると避難所
と違って、人の目を気にしないでいいので、口論が尽きない。
こんな事は大震災前はなかったのにと愚痴る婦人が多い。
仮設住宅には入れたのに、夜に眠れず、アルコールに溺れる
日々が多くなったという。
阪神淡路大震災でも仮設住宅での、孤独死や自殺者で600人
程があったとされている。
全体の死者の10%強であった。
こころのケアやふれあいの部屋を作ったりて、被災地を支えて
いるボランティアも多く活動している。
仙台市ではあすと長町の仮設住宅でも地域の人と入居できる
ように配慮する仕組みで応募したが、以外に応募者が集まらず
入居率は三回の最終応募でも、約70%以下と聞く。
仙台市は民間賃貸住宅の入居が可能なので、みんな其方に
入居したのであろう。
4月に仮設住宅予定入居者の事前のリサーチが進んでいれば
こんなミスマッチはおきなかった。
このブログでは、仙台市は空き部屋が多い状態なので、だから早い
段階から民間住宅への入居を推進していたので、複雑な気持ちだ。
それにしても、仮設住宅に入居できたが、仕事がなくて、生活苦
が徐々に押し寄せてきている。

田老町では、十分な収入が得られないことで、避難所に通って、
無料の食事の提供を受けている人も多いと聞く。
以前居たので、食事をもらうのは、自分たちで配膳をしていたので、
掃除や洗濯等のお手伝いをして、いまだ、避難所の一員として
暮らしているようであるとも言っている。
自立がおぼつかない。

農漁業者は、地域と結びつきが大きく、他の地域での再就職が
難しい。
政府も農漁業者の就労支援として、全国から求人を募って紹介
したが、若い人でも、約3%の就職に繋げられただけだった。
国も個人も就職にがんばっているが、ミスマッチが多いという
事態ではないようだ。
被災地は元々、仕事が少ない地域であったのだ。
だから、国、県、市がすぐに雇用が確保できる企業を誘致する
のがいい。
女性には通販のコールセンターがいい。
男性は自動車や機械部品に従事して生涯の仕事になればいい。

昨日、第二次補正予算も成立した。
予算額は決定しているが、使い道はグレーだ。
グレーだからこそ、地域にあった雇用対策に最大の努力が
図れる施策を作り出さなければならない。

それを、推進するためにも、首相はいつ辞めるのであろうか。

(首相の支持率の推移)7月10日調査 支持率12.5%

 http://www.jiji.com/jc/v?p=ve_pol_cabinet-support-cgraph

そして新しい体制で、復興の方向性を早く示せ。

失業者を救え。

被災地は閉塞感が増すばかりだから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

福島県は福島県民18歳以下、一生、甲状腺継続検査をする

福島県は福島県民18歳以下、一生、甲状腺継続検査

http://www.youtube.com/watch?v=Dt6RM08pYDM&NR=1
7月25日付

午前4時マジか、地震で起きた。福島県沖、相馬沖M=6.2

仙台市は震度4で、相馬市等沿岸部の石巻市では震度5弱

驚いた。忘れた時にまた来るとは。

7月24日(日)日本中スポーツ真っ盛りだ。
仙台市、日本製紙クリネックススタジアム宮城(Kスタ)でプロ野球の
球宴第3戦が開催。
いってきた。少年達や自衛隊が多かった。
招待されたのだ。本当に笑顔が多かった。
島野捕手(楽天)が代表して「東北に希望を」と元気なプレーを誓った。
野球を見て、どこかかで優しく見てくれている全国の力を感じた。
由規(ヤクルトー仙台育英)、田中マー君(楽天)、
ダルビッシュ(日本ハムー東北高)、江尻(横浜ー仙台ニ高)

斉藤佑樹(日本ハムー早稲田大)もKスタ初登場。

 http://piyopiyogeisupo.ldblog.jp/archives/51915670.html
地元ゆかりの選手として渡辺直人(前楽天ー横浜)が、松井加入で
突然の移籍だったので、一番の声援を受けていた。
結果はセ対パは0対5、パの2勝1負だ。いい球宴だった。

それにしても、ベガルタ仙台4戦ゴールが無い。

ホームで大宮に負けた。これからだ。

高校野球も今日4強激突だ。

東北対古川工、古川工の打線も侮れない。終盤の粘りが決める。

仙台商対利府、仙台第一を破り、仙台育英を破った仙台商に勢いが

あるが、両チームとも公立高でノーシードから勝ち上がった。

今日のKスタ球場も、熱気で立ちこめている。がんば。

なでしこリーグも再開された。
澤選手の人気がすごい。
前回は448人、今日は1万7812人だ。すごい。大野が2発。
グッズ売り場も、たれ幕も選手が行っていた。売れ切れ続出だ。
生産が間に合わず、販売ができないから予約注文の受け付けだ。
優勝したので、応援にきたひとが多かった。
リクルート用に、あの公式スーツが5万1450円で販売が決定された。
温泉、町おこしの宮間あやちゃんの岡山湯郷チームと
伊賀FCクノ一戦は、追い風で、過去最高の3400人だ。
空前のブームと光と影が見えるが、長いフォローをしたい。

それに、「なでしこパワーにあやかりたい」ものだ。
ブログに書いたが、「なでしこ」の花が野草園の玄関口に咲いている。

宮里藍ちゃん(東北高出)がエビアン(仏)米女子ゴルフツアーで
通算ー16アンダーで今期初優勝した。
震災でゴルフごときかと書き込まれ、落ち込んでいたが、先週一日
でアルバトロス、ホールインワンの有村智恵(23、東北高出)さん、
http://sports.nifty.com/chie-arimura/
等と街頭で震災チャリティーを行い、多額の寄付もしていた。
「大震災へ少しでも力になれば」と心に期すことがあったという。
2015年からは米5大メージャー大会になる予定の大会での快挙だ。
佐伯三貴(25)http://miki-saiki.com/
東北福祉大出)が惜しくも3位だった。
亮は残念2位だった。http://www.ryo-ishikawa.jp/

大相撲名古屋場所は千秋楽に初めて定員8000人で7700人が
集まり、満員御礼になった。
白鵬が8連覇ならず。残念。
日馬富士が14日目白鵬を破り、二回目の優勝だ。
全勝ならずニガ笑い。
琴奨菊、鶴竜、稀勢の海が2けたをあげて日本人同士の
大関昇進レース激化。
6ヶ月ぶりの本場所、何とか 残った。これからだ。

今日から仙台空港が再開された。

仙台空港が呑まれた You Tobu。

http://www.youtube.com/watch?v=BeRPU3K8auc&feature=related

http://www.youtube.com/watch?v=rO2-LT9pflM

一日、国内線は8都市41路線、一週、国外線20路線が回復した。

来月の8月28日には仙台空港から名古屋へ行く予定なので

タイムリーな再開だ。

25日に第二次補正予算案(約2兆年)が与野党合意で成立予定だ。

この予算に震災で津波被害だけでなく、被災住宅の学生に、特に

私学助成を創出してほしいが。

仙台市は学都だけに、交付金というおおざっぱな金の使い方で

被害者の家庭に私学助成を盛り込むべきである。

そして予算の後押しで、根拠のある復旧復興が行える為の法案だ。

「特別公債法案」「再生可能エネルギー法案」の3法案の一定の

メドが退陣の条件という。

首相の強い思いがあっても、独善的であればノルウェーの連続テロ犯

http://www.youtube.com/watch?v=_RWbG8Uawh0

http://www.youtube.com/watch?v=I4QpW3TiZ40

と何ら変わらない。

復旧復興を急ぐのであれば、早くケジメをつけてほしい。

さて 表題だが、
福島第一原発事故で放射能が放出さらたので、影響が大きい18歳
以下福島県民、一生、甲状腺検査をする処置がされる事になった。

http://news.nifty.com/cs/headline/detail/jiji-24X569/1.htm
 福島原発事故発生時に18歳以下だった子供約36万人に対しては、
超音波による甲状腺検査などを行い、住民の健康不安解消に努める。
 甲状腺検査は10月以降順次始め、2014年3月までに終える予定。
その後は2年ごとに再検査を実施、対象者が20歳になった後は
5年ごとに検診するとしている。
県によると、これほど大規模で継続的な甲状腺検査は世界初という。 

なぜこの対処が行われたかと考えると、ブログにも書いてきたが、
6月30日に、福島県の子供たち全員の尿からセシウムが検出された。
福島の子供のほとんどが内部被曝していると考えられる。
福島県内の保護者らによる市民団体「子どもたちを放射能から守る
福島ネットワーク」などが、原発事故当時から福島市内に住む
(1名は3月下旬に山形県へ避難)6~16才の男子6名、
女子4名の計10名から5月下旬に尿を採り、フランスに送り解析した
ところ、全員からセシウムが検出されたのだ。
この検査結果が、原発事故の“真実”を如実に語っている。

 福島県は市民の動きによるフランスでの検査結果から、
県民の放射能の影響の重大さに対して、特に子供に対する影響の
不安に対する答えであった。
良かった判断と思う。
この検査費用は、東電の賠償費か国の支出からとされるであろう。

宮城県は、丸森町等の県南部、栗原市等の県北部においても、
同じく該当する地区がある。
県境で考える話ではない。
放射線量からの判断だ考えるべきだ。
各県知事の独断的な判断で行われる事ではない。

この場に及んで、宮城県、仙台市に対して、ブログで再三書いてきたが、
放射能を隠すのではなく、放出された、放出されている現実を認識して
素早く測定箇所と回数を増やして、決め細やかな汚染地図を作成して、
県民に判断できる情報を提供しつつ、福島県民18歳以下は、甲状腺
検査ができる制度ができたが、宮城県も同様な放射線量が降り注いで
いる地区には、福島県と同様な制度を導入するようにすべきだ。
さらに、風や雨の影響で汚染塵が変化するので、1ヶ月程の間隔で
必要な場所を決定して除染等の対策を、決め細やかにとる必要がある。

子どもを泣かせちゃいけない。

今回の宮城県民のように、突然、稲わらに放射線量が暫定規格値を
大幅に超えていたが、国からの稲わら情報で、餌には与えるなという
指示がなかったからと、不備を指摘しているが、知事は逃げているが、
きっと県庁内部では、放射線量の危険を訴えていた人がいる筈である。

宮城県の「放射能の情報の統制」が、風評被害になるからとの安易な
県民迎合、畜産農家保護、第一次産業従事者へ媚を売っている事が、
消費者目線を曇らせていたのではないか。
「原発の安全神話」と同じ構図がここでも露呈されている。

 さて、福島原発事故から4ヶ月半も経っているのに、仙台市民も 
「放射線」「放射能」「放射性物質」を曖昧に使っている傾向がある。
その意味の違いは、人体に害を及ぼすのは「放射線」であり、
放射線を出す能力を「放射能」、放射能を持つ物質を「放射性物質」。
その理由は、仙台市民には影響がないという曖昧な安心からだ。
そうさせたのは、放射能に関しての、情報が余りにも少ないからだ。

現在、原発から漏れた放射性物質が海中や空中に広がり、
各地で放射線を出している。
原子炉そのものから放射線が漏れているが、
その観測データは今のところ正式には発表されていない。
第一号原子炉建屋から放射線の飛散を防止する為にテントで覆う
工事は9月までには完了予定である。
残りの原子炉建屋も必要であるが、テントでの放射能の飛散の
防止効果を検証してから、建設するものと考える。
残りの建屋の覆いに関しての情報は発表されていない。

どのようにしたら放射能の被害を少なくするかという記事も多い。
簡単なら参考にして、被爆を浴びないことがいいと思う。

そこで、放射能の外部被爆と内部被爆対策について検証する。

 福島の子供のほとんどが内部被曝している結果となった。
原発で水素爆発が起きて、大気中に放射性物質が拡散され、
それを吸い込んで、内部被曝している。
さらに事故後に放射性物質の付着した食物や水を摂ったことで、
内部被曝が加算されている。
チェルノブイリ原発事故のときは、外部被曝と内部被曝はほぼ
同じ量であったという結果がある。
 いま福島の子供が毎時1マイクロシーベルトの地域に住んでいる
とすると、1年間の外部被曝は8.76ミリシーベルトの計算になる。
さらに、チェルノブイリにならって内部被曝と外部被曝を同程度とすると、
両方合わせて年間約17ミリシーベルトの被曝量になる。
これは一般的な日本人がこれまで体験したことのない領域だ。
 
 私の住む、仙台市太白区で考えると外部被爆が0.12msv
(地表上50cm)
(但し、雨樋の水の出口の地表面は0.30~0.90msvである。)
内部被爆が0.12msvとなるので、合わせて0.24msvであり、
年間被爆量は 0.24msv×24h×365日=
2.1ミリ・シーベルト/年となる。
この値が高いか低いかは、原発前の基準値1ミリシーベルトと
比較するのが正しいと思うが。
学説諸説あるが、私も学生時代の教養部授業を思い出しながら、
検証してみているが、「こどもを泣かせちゃだめだ」との思いで、
ブログに書いている。

私の放射能の基本は、
感受性の強い子供が被曝した場合、ただちには影響が現れないが、
(男性60歳以上と0歳~5歳女性では100~300倍の影響

の違いがある。米国のJ.W.ゴフマン博士による評価による。)
5年後、十年後の甲状腺がん発症のリスクが増加する事が
チェルノブイリ原発事故データーから、現松本市長の現場での
医療活動データーでも明白だ。
この一点だ。

 とりあえず、被爆対策は、何より大事なのは体内に新たな
放射性物質を入れないこと。
まずマスクをすることで埃を吸い込むことを防ぐこと。
 帽子や長袖で髪や衣服への付着を防ぐこと。
少しでも体の中にはいらないように注意するしかない。
ほうれんそうやパセリなどの葉もの野菜やいも類などに含まれる
カリウムは放射性セシウムを尿とともに排出しやすくする。
骨に集まるストロンチウムは、カルシウムをきちんと摂ることで
体内の蓄積を防ぐことができる。
内部被曝の被害を抑えるには、日頃から野菜や小魚などを
バランスよく食べることが必要だ。
内部被爆も半分程は排出できるので、通便の良くなる
食物もいい。

一方、地表に落ちた放射性セシウムが風で飛散する危険性がある。
福島第一原発の事故から4か月。
原子炉ではステップ1は終わり、ステップ2の段階にはいったが、
新たな放射性物質の流出は、当初より減少したが起きている。
しかし、2次的飛散は、地表に落ちた放射性物質が舞い上がり、
それが風によって飛んで降雨で沈着が進むことであるが、着実に
進行している。
つまり福島原発から今後放出される放射性物質だけでなく、
この4か月近くにわたって地表に蓄積された放射性物質も
要注意なのだ。
地面が乾燥しそこに風が吹くと、それらは再び宙を舞い、
また飛散してしまうのだ。
だから、除染が必要なのだ。

気温や湿度が上がる時期だが、我慢して長袖を着るべし。
 埃に交じった放射性物質が皮膚に直接当たることは可能なかぎり
避けたいので、長袖を着ることがいい。
子供が汗をかいたら着替えさせることも大事だ。
発汗が原因で、放射性物質を体内に取り込んでしまう危険性もある。
皮膚から放射性物質がはいり込むことにより、口、鼻に続く“第三の
内部被曝”につながる恐れがある。

汗腺からの被曝に注意「真夏でも長袖を着るべし。」

保冷剤をタオルに来るんで、ビニールパックにいれて、携帯する
熱中対策の二股対策を私は実践している。

参考: 放射線量関係ブログ

    自衛策に群馬大早川教授ブログ、放射能の拡散地図

    http://kipuka.blog70.fc2.com/blog-entry-397.html

   7月20日原発工程表検証、ステップ1→ステップ2へ

 http://manabu5577.cocolog-nifty.com/blog/2011/07/post-ab2e.html

郵便受けを見てきた。

クロネコメール便だ。

中身に第41回 宮城県俳句大会応募句集が入っていた。

主催 河北新報社、宮城県俳句協会

付録に俳句の聖地松島

第57回 松島芭蕉祭並びに全国俳句大会作品募集要項

が入っていた。

今年の中央選者は宮沢賢治研究家の石寒太さんと

2年間NHK俳句選者であった片山由美子さんだ。

句会は、平成23年11月13日(第二日曜日)だ。

http://www.mapple.net/spots/G00400168507.htm

因みに一番手前が「滝」主宰菅原鬨也氏(第30回角川俳句賞受賞)

瑞巌寺の孔雀の間に座れるのはこのときだけだ。

そらに、詳しく見ると、宮城県俳句大会は例年4月29日(祝)に

旧県民会館(東京エレクトロンホール)の6階会場で開催されて

いたが、3・11大震災で建物が使用できず、他の公共施設も

使用ができないので、中止になっていた経緯があった。

もう一枚紙があり、選句の結果が記載されている。

 えぇ~~ そんな、 まさか・・・。

高野ムツオ(現在、3年目に入るNHK俳句選者)選

 特選 第一席 ★ 縄文人の骨の飢餓線冬銀河

  ・・・・・  まさか忘れてきたよ・・

蓬田紀枝子(駒草顧問)(ブログで野草園にある句碑の作者)選

        (蓬田さん句碑:はんでんぼくいまは芽吹きの大樹かな)

     入選: ★ 島影の見ゆる佛間に帰省かな

板内佳禰(角川春樹主宰の「河」の仙台支部長)選

     入選: ★ ラガーの肉体白く発光せり

参考に

菅原鬨也選  特選 第一席 寒卵むかし大きな戦あり  中田黄河

             第二席 白鳥のこゑ百年の自在鉤 浅野 広

             第三席 観音の蹼濡らす春の月   土屋遊蛍

高野ムツオ選 特選 第一席 縄文人の骨の飢餓線冬銀河 赤間 学

             第二席 一人住む隣も一人日脚伸ぶ 富樫文子

             第三席 波音を眉にとどめて春の鹿 土見敬志郎

蓬田紀枝子選 特選 第一席 踏切に堆肥こぼして里の春 小林水明

             第二席 天地と己れに蒔きし菠薐草 横山つよし

             第三席 雛祭母美しき箸づかひ    小国さと子

板内佳禰選 特選 第一席 竜天に生簀の底の蠢めきぬ佐々木さだ子

            第二席 鳥帰る津波被害の溺れ谷   小野寺濱女

            第三席 鷹鳩と化し繭倉は薬局に   清家馬子

尚「菅原鬨也氏は俳誌「滝」主宰であり、私はその同人である。

主宰から採って頂くのが本来であり、残念な結果だった。

因みに、宮城県俳句大会へ私の応募作品は

       ★ 花辛夷尿るに力みあればこそ

       ★ 御統の玉貫いて寒卵  

       ★ 代々のありやう冬瓜の座りやう

       ★ 島影の身ゆる佛間に帰省かな

       ★ 一茶忌や野にゐる雉の尾の長し

       ★ 火の魚を魚拓にしたり原爆忌

       ★ 縄文人の骨の飢餓線冬銀河

       ★ 狼のゐなくなりたる国家かな

       ★ ラガーの肉体白く発光せり

       ★ 水道管枝分れして春の空

       ★ 松に雪文字の小さな大辞典

  NHK俳句王国 平成23年2月12日(土)放映

  坊城俊樹選 (伝統俳句協会、高浜虚子先生の曾孫)

 http://www.nhk.or.jp/haiku/backnumber/110212.html

  特選 ★ 鼻先を航空母艦大根引く    学

  因みに、坊城俊樹先生の吟行句

      ★ 雪の降る夜は雪崩るると言ふ漢

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7.23中国高速鉄道事故、死者32人か、170人超負傷

7.23中国高速鉄道事故、死者32人か、170人以上負傷

参考:中国高速鉄道事故 
7.23、死者32人か
http://www.youtube.com/watch?v=Xg7uswHq1_U
7.24、41人死亡か、負傷社200人以上か
htthttp://www.jiji.com/jc/d4?p=cta723&d=d4_int

http://www.jiji.com/jc/d4?p=cta723&d=d4_int

6月27日、中国版新幹線の解説(開通危惧)
http://www.youtube.com/watch?v=MeKzmUU92Bk
6月27日 日本新幹線とそっくり中国版新幹線
http://www.youtube.com/watch?v=eciWcwT4URU&feature=related

7.24 中国版新幹線 脱線事故ニュース

http://sankei.jp.msn.com/world/news/110724/chn11072401580006-n1.htm

7月23日、中国浙江省温州市付近で、高速鉄道の列車が別の
高速列車に追突して双方の車両が脱線、一部車両が高架橋
から転落した。
中国国営通信の新華社は24日早朝(日本時間同)、
死者は32人、負傷者は171人と伝えた。

四両脱線転覆だと一両に40人程の乗客がいれば、

100~150人以上は犠牲者がいるのでは、疑問だ。

現場では、地元の救助隊のほか中国軍兵士も出動し徹夜態勢
で乗客の救出活動を続けている。

この事故で中国技術の高速鉄道の杜撰さが露呈されたが、
それだけでなく、強権な、強引な国策が国民に自国の面子でして
いたことをあらわにした。
さらに、事故原因の真実を隠せない事になりつつある。

ところが一部の事故車両を検査前に、地中に埋めている。

中国らしいといえば言えるが、日本も笑っていられない事もある。

日本の原発と同じようだが、違うのは 強権で、中国高速鉄道は

もう運転再開をした。なぜ焦っているのか。

今後、インターネットの波及で、世界から事故原因の書き
込みがなされ、以前にも、汚職や、手抜き工事等の書き込みがなされ、

高速鉄道の安全に疑問をつけていたが、さらに書き込まれ、

、中国国民は、真実を知ることになるであろうから。

書き込みには、原発運転の安全を危惧する動きもある。

本当に中国のこの隠蔽体質で原発事故がおきたら、どうなるのだ

ろうとの危惧はもっともだと思うが。
そして、30~40代の中国へ戻ってきた留学生経営者が新たな
民主化の波を支持し始めている。
チャニジアで始まったインターネットによる国際化の波が、
中国への民主化の波が以前10年後と予想したが、この波は
確かに歩を急いでいるようだ。

中国は今年建国90周年を迎え、国家の威信を掛けて、北京から
上海までの高速鉄道の開通を急いだ理由がある。

7月1日にその日を迎えたが、開通後み事故が多発していて、
350キロ/時のスピードから300キロ/時以下に落として、
運転するなど、危険を予想していた。
そんな中での人身事故がおきた。
高速鉄道は日本とドイツの技術の導入を受けて、開発が進んで
きたが、7月1日の開通日に、米国へ中国の高速鉄道は独自
技術という事で特許申請を考えているという。
日本は車両以外の鉄道施設と車両の制御関係等の技術で支援
してきたという自負があるが、簡単に反故にされた。
これまでも中国は、日本製のアニメのコピーのパクリが問題に
なってきた。
又、店や製品、日本の産地の看板名でも、漢字文化という点で
コピーされやすく、特許権の侵害が表面化されてきている。

一方、日本は1964年東京オリンピック開催に合わせて、高速
鉄道の新幹線が東京~大阪が開通して以来、死亡事故は
起きていない。
東日本大震災でも、運転中の全新幹線(77基)がストップして、
一部宮城県内、仙台市内で脱線はあっただけであった。
この制御技術が日本の新幹線の生命線だ。
因みに、東北新幹線では、岩手県内の岩手町から一戸市迄の
25.8キロの岩手一戸トンネルで、沼宮内駅側の入口部
(摺糠工区)の入札時の担当者であったが、盛岡工事事務所内
の会場で入札の札100億円を入れたのは初めで終わりであった。
又、八戸駅から新青森駅に向かう最初の1、2番目のトンネル
にも少し絡みがあった。
昭和48年冬に東北新幹線工事では岩手県石鳥谷町猪鼻工区の
高架工事を新人時代担当したことがあった。
新幹線が北へ北へ伸びるのが希望の光であった時代であった。
だから死亡事故のおきていない高速鉄道新幹線技術は、日本の
誇りではないかとも思う。

政府が菅首相がトップセールスとして、原発をベトナムやトルコへ
輸出を推進してきている。
しかし、政府がトップセールスするのは、アセアンや米国、南米
への高速鉄道の輸出促進であるべきだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

●震災後、仙台市泉崎南町内会、防災計画見直しへ

震災後、仙台市泉崎南町内会、防災計画見直しへ。

7月23日(土)午前10時より、仙台市太白区泉崎集会所で、
仙台市太白区、泉崎南町内会防災活動協力者懇談会開催。
60名程が出席した。
防災計画の見直しをする為の意見交換会ということか。

はじめに10時から、泉崎一丁目公園内の防災倉庫の備品の
確認をした。
防災部長の大宮さんから、防災用品と災害用品に分けて
説明があった。

防災用品は
車イス、2台、ネコ車2台、ジャッキ10T1台、
バール2本、大型ハンマー1台、消火バケツ20個、
ブルーシート15枚、簡易式救助用リアカー1台、発電機1台、
救急用担架2台、飲料水20L×6本=10ケース等

災害用品は
医薬品 5個、簡易トイレ2台、毛布7枚、ヘルメット22個、
ガソリン携帯缶2個、炊き出し用品1セット、(大型がなべ等)
ジャッキ1台、カセットコンロ2本、草刈機1台、懐中電灯5台、等

3月11日震災時使用用品として
飲料水24本×8ケース、クラッカーS缶100缶、
アルファー米 五目飯200個、トイレットペーパー60個×3ケース

そこで、新たに、平成23年購入した用品は
トイレットペーパー 18ロール×14個、カセットコンロ2個、
カセットボンベ48本、チェンソー1台、毛布10枚、乾電池
アルファー米200袋、保存水240本、クラッカー100缶、
ガソリン20L,

集会所に移って、話し合いがあり、会長や部長が大震災を受けて、
町内の防災計画の見直しをしようという話しになった。

考え方として、震災後に急遽購入してすぐに防災対策に反映して
いるのは素晴らしいことだ。
さらに、意見を聞いて、さらに防災計画を深めようということだ。
現町内会役員の他は、以前の町内会役員や現班長さんが
集まっているようだ。

1)町内の要支援者の見回りをどうするかが話しの中心になる。
 アンケートを取った所、6人から、見回りはいらないと返答が
 あったとのこと。
 理由は個人情報保護の観点かららしい。
 因みに災害時見回り人数は個人で町内会へお願いしている人
 と、民生委員と連携して見回りの人をあわせて約110人である。

 対策として、災害時、見回りが早くできるように、安全だった家は
 大きな旗を家の前に掲げてもらうことが効果的であったという。
 当町内会でも、参考にとの意見が前々部長の石井さんより
 提案されていた。
 旗のデザインは「ダイジョブダ象」ということで「象」がいいと。
 楽しいですね。
 因みに今回の大震災時、見回りで確認して、町内会で対処した
 のは、赤間が動いたのは102歳の女性を保護して頂き、現マンション
 建設会社の車で 富沢中学校の避難所、武道館に搬送して頂いた
 件と橘内生活環境部長が動いた、車シスの女性を、一丁目公園の
 向かいのサニーライフ(老人ホーム)で預かって貰えたことであった。

 さらに、一丁目公園にきていた、ディーケアに来ておられた車イスの
 20人程は、ケア会社で対応したが、10人程は家に帰れず、武道館
 の避難所で2日間程避難していた。
 又、0~2歳程のチャイルドを預かっているベビー園は手押し大型
 ワゴン車3台程に20~30人程が避難に来ていたが、午後7時には、
 誰もいなくなっていた。ワゴン車にはいっぱいの毛布を巻いて、保母
 さんはがんばっていた。よかったね。

2)約2000人の町内会であるが、昭和50年代から土地区画整理事業
 で入居した人が9割を占めている。マンション持ち家が3.5割、
 賃貸マンション、アパートが4割、2割が戸建、昔からが0.5割。
 80歳以上が120人程しかいない場所である。
 だから、泉崎に住んで5年未満の人が、2割程いるので、
 「いっとき避難所」の一丁目公園、「一時避難所」の富沢中学校を
 知らない人も多くいたという。
 若い人にその傾向が多かったとのことである。
 町内会では、富沢中学校の生徒と防災マップ作りを、町内を回って
 危険箇所探して、作ってきた。
 避難所の場所を、20箇所掲示しているのに、なぜ知らないのかと、
 10年間継続していた前総務部長の談もあった。
 因みに、防災倉庫の中の、防災用品一覧表の、記号と品名の
 ダンボールに記入した字は、紛れもなく前総務部長の端正な
 文字である。辞めて、もう5年前であるが。

 又、意見として、マンション内では、共有情報を得て助かったので
 町内会でも共有情報があったらよかったのではないかとの意見
 もあり富沢中学校の「手書き情報版」には、通電、通水、お店、ガソリン、
 携帯充電場所、給水場所のリアルタイムの情報を個人名で書いて
 もらって、高齢者や情報弱者にもわかりやすくしたつもりだが。

 我が町内会の場所、一丁目公園の場所に事務所(テント)を設置して
 周知させる方法もあったのではないかとは、前々町内会長の
 意見であった。
 因みに富沢中学校には、泉崎4町内会、富沢2町内会の6団体が
 避難対象団体であった。

 さらに、意見として、声をかけて頂ければ、お手伝いできたかも
 しれないと思うという方がおられ、声かけは女性は難なくしていた
 ようだが、男性への声がけは難しいようだ。
 男性は役職で動きやすいので、うまく役を作るのもありかとも。

 連絡網を小さな単位で作って、安否確認をしあうのもいいのでは
 ないかとの意見もあるが、現実は、いない人が多いので難しい
 面もあるようだ。検討課題だ。

 今回も、現町内会会長、防災対策部長も午後6時半頃に
 町内会へ合流した。
 さらに、自宅や肉親の安否確認で、その日は活動できなかった
 場合もある。

3)震災時、初動時は震度5以上に関しては一丁目公園に役員が
  集まって、いる役員で、強力にリーダーシップを発揮するシステム
  が必要だ。
  町内会という自主防災団体での、緊急時のリーダーシップを
 どうするかが、課題にあがっている。
 大震災時、初動時では、誰も助けてはくれないのだから。
 町内の新井川内科医に、トリアージの講習会をして頂いたことが
 あったが、切迫したときはこのリーダーシップが必要になる。

 色々意見がでて、有意義な町内の集まりとなった。
 最後に女性広報部長が寄ってきて、ブログの人ですよね。
 と笑顔で声をかけて頂いた。
 私も罹災届出証明書を出したと。

参考 防災、震災、避難所関係ブログ

6.10.東日本大震災から90日、学校被害と震災孤児
http://manabu5577.cocolog-nifty.com/blog/2011/06/post-1137.html

5.28 東日本大震災の対談、今野紀美子と赤間 学
http://manabu5577.cocolog-nifty.com/blog/2011/05/post-1d73-1.html

4.10 東日本大震災から一ケ月経ち感動した事ー避難所富沢中学校
http://manabu5577.cocolog-nifty.com/blog/2011/04/post-f9ca.html

3.28 東日本大震災 仙台市の水道 復旧と安全
http://manabu5577.cocolog-nifty.com/blog/2011/03/post-8244.html

3.22 東日本大震災 22日現在仙台市ボランティア状況。
http://manabu5577.cocolog-nifty.com/blog/2011/03/22-c864.html

3.22 仙台市ガス23日から随時ガス供給
http://manabu5577.cocolog-nifty.com/blog/2011/03/23-ea57.html

3.20 大震災報告 富沢中学校避難所
http://manabu5577.cocolog-nifty.com/blog/2011/03/post-c77f.html

2008.10.19 AED講習会 
http://manabu5577.cocolog-nifty.com/blog/2008/10/aed-1eaa.html

2008.9.21 震災訓練終えて
http://manabu5577.cocolog-nifty.com/blog/2008/09/post-c91e.html

| | コメント (1) | トラックバック (0)

仙台フィル定期演奏会ー7/22,5か月ぶり、ファン喝采。

仙台フィル定期演奏会ー7/22,5か月ぶり、ファン喝采。

音楽の力で明日への一歩を
コンサートマスター、神谷未穂さん(37)
「大震災で絆を大切さを改めて知り、音楽家は何をすべきかを
深く考えた」と語る

仙台フィルハーモニー管弦楽団(仙台フィル)
http://www.sendaiphil.jp/about/index.html

仙台フィル コンサートマスター 神谷未穂さん
http://sankei.jp.msn.com/entertainments/news/110330/ent11033016090016-n1.htm

仙台フィルが「音楽の力による復興センター」3月28日立ち上げ。
http://www.toyokeizai.net/life/living/detail/AC/b31e16048669825f7e0562424b23942b/

7月22日仙台フィルの定期演奏会にいった。
マーラーの「交響曲5番」を聞いた。
いいね。
佐渡さんが6月に振ったベルリンフィルで、フェルトベングラーが
ドイツの大戦終戦後に演奏した「運命」のレコードで聞き、感動
したが、震災後に聞く仙台フィルの音にも魂が乗り移っていた。
感動だった。
隣の女性も涙を流していた。

震災で活動拠点の仙台市青年文化センター(地下鉄旭が丘駅前)
の壁が壊れて3月以降の30公演が中止になった。
3月26日、市内の寺で、30人規模の即席オーケストラで復興
コンサートを開いた。
4月から市街地で4,5人規模によるミニコンサートを開催。
避難所も回り、170回以上を数えている。
6月末に修復を終えて、7月にジュニアオーケストラの演奏会を
皮切りに各種音楽会が仙台市に戻ってきた。
そして、仙台フィルの演奏会だ。
この音楽が、さらに仙台市の復旧復興の風になればと思う。

震災を経て、仙台フィルの音は、土の匂いを帯びて、仙台の
音にさらに磨きがかかってきた。

仙台の音にあうには、演奏会会場でその風を感じよう。

因みに、7月23日(土)も午後6時30分から定期演奏会が
開催されるので御来場を。
その風が吹いているから。

☆ 指揮棒の宇宙に飛ぶや月見草  学

参考:
弘前大学フィルハーモニー管弦楽団(弘大フィル)
http://www.hirodai-phil.com/
ブログ
http://hirodaiphil.wordpress.com/

OB会 赤間 学
http://manabu5577.cocolog-nifty.com/blog/2009/09/post-3394.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

肉牛汚染ー報道内容と事実との落差を検証する。

肉牛汚染ー報道内容と事実との落差を検証する。

7月22日(金)付

グランドオープン(7月22日)

仙台アンパンマンミュージアム&モール

http://www.sendai-anpanman.jp/info/2011/07/722.html

市長の思い入れが強く建設されて今日、オープンです。

被災地を元気100倍に、開店に2000人行列。

楽しいですよ。皆で足を運んでね。

なでしこJapan  熊谷ちゃんガード甘い、ツイッター

http://wintomorrow.at.webry.info/201107/article_23.html

熊谷ちゃんはつぶやいていない。紗希ちゃんじゃないよ、

かわいそう、騒がないで。お願い。

参考 「あかままなぶの部屋」 
    福島原発事故の放射線関連ブログ
    安全基準値3.8msv/時ー怒りますこの数値
http://manabu5577.cocolog-nifty.com/blog/2011/07/post-313a.html

東日本大震災から130日が過ぎた。

かみさんが小名浜の実家にゆき、1週間は一人だ。
大震災以降、放射能の報道から、東京の町田市へ
一時避難しいた90歳の両親が家に帰ってから、
体調が優れないという。
会社の後とり夫婦はいるが、やはり実の娘がいいと
いうので呼ばれることが多くなり、今月は二回目だ。
来月はお盆時期の13日から20日にかけて実家へ
行く予定だ。
私の両親は父が38年前に、母は17年前に亡くなって
いるので、仕事が忙しく、親孝行をしていないので、
かみさんには、親孝行してほしいものだ。
子供は出て行ったし、自由にさせて頂ければいいのだ。
昼は和風舞茸スパゲティー、少しベーコンと色添えに
パプリカを最後に入れて、二食分作った。
近くに住む姉が尋ねてきたときも出したがうまいと
好評であった。
さて嫁いだ娘からは、チェックの電話が入るが。

仙台市の若林区の仙台東部道路の東側の海岸部は
全部が水没した。
震災9日後、全滅した面積の大きさと、瓦礫の山の高さが、
ニュース映像から想像していたのとはかけ離れて大規模だった。
親類が東六郷小学校に逃げ込み、やっと助かった。
六郷中学校に避難していたが、仮設住宅へ入居している。
家は農家造りで、一階は完全にやられたが、屋根は大丈夫だし、
修繕してすめそうだということだ。
家の跡片づけをしている所へ訪ねみると、
2ヶ月間は、津波の恐怖がいまだ癒えていないのに、
メデアは「同じことばっかり聞く」という。
「どうして津波から逃げたか」
「物資は足りているか」
「伝えたいことがあれば、テレビの前で話し下さい」と

あれから120日が経って、
親類に聞くと、メデアの数も減っているが、たまに会うと 
「明るい話題を求めてくる」ことに閉口してしまうという。

田んぼは瓦礫がいっぱいでほったらかし出し、
片付いた一部の田んぼは水を引いてきて塩分を減らそうと
しているが、やる気のある人は個人個人でするのであるが、
進まず、又、農業用水路が整備されていないので、
焼け石に水だ。
農協も瓦礫撤去や塩分除去の方法を話はするが、団体で
どうするか指導がないので、手がついていない。
津波に浸った土地は県の建築制限や国の買取なども考えら
れるので方針が出ないのでは、何も進まない。
ライフライン復旧も今後の計画の進み具合をみてなされるので、
一部の仮復旧にしかなっていない。
こんな矛盾や復旧の遅れの本質をメデアは追求報道しない。

ネットでは、仙台市若林区の海岸部に打ち上げられた遺体が
写っていたり、又、利府町の県体育館と銘打たれた写真で、
体育館に運ばれてきたたくさんの顔の見えるご遺体の列の中で、
肉親を探す人々の姿などが流出していた。
ネットは規制がない分、興味本位な報道が多くなり、遺族の
心情を魚出るものであり、厳に慎まなければならない。

テレビメディアは明るいニュースを、
ネットメディアは、興味本位に、速報につぶやく、
二つの報道にも、流れる現地情報でかなりの違いがあった。

そこで、メデア報道内容と事実との落差を検証する。

1)チェルノブイリと同じレベル7になった時のニュースの
  あまりのあっさり感の検証。

 (このブログでは3月25日の「原発の今後の展望」の中で、レベル5
 の報道は間違いで、 レベル7級であるので、放射線量の
 測定を急ぎ、対策を打つべしと書いてきたが、放射能を騒ぐ
 のは風評被害になるので慎むべきとの報道が多かった。)
 (この保安院の判断の変更5→7の検証をすべし。
 この一部の報道姿勢が、政府、東電に雇われている報道各社
 といわれている所以である。)

2)東京電力の記者会見の垂れ流し量の多さ、後出しの
  放射線量データの検証をすべし。

 (細野大臣就任で統一感は出てきたが、当初の東電会見と
 保安院、原子力安全委員会、政府の見解の不統一感。
 国民が判断できない事態を招いた反省から、
 垂れ流し情報は、原発に対して、素人の大部分の国民に対して、
 安全、安全と言うだけあるので、勘違いをもたらす。
 そして大切な放射能の危険な情報を隠蔽する働きになるので、
  危険な事態毎に、ポイントを示して、個人が判断できるような
 情報発信の報道が求められる。)

3)「現場の言い分を聞きたい」報道の検証。

 (4月22日、原子力安全委員の青山氏が現地に入り、福島第一
  原発吉田所長が現場を案内して現場の状況を報道(FNN)したが、
 所長のがんばり、作業環境の劣悪さ、現場の高汚染の事態、
 東電本社災害本部と現地所長との関係、政府の無責任ぶりが
 映りだされたが、国民が映像から判断できたことはいいことだ。
 直接報道の力だ。
  特に再度の津波に備える防波堤の必要性を訴える現場の吉田氏
 や現場のニーズと、書類手続き云々とか土嚢でいいのではという
 政府や会社の乖離が際立った。
 内部査察可能な専門家ですら、これまで誰ひとり現地に行っていない
 現状も伝えられた。
  放映後に政府から青山氏に自粛要請が入ったという報道後、
  報道各社は別の政府御用達の内部広報映像を放映した。
  何をか況やだ。)

 (知人のアメリカ人から、原発で作業に当たっている人たちの作業
 環境はどうかというメールが来たが、東電が発表している放射線量
 が100msv以上被爆の人は111人だと書いて送ったが、
 映像からではもっとオーバーしているのではないかと返事がきた。
 世界は見ているが、日本のメデアの報道陣が現場から報道して
 いるのを見たことがない。
 キャスターは被災地に行き、涙を流して被災者に同情を表すが、
 一番肝心な原発事故の現場前で実況放送をすべきである。
 大震災で価値観が変わったように、キャスターの目が変わり、
 そこからキャスターの目を、国民は見て取る筈である。
 ぜひ、福島第一原発事故現場前からの実況放送を期待する。)
 
4)テレビでの「解説の責任」と「根拠」の検証。

 (テレビでは当初原子力の御用学者が安全安全と語り、東大教
 授の専門家が言うのだから信じなさいという雰囲気があった。
 今、検証すると、意見を述べた学者、専門家、解説者たちは、
 何を根拠に語っていたのだろうか。
 NHKの解説委員で、科学文化部の記者であっても、政府やNHK
 の発表内容を延々と長く解説してきただけだ。
 結果として誤報が続いているが、記者発表内容の真偽や精度
 について何一つ検証せずに伝え続ける姿勢は異常にさえ見える。

 例としては、震災直後から、メルトダウンの可能性は国外から
 指摘され続けていた。
 実際は、メルトダウンから、さらに格納容器下へのメルトスルーに
 なていて、地下水への汚染が懸念される事態だ。
 又、SPEEDIでは原発から北西方向の危険性が非常に高いことを、
 政府は直後からデータに基づいて予測されていた。
 このブログでも1週間後には、個人として、ドイツ製のSPEEDIや
 ハーバード大学からの地震メカニズム、その規模と放射線量の
 拡散予測をインターネットの検索情報から得られた。
 そして、4月から宮城県の県南部や牡鹿半島より栗原市へ、
 そして花巻市までに影響が拡大していることを指摘してきた。
  最初は牡鹿半島の付け根の女川原発の影響かとも思ったが、
 女川原発では放射能は検出されていなかった。
 追波湾の北上川から放射能が風に乗り遡上したのである。 
 対策としては測定場所や回数を増やして、早く宮城県内の
 汚染マップ図を作成して、対策をうつべしと書いてきた。
 宮城県は余りにも放射線測定に消極的だった。
 消極的とは、隠す体質だ。ごまかす体質だ。
 牧草に放射性セシウムが発見された時の県の対策の不備、
 さらに2ヵ月後、福島県や新潟県の高汚染の稲わらを餌にした
 肉牛から基準値を大幅に超えた報道で、県は急遽検査をし、 
 栗原市と登米市での稲わらに放射性セシウムが基準値を
 超えていることを見つけた。
 昨日の報道では、宮城県の稲わらが、各県に提供されて
 肉牛、1000頭以上に餌として与えられ、放射性セシウムが基準値
 を超えるという最悪の事態になっている。
 報道と解説の安易な垂れ流しで、逆に安全神話を作り、宮城県の
 稲わら生産者に、原発から150キロ以上であるので、当然放射能
 の影響はないとの認識に至たる方向に向けてしまった。
 報道のあり方が問われる問題だ。
 つまり、報道各社は、原発事故発生の放射能の危険性を広く伝え
、政府関係各省に問いを立てて、データを引き出せなかったものか、
  報道の機能不全の実態に唖然とするばかりだ。
  個人で、素人でも、原発事故での放射能の拡散はSPEEDIで
 概ね予想ができる。
 当初、政府発表の「50、60代の原爆実験の為の測定機器」での
 測定値を持ち出して、安心させたために、宮城県、仙台市等では、
 危機感がなく、放射線量の監視体制が遅れてしまった。
 この付けは今後悪い影響を与える筈である。
 至急放射線量測定の管理体制を図るべし。

 肉牛の尿や糞の堆肥による土壌への汚染監視体制を図ること。

 又、牧草や稲わらや野菜等の餌の被爆量管理体制を図り、

 直接摂取の防止をすべし。

 さらに、有効な検査方法として、肉牛の外部検査でなくて、尿検査

 を行い、その汚染濃度と実際の放射線量との比較から肉牛の

 被爆線量を予測できるので、素早い簡易測定検査体制を敷くべし。

 一方、土壌等の除染対策を取るべし。

そして、消費者が納得して肉牛を選べるようにすべきである。

隣県の山形県や秋田県の知事は25日より肉牛の出荷前の全頭

検査に意欲的である。

放射能に関して、消費者に理解を得られるには情報開示が大切

だと認識しているからだ。

 これ以上、宮城県産稲わらによる肉牛汚染のないことを祈るだけだ。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

夏になると青森を思い出す私ですー恐山

夏になると青森を思い出す私ですー恐山

なでしこJAPPNN (Wカップ)優勝 おめでとう。
蓮舫さんのツイッター
http://twitter.com/#!/renho_sha

http://www.youtube.com/watch?v=nEwVlmqdl-A&feature=relmfu
こちらは思わぬ余波が。

事業仕分けの「2位じゃダメなんでしょうか?」発言で注目された
蓮舫前行政刷新相(43)が18日早朝、自身のツイッターで
「なでしこジャパン 優勝 おめでとう」と祝福したところ、
多くの意見が書き込まれて炎上、いまも収まっていない。
 蓮舫氏は行政刷新相時代、スポーツ振興費などを仕分けた過去
があった。
それだけに「なでしこJapan、優勝!!すごいです。」とのつぶやきは、
「白々しい」と受けとめられたのだろう。
ツイッターには
「スポーツ振興金をゴッソリ仕分けられたなでしこジャパン。」
「給料は0円~10万円の極貧生活」
「蓮舫議員の夏のボーナス614万円」
などカネにまつわる強烈な批判が踊る。
さらに「2位-」発言を皮肉った、
「結局1番じゃないとダメだったんでしょ!
 あなただって、1位じゃなけりゃ落選でしたし」
「クラリオンガールは2位がいいんでしょ?」
「岡本夏生、大田夫人との漂流ガールでは三番目だったものね」
といった皮肉の言葉も並ぶ。
 厳しい意見のなかには
「スパコンの時もはやぶさの時もそうだったけど、要するに行動も
言動も全てが薄っぺらいからこうなるんでしょ」
と、核心を突くものもある。
大桃さんのつぶやきも突然だったけれども。
みんなしっかり見ているんですね。

100年の恋も一瞬に冷めるって感じ。
一瞬の間に、すっぱり捨てるって感じ。
心の奥に潜んでいたある種の違和感が、
違和感の訳が直感的に分かった時、
すばやく行動に反映させる事ができる時代だと感じる。
インターネット時代の功罪はあるが、
良い事ばかりではなく、この怖さも持ち合わせていると
認識して利用しなければならない。
なでしこの澤さんら7人は神戸チームに合流して練習を始めた。
蓮舫さんには賛成することも多いが、菅さんのようにすぐ意見を

正当化しようとすることはどうかな。
これも人生、楽しむことが必要かとも。

さて夏だ。
東北の夏は楽しい。
夏は涼しく。
日本三大霊場 恐山 比叡山 高野山の恐山で夏の大祭が
7月20日~7月24日で、青森県むつ市で開催されている。
二人の「イタコ口寄せ」に、行列が出来ている。
霊媒師イタコが死者の言葉を伝えるという「口寄せ」を行い、
冷たい風の中、今年は特に大震災で亡くした祖父母、父母、
兄弟等のおられる方はその蘇えった声に涙を流しているであろう。
お父さんやお母さんがあの世から還ったら、津軽弁になってし
まった等で悩む必要はない。
そこはパワースポット、霊場だから、何でもありだと思いましょう。
但し 入山料500円がかかる。
神様のように拍手を打っても、仏に合掌してもいい。

さて、恐山を検証すると、
「おそれざん」という山はなく、釜臥山、大尽山、小尽山、北国山、
屏風山、剣の山、地蔵山、鶏頭山の八峰を含む外輪山の総称だ。
阿蘇山と同じか。広さは10分の1か。
地理でいう「恐山山地」は、下北半島のまさかり部分にある山地
全体を指すので、いわゆる『霊場 恐山』とは区別されている。
あたりには硫黄臭が立ちこめているが、九州霧島の硫黄臭とは
少し違う。
よりタマゴの黄身臭が強い。
本坊はむつ市田名部にある曹洞宗円通寺で、
開山は貞観4年(862)。
開祖は天台宗を開いた最澄の弟子である
慈覚大師 円仁(えんにん)。
「東へ向かうこと三十余日、霊山ありその地に仏道をひろめよ」
との夢のお告げに従い、諸国を行脚して辿り着いたのが、
ここ恐山だ。
元は天台宗の修験道場だったのですが、室町時代(1457)に
廃れたものの、同じ室町時代(1530)に再興され、
以後、曹洞宗の寺として栄えた。
地蔵殿にはご本尊である延命地蔵菩薩が安置されており、
本堂内には東日本大震災で被災し亡くなられた方の供養碑
も安置されている。
中には『古滝の湯(こたきのゆ)』『冷抜の湯(ひえのゆ)』
『薬師の湯(やくしのゆ)』、『花染の湯(はなぞめのゆ)』の4つの
温泉があり、無料で自由に入る事ができる。
(花染の湯は宿坊専用)。
白濁した硫化水素含酸性緑ばん泉で、古滝の湯は胃腸病
などに、冷抜の湯は神経痛・リウマチなどに、薬師の湯は眼病な
どに花染の湯は吹き出物・切傷などに効能があるといわれている。
昔は、まずこの温泉で身を清めてからお参りしたそうだ。
この前来たときはお湯が熱過ぎて、かけ湯だけして出てきた
ものだ。
少し高台の山の中腹にある『奥の院』には建物はなく、
不動明王像が鎮座するのみだ。
昼間でも、木漏れ日の中、寂光に包まれ静寂の境地になれる
場所だ。

奥の院以外の場所は、木陰もない。
炎天下の中、大師堂や永代供養塔、八角円堂、お地蔵様や
千手観音などの石像の数々を廻って見ることも供養になる。
恐山の火山岩に覆われた『地獄』では、いたるところに噴気
現象や温泉の湧出が見られ、立ち入り禁止の箇所が多い。
さらに蒼い湖面の美しい宇曽利湖畔の『極楽浜』『賽の河原』
には風車がカラカラと廻る音と、荒涼と風が渡る音がする。
いたるところに石積みの小山が点在し、故人へのお供え物や
位牌らしきもの、お花などが置かれていて、ここが霊場である
ことを物語っている。
昔、母が姉と一緒に恐山で父の供養に来たことを聞いたこと
がある。
仙台からだった。
夏には、ねぶた祭りを見て、全国各地から訪れる人が絶え
ないということだ。
大学の4年の夏、弘大フィルの演奏旅行が終わり、陸上部の合宿、
ねぶた愛好会で大学運営のねぷたに参加したあと、陸上部の
八木橋君、黒石市、弘前高校出(城下小学校等の先生に赴任)
と一緒に、オートバイで下北半島を1週間かけて陸上卒業記念
にツールリングしたことがあった。
佐井や奥薬師、風間浦、大間等で宿泊したりしながら、恐山の
宇曾利湖の蒼さに感動したことがあった。
それから、父母も逝ってから10年程経て、行ったときに、まるで
「よく来たね」って喜んでもらえてるかのような気分に浸った事が
あった。

一方、大学の教養部で、共同体の研究をレポートした事があり、
その時の共同体の村が下北半島であった。
戦後まで、下北半島は冷害(やませ、山背風、北東風)の影響で
植物が育たず、飢えで死者が数年単位で出ていた。
江戸時代も、明治初期からも、身売りが一番多かった場所だと
あった。
下北半島のある浜では、食料の量の面から、飢え死にしない
ギリギリの人数を決めていた。
その団体を共同体として、1団の人数を200人以上にはしない等と
規則を作って1000年以上生き抜いた共同体を作っていた。
生きる術から長老がすべてを決定するシステムを作った。
欲がなくなった状態を長老と決めたらしい。

秋の季語に「生御魂いきみたま」があるが、
古里にふたりそろひて生身魂  阿波野青畝

この生身魂は、高齢者の両親の事をいうのだが、下北共同体の
長老は浜の存続のための特権も持ていた。
初夜権であった。
浜(村)の若者同士しか結婚を認めないが、結婚が決まれば
長老が初夜権を行使して、初夜でないことが分かれば、浜から
追い出す仕組みを作っていた。
出来るだけ人減らしが合理的にできる仕組みを作っていたのだ。
さらに、女系家族で形成するため、女系家族の婿に選ばれなか
った18歳以上の男性は、浜から追い出される仕組みであった。
また、貨幣を使わない物々交換の暮らしの仕組みだ。
そして共同体の人数は固定され、下北半島の浜毎に、長い間
共同体は残っていた。
この生きるための厳しさが、人間同士の結び付きの強さが、
恐山信仰とも結び付いているようにも思える。

とにかく、下北半島や津軽半島は、東北の魂が宿っている場所
のような気がする。
「忘れられた日本」の原風景がある。
義経伝説の生まれた辺りも、兄弟の血の濃さからの争いという
無常観が、義経の死によって、新たな人生を歩ませてやりたい
というみちのく人の優しさが見え隠れしているように思う。

夏になると青森を思い出す私です。

☆ 東北は背筋を伸ばす兜虫  学

参考:恐山他 関連ブログ

恐山信仰とイタコについて(斉藤博之ルポライター)
http://hsaitoh.jugem.jp/?eid=17

むつ市・恐山(スライド)
http://www.youtube.com/watch?v=a5E31JIqmdE

恐山ブログ
http://www.takurama.net/osorezan.html

http://otokonohoukago.mond.jp/page074.html

http://simokita.org/sight/

http://www.mutsucci.or.jp/kanko/itako-03.htm

三内丸山遺跡
http://www.youtube.com/watch?v=xwbIhdv-unQ

キリスト墓(青森県 戸来へらい村)
http://www.youtube.com/watch?v=cmhV0MsA30c&feature=related

大石神プラミット (青森県 新郷村)
http://www.youtube.com/watch?v=b4YOjUCZ2PA&NR=1

津軽海峡(三厩村) 義経寺(北海道へ)
http://www.youtube.com/watch?v=41Wy6br7c34

弘前公園桜祭り
http://www.youtube.com/watch?v=2Nlt0Ah4Ink

弘前ねぷたまつり ヤ~ヤドオーヤ~ヤドオー
http://www.youtube.com/watch?v=zWiEOqxYld4&NR=1&feature=fvwp

五所川原立佞武多(たちねぷた) やってまれやってまれ
http://www.youtube.com/watch?v=2YdnBtrwfUA&NR=1&feature=fvwp

青森ねぶた祭り
http://www.youtube.com/watch?v=krxMm3iUaUQ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

●東北、仙台市の復旧・復興への骨格提言 7・21

●東北、仙台市の復旧・復興への骨格提言 7・21

復旧復興を進めるには、財源の確保が課題だ。

村井知事は仙台市も含めて宮城県の復旧復興財源に

12兆円がかかると、政府に要望をだした。
(概ね、福島原発事故を除く、大震災の復旧復興財源を
20~25兆円と政府も試算している。)

復旧復興財源に関して、「消費税等の増税でなく、
「復旧復興国債」にて、5年間に15兆円、
6~10年間で10兆円の確保が必要と考える。

理由を書く。

1.「増税では税収は増えない」

 平成7年の阪神大震災後のわが国経済には今よりも
 体力があった。
 その状況でも当時の政権は復興費用として増税ではなく
 国債を選んだ。
 ところがその後、平成9年4月、消費税増税などに舵を
 切った後、わが国が本格的にデフレに陥り、増税したにも
 かかわらずそれ以降ただ一度も税収が平成9年を上回った
 ことがない事実を忘れてはならない。

2.「震災復興国債」の発行を求む。
  
 1)今回の大震災復興財源として、増税や自治体負担は
  望ましくない。
  日銀引き受け「震災復興国債」を25兆円超の規模で発行し、
  同時に財政再建の見通しをすべきである。
  
 2)阪神大震災の総復興事業費は約16兆3千億円とされている
 が、阪神は被害額約5兆円、東日本は3倍の15兆円とも試算
 されており、阪神大震災より大きく、25兆円超の確保が必要だ。
  まずは被災地救済のために現地被災者を雇用した公共事業
 から手をつけるべきだ。
 地震や津波災害に強い新たな町作りも急務である。
 道路、堤防等のインフラも早く復旧させる必要がある。
 被災地での工業部品供給ストップなどがボトルネックになって
 製造業のサプライチェーンが途切れ、国内他地域へも影響が
 生じている。
 9月には震災前の約90%まで回復するという。
 製造業や経済界は15%の節電をしながら、土日出勤稼動などで
 がんばっている。

3)「日銀引き受け国債と財政再建計画の公表を同時にする。」

 関東大震災では財源確保のために外債を発行し、
 阪神大震災でも増税でなく国債に財源を求めた。
 日銀引き受け震災復興国債」を国会の議決を経て発行し
 最低限25兆円まかなうことが必要である。
  使途は生活再建に関わる公共事業に限定し、他の用途
 への転用は厳禁する。
  政府が外国為替資金特別会計で保有している1兆ドル近い
 米国債を米国政府の了解の下で日銀に担保として提供する
 ことも検討の価値がある。

 「十分な金額を示すこととこれら将来に対する説明責任を
 果たすことが、国民と市場からの信頼を得ることができる。」

4)増税は不合理であり、景気に打撃
 景況感に計画停電や出荷停止、資金繰りの悪化などがマイナス
 の影響を与えている現状で増税をおこなったのでは、
 罹災していない地域での景気にも悪影響がある。
  名目GDPが1%マイナスになっただけで、
 税収は約4%減少すると言われている。

5)通常の国債発行の欠点はない
 日銀引き受けされる国債は政府から市場に売却されないため、
 通常の赤字国債の発行と性質が異なる。
 建設国債、赤字国債を問わず通常の長期国債発行で復興
 費用をまかなった場合には、通貨供給量が増加しないので
 今後一層の円高を生む。
 長期金利が上昇(=国債価格が下落)し民間設備投資を妨げる
 可能性や、国債の償還にも支障が出る可能性がある。
 
3.「さらなる金融を緩和すべき」
 
 日銀が震災後大きな金額の短期資金供給をおこなった
 ことは事実。
 しかし、これは震災を受けて、現金を余分に抱え込もうと
 考える金融機関への対処として翌日決済などのきわめて
 短期の資金を、金融機関を対象に供給したもの。
  商品の流通が止まったことによって資金繰りに苦しむ
 民間企業に対しては、金融機関を通じての特段の資金の
 供給は行われていない。
  復興には金融システムの安定だけでは不十分であり、企業の
  設備投資などのための長期資金の供給がボトルネックとなる。
  政府は被災地企業への融資制度を使い勝手のよいものにせよ。

4.「日銀は円高を止めるのに積極姿勢を示せ。」

  7月から徐々に進行している円高は、3月17日の76円25銭
 の戦後高さに迫る。
 円高は、日本企業の外国へのシフトに始まり、国内企業の
 空洞化を招く。一刻も早く、円高は日本は容認しないとの
 メッセイジを世界に与えなくてはならない。

税収アップ策としては

1)「周波数オークション」の導入。
 透明化・利用料適正に・需要増に対応
 東日本大震災の復興財源獲得が急務だ。
 現状では電波は事実上、総務省の裁量で事業者に割り
 当てられている。
 それをオークションで透明化し、利用料を適正化すれば、
 財源になるという発想だ。
 携帯電話やスマートフォンの爆発的普及による電波需要
 の激増がある。
 私も、AU、7月22日までに周波数の関係で、使用携帯電話が
 使えなくなり、買替をさせられたが。

2)個人向け国債の発行。
  マイナス金利で、義捐金の意味合いが強い。
 
3)たばこ税のアップも考えられるが、値上げから期間が少ない。

4)民主党のバラマキ4法の見直して、財源を確保する。
  こども法案、農家個別補償、高速道路無料化、高校無料化、
 で、修正を加えて、差し引き一年間で約2兆円捻出する。

1.「仙台港特区構想」
  仙台港を特区として、背後の自動車、IT企業の物流基地
  として、日本初の24時間営業のハブ港湾と特区化する。

  自動車産業基地としてスピード感をもって回復した。
   東北は世界一のトヨタ自動車の生産基地である。
  岩手県の関東自動車、1月から稼動を始めた宮城県の
  セントラル自動車とその部品加工会社約500社の集積
  地区である。
   トヨタの生産戦略として、リスク管理から、東海、九州、
  そして第三の拠点と位置付けて進出した。
  社長は4月1日の入社式で今後も3地域でバランス良く生産し
  てゆくと入社式で決意の挨拶した。
  大震災の影響も、2ヶ月ほどで全面的に車両生産を開始した。
  又、仙台港も2ヶ月程で使用可能になった。
  しかし、外国船など寄港を変更した船も多い。 
  
  そこで、大震災をチャンスと考え、東北の背後地の新技術の
  生産拠点への転換を視野において、仙台港の整備をする。
  世界に通用するハブ港湾の整備だ。
  世界標準として現在のー16m岸壁からー20m耐震岸壁の
  築造だ。  
  それは、今後脱原発の動きが進み、首都圏で深刻な電力
  不足が生じるので、自動車メーカーが常に操業ができる
  ような態勢にも対応できる体制を取れるためだ。
  東北はエリアが大きくその工場も偏在しており、総電力量
  の節電にも耐えうる県民性を持ちあわせている。
  東北の住民は、電力でも北海道と連帯を深め、道州制の
  方向性で東北の一体化を図りながら、電力の節電に努めて、
  それを企業の電力供給に当たらせなけらばならないことに
  不満はない。
  それこそ東北人の気質を反映でき、自分より人のことを先ず
  案ずる気質が生きると思う。
  あとはポピリズムに流されるのではなく、住民の声を聞きながら
  も知事、国会議員は馴れ合い主義でなく、東北復興ビジョン
  に則って、強力なリーダーシュップで東北をひっぱてもらいたい。
   そのとき、仙台市は東北復興ビジョン(宮城県復興ビジョン)
  と整合性がもてるように、事前にそのビジョンのすりあわせを
  して置くべきだ。
  国への陳情でも統一感を持たなければならない。

   4月1日に、今年度内に復興計画を作ることなどを含んだ
  市震災復興基本方針を策定したと発表した。
  内容は
  ①被災者の生活再建  
  ②ライフラインの安定化
  ③経済や被災地域の復興・再生 
  ④仙台市の再生推進
  と、東北地方全体の再生をリードするとした4項目である。
  お題目にすぎない。
  このお題目で、奥山市長の復興にかける熱意思いが感じ
  とられるであろうか。
  又、東北再生のリード役として仙台市の役割を、他の地域
  との本当のコンセンサスは得られるであろうか。
  東北六魂祭でのお粗末な運営に各県庁市はがっかりした。
  又、これまで仙台市が東北をリードしてきたか。
  はなはだ疑問だ。
  それは仙台市の都市計画や農業水産政策、消費地の観点から
  の商業振興策、TPPとの兼ね合いなどで。
  奥山市長は東北の纏め役、座長役として、実行推進役として、
  それを実行しようとする気概があるのだろうか。
  是非、奥山市長は自分が舵取り役をするのではなく、国とパイプ
  を持ち、東北を、仙台市を知りっている人により東北復興ビジョン
  の策定の中心人物と専門家を選定してしてほしい。
  宮城県復興ビジョンの副委員長であり、仙台市もご存知の
  世界の目を持つ寺島実郎氏を中心に、「仙台市震災復興計画」を
  策定してほしいものだ。
   少なくとも今後の仙台市の、東北の、命運をかけることになるの
  であるから。
  題とした
  「仙台港ハブ化特区構想」
  「秋湯、作並の奥座敷利用の杜の都観光立地構想」
  「緑のエコタウン防災都市構想」
  「高齢者が多いので福祉都市構想」
  「最新医療都市構想」
  「安全食料基地構想」
  「日本のふるさと・伝統文化構想」
  「最新機器、最新情報基地構想」、
  などの特区構想を推進する。
  自由な発想で立案し、世界に発信できる基地、規制緩和を図り、
  さらに実現してほしい。
  

2.「東北電力は、女川、東通原発の安全対策、さらなる強化を
  図れ。」

  原発は段階的廃止を目指し、安全重視で、建設してから
  40年間のみの使用とする。
  その期間に代替エネルギーの開発を行う。
  近々は「ストレステスト」で6ヶ月程期間が掛かるでしょうから、
  来年の1月頃を目指して再開の段取りに入ること。
  
  東北はエネルギー基地として、東北電力は原発の開始に
  臆病になるな。
  女川原発と東通原発で440万Kw。
  東北電力量の2割を占める。
  東北電力は特に北海道電力と提携して、交換電力のフローを
  大きくしておく政策をとること。
  直ぐに交換できるように60ヘルツの地区からの電力供給、
  各会社のPPP事業での売電可能な企業内電力の利用、
  再生可能エネルギーを促進する政策をしなければならない。
   因みに、東北電力は東京電力、日本原発、電源開発と同じ
  50ヘルツであるので、融通がきくのであるから、短期的には、
  計画停電の愚を起こさせないようにすることが重要だ。
  市民に節電の呼びかけをするだけで、効果がでる
  東北の住民を信じることが大切なのである。

   八戸火力、仙台火力、新仙台火力、相馬共同火力、
  原町火力、勿来共同火力、鹿島火力等、7月中の稼動に
  目鼻が立ったようだ。
   夏場の計画停電をおこなうことは、経済損出が大きい。
  各工場の埋蔵電力を利用してでも回避しなけばならない。
  さらに、日本経済は電力等の効率的運用で優位性を保ち
  ながら企業が日本に立地されているという「ものづくり体制」
  があってこそ可能になっているシステムなのだから。

   結論として、原発を活用する国か原発を廃止する国か議論
  をして、その方向性を決めるべきである。
  原発の産業政策の方向性を決めることである。

  議論の期限を5年間と決めて、エネルギー転換の道標を、
  地球規模の観点から考えてみることが大切だ。

  水、風、地熱、波圧、ハイドロメタンなど自然エネルギーの
  コントロールに成功するかの技術的コンセンサス、発電容量
  などを考えらながら提案しなければならない。
  理想論的、綺麗ごとのみの議論は不毛だ。
  その推進も当然のことであるが、それだけでは現在の生活環境
  を保つことができない現実も認識すべきである。
   
   アメリカやドイツは原発事故から、30年もの間、原発の建設が
  凍結されたきた。
  そして原発技術の衰退も齎した。
  オバマ大統領は民主党の政策として、クリーンエネルギーの柱
  として原発を位置ずけ推進を図ってきた。
  そんな矢先の今回の事故だ。
  フランスは電力量の80%を原発で賄う大国だ。
  仏大統領や原発運営会社アルバ社が直ぐ日本に来訪したのは
  それだけ重量な国家プロジェクトであるからだ。
  温暖化対策として、CO2削減にはもってこいの技術であるからだ。
  一方、その反対エネルギーが火力発電所である。
  火力発電所の燃料の効率化とともに排ガスの減少技術開発は
  当然ながら、日本の消費電力量の60%を徐々に削減することが
  求められる。
  とりあえず、火力発電所の稼動に向けた修繕作業と安全供給に
  邁進してほしい。
   それが日本経済の礎であるのであるから。

3.「農業・水産業産業基地の復興を果たせ。」

  難しい問題である。
  近々は仙台市若林区等の塩害田圃と畑の復旧だ。
 田圃や畑の津波の置物の撤去は個人というより、瓦礫撤去と
 同じように仙台市が至急行わなければならない。
 農協が主体化になり、灌漑排水施設の復旧を急ぎ、水を
 何回も交換しながら、除塩するのが土地を傷めない自然の
 やりかただ。
 その作業の中から、農業法人としての機械の共同購入や
 共同経営の道が広がるように誘導することが重要だ。

  戦後、政府の猫の目農業政策で70%の農業水産業
  の一次産業人口は現在農業専業従事者は2%前後で
  あり、農業副業兼業人口は6%前後である。
  又、今回の大震災の被害地域は津波の影響が大きいので、
  漁船の90%以上の流失・破損があった。
  又、漁師の家は、海岸付近に建っていた関係で、家の流失
  は80%近いと思われる。
  そして地縁の結びつきが強く、血縁の深い関係の人が多い。
  10世帯から30世帯程の部落として共同体の生活してきた
  地区も多い。
  その地区で生活するのに便利で、通用する同じ価値観があり
  、高齢者は特に同じ価値観で生活することが安心安全な生活
  の基盤でもあるというポリシーを変えることには抵抗がある。
  そんな人々にも配慮ができる仕組みができないかとも考える
  が策はない。
   今言えることは、宮城県の政策のように、津波のあった場所の
  低地には、個人の住宅に建築制限の制約をかけるのもよしとする。
  そして、集団移転などを考えた場合、国が買い上げる事がいい。
  しかし、中規模以上の工場等は、復旧再開が急がれるので、
  建築制限を岩手県のようにかけずに、すぐに再開できる余地を
  被災経営者に与えておくべきである。
  至急二重ローンの金利猶予や、金融支援の計画を提示して、
  事業再開のための土地利用を行うべきである。
  そしてスピーディな復興を図るべきである。
  
  現在も、4月にブログに書いたように、
  低地はグリーンベルト地帯として、建物は公共施設で津波避難
  場所兼用の4或いは5階以上のコンクリート造りとすべきである。
    魚師の家は高台へ誘導し、海岸には最小限の施設として、
  その道へは自動車で通う通勤漁民の姿を思い浮かぶ。
  不便のようであるが、岩手県の宮古市の魚市場の背後の住民
  は、高台に200世帯程の新しい住宅地に集団移転した事例を
  思い出した。
  この思いは変わらない。
  「近海海洋牧場構想」
  「養殖水産業振興構想」への転換も必要である。
  企業に任せるのではなく、国が漁協に金を出して進める話だ。
  さらに小さな漁港を集約して、5から10箇所ぐらいを一つ漁港に
  纏めることが必要だ。効率化から仕方がない。
  そこに予算を集中して安全な防災漁港の建設を行うべきである。
   若者が働けて、希望が持てる収益が得られる漁獲高、賃金を
  確保できることも大切な視点である。
   TPPを向かえる日本は、農業と水産業への補助、補てん政策
  でどのように舵取りをするのか待ったなしの課題が突き詰められ
  ている。
  東北はTPPの波を一番被る地方だ。
  そして、TPPは国の今後を担う政策だ。
   そのために国も議論をつくさなければならないが、日本は貿易
  立国であるという視点は持たなければならない。
  専業農民の本音、専業漁民の本音の声を反映した政策を採用
  すべきであると考える。
   日本農業水産業の政策の失敗は数の論理、選挙の有権者数、
  自民党政権下で、兼業農業者、兼業漁業者の圧倒的に多い人々
  の政策を後押ししてきた付けが多いのではないか。
  今後は専業農家、専業漁民の支援を中心に考えるべきである。
   強い農水産業界は食の安全の確保から始まり、そのためには
   正しい食の情報を世界へ発信しなければならない。
  世界で、福島原発の風評被害が収まらない今、日本の食の安全
  が問われている。
  生産者だけに任せない国家の食への検査体制の目線が必要だ。
  そこから、新しい農業の町作り、漁業の町作りが始まると考える。

参考:「あかままなぶの部屋」の関連ブログ

7月15日 アクアマリン福島再開ー東北復興へ
http://manabu5577.cocolog-nifty.com/blog/2011/07/--96a4-1.html月12日 「原発」にのめりこむネットー活かせ、現実社会へ。
http://manabu5577.cocolog-nifty.com/blog/2011/07/post-48d3.html月11日 復興に、「暮らしの豊かさ」を見直すー低コスト社会構築へ
http://manabu5577.cocolog-nifty.com/blog/2011/07/post-4604.html月11日 震災ボランティアが減っているー支援が長続きする為に
http://manabu5577.cocolog-nifty.com/blog/2011/07/post-618d.html月10日 大震災から4ヶ月、避難所約24,000人、死者約20,000人
http://manabu5577.cocolog-nifty.com/blog/2011/07/post-b932-1.html月7日 東北六魂祭近づくー7月16日(土)17日(日)開催
http://manabu5577.cocolog-nifty.com/blog/2011/07/post-be5b.html

6月26日 復興構想会議は増税の裏付けの為かー強力な実効力を。
http://manabu5577.cocolog-nifty.com/blog/2011/06/post-226c.html月20日 東日本大震災、インタネットでつなぐ支援マッチングサイト
http://manabu5577.cocolog-nifty.com/blog/2011/06/post-b50b.html月1日 東日本大震災編ー被災者支援制度の枠組み発表(内閣府)
http://manabu5577.cocolog-nifty.com/blog/2011/06/post-22f1.html月28日 東日本大震災の対談: 民生委員今野さんと赤間学
http://manabu5577.cocolog-nifty.com/blog/2011/05/post-1d73-1.html月18日 869年貞観地震ー西へ震源移動、国家崩壊から平泉へ
http://manabu5577.cocolog-nifty.com/blog/2011/05/post-347d-1.html月15日 なぜ進まぬ瓦礫の撤去ー石巻市、仙台市、宮城県
http://manabu5577.cocolog-nifty.com/blog/2011/05/post-7044.html

5月14日 宮城県漁協ー村井知事の「水産業特区」撤回を要望
http://manabu5577.cocolog-nifty.com/blog/2011/05/post-20ab.html月10日 宮城県「EMIS」脱退していたー「孤立病院情報」抜き落ち
http://manabu5577.cocolog-nifty.com/blog/2011/05/post-a5ad.html

5月9日 震災支援ーうらと海の子一口オーナー制度
http://manabu5577.cocolog-nifty.com/blog/2011/05/post-55a7.html月6日 5月7日(土)仙台市4校が八木山紅ーランドで吹奏楽演奏会
http://manabu5577.cocolog-nifty.com/blog/2011/05/post-f61d.html

5月4日 採用増やす企業倍増ー2012年春の新卒者採用
http://manabu5577.cocolog-nifty.com/blog/2011/05/post-27d5.html

5月3日 福島原発事故の賠償ー国は電気料金値上げを容認へ
http://manabu5577.cocolog-nifty.com/blog/2011/05/post-c687.html

5月2日 大震災中にー激動の中東情勢、リビア、シリア、イエメン・・・
http://manabu5577.cocolog-nifty.com/blog/2011/05/post-9822.html

4月29日 東日本大震災から50日ーここんとこ 変。
http://manabu5577.cocolog-nifty.com/blog/2011/04/50-a7b1.html

4月25日 仙台市を副首都にー首都機能分散の受け更に
http://manabu5577.cocolog-nifty.com/blog/2011/04/post-afae.html

4月24日 原発議論で試される戦後民主主義ー日本人
http://manabu5577.cocolog-nifty.com/blog/2011/04/post-4713.html

4月18日 東電発表、国でないのー福島原発事故の作業計画の工程表
http://manabu5577.cocolog-nifty.com/blog/2011/04/post-d6e1.html

4月16日 宮城県知事へ首長ら不満続出、「遅い」「初動の不備」に
http://manabu5577.cocolog-nifty.com/blog/2011/04/post-b81a.html

4月12日 フクシマ事故「レベル7」保安院はチェルノブイル級「最悪」
http://manabu5577.cocolog-nifty.com/blog/2011/04/post-4e59.html

4月11日 花見は東北の酒でー宮城県の酒
http://manabu5577.cocolog-nifty.com/blog/2011/04/post-4519.html

4月10日 感動した事ー避難所富沢中学校
http://manabu5577.cocolog-nifty.com/blog/2011/04/post-f9ca.html

4月7日 震災後26日目、仙台市の現況
http://manabu5577.cocolog-nifty.com/blog/2011/04/post-41d1.html

4月3日 仙台市授産施設流失ー運営できずー「助けて」
      若林区町内会、避難所移転要望2年前なのに届かず
http://manabu5577.cocolog-nifty.com/blog/2011/04/post-f95d-1.html

4月2日(誕生日) 東日本大震災後、東北、今後の展望
http://manabu5577.cocolog-nifty.com/blog/2011/04/1-1.html

3月28日 東日本大震災 仙台市の水道水、復旧と安全
http://manabu5577.cocolog-nifty.com/blog/2011/03/post-8244.html

3月25日 福島第一原発(4基)封じ込めと今後の展望
http://manabu5577.cocolog-nifty.com/blog/2011/03/post-6bbe.html

3月24日 福島第一原発と津波ー雑感
http://manabu5577.cocolog-nifty.com/blog/2011/03/post-5c8d.html

3月22日 現在仙台市のボランティア状況
http://manabu5577.cocolog-nifty.com/blog/2011/03/22-c864.html
       仙台市ガス23日から随時ガス供給
http://manabu5577.cocolog-nifty.com/blog/2011/03/23-ea57.html

3月21日 東日本大震災、仙台市富沢中学校でのボランティアについて
http://manabu5577.cocolog-nifty.com/blog/2011/03/post-eb1f.html

3月20日 午後5時過ぎ、石巻市で救出、奇跡だ。
http://manabu5577.cocolog-nifty.com/blog/2011/03/3205-9ecb.html
       竹内宮城県警本部長談、死者15、000人以上か
http://manabu5577.cocolog-nifty.com/blog/2011/03/post-86c8.html

3月19日 仙台市富沢中学校、今日19日午後1時 卒業式
http://manabu5577.cocolog-nifty.com/blog/2011/03/191-435a.html
       東日本大震災に、若者にお願い あえて言おう
http://manabu5577.cocolog-nifty.com/blog/2011/03/post-0b43.html
 
3月18日 東日本大震災の津波雑感
http://manabu5577.cocolog-nifty.com/blog/2011/03/post-6fa7.html

3月17日 東日本大震災 イン 仙台市宮城県被災情報
http://manabu5577.cocolog-nifty.com/blog/2011/03/post-5e59.html
       東日本大震災への提言
http://manabu5577.cocolog-nifty.com/blog/2011/03/post-8001.html
       東日本大震災(東北関東大震災)報告
http://manabu5577.cocolog-nifty.com/blog/2011/03/post-c77f.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

●7月20日原発工程表検証、ステップ1→ステップ2へ

7月20日原発工程表検証、ステップ1→ステップ2へ

突然、宅配便が送られてきた。
茨城からだ。
「ラッキョウ、梅干だ」
手作りだ。
そうか、
2年前に、千葉県の柏市(利根川運河、他渡河工事)での仕事で
知り合った方の家で、
ラッキョウと梅干を褒めたことがあった。
その事を思い出して送ってくれたのである。
うまい。
実に土の匂いのするらっきょうだ。
物いえば唇寒し秋の暮 芭蕉
という句もあるが、
口が物をいう場合もあるものである。
感謝して頂く。

「大急ぎでやるべき作業が、まずは終えた段階だ。」
「放射線との格闘はまだまだ続く」
とりあえず、一安心。

ステップ1:原子炉の安定冷却を目指す、     目標5月~7月
ステップ2:原子炉が冷温停止状態になる     目標8月~1月
ステップ3:中期的課題、除染本格化。       3年間程度
(ステップ4:燃料棒の確認、専用容器で運搬搬出、6年間程度
 ステップ5:原子炉の廃炉の為の、封じ込め   20年間程度)   
※括弧外は細野大臣発表、
  カッコ内は通常の予想、概ね30年間)

ステップ1の記録

原子炉の冷却の為の作業

1.循環注入冷却のメドが立った。
  格納容器を水で満たす「冠水」計画は、水漏れで断念、漏れ出た
  大量の汚染水を浄化して再利用する 「循環注入冷却」へ。
  1ヶ月で汚染水2万5000トン処理、8000トン淡水化。
  実際の能力の7~8割の処理能力、8月から新処理装置導入。
2.ブール冷却
  使用済み核燃料一時貯蔵プールの冷却は1、3号機で35度。
  1,4号機は7月後半から開始予定。順調。
  水素爆発で建屋の被害があったが、配管が無傷で復旧早い。
3.水素爆発の危険
  3月12日、14日の水素爆発に対して、窒素注入で危険脱す。
4.非常電源の確保
  余震対策として、地震のほか、津波、高潮の来襲対策として、
  高台35mに2台の非常用電源装置を置く、又処理システム
  ポンプも置く。
  津波対策として南側360mに蛇籠で高さ3~4mの防潮堤完成。
5.放射性物質の抑制
  1号機の建屋カバーは小名浜港で仮組して、台船で現場岸壁
  まで運搬し、超大型クレーン2台で遠隔作業で組み立てる。
  9月末完成を目指す。
  海への流出防止策が課題だ。急遽作業用トンネル、取水口を
  コンクリート板でふさぎ、シルトフェンスを設置した。
6.健康管理
  100ミリ・シーベルト超の被爆111人。
  被爆線量の管理のできない、連絡がつかない作業員120人。
  被爆対策は4月までに従事した8338人の8割が内部被爆
  測定を終えている。
  250ミリ以上は6人。全員3月に原発で作業をしていた。
  7月の現場の被爆量が1.7マイクロ・ジーベルト/時であるが、
  1マイクロまで除染予定。
  夏は熱中症対策として、診断、治療を始める緊急医療室開設。

ステップ2では更なる「作業環境の改善」が求められる。
暴力団関係者の作業員に契約書で暴排条項で解除できる制度
にした。作業員の確保対策として、60歳以上の雇用が進む。
休憩所の作業環境の改善を進める。
福島原発からの放射線量10億ベクレル/時が出ている減小の
為に、瓦礫処理、処分場、処分方法を決定する。

原発事故被災者支援の工程表の骨子
1.環境モニタリング:ステップ2終了以降も放射線量測定を継続
2.避難区域の解除:ステップ2終了前後に、具体的に検討実施。
3.瓦礫汚泥の処理:ステップ2以降も瓦礫汚泥の回収処理継続
4.土壌等の除染:除染技術の実証研究、開始実施、継続。
5.損害賠償:避難民や中小企業に仮払いステップ2以降も継続。

課題
1.被災者への支援はまだ緒に就いたばかりで、機能していない。
2.高放射能の瓦礫、汚泥の最終処分方法がきまだ決まらず。
3.校庭や焼却炉浄水場内仮置場の野積汚染物の除染が進まない。
4.警戒区域等の空き巣被害も防止と罰則の強化。
5.首相と閣僚の一致見解。根拠のない前倒し発言の混乱をなくす。
6.賠償金の支払い対象範囲を明確に線引きする。畜産農家等。
7.汚染水処理システムの1年寿命と今後。
8.原子炉の周囲に30mの地下壁の建設の本格化。(3ヵ年間)

原発事故による風評被害の事例
1.農林水産、食品:福島、宮城や関東産の野菜、肉の下落、
  取引拒否。
2.製造業:避難区域内で製造された婦人服の取引拒否。
3.サービス業:食品関連のパッケージに福島以外で印刷
  するよう指定。
4.運送業:福島ナンバーの車両乗り入れ拒否。他県ナンバー
  へ交換。
5.バス・タクシー:東日本地域への旅客が減り減収。
6.港湾:仙台港、相馬港、小名浜港、京浜港への寄港拒否。
7.観光業:福島、茨城、栃木の3県で観光関連施設で50%減。
8.学校:福島へ学生の入学辞退や退学、転学。

福島第一原発事故も、1段階を登った。
改善すべきは改善し、着実に原子炉冷却、使用済の燃料棒の
冷却を今後も進めることが重要である。
さらにステップ2と平行して、住民避難の解除時期を探ることが
必要だ。

早い段階で、避難者に提示される事をお願いする。

参考:「あかままなぶの部屋」福島原発関連ブログ

7月16日 安全基準値3.8msv/時ー怒りますこの数値
http://manabu5577.cocolog-nifty.com/blog/2011/07/post-313a.html

7月13日想定内だった原発全電源喪失ー18年前の安委で指摘放置
http://manabu5577.cocolog-nifty.com/blog/2011/07/post-1f06.html

7月7日 脱原発か反原発かー再生可能エネルギーの推進に向けて
http://manabu5577.cocolog-nifty.com/blog/2011/07/post-da37.html

6月19日 原発に対して、「脱原発か」「反原発か」「推進派か」
http://manabu5577.cocolog-nifty.com/blog/2011/06/post-5285.html

6月17日 仙台市の学校の放射線量対策は、大丈夫か。
http://manabu5577.cocolog-nifty.com/blog/2011/06/post-34d0.html

5月30日 福島、フクシマー風評被害に負けるな
http://manabu5577.cocolog-nifty.com/blog/2011/05/post-9db9.html

5月27日 海水中断なかったーエぇ~ー原発所長の判断
http://manabu5577.cocolog-nifty.com/blog/2011/05/post-7037.html

5月25日 東京原発(04年映画)の真実ー東京から日本を変える
http://manabu5577.cocolog-nifty.com/blog/2011/05/post-5287.html

5月21日 「ゼロではない」と「事実上ゼロ」のま逆発言ー斑目委員長
http://manabu5577.cocolog-nifty.com/blog/2011/05/post-2eac.html

5月19日 続報ー次の東南海大地震へ備えよ、浜岡原発停止賛成
http://manabu5577.cocolog-nifty.com/blog/2011/05/post-4362.html

5月17日 続報ー1号機冷却装置 津波前に停止 エぇ~
http://manabu5577.cocolog-nifty.com/blog/2011/05/post-c4f5-1.html

5月15日 1号機炉心溶解(メルトダウン)まさか早、津波4時間後1
http://manabu5577.cocolog-nifty.com/blog/2011/05/post-4ab9.html

5月13日復興は放射能対策もー村井知事は県南の公表対策急げ
http://manabu5577.cocolog-nifty.com/blog/2011/05/post-af45.html

5月11日 福島原発事故ー2ケ月後、やっと一時帰宅始まる
http://manabu5577.cocolog-nifty.com/blog/2011/05/post-de92.html

5月6日 浜岡原発すべて停止ー首相要請、
http://manabu5577.cocolog-nifty.com/blog/2011/05/post-daea.html
福島原発事故ー女性0~5才児の甲状腺ガン発症リスク対策を急げ
http://manabu5577.cocolog-nifty.com/blog/2011/05/post-40d6.html

5月3日 福島原発事故の賠償ー国は電気料金値上げ容認へ
http://manabu5577.cocolog-nifty.com/blog/2011/05/post-c687.html

4月22日 22日 0時にー原発から20km圏内・封鎖・強制避難
      原発周辺住民15万人に被爆調査ー政府方針
http://manabu5577.cocolog-nifty.com/blog/2011/04/post-b880.html

4月19日 「フクシマ」という風評被害拡大ー弦葉大臣是正求める
http://manabu5577.cocolog-nifty.com/blog/2011/04/post-3be9-1.html

4月17日 東電発表、国でないのー福島原発事故作業計画の工程表
http://manabu5577.cocolog-nifty.com/blog/2011/04/post-d6e1.html
       土壌の放射能を吸収ーひまわりや菜の花
       計画的避難ー「いつ戻れるか」「二十、三十年住めぬ」発言
http://manabu5577.cocolog-nifty.com/blog/2011/04/post-bf7e.html

4月14日 元福島県佐藤栄左久知事と福島原発と元前田検事
http://manabu5577.cocolog-nifty.com/blog/2011/04/post-e72c-1.html

4月13日 フクシマ事故「レベル7」保安院はチェルノブイル級「最悪」と
http://manabu5577.cocolog-nifty.com/blog/2011/04/post-4e59.html

4月12日 福島原発事故の責任ー知事ー原子力安全・保安院
http://manabu5577.cocolog-nifty.com/blog/2011/04/post-54a9.html

4月11日 福島第一原発事故ーこの1ケ月の動き
http://manabu5577.cocolog-nifty.com/blog/2011/04/post-02c0.html

4月5日 海への流出、止まらず、放射能汚染水ー福島原発
http://manabu5577.cocolog-nifty.com/blog/2011/04/post-84df.html

3月25日 福島第一原発(4基)封じ込めと今後の展望
http://manabu5577.cocolog-nifty.com/blog/2011/03/post-c052.html

3月21日 速報 海外メデアの「フクシマ」
http://manabu5577.cocolog-nifty.com/blog/2011/03/post-312a.html

3月20日 福島原発事故後の退避範囲の日米の相違について
http://manabu5577.cocolog-nifty.com/blog/2011/03/post-c052.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

(政党交付金)民主党→菅直人(草志会)→市民の会→市民の党

(政党交付金)民主党→菅直人(草志会)→市民の会→市民の党

大関魁皇(38)引退 通算勝星史上最多1047勝達成だ。 

「やることはやった」と。

花の63年組。貴乃花、若乃花、曙。

さようなら。

原田芳雄さん(71)急逝。

アウトローから古風な父親役の存在感。

去年夏NHKで永井荷風http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B0%B8%E4%BA%95%E8%8D%B7%E9%A2%A8

の「金魚」、●火の魚を魚拓にしたる原爆忌  学

寺山修司監督http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AF%BA%E5%B1%B1%E4%BF%AE%E5%8F%B8

「田園に死す」

鈴木清順監督http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%88%B4%E6%9C%A8%E6%B8%85%E9%A0%86

「ツィゴイネルワイゼン」が好きだ。

弘前公園での花吹雪のラストシーンがいい。

松田優作さんhttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%BE%E7%94%B0%E5%84%AA%E4%BD%9C

さんと もう会えただろうか。

優作氏評論、研究家の山口真君も加わっていることだろう。

 

菅直人氏の献金問題が煮詰まってきた。

首相が在日韓国人から計104万円の献金を受けていた外国人

献金問題は、東日本大震災当日の3月11日に表面化。

首相は同14日に弁護士を通じて返金したと説明していた。

首相は東日本大震災が起きなければ、この韓国籍人による献金問題
で引責辞職していた筈だ。
同様な韓国籍献金問題で前原外相が1週間前に大臣を辞職してをり、
首相も同様な問題を抱えていた。

さらに7月19日、衆院予算委員会で自民党の拉致問題対策特別委員会
(古屋圭司委員長)が、首相に「市民の会」への献金問題を質した。
つまり、7月6日の衆院予算委員会で、菅首相自身の政治資金
管理団体「草志会」が、北朝鮮による日本人拉致事件容疑者の
親族が所属する政治団体「市民の党」(東京、酒井剛代表)から
派生した政治団体「政権交代をめざす市民の会」(神奈川・奈良握代表)
に、計6250万円の政治献金をしていた件だ。
首相は政治献金をしていたことは「事実」と認めた。
首相は「私の政治資金の流れは全て正式に届け出をしている」
と述べ、適正な献金と強調した。
また会とは「あい知らぬ」と関わりを否定したが何故献金を
したのかという大きな疑問が残ったままだ。

 菅直人氏の政治資金収支報告書によると、草志会は
19年、5000万円、20年、1000万円、21年、250万円を
「政権交代めざす市民の会」に寄付している。
19年の5千万円は資金管理団体から政治団体に献金できる上限額。
この年は、めざす会の収入の6割近くが草志会の寄付だった。

菅首相は、在日韓国人からの外国人献金問題と「市民の会」への

献金問題の点に、正直に答弁しなければならない。

答弁がなされないので、第二次補正予算の成立が遅れている。

さらに、被災地の復旧は遅れることになった。

自民党の石原伸晃幹事長によると「めざす会は、極左過激派
団体により結成された『市民の党』から派生し、設立された。
日本人拉致事件との関係も取り沙汰されていると指摘した。
これを受けて自民拉致問題特別委、菅首相献金問題で調査チーム
(古屋圭司代表)設置し、今回の質問になった。
さらに、調査チームは平成19年、民主党から草志会に
計1億4980万円の献金があったことが分かった。
政党交付金という国民の税金を受領する公党の資金が、めざす会に

対する巨額献金の“原資”になっていた格好で、菅直人氏に献金の

意図について改めて説明を求めるものであった。

5月27日 衆議院拉致問題特別委員会 自民党古屋圭司議員
http://complaint39.hotcom-cafe.com/wordpress/?p=4993

7月17日菅直人、市民の党の新聞に30年前から寄稿
      首相と市民の党、拉致容疑者側をめぐる関係
http://mamorenihon.wordpress.com/2011/07/18/%e8%8f%85%e7%9b%b4%e4%ba%ba%e3%80%81%e5%b8%82%e6%b0%91%e3%81%ae%e5%85%9a%e3%81%ae%e6%96%b0%e8%81%9e%e3%81%ab%ef%bc%93%ef%bc%90%e5%b9%b4%e5%89%8d%e3%81%8b%e3%82%89%e5%af%84%e7%a8%bf/
市民の党’機関紙’菅直人、30年前から寄稿、
よど号犯やポル・ポト派幹部も寄稿
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110717/crm11071722180012-n1.htm
民主党→(1億4980万円)
     菅直人(草志会)
          →政権交代をめざす市民の会(市民の党)
      (6250万円献金)
                       →三鷹市議選に擁立・応援
                 (よど号田宮氏長男もり大志(28)落選
                  (母親、拉致容疑者森順子)
国際手配されている北朝鮮拉致容疑者と よど号ハイジャック犯の
元リーダーが両親という 森大志 氏は20歳まで北朝鮮で生活をし
北朝鮮の教育を受けていた。
帰国後に日本国籍を取得の上、8年後に議員に立候補。
それを後押ししている政治団体に菅直人側が献金していたという話。
親の罪は子供に無いとはいえ、拉致問題は解決しておらず、
今の状況下での支援に、政党交付金という国民の税金を使うとは
、何をか言わんや。

この寄付先の団体「市民の党」事務所のあるビルは朝鮮総連系の
所有で、北朝鮮系企業が多く入っていることでも有名だ。

政治規正法違反でなけば、どこへ献金していいという訳ではないだろう。
そんな政治団体に献金した6250万円という額は少なくない。
個人というより組織的何らかの意図がなければ、出せない額だ。

7月7日に予算委員会で質問された政治献金は選挙運動費http://blog.goo.ne.jp/ysnfd/e/74a41c02d05cfbe73cf2883d7560ed42

の経費ではないことを、明確に示さなければならない。

自民党は企業社員の研修という名の選挙応援者を確保し、

当選後の企業への見返りを果たして成り立つ仕組みを作っている。

選挙ボランティアという名のものに。

金は企業から裏で支払われるが組織化されているので口が堅い。

皆知っているのに選挙違反に問うものはいない。

多すぎて取締りができないから、一部を検挙して自重を促しているだけだ。

民主党、他党の選挙運動費は労働組合の組織内候補者として、

労働組合の活動費から、供出して、一般人だとバレルので、組合員の

休日を利用するなどボランティアの形をとるが、日当は組合活動費から

支払われている。

日本の選挙運動では人手がかかる。

選車のウグイス嬢と選挙事務所の運動事務員3人程と手話者が

仙台市からの補助金の対象になっている。

一人12.500円以内だ。

あとは、選挙違反の運動員という自腹、金に物言わせるやり方だ。

選挙事務所にいる大部分の人達は、候補者の雇った選挙違反の

自腹メンバーだ。

日当でヤミに雇われて、日払いもあるが、本人は違反とは知らない。

電話掛や郵送の宛名書で、無職中の女性のかっこうのアルバイト

先になっているが、本人は選挙違反とうすうす知っている。

背に腹は代えられない。

皆しているが、誰も捕まらないから大丈夫と納得している。

受領書も領収書も出されないが、金はそっと支払うというこの犯罪、

選挙出納責任者の選挙違反の一大手口である。

仙台市議会選挙は530万円~590万円/候補者 と決まっている

ので、隠すために領収書はいらないか、握りつぶすだけだ。

出納責任者が選挙違反になれば、連座で、当選者も落選だ。

前回もトップ当選した人が、辛くも連座を免れた。

違反運動員が訴えるのはこの犯罪行為の約束違反の時だけだ。

騒音といえるあれだけのマイク音と人が群がって選挙運動活動

をしていることの変さが、日本の選挙だ。

震災での事前運動も堂々とまかり通っている。

交付金を得ている公の党は家の跡方付けを、後払いで、組合員を

動員してボランティアとして送り込んでいる例もある。

こんな事前選挙運動に対して、税金から出される政党交付金、

6250万円が、献金として合法に見せて、支払われているが

いやなのだ。

仙台市議会議員選挙が近々あるが、震災後、避難所暮らしの人も

いる中、うるさいのは困る。

仙台市では選挙カー費、ウグイス嬢費、ガソリン代費、車運転者等が

補助金として助成される仕組みになっている。

仙台市は午前8時から午後8時までの間、市内を流す選挙カーの

スピーカーの騒音を撒き散らす公害に対して、助成金を支払って

いる。

ぜひ 辞めるべきだ

仙台市の出費節減にもなる。

選挙カーを使わない候補者に「清き一票」を入れよう

という、市民の声が出ればいいなあと思う。

仙台市から発行される「選挙公報」で、選べる筈である。

それだけでいい。

一方、首相は拉致実行犯のシンガンス釈放を求める嘆願書に署名

したのが明るみになった時、「よく考えずに署名した」と言い訳をして

いたが、人はわからないものである。

わからない人に、大臣を任命されてしまい、墓穴を掘った人もいた。
宮城県、仙台市民として、私は恥ずかしながら、知らなかった。

岡本トミ子宮城県選出参議院議員:韓国慰安婦デモと反日デモ
http://www.youtube.com/watch?v=aVUKiK0TayA&feature=related
岡本トミ子議員(国家公安委員長)が朝鮮総連と密接関係の秘め事。
http://www.youtube.com/watch?v=7G1HajUASvQ&feature=related

どうも民主党を勘違いして、応援してきた面がある。
しかし、基本は、党というより、人で選んできた。

そこで、今回の震災から見て、やってくれる人が見えてきた。
宮城県選出国会議員では、民主党の桜井充参議院と
自民党衆議院議員(選挙区6区)小野寺五典氏
に信頼感を持つ。

但し、小野寺氏は野党であるだけに、被災者と話し合う機会が
多い。
話が具体的である。
被災地気仙沼市の声が国会へ届かないもどかしさに、歯軋りして
いるのが気の毒だ。

桜井充氏は一環してシックハウス対策に尽力してをり、目をつけて
いた。
正月の後援会を「勝山閣」で開催されていたので、5、6回程出席
させて頂いたが、激励の声を発する並み居る市議連の中や
ベテランの県議からキツイお言葉を受けておられた。
理由は、選挙の為も含めて、各種団体や福祉団体の要望をよく
聞くようにしないと選挙で応援できないと楔を入れられていたが、
本人は意に返す風でなかった。
よい政策、議員立法を作るのが、自分の務めであるとの信念が
見えて、さわやかであった。
国会議員、知事さん、色々な議員さん、色んな党の後援会にも
出た経験があるが、身内の会ではっきり自分の意見を言っている
人は見たことがない。
後援会の出席者は、それで賛成だから、あえて違う意見をいって
反発を招く必要がないからだ。
桜井充氏は、その点潔くて、だから支持してきたのだ。

今回の献金問題も、外国籍の献金、パチンコ系の北朝鮮、韓国の
影が見え隠れしてをり、不気味だ。
前原元代表のように直ぐに返せば話が終わったというものでもない。
菅直人氏や仙谷氏等の旧左翼派の人々は、突然、朝鮮問題、中国
問題、自衛隊を引き出して、自虐的歴史観の認識で大きく違う。
幾らなんでも、岡本トミ子氏の再三の反日デモの経歴を見れば、
国家公安委員長への抜擢はなかった筈なのに。
労働組合組織内候補者として推薦されてきた人には、思いやりが
あるように見えて、突然豹変して、裏切られた事があったが。
組織の代表者なのだから、当然かもしれないが。

政治は結果責任だ。
50年目の政権交代を成した民主党の「市民の為の政策」は
飴玉バラマキだけで終わるのだろうか。
2年前のマニュフェストと現在の政策のうそがはっきりしてきて
いる。
どうしたものか。
一度チャラにして考えることもありかな。
マニュフェストに縛られすぎて、かえって変にこじつけては本末転倒だ。

自民党も裏を返せば、各種業界団体の陳情政策だけである。
みんなの党も自民党となんら変わらない体質を持つだけだ。

渡辺代表のようにキャラが立つだけだ。
公明党は中立政策だが、政教分離が不十分だ。
社民党は時代を逆にまわし、後に付けを回すだけだ。
共産党は国の補助制度から補助金を引き出す術を国民に
教えて支持拡大を図るだけで、建設的政策がない。
残りの党は5人集めて、政党交付金目当てだけの党だ。
地域政党が地方分権の旗頭になれるのかも疑問だ。

将来の日本の、仙台市の姿を明確に示して、政策を立案し、
それを実行してほしいと願っているのだが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

●東日本大震災、「地震と津波」について検証する。

東日本大震災、「地震と津波」について検証する。
7月19日付

台風6号が九州の南東に接近中、天気予報では、
最大級の警戒をしてくださいと。
一日、1000mmの降雨と風速40m以上と言われている。
四国、紀伊半島への上陸は決定的だ。
東北への影響は、房総半島から太平洋へ抜ける予定なので
台風はそれそうだが、地盤が沈下しているだけに警戒が
必要だ。

7月18日 午後2時55分からTBCテレビD1で「震災の記憶」
が放送された。
児童の7割もの犠牲ー「石巻市大川小学校の悲劇の検証」等
大震災の津波についての大特集であった。
学制が発布された明治以来、小学校に通っている児童が一瞬に
7割ものが亡くなった事例はない。
死者確認69名、未だ見つからぬ行方不明者6人の計70人以上の
児童が犠牲になったのだ。
校長が正式な休みを取っていたとはいえ、最悪の学校管理が
なされていたことになる。

例により宮城県内のテレビ(地元4社)に津波の解説者として
出てくる人が、東北大学の津波学者・今村教授である。
津波の発生メカニズムから、津波の力学的特性、さらに津波の
被害の予想、津波防災対策、津波避難防災計画、防災教育
等、県内の津波に関して津波学者として権威を得ている。
さらに、県内の津波対策施設の設計安全指針に対しても絶大な
権威者として認識されている。
行政サイドでも、よその学者の意見、見解は、無視されている。

今回の津波特集でも、大川小学校の児童の犠牲の上に立って、
今村教授は、学校として、津波の避難計画が策定されてあり、
そこには高台に避難するようにとあると指摘している。
しかし、今後は訓練をして、避難する高台を決定することが必要
だと指摘している。
その際に、避難する過程から問題を見つけて、より具体的に
避難する場所を決めたり、さらに、避難場所までは、一通りでなく、
色々なルートを想定して避難訓練をして、津波被害にあわない
ようにとコメントしている。
現在父兄が学校の津波避難の管理について、疑問を持つ人も
おり、沈痛な顔の児童をなくされた親のクローズアップが映し出された。
このやりきれなさを誰に訴えたらいいのか途方にくれているようだった。

このブログでも再三書いてきたが、今村教授に疑問を持っている。
疑問な点について下に書く。

1)宮城県の津波防災対策の検討会等で、第一人者で在りながら、
  児童少年の津波死亡・行方不明者が岩手県、福島県とくらべて、
  格段に多いのにも関わらず、(津波防災教育も指導されていた
  と言っていたので)、公の場所で、自分の学説による指導で、
  津波被害が拡大されたことの反省の弁を聞いていない。
  釜石市は児童少年の被害者はゼロである。群馬大学の先生と
  防災教育を実施している。

  大震災後、2週間頃だと思うが、テレビで津波の防災解説で
  宮城県には、最大の津波が来るとしても、2~3mが最大だと
  防災教育に生かしてきたし、そのように指導してきたと
  「さらっと」話されていた。
  この津波波高の低さ設定が、宮城県の津波避難防災教育の
  中心をなして、津波被害を大きくしたと考える。
  この反省がなくて、教授の元で防災教育を策定されようと
  しているが、別の人材の活用が求められる。

  今回の津波を想定外の津波が来たといっているが、想定内
  であったのは、東北大学2001年「学びの杜」NO.16,で検証
  できる。
  このブログを見た東北大学生が教えてくれた。
 つまり貞観地震869年で、地質調査結果から、波高さ9.0m
 の波になると、計算していた。
 参考、女川原子力発電所の設計津波波高さは9.3mである。
 この整合性がつかない。

2)津波防災施設のハード設計は費用対効果の点で議論される
  ものと考える。
  しかし、防災教育では、歴史的検証がなされずとも、津波の
  大きさの口承も含めて、波高を想定して、防災、減災の対策
  とすべきと考える。

  個人的には、2002年頃にメデアテークの7階での今村教授の
  宮城県沖地震に備える市民講座で、貞観地震の口承、伝承の
  長町4丁目の「蛸薬師神社」や霞の目の「波分神社」の事を例
  にして、この大きさの波を参考に仙台市の津波避難計画を作る
  べきではないかと質問したが、質問が愚問とみなされ、返答が
  なかったことを少し根に持っているからかもしれないが。

大川小の津波被害に会われた親御さんの顔を思うと、学者の軽率な
津波高さの設定「2~3m」だと指導してきたことへの義憤が湧き
出てくる。
地区毎の津波高さと津波避難方法の指導をしなければならないが、
子供さんは戻ってはこない。
あの30分の間、校庭にいなくて、直ぐに逃げていればとつくづく思う。
てんでんこてんでんこ。

参考:過去の津波、地震 関連ブログ

7月1日 松本市「牛伏寺(ごふくじ)断層」激震ー余震に注意
http://manabu5577.cocolog-nifty.com/blog/2011/07/2011630-9ef7.html月14日 岩手・宮城内陸地震、あれから3年
http://manabu5577.cocolog-nifty.com/blog/2011/06/index.html月10日 東日本大震災から90日、学校被害と震災孤児
http://manabu5577.cocolog-nifty.com/blog/2011/06/post-1137.html月18日 貞観地震ー西へ震源移動、国家崩壊から平泉へ
http://manabu5577.cocolog-nifty.com/blog/2011/05/post-347d-1.html月17日 続編ー1号機冷却装置 津波前に停止 エぇ~
http://manabu5577.cocolog-nifty.com/blog/2011/05/post-c4f5-1.html月15日 1号機炉心溶解(メルトダウン)まさか早、津波4時間後!
http://manabu5577.cocolog-nifty.com/blog/2011/05/post-4ab9.html月1日 余震M=8・津波備えー福島原発に仮設防波堤を
http://manabu5577.cocolog-nifty.com/blog/2011/05/m-e785.html月28日 余震続きM=8か(直下型も)近づく
       - 東日本大震災は想定外なんかじゃない
http://manabu5577.cocolog-nifty.com/blog/2011/04/post-ec01.html月23日 速報、仙台市に山津波ー造成地の被害調査結果(土木学会)
http://manabu5577.cocolog-nifty.com/blog/2011/04/sokuhou.html月20日 震災死者93%水死、60歳以上が65%以上
http://manabu5577.cocolog-nifty.com/blog/2011/04/post-9ce2.html月18日 東日本大震災後、仙台市5週間経ってみて・・・
http://manabu5577.cocolog-nifty.com/blog/2011/04/post-4830.html月17日 石巻市津波被害ー雄勝病院9割、大川小7割死者・不明者
http://manabu5577.cocolog-nifty.com/blog/2011/04/post-6e11.html月16日 東日本大震災 陸前高田市で地盤沈下ー84cm
http://manabu5577.cocolog-nifty.com/blog/2011/04/post-d4a8.html月14日 知られざる藤沼貯水池崩壊 他 土砂すべり
http://manabu5577.cocolog-nifty.com/blog/2011/04/9315-6495-1.html月11日 4・11いわき市直下型地震M=7.0 震度6弱
http://manabu5577.cocolog-nifty.com/blog/2011/04/1-f77e.html月8日 余震で被害拡大、仙台市治滑り地区ー折立5丁目、緑ケ丘4丁目
http://manabu5577.cocolog-nifty.com/blog/2011/04/post-1d31.html月7日 午後23時32分 宮城県沖大地震の再来だ
http://manabu5577.cocolog-nifty.com/blog/2011/04/post-b2fe.html月5日 15.5m防潮堤・水門 岩手県普代救う
http://manabu5577.cocolog-nifty.com/blog/2011/04/post-49ef.html

3月28日 仙台市避難勧告 緑け丘四丁目100戸
http://manabu5577.cocolog-nifty.com/blog/2011/03/index.html

3月25日 余震は続く、震度4以上が74回だ
http://manabu5577.cocolog-nifty.com/blog/2011/03/74-bd43.html

3月20日 竹内宮城県警本部長談、死者1万5000人か
http://manabu5577.cocolog-nifty.com/blog/2011/03/post-86c8.html

3月18日 釜石湾口防波堤、大船渡湾口防波堤軒並み崩壊
http://manabu5577.cocolog-nifty.com/blog/2011/03/index.html
3月18日 東日本大震災の津波雑感 (YouTobu津波)
http://manabu5577.cocolog-nifty.com/blog/2011/03/post-6fa7.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

●仙台市は東日本大震災の宅地被害の救済策を急げ。

仙台市は東日本大震災の宅地被害の救済策を急げ。

なでしこ逆転優勝 日本:アメリカ=2:2 

http://www.youtube.com/watch?v=TeLs5eASRdI&feature=related

オバマもツイッターで、USAがんばれと、

PK合戦の直前、澤さんは自分はPKは苦手だから最後にして

とお願いしたという。あのPK直前の輪の中の笑いは、

そうだったんだ。リラックッスができたのはこんな訳だった。

 PKで3:1勝利、

最後は常盤木学園卒熊谷さん(20)が決める。

http://www.youtube.com/watch?v=eX9hhf3S4R8

オバマも日本おめでとうと。

澤さんが最優秀選手獲得。得点王(5点)

出身地東京府中町中歓喜。

ワンバック4点(今日1点)澤さん(今日1点)

佐々木則夫監督の采配冴える。

快挙だ。

最後まであきらめない。

各国はブルーミラクルと。

震災の年に、なでしこのこころはしなやかに花開いた。

希望の芽だ。

7月17日(日)仙台市では東北六魂祭りの最終日において
きのう中止になった青森ねぶたや秋田の竿灯も午前0時
から午後1時45分に運行できた。
定禅寺通の片側だけを利用してパレードしたために混乱は
少なく昨日の2倍の24万人の人出となり成功裡に終了した。

同じ日に青葉区折立団地では宅地被害について、午前10時より
仙台市主催の住民説明会が行われた。
説明会に出席した人は、仙台市は4ヶ月も経って、何も手立てが
できていないと諦めと憤慨のコメントをテレビの前で話していた。

そこで、仙台市の宅地被害の現状を検証してみる。

宮城県被災宅地危険度判定状況(宮城県土木部)
http://www.pref.miyagi.jp/doboku/110311dbk_taiou/kentaku/takuchi_kikendo_hantei_index.htm

7月17日現在、仙台市の宅地被害で「立入禁止」判定宅地が
794件を数え、宮城県の9割を占めている。
「要注意」判定は1310件で、宮城県(1470件)の9割を占めている。

振るかえると3月28日に緑が丘4丁目の110世帯に避難勧告
がだされた。(災害対策基本法第60条にもとづく避難勧告)
6月16日以降、約30箇所161世帯にも避難勧告がだされた。
将来集団移転等で支援を得られるには、避難指示がでなければ
ならない。
避難勧告では仙台市が行政として責任を果たしていますよという
程度の意味合いしかない。
赤紙(立入禁止)、黄紙(要注意)を張るのであれば、行政はこのよう
な支援をしますと共に判定の紙を張るのが正しい行政のやりかただ。

因みに7月17日現在緑が丘4丁目は半分が自宅に戻り、半分が
民間等の賃貸住居(月8~10万円程)に入居していると緑ケ丘
四丁目被災者の会の代表宮野賢一氏は話されている。

仙台市は1団地10宅地以上が65箇所あるとして、団地自治会等の
要請で仙台市は、地質ボウリング調査を行い、(現在団地15箇所済)
宅地の安定性について、「仙台市宅地保全審議会」に検討を依頼
している。同会の技術専門部会で技術的検討中である。

委員会の対策工法は、集水井、斜面の補強擁壁、中部下部への杭
打の検討をしているが、結論にはまだ、時間がかかる。
いずれの工法も、地すべり宅地には万全な対策工法はない。

一例として昭和53年の宮城県沖地震では緑ケ丘3丁目が被害が
多く、国の地すべり対策事業として、砂防堰堤、集水井、杭打工の
防災工事を実施した。
その際に、山田団地へ3丁目が17世帯、4丁目が11世帯、合計
28世帯が集団移転した。現在緑地になっている場所だ。
緑が丘町内会が持っている資料を見ると、防災対策費で15億円
を費やしている。
さらに東日本大震災で、宮城県がこの地区の防災工法の検証を
したところ、集水井2箇所は、地すべり面を防ぐために地下水が
流れるはずだったが、地下水の確認がなされなかった。
さらに鋼管杭で土砂流失を防止する工法であったが、地盤まで打った
杭の強度を保たれず、一部は折れていた。

宮城県土木部で公共施設、応急復旧状況
http://www.pref.miyagi.jp/doboku/110311dbk_taiou/index.htm
宮城県は、緑ケ丘3丁目は、今回の地震で、国の地すべり対策で
の杭の打ち直し、集水井の新たな設置を住民に説明した。
さらに国に予算要求するとしている。
宮城県は唯一、この3丁目に地質調査を行い、国へ当時国会でも
問題になった件だけに、予算獲得ができると判断したようだ。

緑ケ丘り災証明書の証明件数と内訳(6月28日)

      全壊 大規模半壊 半壊  一部損壊  計
1丁目   9    10     32    18   69
2丁目   9     9      11    16   45
3丁目  30    29     42    36  137 
4丁目  75    26     81    32  214
計    123   74     166   102  465

なお、3丁目は罹災証明書から判断すると、住宅被害が多い。
しかし、避難勧告が出されていない。
このちぐはぐ差はどこからきているのか、わからない。
過去に国の防災対策をしたから、仙台市が気を利かせて
避難勧告を出していないとすると、考えもんである。

このブログでも書いてきたが、
緑ケ丘団地も40年代初頭から始まったが、八木山を崩して
谷あいに埋め込む形式の宅地造成である。
宅地造成規制法が昭和36年に制定されているので、造成
会社の東海商事へ施工会社としての責任として、一部
賠償金を勝ち取ったとも町内会の記録にはある。
当時の事を知っている人も、一人ということで、震災記録と
被災者が纏まって交渉した経過がわかるようにしておくことも
町内会や被災者の会の勤めでしょう。

今回は新しい団地としてトーメン不動産の開発した中山団地
、教育に便利な貝が森団地、加茂団地等も住民の結びつきが少なく、
団地の一部の被害であるとして、被災者としての町内会が
纏まらないことが考えれるが、是非、明日はわが身であるので
ネットワークを作って一緒に活動することを願う。

主な宅地被害団地箇所(要注意:宅地被害10箇所以上、65地区)
           宅地住所      被災数 
太白区      緑ケ丘2丁目      24   
              3丁目     129 
              4丁目      94
           向山2丁目      15
              4丁目      13
          茂庭台5丁目      14
          青山1丁目        38
             2丁目       25
           大塒町         17
           恵和町         28
           萩ケ丘         31
       八木山松波町         19   
            本町1丁目      19
               2丁目      15
            南1丁目       10
            香澄町        10
            土手内1丁目    10
            羽黒台        12
            松ケ丘        11
計            19箇所      534(仙台市の4割)
青葉区35%、泉区19%、 宮城野区6%   若林区0

仙台市内宅地被害状況として(5月19日現在)
危険宅地     868
要注意     1210
計        2078
団地で10宅地以下の局部的被害の場所も多いと推測される。

●救済策のポイント(宅地被害に関して)

1)従来の支援制度では1割ほどしかカバーできない。
2)中越地震での特例(擁壁の高さを5から3mまで下げる)
  で4割をカバー。
  これは第二次補正内でも、使える可能性がある。
  この支援制度は補助率が1/2であるので全額を要求すべし。
  (1.災害関連地域防災がけ崩れ対策事業:事業主体:仙台市)
  (2.災害関連緊急急傾斜地崩壊対策事業:事業主体:宮城県)

3)残りの6割を新たな支援制度を創設する。
 現在:国へ宮城県、仙台市が要望を提出しているもの。

(1)1.災害関連地域防災がけ崩れ対策事業:仙台市
    補助率; 10/10、(現行1/2)
   (要件;傾斜度30度以上のがけ、高さ2m以上、人口法面、擁壁)
(2)2.災害関連緊急急傾斜地崩壊対策事業:宮城県
   補助率:10/10   (現行1/2)
   (要件:傾斜地高さ2m、移転適地がない、擁壁含)
(3)大規模盛土造成地滑動崩落防止事業:宅地所有者又は仙台市
  補助率 10/10   (現行 1/4)
  (盛土面積要件撤廃、公共施設に関する要件撤廃)
(4)小規模住宅地区改良事業:仙台市
  不良住宅率要件の撤廃  (現行1/2)
(5)住宅地区改良事業:仙台市
  不良住宅率要件の撤廃    (現行1/2)
基本は、事業の要件を緩和して、支援をしやすくするのと、補助率
を100%にしてほしいという要望だ。

宅地被害救済策は

1)公共工事で直す

 (例、市道と私用擁壁の場合は、市へ擁壁を寄付して公共工事とする)

2)宅地被害の各状況に合わせて、個人補償される制度を作る

この二点が基本とする。

さらに、住まいの再建支援制度で、建かえの支援金を300から
500万円等のように支援金の増額を求める活動が必要だ。

国が出せないなら交付金の中から、支援金として宅地被害者に
仙台市が支給すべし。

宅地がひび割れが入れば、数年の間に建物が持たなくなるので
解体が必要になるので、津波より被害は甚大だともいえる。
解体費用は現状のように、仙台市が行うこと。

設計、施工責任の瑕疵問題から、宅地造成会社ならずも、

県住宅供給公社等公の機関も、責任回帰に走っている。

建設会社は、マンションの瑕疵や宅地の瑕疵対策のために

60歳以上の技術系のOBを一時雇用をして、顧客対策を始めている。

会社の瑕疵はないことを技術的に裏付けるためであり、

OBも食いぶちを得られてほくほくだが、その事態は設計ミス、

施工ミス隠しのお手伝いをしているだけである。

おかしな話だが、被害の方々は行政や施工会社の知恵に

負けぬ粘りが必要だ。

個人の力では行政は動かないので、政治色のないようにして、
(これが一番問題だが、選挙の事前運動になっては困る)
町内会単位等で、市へ陳情すべし。

区役所は権限がないので、本庁での交渉とすること。
この事態から選挙区を5区にするなど、ナンセンスだ。
合併で議員の数を目立たせなくするための方便だった。
仙台市全市一本での選挙区でいい。
人数も半分だ。25人。
報酬も半分だ。
政務調査費等の二重報酬は廃止だ。

これらが、第三次補正予算に盛り込まれることが大切だ。
今後、仙台市の宅地被害説明会で、この件を質問すべし。
担当者により、説明が違うが、その違いを質問することにより
仙台市、行政の同一見解を取るように仕向けることが重要だ。

なぜ私が強く宅地被害救済を訴えるかは、
宅地を許可したのは宮城県、そして新しい宅地許認可者は仙台市である。
宅地許認可者の責任において、宅地を直すのだという気概を
仙台市は持たなければならない。
津波被害にだけ目がいっている仙台市、
行政の怠慢の責任を津波にもっていってはいないか。
仙台市の津波での行方不明者数が、突然2千人規模で
減ったような住民把握がなされていない。

仙台市に 「喝」 を入れる人はいないのか。
待たれる。

是非、宅地被害の救済に御賛同を。

尚、宮城県不動産協会主催で、仙台市市民オンブズマン

2代目代表の松澤陽明氏が、都市計画と日照権の課題を

題材に講演をした。

松澤氏の提案は100年建築物の構想であった。

松沢氏は平成23年2月12日NHK俳句王国放映後、すぐに

お祝いの電話をくれた仲だが、私もいわき市平で、松村病院跡地を

自社で購入して、設計施工販売分譲(124戸、15階)の責任者に

なっていたので、企画したからには完売だけしか頭になかった。

震災後、考えてみると、

仙台市では、松澤氏が提案した「100年建築物構想」が、ひ孫の代

まで一つの屋根とはいかなくとも、同じ場所で暮らせる仕組みが

できる切欠になる。

仙台市は、特区を用いて、耐震性の高く、寿命の長い、劣化が

進みにくいコンクリート(或いは皹が出ても付着するコンクリート)

等の建築物(マンション)に補助金を出せる仕組み作り、

全壊被災マンション等に対して、100年建築物を推進する計画があって

いいように思うが、皆様はいかが考えるだろうか。

松澤氏とじっくりと話してみたい。

参考

「あかままなぶの部屋」ブログより
7月9日 仙台市宅地被害住宅

http://manabu5577.cocolog-nifty.com/blog/2011/07/post-1a0e.html

6月29日6・29最新版仙台市被災マンション支援制度

http://manabu5577.cocolog-nifty.com/blog/2011/06/post-56d7.html

6月24日 仙台市被災マンション認定進む
http://manabu5577.cocolog-nifty.com/blog/2011/06/post-730e.html

6月16日 被災マンション共有部修理
http://manabu5577.cocolog-nifty.com/blog/2011/06/52-4a79-1.html

6月11日 仙台市の被災マンション所有者は罹災届出証明書を提出せよ
http://manabu5577.cocolog-nifty.com/blog/2011/06/post-9467.html

6月1日 被災者支援制度の枠組み発表(内閣府)
http://manabu5577.cocolog-nifty.com/blog/2011/06/post-22f1.html

4月23日 仙台市に山津波ー造成地の被害調査結果(土木学会)

http://manabu5577.cocolog-nifty.com/blog/2011/04/sokuhou.html

4月14日 知られざる藤沼貯水池崩壊、地すべり、

http://manabu5577.cocolog-nifty.com/blog/2011/04/9315-6495-1.html

4月8日 余震で被害拡大、仙台市地すべり団地、折立、緑が丘

http://manabu5577.cocolog-nifty.com/blog/2011/04/post-1d31.html

4月8日 東京湾岸部で起きている液状化宅地の現状
http://manabu5577.cocolog-nifty.com/blog/2011/04/post-b2c3.html

3月28日夜 仙台市避難勧告 緑ケ丘四丁目100戸
http://manabu5577.cocolog-nifty.com/blog/2011/03/328100-6893.html

| | コメント (2) | トラックバック (0)

7月16日(土)東北六魂祭開催されるー途中で打ち切り。

7月16日(土)東北六魂祭開催されるー途中で打ち切り。

仙台市定禅寺通りで東北六魂祭パレードが開催された。
メーンイベント、青森ねぶた祭を見に来た客が大部分だ。
仙台市では初お披露目である。
朝から仙台市役所前に青森ねぶた(伊達政宗像)が飾られ
ひときは際立っている。

隣接地のお祭り広場は、栗原のテントや各県からの名物を
売るテントが二重に並んでいる。
 広場会場には1000人程の椅子がならんであり、満杯だ。
韓国の舞踊団がアリランアリアンに合わせて華やかに舞えば
沖縄民謡も聞こえてくる。
椅子の後ろには何重もの人の輪があり、舞台では音楽しか
見えないありさまの混雑だ。

広場を出ると秋田の竿灯連が6基程出番を待っていた。
一番丁と定禅寺通りの交差点の方向に行こうとするが、
人の波が押し寄せて来て、通りには入れない。
韓国テグの世界陸上の広告車が2台が放送準備をしている。
30mを15分程かけて、やっとメーン道路の歩道にこられたが、
身動きができない。

失敗した。
動くに動けない。
時間は4時30分だ。
まだパレード開催までは30分ある。
どうしよう。
後ろからは、押される。
コンビニからは人が出てくるので、その度に歩道を空けて下さい
との叫び声が出る。
また、押される。
暑い。
少し隙間から涼しい風が頭の上を吹きすぎる。
4時45分にアナンサーの声が聞こえてくる。

青森ねぷたの運行の為には定禅寺通の間の並木道に人が入り
込んでいるので、運行ができないので、出てほしいとの
アナンスである。
何度もアナンスが繰り返される。
定禅寺通りの先の道には、青森ねぶたが移動されている。
また撤去のアナンスが繰り返される。
さらに、歩道からは、押しつぶされるので、前の人は並木道へ
移動してほしいと叫び声が聞こえる。
無口でいるのがいい。
また後ろから、殺されるとの叫び声が聞こえる。
笑い声も聞こえる。
赤い顔の小学生の女の子をお母さんが何とか出ようとして、
お願いしながら出ようとしている。
無法地帯になりかけている。
おまわりさん、助けてと、中年の声が聞こえる。
また、殺されるとう後ろから声がかかる。
そのうちに、歩道から押された人々が、その間の並木道に
移動を始める人々も出てくる。
並木道に人が溢れている。
押し合いながら、1寸隙間ができたので、広瀬川方面へ動け
そうなので、逃げ始めた。

5時は過ぎているが、祭りは始まらない。
パナソニックビルの前にでると少し空きがあり、伊達エフエムの
脇から裏道に抜けてゆくと、七夕祭りの歌が聞こえてきた。
時間は午後5時20分になっていた。
旧県民会館の後ろを過ぎて、竹中工務店ビルの前の広場に
人がいた事が頭にあったので、そこの生垣を通りながら、
10分ほど掛けて、メーン広場にでた。

3列程は座っているが、後は立っているので、パレードの踊りが
見えない。
デジカメの画像を掲げて見ている人。
携帯を掲げて画面を見ている人。
その内に、隙間からパレードが見えてきた。
仙台七夕は終わっていた。

山形花笠のパレードが始まった。
新旧の踊りがあるようだが、最後部の伝統的着物すがたの
落ち着き、色合いがきれいだ。
花笠を回しながら、膝を軽く折って、中腰の舞い姿がいい。
観客に向かっての踊りのきくばりは、さすがベテラン連である。
一曲だけでは残念である。

アナンスの声がばかりの由来だけではもったいない。
もっと躍らせて と叫びたくなる。
福島わらじとアナンスがあったが、男衆三人ほどが水色の
浴衣で過ぎてゆくだけだ。
なあんなの。
まだ福島わらじ祭りを見たことがないのに、どうしたの。

次には盛岡さんさが。
太鼓は30基程か、
すぐに100人程の踊りが開始されて、ヤッコラサ、と調子がいい。
浴衣連の手の動かしたの優雅さは、
幻想なあの世への誘いか。
これも一曲で終了。

時計を見ると午後6時35分になっていた。
込み合うので、後ろから押し込まれないように注意を払いながら
見るのも疲れ始めたところだ。
さて、青森ねねぶたと竿灯が残っているぞと、思った瞬間、
アナンスがあった。
耳を疑った。

「会場の安全が確保できないので、一部演舞を取りやめました」
「東北六魂祭は終了しました」
とのアナウンスだ。
「え 聞いてないよ」だ。
みんなが唖然としている。
放心のままいると、車道へ人が歩きはじめた。
涼しい風が吹き始めた。

すると、青森ねぶたの太鼓の音が聞こえてくる。
車道にでると、青森から来たねぶた太鼓連5人ほどが、
打ち始めた。
急にみんなが浮き浮き始めた。
ほんの1分程だ。
すると誰かがやめるようにとの合図で、太鼓連はやめざる
えなかったようだ。
青森市内では、この静止はないだろう。
それが青森ねぶたの熱気だ。
最後に、青森ねぶたの囃子をきいたのが心に残り
家路に自転車で帰った。

仙台市の実行委員会に運営や準備不足の不備を指摘したくなるが、
こんなとき、祭りに抗議するのも、つまらない。
熱中症が26人ほどでたが、けが人もなく、それでいいのでは。
中止になった青森ねぶたの運行や竿灯の歩く姿が見たかった。

来年もあればと願うのみだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

●安全基準値3.8マイクロ・シーベルト/時ー怒りますこの数値

安全基準値3.8マイクロ・シーベルト/時ー怒りますこの数値。
7月16日付

仙台市へ提言:放射線量管理に関して

安全基準値0.11マイクロシーベルト/時以下に管理と提言する。
仙台市の幼保、小学校、中学校では、
この基準値、0.11マイクロシーベルト/時で
放射線管理をすべし。
仙台市教委ではやる気になればこの放射線管理が可能でもある。

こどもを泣かせちゃいけない。

さて、安全基準3.8マイクロシーベルト/時を検証する。

政府は、「暫定」の値、暫定規制値や暫定基準値等、その場限りの
数値を出しては、その値が一人歩きをして、混乱を招いている。
さらにその数値の決め方は、政府が補償する賠償金額にリンクし、
焼却炉等の機能の低いレベルに合わせた環境数値から決定して
おり、将来の人体の健康被害を前提にしていない。
又、肉牛等のように、農家(生産者)(企業)目線での管理体制で、
消費者目線での規制値ではない。
 それが政府の隠蔽体質とあいまって、市民の食の安全の不安、さらに
暫定規制値への信頼の点から破綻をきたしている。

 一般人の年間被爆限度量は、1ミリシーベルトである。
それを、一気に、20ミリシーベルトに引き上げた。
安全基準値を一気に20倍に限度量を変えたことに驚きをもった。
国は、急遽、ICRP(国際放射線防護委員会)が緊急事故後の復旧を
想定して、決めた数値である。
人体の健康管理から発想した安全基準ではない。
国基準値20ミリ=20,000÷(8+16×0.4)÷365日
          ≒3.8マイクロ・シーベルト/時
この数値は一般生活者の安全基準値ではない。

一般人の安全基準値はあくまで
年間1ミリシーベルト=0.19マイクロ・シーベルトだ。
   1000=X(8+16×0.4)365日
     ∴X=0.19マイクロシーベルト  

私は、放射線量を屋外16時間を6割減の根拠を無視して計算する。
人体の健康管理から安全基準を決めると、
「内部被爆の点」と「女性と妊婦、18歳以下の子供」の感受性を考えて
   1000=X(24H)×365日で
   X≒0.11マイクロシーベルトを採用する。

 この0.11マイクロを採用している学者は、中部大学武部教授で、
「週間現代、7月2日号、p36」で、「政府の無策により、内部被爆の
危険性が高まっているから、外部被爆は0.11マイクロシーベルト/時
が限度だと考える」と記事に掲載されている。

又、放射線量の安全基準に関して、原発作業員等は、職業での
被爆であり、別の紙面での話である。
私が提案しているのは、女性と妊婦、18歳以下の子供に対しての
提言である。
なぜなら、単純に60歳男性と0歳~6歳の女性では、100~300倍
の放射線量の感受性が違うからである。
この点を、ごっちゃ混ぜに、放射線量の議論をすることは間違いである。

つまり、仙台市では、校庭やプールの放射線量を測定しているが、

福島原発事故から4ヶ月、雨や風の吹き溜まりや側溝から高被爆量

が検出されており、さらに測定の場所や回数を増やす必要がある。
仙台市は安全指針の見直しと細分化、基準値の見直し、その値による

安全対策を実施すべきである。

参考
福島第一原発事故、放射能の流れ、
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/11933?page=4
SPEEDI
http://www.bousai.ne.jp/vis/torikumi/index0301.html
http://www.nsc.go.jp/mext_speedi/index.html
SPEEDI拡散予測
http://matome.naver.jp/odai/2130151931164178701
日本の自然放射線量
http://matome.naver.jp/odai/2130197592769786501

参考:福島第一原発放射能の拡散の共通認識を持つ。

福島第一原発の水素爆発で大量に放出された放射性物質は、
SPEEDIで既報済みで、証明されたようだが、当初は
放射性物質の飛散方向は、南東の風に乗って北西に向かった。
そこで、阿武隈山地を越えて、奥羽山脈にぶつかり、
時期は冬場であったので、日本海から奥羽山を越えてくる
寒い北風に押し返されて、福島市、伊達市あたりから、南西
方面への風の乗って、栃木県の利根川上流部と鬼怒川上流部
の間の谷あいの部分に侵入した。

別ルートは太平洋沿岸部を北上することにより牡鹿半島から内陸部に
向かい、北上川を遡るように花巻市付近まで到達した。
途中にある世界遺産に登録された平泉もその延長上にあった。.

又、別のルートは太平洋沿岸部を南に流れ、茨城県の海岸部から、
常磐線沿線の市町村を流れ、千葉県の、柏市、流山市、をかすめ、
江戸川の周辺の松戸市、東京都の葛飾区足立区、江戸川区の
下町に至った。
折りしも、3月15日深夜から、16日にかけての降雨時が飯館村、
川俣町、伊達市に高放射線量をもたらした。
又、東京下町は3月20日、21日に降雨があったので、雨に混じり
高い放射線が土壌に降り注いだ。
福島原発から200キロ以上の地点でも高い放射線量になった訳
がこのメカニズムで発生した。
そして、東京は谷あいの場所、鶯谷、上野不忍通り、目白通り、
本郷通りの文京区は高い値を出している。
6月には、九州の玄海原発に近い唐津市でもタイムラグでセシウム
134、137を検出している。
さらに、6月中旬には福島原発の放射能は、ジェット気流に乗り、
地球を二周したことがCTBTOの測定器から判明した。

参考:放射線が人間のDNAを破壊するメカニズムの共通認識。

固体としての人間は細胞からできている。
精子と卵子が合体して一つの細胞ができる。
1、2、4、8、16・・・・と細胞は増えてゆく。
その途中で目とか鼻とかと特別の細胞に機能分化する。
細胞分裂の果ては、約60兆個の細胞で形作る人間になる。
細胞は核があり、染色体が23個ずつ二重らせん構造にねじれている。
細胞の中のこのらせん構造のDNAが、各情報を伝達して生きている。
放射線に被曝するということは、この組み立てられた遺伝情報が
切断されて、遺伝子異常を起こすということなのだ。
症状としては、甲状線ガン、白血病、内臓ガンを誘発する。

このDNAの遺伝子情報を切断を可能にするためには、
1)外部被爆ではどうか。
2)内部被爆ではどうか。
で違ってくる。
1)外部被爆は、その放射線量が同じ場合、
  瞬間高被爆の場合と長い時間かけて低被爆である場合、
  瞬間高被爆の場合の方が、切断する可能性と、その切断数が
  多くなる。
  さらに、低放射線量では、切断ができないという学説もある。
  私は、放射線量影響を、直角三角の斜線のように直線的に
  影響し、少なくとも、数が減っても正比例して切断されると考える。

2)内部被爆は、その放射線量の量に関わらず、線量影響距離が
  1mmの100分の1程の同心円で短かいが、一つの細胞に
  直接放射してDNAの情報を切断する。
  だから、低放射線量でも、集中的に、一点に、直接切断する。
  だから影響が大だと考える。  
  内部被爆はゼロを目指すのが正しい考え方だ。

  体内から排出されるからとか、半減期があるからとか、50年代は
  地球上はもっと被爆されていて今生きている大人が証人で、
  大丈夫だとの安全神話の話をしているが、御用学者、テレビ解説者
  を信じますか。
   御用学者の反論を受け付けるが、私は信じない。
  かえって歪曲した学説は、安心不信に繋がると思うから、このブログ
  に書いている。

  福島県内、隣接の県の宮城県内の5歳以下の幼児は、

  甲状腺癌の検査を国が一生測定ししてくれる仕組み必要だ。

  こどもを泣かさないために。

  参考:以前の放射能関連ブログ集:

  7月14日放射性牧草の幽霊データーー宮城県も肉牛全頭検査を 7/14
  http://manabu5577.cocolog-nifty.com/blog/2011/07/post-c315.html

  7月13日宮城県の浄水場の汚泥ケーキー高放射線量検出。7/13
  http://manabu5577.cocolog-nifty.com/blog/2011/07/post-ebd7.html

  6月30日宮城県遅すぎー放射線測定「簡易型」市町村に貸与:6/30
  http://manabu5577.cocolog-nifty.com/blog/2011/06/index.html

    6月19日 原発に対して、「脱原発か」「反原発か」「推進派か」:6/19
    http://manabu5577.cocolog-nifty.com/blog/2011/06/post-5285.html

   6月17日仙台市の学校の放射線量対策は、大丈夫。6/17
    http://manabu5577.cocolog-nifty.com/blog/2011/06/post-34d0.html

     6月8日放射線量測定法の変ー測定高さが違う 
    http://manabu5577.cocolog-nifty.com/blog/2011/05/post-f9f2.html

   5月25日東京原発(04年映画)の真実ー東京から日本を変える 5/25
  http://manabu5577.cocolog-nifty.com/blog/2011/05/post-5287.html

   5月19日続報ー次の東南海大地震へ備えよ、浜岡原発停止賛成 5/19
  http://manabu5577.cocolog-nifty.com/blog/2011/05/post-4362.html

   5月13日復興は放射能対策もー村井知事は県南の公表、対策を急げ 5/13
  http://manabu5577.cocolog-nifty.com/blog/2011/05/post-af45.html

   5月6日浜岡原発すべて停止ー首相要請 5/6
  http://manabu5577.cocolog-nifty.com/blog/2011/05/post-daea.html

   5月6日福島原発事故ー女性0~5歳児の甲状線ガン発症リスク対策急げ5/6
  http://manabu5577.cocolog-nifty.com/blog/2011/05/post-40d6.html

    5月1日小佐古敏荘参与辞意表明ーその理由、波紋
    http:/manabu5577.cocolog-nifty.com/blog/2011/04/post-1539.html

   4月26日積算放射線量越一部福島市含ー今更公表ナンセンス 4/26
  http://manabu5577.cocolog-nifty.com/blog/2011/04/post-37ca-1.html

   4月20日放射線量ー浪江町赤字木地区で積算線量20msv超える 4/20
  http://manabu5577.cocolog-nifty.com/blog/2011/04/post-0380.html

     4月17日土壌の放射能を吸収ーひまわりや菜の花 4/17
    http://manabu5577.cocolog-nifty.com/blog/2011/04/post-bf7e.html

    4月14日元福島県佐藤栄佐久知事と福島原発と元前田検事 4/14
   http://manabu5577.cocolog-nifty.com/blog/2011/04/post-e72c-1.html

    4月13日フクシマ原発事故「レベル7」   4/13
   http://manabu5577.cocolog-nifty.com/blog/2011/04/post-4e59.html

  4月6日放射能漏れーメガフロートの運命4/6
 http://manabu5577.cocolog-nifty.com/blog/2011/04/post-cf13.html

  4月4日福島原発事故、放射性物質拡散予測ー気象庁公開 4/4
 http://manabu5577.cocolog-nifty.com/blog/2011/04/post-4aa9.html

  3月25日福島第一原発(4基)封じ込めと 今後の展望 3/25
 http://manabu5577.cocolog-nifty.com/blog/2011/03/post-6bbe.html

  3月22日海外メデアの「フクシマ」速報  3/22
  http://manabu5577.cocolog-nifty.com/blog/2011/03/post-312a.html

  3月20日福島原発事故後の退避範囲の日米の相違について 3/20  
  http://manabu5577.cocolog-nifty.com/blog/2011/03/post-c052.html

  3月18日東日本大震災風評被害 茨城県産ほうれん草、福島県牛乳3/18
  http://manabu5577.cocolog-nifty.com/blog/2011/03/post-eabb.html

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ユーロ安→ドル安→円高→金暴騰ー主婦ユーロ求め銀行へ

ユーロ安→ドル安→円高→金暴騰ー主婦ユーロ求め銀行へ

ユーロ安→ドル安→円高→金(ゴールト)暴騰
     主婦はユーロ求め銀行へ走る。EUへの旅行目的に。

金(ゴールド)史上初1トロイ・オンス=1600ドルを超えるだろう。

このユーロ安・円高・日本株安を検証しよう。

3年前からのギリシャの財政危機に関連して又、EUへの追加資金
要請に、政情不安でユーロ安の懸念が高まり、ユーロが売られ
1ユーロ110円台になっている。
それにつられる形で、1ドルが80円を切る円高になっている。

これで日本の多くのFX個人相場師たちが損を重ねていることだろう。

その一方で、金(ゴールド)相場が急騰している。
新聞に、金の処分や交換のチラシが入ってきた。
1オンスは、一時1570ドルを突破、最高値を更新した。
金本位制時代の1オンス35ドルに比べると、なんと約45倍に
なっている(「円」に対しては約9.9倍)。

これは逆に言えば、いかにドル安が進行したかということだ。

つまり野放図なドル札乱造によるドル安現象を現しているとも言える。
米国の国債の格下げが真実味をおびてきた。
米国国債の金利高騰による米国経済の破綻だけでなく、米国国債を
買って支えている日本や中国の金融業界へも波紋を広げつつある。

又、円高を反映して、株は日経平均株価は大震災時10254円から
3月15日の8300円から4ヶ月ぶりに7月8日に1万円を抜いたが、
この円高で1万円を割り込んだ。

 日本企業は円高になるたびに人件費削減に取り組み、
その犠牲になってきたのが弱い立場の労働者である。

結果、デフレを起こす悪循環を繰返してきた。

折りしも、厚労省が7月12日公表した10年の国民生活基礎調査に
よると、全国民のうち、低所得の人の割合を示す「相対的貧困率」
(09年)が16・0%となり、前回調査の数値(06年)より
0・3ポイント悪化した。
データがある85年以降最悪で、国際的にも高い日本の貧困率は
改善に向かっていない。

この大きな要因の一つが、20年間、日本は異常な円高に悩まされ
続けてきたということだ。
市場原理主義信奉者によれば、相場のことは相場にまかせよとなる。
だが、自由で公正な為替相場とは何かと問われれば誰も答えられない。

 昔は外国為替取引は貿易決済のための実需が原則でした。

実需が原則の時代ならば、多少の行き過ぎはあっても大まかには
需要と供給のバランスで、ほぼ妥当なところで相場が落ち着くものだ。
しかし1985年以降は、金(マネー)で金(マネー)を売り買い
する投機マネーが横行するようになった。
20年の間、実際の取り引き決算マネーの100倍規模の取引が
行われている。
これは異常とゆうしかない。
その金額はますます肥大化して1日あたり4兆ドルにもなる(BIS調査)、
為替相場を動かしているのは彼らヘッジファンドたちだ。
 それ故政府が1兆円や2兆円規模の為替介入しても、介入効果はない。
現在の為替相場は彼ら相場師たち(ヘッジファンド:いわゆるハゲタカ)
が円高を演出し支配する世界である。

世界の金は大きく見れば、7人のヘッジファンドに牛耳られている。

 ユダヤ人マネー4人、華僑系1人、オイルマネー2人の計7人だと
言われている。

この7人のやり方は、例として理由がないが原油を上げ始めさせる手口だ。

産油国が増産を始めたというニュースに対して、原油がダブつくので、

下がるはずが、価格は上がる。

原油は増産に踏み切ることは足りないからで、価格が上がったと、

アナリストが解説する。

所詮アナリストの解説は、後追いだけで意味がないが。

それを信じ始めた一般の投資家たちが、提灯をつけて、

さらに上げ始める。

半年から2年程をかけてこの世論の流れを作り終えた時に、

理由もなしに、突然、7人の金持ちが結託して、はしごを

はずず。ヘッジファンドが金を引きあげるのである。

価格は暴落する。

原油では1バーレル当り150ドルから30ドルと5倍の差異を生む仕掛けだ。

単純にはこの繰り返しを20年間ヘッジファンドは金融界からの

金を使って行ってきた。

損したのは一般の投資家だけだという構図だ。

彼らは「円高」と日本の「超低金利と量的緩和」を利用(悪用?)して
円キャリー・トレードでもぼろ儲けをしている。
それに日本の三大メガバンクは追従せざるおうえない状態だ。

数十兆円の不良債権を抱えて吸収合併を繰返してできあがった
メガバンクだが、いつの間にか不良債権の不の字も言わなくなった。
彼らの本来の業務である日本の融資先は不景気のため危険を侵して
融資するよりも、ハゲタカへ融資した方が安全確実だからだ。
日本の三大メガバンクが、ヘッジファンドと歩調をあわせ始めたのだ。

つまり、金融界は、個人投資家と逆張りをしていることになる。

個人投資家は損するしかない仕組みになっているが目が覚めない。

このような、仕組みに貢献したのが日銀の1995年以降の低金利と
量的緩和だ。
 しかし、超円高が今後さらに進むのかどうかはわからない。
金の卵を産むニワトリも、体力を消耗して卵を産まなくなる日が来る。

 彼らの投資先は「原油や貴金属や、穀物」などの先物相場であり、
一滴の油の現物を使う積りもないのに、相場の上げ下げを演出して
荒稼ぎする。
そこにあるのは節操なき金稼ぎであり、金を稼ぐことが最高のモラルと
考える集団だから当然であろう。

かって、インサイダー取引で「金を稼ぐことが何が悪いんですか?」
と言って逮捕された男がいる。
 村上世彰氏や堀江貴文氏のような、個人レベルのインサイダーは
逮捕されるが、ハゲタカのような世界を股に駆けて稼ぎまくる
相場師集団は逮捕されることはない。
国をも動かす金融業界の怖さである。

そんな金融の流れに対して、FX取引に嵌る夫人も多い。

今回はヨーロッパ旅行がま近くあるので、早めに為替のチャージを
しておこうという動きは素直でかわいい。

しかし、日本の銀行の手数料が高いので、都市部へ旅であれば、

外国の為替交換所の手数料はないようなもので、

そちらを利用することお勧めする。

去年の11月中旬に米国旅行をしたが、円高が進み、旅行中に
米国で為替取引所での為替チャージを1ドル=79.05円で出来た。

リアルタイムに、個人でも交換所で銭単位でレートが変わるダイニズム

を味わうことができる。手数料込みでレートを表示されている。

交換時、パスポートの他に身分証明書が必要であったが。
因みにホテルでのチャージは1ドル=105ドルであった。
この感覚が米国だなとも思った。

ホテルは詐欺レートだが、それもありが米国流だ。

米国は8月2日に向けて、国債発行上限額に達する。

オバマ大統領は引き上げを提案しているが共和党は反対だ。

外国投資家は相対的に見れば、日本は「これでもましだ」

「円」は信頼度ナンバーワンになっている。

だから3月17日戦後最大の36円25銭/ドルだったが、

その後円安に向かったが、ここにきて8月攻勢で円高に

進むことになるだろう。

さらに、ギリシャやイタリア、スペイン等の金融不安が続くので、
夏休み中は、このユーロ安円高の流れは続くであろう。
1ドル=76~80円
1ユーロ=108~114円 (GWより約10円円高ユーロ安)
旅行者には有利に働くが、車等の日本からの輸出は為替損が
発生するので、海外生産にシフトする動きが加速しそうである。
トヨタは1円だけユーロ安になると 年間50億円の営業利益がなくなる。
トヨタの為替レートは1ユーロ=120円を想定して決算している。

ユーロ求め銀行に主婦が殺到
http://news.nifty.com/cs/economy/economyalldetail/jcast-101519/1.htm
金券ショップでユーロ在庫切れ サラリーマンや主婦が殺到
急激な「円高ユーロ安」が進んでいる。

円高ユーロー安の影響
http://www.jetro.go.jp/jfile/report/07000395/eurotrand_201010_R3.pdf

外為どっとコム 7月15日
http://www.gaitamesk.com/
米ドル円   79.02-03
ユーロ円  111.75-78

FX取引はしないが、勧誘が五月蝿い。
現物の株式より、NK225の取引をしているが、胃が痛くなる。
オーバーナイトではナスダックが気になって寝られなくなる。
朝は朝でシンガポール取引所再開で緊張する。
健康によくないね。
特に暑い夏には。

今日は、

東北六魂祭にいこう。

京都の町にコンコンチキチン コンチキチン祇園囃子も響くであろう。

祇園祭は、869年(貞観11年)(貞観地震)に疫病が流行して、安寧を祈る

為に始まった御霊会が起源とあるが、東北の貞観地震の悲惨さが京に

知らされて、鎮魂の思いも込めて御霊会を始めた。

と想像をしても許されるだろう。

今年は長刀鉾の囃子方らが「仙台七夕まつり」でお囃子を披露される

という。うれしいことだ。

さらに、奇妙な縁であるが、鯉山山車の四角の垂れ8枚をタペストリー
というが、これは158年から1620年にフランスのブリック、ブリッセル

(B-B)で製作されたものだ。

それを伊達政宗がローマ使節に送った支倉常長が持ち帰ったもので

あると言われている。

昔に思いをはせることもロマンチックで楽しいものだ。

その音色が、再び大津波に見舞われた三陸の海に、みちのくの地に

響き渡るであろう。

被災者はやすらかに、湧き上がる勇気をもらうだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7月15日、アクアマリン福島再開-東北復興へ

7月15日、アクアマリン福島再開-東北復興へ

アクアマリン福島(いわき市小名浜)
http://www.marine.fks.ed.jp/

アクアマリン福島へ津波来襲
http://www.youtube.com/watch?v=zsk8Vhk0Tk0&feature=fvwrel
http://www.youtube.com/watch?v=a4zzlgwbM5U
http://www.youtube.com/watch?v=jMZyzqRdqXo&NR=1&feature=fvwp
http://www.youtube.com/watch?v=fl2N07QG6WQ&feature=related
http://www.youtube.com/watch?v=iKAcQzK88Pg&feature=mfu_in_order&list=UL

国交省 小名浜港湾事務所
http://www.pa.thr.mlit.go.jp/onahama/
7月1日復旧状況
http://www.pa.thr.mlit.go.jp/onahama/annai/pdf/0701hukkyuu.pdf

アクアマリン福島の復興日記
http://blogs.yahoo.co.jp/fukushimaaqua/4921898.html
7月15日再開。
11年前のオープンの日にあわせるために、復旧を急いだとのこと。
おめでとう。
東北復興の起爆剤に。

私にとって、いわき市小名浜港は東京本社から、転勤して、
最初の赴任地の建設現場であった。
以前は小名浜漁港と造船所がある漁村であったが、
昭和40年代から東北の物流の中心地として、富士興産の石油基地
としての工業港としての港湾整備が本格的に始まった時期であった。
4号埠頭で防波堤用のケーソン(四角な鉄筋コンクリートの建物の船)
を製作することと、現在、港の真ん中に2km程の西防波堤、
西側に大剣防波堤があるが、その上部コンクリート工事をミキサー
船(砂と砕石とセメントと水を船のミキサーでかき混ぜて生コンクリート
を製造し、それをケーソンを据え付けた防波堤の上に厚さ2mの高さに
直接生コンを打設するための運搬用ベルトの付いた船)にて作業する
工事を担当した。
ミキサー船は、当時、日本に3船程しかなく最新式であった。
この船は、小名浜港が段階的一時完了する昭和60年頃より、
秋田港へ、酒田港へ、北海道の石狩港、苫小牧港、利尻港へと
配船された。
この地に4年半いたが、ゴルフ、マージャン、平競輪等、遊びに
ことかかなかった。
職場対抗の野球が盛んであり、また、小名浜水産高校とのラクビー
試合等も行い、他社員同士、酒を汲み交わすことも多かった。

結婚をした実家は、アクアマリン福島の港から1キロの大原、
元消防署があった場所であるが、津波は来なかった。
津波は、太平洋岸の東側のミサキが波止めの効果と、二重の防波堤
で、東側の小名浜漁港は船の転覆があったが、海から500m程の
小名浜の町の入り口までしか浸水しなかった。
小名浜魚市場、魚の小売市場、アクアマリン福島は海岸部に
あったので、YouTobuのように津波に呑まれ被害は甚大だった。

アクアマリン福島の海岸部で陥没されている場所があったが、
埠頭がケーソン築造では、この陥没は起きない。

陥没場所は、厚い鋼矢板打設により締め切り、その上に
鉄筋コンクリートで箱型に整形し、車止めと手摺をつけて、
岸壁としているだけだからだ。
鋼矢板同士で外れないような形になっているが、この鋼矢板
同士に隙間ができたときは、この隙間から、内側の土砂が、
海側に流出するのである。
20cm程のコンクリート舗装版があるので、弱い力では
壊れないが、大きく土砂の流出があれば、穴になるので
結果として、舗装盤が壊れ、陥没として目に見えるようになる。

港湾施設の埠頭で、昭和40年以前の護岸は、安く仕上げる
為に、鋼矢板締め切りが多いので、陥没が置きやすく、
地震時には、身を守る為に埠頭から離れなければならない。

小名浜港の5号埠頭からは安全なケーソン築造で護岸が
築造されている。
仙台港の埠頭はケーソン築造であるので安全であるが
塩釜港の大部分の埠頭、造船所護岸は鋼矢板護岸であるので、
陥没が想定されるので、地震時は護岸から離れること。

石巻市の木材埠頭や、合板会社等の私企業の埋め立て用の
護岸は薄い鋼矢板使用なので、さらに陥没が置きやすい。
現実的には、直しながら使用しているのがある。

気仙沼港では、朝日埠頭はケーソン築造であるが、魚市場は
鋼矢板護岸であるので、今回の大震災でも地盤沈下の影響が
拡大しやすく、護岸近くのコンクリート舗装部の下は土砂の流失に
よる穴があることがあり、重機を置く場合は、矢板からの土砂の
流失を確認をしてから作業をすることが肝心だ。

大船渡港も鋼矢板護岸が多いので、護岸近くのでの重機の作業
では、舗装部下の陥没に注意が必要だ。

釜石港は、ケーソン護岸であるので、陥没の危険は少ない。

宮古港は大型埠頭はケーソン築造であるが、宮古魚市場等は
鋼矢板護岸であり、舗装部の下の陥没に注意が必要だ。

久慈港はケーソン築造であるが、漁港部の護岸は鋼矢板が
多いので、陥没に注意が必要だ。

八戸市は1号埠頭は鋼管であるので、鋼管同士からの土砂流失が
懸念される。
2号埠頭は付け根部がブロック護岸であるが、ブロックの上の
樹脂系防砂板が亀裂ができて、土砂の流失が考えられる。
3号埠頭はケーソン築造であり、土砂流失はないが、穀物サイロ部
の舗装部の埋め立てはポンプ船であるので、砂の粒系が同一であり
埋め立て時は液状化対策はしていないので、舗装部の下では凹凸
があることが想定されるので、クレーンや飼料運搬車等の重い車は
、地盤の確認までは、安全走行に注意すべきである。
また、フェリー埠頭(3号埠頭)もケーソン築造護岸であるので安全である。
このケーソン同士の隙間が10cm程あるが、隙間に樹脂系の膨れる
防砂板と背後1mを樹脂系の防砂板、さらに、流動性の高い
アスファルトを充填して、絶対に、背後の土砂流失が起きないように
設計変更してもらい施工した。
さらに、ケーソン護岸は基礎捨石(30~1000kg)であるので、
フェリー船のプロペラの水力で基礎石が飛散することが考えられるので
捨石の上に布マット型枠(2m×5m×T0.3m)に生コンを海中施工
した。
さらにその間には、海中アスファルトを敷設して、一体感を持たせて、 
洗掘防止と土砂流失の防止を図り、埠頭の安定性を増している。
この一連の作業は昭和56年頃に青森県八戸港管理事務所に
提案して施工した。
ただ、八戸港の北防波堤は昭和20年代から施工してきたが、
昭和40年代の台風の被害で防波堤が一部崩壊したので、断面を
大きくして、その後完成した。
ところが、今回の大震災で、その大断面の突堤の200m程が、完全に
崩壊して、海の中に放置されたままだ。
八戸中央防波堤部は昭和53年からの施工であるが、被害が少なく
少しは安心したが。
早い復旧が期待される。
7月初旬から、シルバーフェリーの運航が再開されたとのニュースに
いまは喜んでいる。

アクアポリス福島の再開で、感動し、少しセンチメンタルになってしまった。
仙台市は今日も風が無く、34.2度と暑い、夕方は雷が連日鳴っている。
太白区泉崎には雨が来ない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

●放射性牧草の幽霊データーー宮城県も肉牛全頭検査を。

放射性牧草の幽霊データーー宮城県も肉牛全頭検査を。

農林水産省 MAFF ホームページ
http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C7%C0%CE%D3%BF%E5%BB%BA%BE%CA&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=
検索の多いキーワード:クリック、放牧/野菜/茶
農林水産省 MAFF 牧草中の放射性物質の調査結果について
http://www.maff.go.jp/j/kanbo/joho/saigai/syouhi/bokusou_kensa.html
(飼料中の放射性物質の暫定許容値、セシウム300Bq/kg)ベクシル

7月13日更新
宮城県クリックで丸森町、牧草を見る:
5月11日 セシウム137:1520Bq/kg
5月18日           980
6月 1日           231
6月 8日           299
6月14日           528
  ・・・・・・・・・・・・・・・・
7月 6日           676
7月 6日            26
(減少過程が見えない。場所が違うのか一貫性ないデーターだ)

福島県クリックで浅川町、牧草を見る。
5月 9日           106
(少ない。ところが、7月14日に肉牛からセシウムが発見された。)
(これって、牧草数値と肉牛のセシウム値との相関性が見えない。)

福島県クリックで白河市(場所が違うが)、牧草を見る。
5月 9日             87
6月22日            不検出
6月29日            不検出
7月 7日             19
6月30日             310
7月 6日             220
(7月14日発表の浅川町肉牛の稲わらは白河市農家から購入。
 高いが、なぜ、数値が高くなるの。場所が違うからだ。
 場所により、放射能の降り方が違い、濃度も相当違う。)
 
福島県浅川町稲わらからセシウム22,045ベクシル、肉牛42頭出荷
ニュース NHK
http://www3.nhk.or.jp/news/
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110714/t10014217361000.html
福島第一原発関連ニュース NHK
http://www3.nhk.or.jp/news/genpatsu-fukushima/top/index.html
暫定許容値300の約73倍だ。
白河市の稲作農家が3月15日~20日に田から刈り取り、浅川町農家
、4箇所に販売。4月上旬からえさに与えていた。
発覚したのは、南相馬市出荷の肉牛から高セシウムが検出されたので、
農家が心配になり県へ連絡したことから判明した。
福島県によると、わらが与えられていた肉牛は、ことし4月8日から
今月6日までに42頭が4か所の食肉処理場に出荷され、
内訳は横浜に14頭、東京に13頭、仙台に10頭、千葉に5頭だったという。

仙台の10頭のうち、一部は宮城野区の販売会社から、石巻市、

山形県酒田市と岩手県花巻市にも出荷履歴あり。

仙台の10頭の内の2頭は貯蔵中で、仙台市内へはまだでまわっていない。

8頭を調査中。、

他県の放射線量を調査されない牧草(稲わら等)(浅川町等の対象外)

を餌にして出荷された肉牛は

大丈夫だろうか。

大丈夫とは言えない。

肉牛から国の暫定規制値(500ベクレル/kg)を超えるセシウムが

14日に判明した。

15日には宮城県で保管されていた同牛の肉からも規制値を超える

セシウムが検出された。

購入していた富谷町の販売会社は県保健所より連絡があり、

販売の自粛を求めれ、応じているが、補償のあてはない。

「ウジエスーパー」は福島県から出荷された牛肉は取り扱っていませんと、

貼り紙を改めて全店に張った。

仙台市の「焼き肉」屋は「安全宣言がでるまで福島県産は使えない」と。

仙台の牛肉販売会社へは、全国からキャンセルの電話が殺到。

返品と在庫の山ができると頭を抱えている。

「セシウムが出たのだから、風評被害でない。全ての商品の産地を明示

してほしい」と、福島産を応援してきた消費者も購入を控えるという。

県北の牛の飼育農家は782戸、34、035頭が肉牛として

飼育されている。

乳用牛の飼育農家は133戸(13,674頭)で、県南部に集中している。

宮城県の飼育農家は、一緒に見られ、出荷しても売れなくなると。

稲われを与えていなくても影響は甚大であり、廃業の危機を向かえている。

一方、政府は15日、福島県産肉用牛から相次いで国の暫定規制値

(1キロ・グラム当たり500ベクレル)を超える放射性セシウムが

検出されている問題で、同県内のすべての肉用牛について

原子力災害対策特別措置法に基づき出荷を制限する方針を固めた。

19日に指示するという。

このブログでも再三書いてきたが、宮城県内の放射線量の測定と

その対策を早急に取るべしと警告を発してきたが、間に合わなかった。

 肉牛の放射性セシウムについて、検証してみよう。

農林水産省が公表している牧草の放射性セシウムと場所との
相関性が必ずしも一致しない。
つまり、牧草にセシウムの検出が許容値内だからといって、測定
場所で測定値が大きく違う。
(特に牧草地では、幅が大きく信頼性に欠ける。目安にならない。)

一方、SPEEDIの予想でも、郡山市、白河市、栃木県那須塩原市

等、高い放射線量が測定されていた。県境は関係がない。

さらに、県境を越えて肉牛の餌になる稲わらが販売されている。

秋から冬にかけて湿潤気候が続く日本海側と違い、乾燥気候が続く

宮城県は一大稲わら産地になっている。

このブログでも4月から再三県に放射線量測定をするようにお願い

してきたが、宮城県は福島原発事故の放射能の影響はないと強弁し、

風評被害になるからと測定体制も6月からとお粗末な状態だ。

稲わら農家は、稲わらがいくらの放射性セシウムの被爆をしているか

わからない。

しかし、県は測定も、規制もしていないので、商売だから

稲わらは販売している。

もし、汚染された稲わらが日本各地に肉牛の餌として販売されていたら

と思うと、背筋が寒くなる。

宮城県には風評被害は出ないが、実被害の元凶の県として責任を

重く背負うことになる。

そうであってはならない。

県は早く土壌汚染マップを作成し、牧草や稲わらの測定や回数を

増やす等対策を示して、安全を担保しなければならない。

又県内の人体影響の為に放射線量マップを公表せよ。

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/11933?page=4
この結果から、口に入る前の管理体制を確立せよ。

福島県の隣接県でも、3月12日以降の牧草や稲わら
を刈って、牛等生物に、与えてはいけない管理体制が必要だ。

豚や鳥の餌等も測定して、管理する体制が必要だ。

農家の信頼性がなく、肉牛は全頭検査をして、販売せよ。

行政は農家保護でなく、消費者保護の観点が重要だ。
農家の肉牛の検査費用や運搬費用等は東電の賠償範囲だ。
場当たり的対処療法では、肉牛、原乳の安全不安は治まらない。
早急に検査体制を敷くべし。
特に、食物は内部被爆の点で摂取しないことが肝心だ。

宮城県畜産農林課は
丸森町、七が宿町、白石市、角田市等の県南部、或いは全県の
肉牛農家の牧草摂取の実態を把握して、セシウム入りの肉牛を
流通、販売させない体制を急げ。
消費者目線だ。
隠してはいけない。

成り物は大丈夫か。

桃、米、

祈るしかない。

参考

東京近郊&東北全92箇所の独自放射線調査

現実「観光放射能汚染MAP」

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/12311

首都圏、放射線MAP

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/11134

ホットスポット

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/11933

| | コメント (0) | トラックバック (0)

宮城県の浄水場の汚泥ケーキー高放射線量検出。

宮城県の浄水場の汚泥ケーキー高放射線量検出。

宮城県が6月10日発表、浄水場の汚泥ケーキの線量。
http://savechild.net/archives/4119.html
白石市南部山浄水場:31、976ベクシル/泥1kg:
たか。
国の汚泥の埋め立てセシウム基準値;8000ベクレル/kg以下。
国の汚泥の再利用のセシウム基準値:100ベクレル/kg.以下

(なお埋立用の基準値8000ベクレルであるが、焼却炉の一重フィルター

で撤去できる値から、環境省が決定したので、人間の体への影響から

 はじき出した値ではない。高すぎる基準値だ。

環境省は、8000ベクシルで子供にも大丈夫だと科学的に説明せよ。)

七ヶ宿ダムを水源、仙南と仙塩地域へ水道水を供給。
なお、水道水からは「不検出」。
※県は「水道水は安全である」といっている。

東京都の下水処理場の汚泥ケーキの再利用、コンクリート二次製品
が、4月中に、高放射線量を計測されて、使用禁止となったことで
記憶にあるが、浄水場の汚泥ケーキでも同じことが起きている。
宮城県の下水処理場は、津波で大規模崩壊をしていて、修理中で
あるが、この周辺では、当然、高被ばく線量が計測されてしかる
べきだが、報道はされていない。
下水の水質劣化問題が言われているだけだ。
注意にこしたことはない。
近づかないことだ。
今回は、浄水場の汚泥ケーキが、高放射線量が計測されているが、
その水道水は「不検出」で大丈夫だといわれている。
信じたいものだ。
行政は「安全だ、安全だ」の連呼だ。
仙台市議会議員の選挙カーと同じだ。
宮城・水道水、放射能・放射線量 (東北大学協力)
http://water.e-craft.org/51_1.html
日本一美味しい水道水は、宮城県の「鳴子の水」

しかし、福島市飯坂町浄水場の汚泥ケーキ計測結果は
http://www47.atwiki.jp/tsunamiwaste/pages/59.html
5月12日 セシウム:239,183ベクシル/kg:
非常に高い:

仙台市の浄水場はどうなのだろうか。検証してみる。
データーが見つけぬくいが、

●仙台市水道局(7月12日更新)
  浄水場からの浄水発生土(汚泥ケーキ)
http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C0%E7%C2%E6%BB%D4%BF%E5%C6%BB%B6%C9&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=
福岡浄水場(泉区)の汚泥から、7月12日に「140~680ベクレル」
の放射線セシウム検出。
(国の汚泥ケーキの再利用基準値:100ベクシル/kgであるので
去年から米登市の牧場に園芸用の土として引き取られたが、
再利用ができなくなったと。)
以外に低い。
仙台市の他の浄水場のデータがわかりない。
又、太白区の泉崎地区の水道水が、何系と何系とのブレンド水か
わかりにくい。

※仙台市水道局は、「水道水の安全性に問題がない」としている。
  県は基準値オーバーの汚泥ケーキは管理型処分場に
  仮置きや埋設するように指導した。」
 
注意:以前にブログに書いてきましたが、水溜り、吹きだまり場所、
   濃縮されやすい場所、下水道の浄化場や集落排水施設や
   浄水場は高放射線量が測定されている。

   仙台市は浄水場(の仮置き場)は立ち入り禁止柵を設置すべし。

   宮城県の仙台市への指導の「埋設せよ」とは、高放射線量の
   地下水への浸透による混入の可能性が高く、放射能の拡散の
   推進が起きるので埋設はだめ。
   地下水へ浸透がないように、容器で保管せよ。

宮城県の汚泥ケーキの状況について
7月7日 浄水場の汚泥ケーキ採取の検査結果
名取市の高舘浄水場での汚泥ケーキは 「11,646ベクレル/kg」
この時期でも、
たか。
樽水ダム
http://www.pref.miyagi.jp/snd-dam/tarumizu/syuuhen/tarusyuuhenn.htm
緑深き草木に積もっっていた放射線量が梅雨時期を向かえて、
雨に洗い流されて浄水場に流れついたのかもしれない。
高館浄水場は、太白区の隣の地区だ。
高い値だ。
測定しないとわからない。
想定が難しい。

岩沼市、女川市、美里町でも基準値をオーバーしたという。
100以下は涌谷町だけだったと今日の新聞にあった。
宮城県、仙台市は大震災の初動時、放射能とは無縁だとの認識で
行政は動いていた。
このブログでは警告をしていたが。
その付けが出始めたようだ。
丸森町の肉牛の放射線量検査で問題がでないことをお願いしたい。
農家も隠すことだけはしないでほしい。
妊婦、子供へ、食物の内部被爆をさせたくないだけだ。
行政は、この一点に集中して放射能対策をすべきだ。

宮城県の河川流域毎の浄水場の水道水質検査結果
http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/2r9852000001fhol-att/2r9852000001fhwa.pdf
「各市は水道水は安全だといっている。」
信じよう。

各戸への水道水がどこの浄水場から来ているのか、
或いはどこの水と混じった水なのか、わかりにくい。

宮城県の浄水場の汚泥ケーキは、SPEEDIの予想のように、
一般的に県南部は高く、管理型処分場に仮置きされている。
その高放射線量の被爆の拡散を防止しなけばならない。

環境省は、放射性汚泥、放射性焼却灰、放射性瓦礫の処分方法

、仮置方法、仮置き場を決定せよ。

放射性の半減期を待ってからの処分では、地元はたまったもんではない。

水道水は「安全ですよ」と言われ続けている。
福島原発事故後、早い時期に、東京都の水道水が高い放射線量
を測定したが、知事の号令で、子供に水の配給した時期もあったが、
宮城県はパニックもなく、又、安定的に「不検出」であり、
安全と言えるかもしれない。

放射能不安ママ、詐欺に注意して。

http://news.nifty.com/cs/headline/detail/postseven-20110714-25558/1.htm

私は水道水を飲んでいる。
東京から連休中に帰ってきた息子には、「蔵王の水」を用意して
おったが。
嫁さんに弱いらいい。
生意気にも水道水は飲まないという。
そんな時代かもしれない。

中学生、高校生の夏の体育会が盛んである。
高校野球も、福島県では、放射線量3.8マイクロシーベルトを基準
に大会の開催を決定しているという。
雨降れば、放射線量の再計測をして、開催を判断するという。
宮城県の高校野球は、放射能の影響はないようだが、水道水は
飲まず、スポーツドリンクを飲む高校生が多い。
水だけを飲むとかえって、体の塩分濃度が下がって、熱中症で
倒れる原因にもなるという。
昔は、運動部は水を飲まなかったが、塩分濃度が高くなりすぎて
こむら返りや筋肉の痙攣がおきたものだ。
体の塩分濃度を保つ為のスポーツドリンクの補給を、こまめにとるのが
いいとのことだ。
高齢者は汗をかける体作りをして、新陳代謝をよくして、体に熱が
こもらないようにするといいらしい。

太陽のかっと照る中で、安心して、水を一気に呑みたいものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

想定内だった原発全電源喪失ー18年前の安委で指摘、放置。

想定内だった原発全電源喪失ー18年前の安委で指摘、放置。
7月13日付

福島第一原発は、東日本大震災・地震により外部電源を喪失。
さらに津波で非常用ディーゼル発電機が水没するなどして、
「全交流電源」を失い、
相次ぐ「炉心溶融」、そして「水素爆発」につながったと言われている。
(なお、津波が来る前に、地震で電源が失われていたともいわれ、
 今後の検証が待たれているが。)

 政府は6月に国際原子力機関(IAEA)に出した報告書で、津波など
SBO(全交流電源喪失)http://www.nisa.meti.go.jp/word/14/0629.html
の原因となる自然災害への考慮が不足していたことを認めている。

 7月12日に、原子力安全委員会の会議資料を入れて置く
書類ロッカーから、1993年、18年前の、
「全交流電源喪失に関する検討委員会WGワーキンググループの資料」
が見つかった。 
 内容は、18年前のこの報告書には、すでに全交流電源喪失による
「炉心損傷の可能性」が指摘されていた。

 国が、内閣府の原子力委員会が、東電が、
事故後、「想定外」と言ってきたことが、言い訳で、
実は「想定内」であったことが白日の前にさらされた。

 内容を見ると、福島第一原発事故の要因になった長時間の
全交流電源喪失(SBO)について、原子力安全委員会の
ワーキンググループ(WG)が1993年、18年前に
「炉心損傷を招く可能性がある」と認めながら、
「考慮する必要はない」
とした原子力・安全・保安院の、「国の安全設計審査指針」を
追認する報告書を出していたことが分かった。

原子力安全委員会はこの報告書を公表せず、ロッカーに
書類を放置していたのである。
その後の安全対策にも生かしていなかった。

 原子力安全委員会のあの班目(まだらめ)春樹委員長は
「『SBOを考えなくてよい』と書いたのは最悪」
と認めた上で
「前から安全規制改革をやっていれば事故は防げた」
と述べ、経緯を検証する方針を明らかにした。

 WG(作業部会)は原子力施設事故・故障分析評価検討会に設

けられ、五人の専門委員と四人の外部協力者が参加して行われた。
1991年10月から1993年6月にかけて非公開で十二回の会議を

重ね国内外のSBOの規制上の扱いや発生例などを調査・検討した。

その報告書では
「短時間で交流電源が復旧できずSBOが長時間に及ぶ場合には
炉心の損傷等の重大な結果に至る可能性が生じる」
と指摘している。
福島第一原発と同様の事故が起きる恐れに言及していたのだ。

 さらに、米原子力規制委員会(NRC)が連邦規則で法的にSBO対策
を求めたり、フランスでも危険を減らすため設計上考慮するよう国が求め
たりするなど、一部の国で安全対策が講じられていることも指摘していた。

 ところが、日本では
(1)SBO(全電源喪失)の例がない
(2)全原発に二系統以上の非常用電源がある
(3)非常用ディーゼル発電機の起動の失敗率が低い-などとして
「SBOの発生確率は小さい」
「短時間で外部電源等の復旧が期待できるので原子炉が重大な状態
に至る可能性は低い」
と結論づけていた。

この結論は、後付ですみませんが、安易過ぎる。
原発は危険危険と言われるが、構造的に、何らかの事故があった場合
原子炉の冷却がされない場合、人間術では制御できず、燃料棒が過熱して、
原子炉を破壊し、中の放射能を地上にふりまき、すべての生物に影響し、
染色体異変をおこしてしまうから、危険危険といわれる理由ではないか。
一番肝心な点である「原子炉の冷却の為の装置」の要がSBOである。
このSBOがいとも間単に安全と決めつけられているのが、安易過ぎる。

 さらに米国などでは洪水やハリケーンなどを考慮して安全かどうか
検討していたが、WG(作業部会)は自然災害を検討対象から除外して、
長時間のSBOを考慮する必要がないとした安全指針を追認した。

つまり、原子力行政の構図は、
国の経済産業省管轄の原子力・安全・保安院が作成し、
東電へ指導する原子炉安全指針を、内閣府の原子力安全委員会が、
追認するという、国の機関同士の「なれあい」による権威付けで、
「原発は安全ですよ」と国民の目を逸らす役割をしていた。
国際原子力機関(IAEA)から、6月に保安院の独立を指摘されたのは
当然の結果である。

18年前の「臭いものにはフタ」のこの報告書は公表されることはなかった。
もし、真剣にこの作業部会の報告書を検証し、SBOが実施されていたら、
福島原発の事故は起こらなかったのかもしれない。

国会は、この「お蔵入り」の原因を追究すべきだ。
この行政のもたれあう構図を打破しなけば、
又、繰り返されるから。
さらに、自民党政権下、国会議員は、

この事実を知らなかったのだろうか。
指摘して、体を張っても、SBOの重要性を訴える議員は

いなかったのか。
きっといたはずである。
結果として、志が低く、防げなかっただけだ。

それより、その声を封じた議員の力が怖い。
行政の首長の力が怖い。
「イエス、イエス」といい続ける有権者の声が怖い。

一歩、踏み出して見る。
自分の目で見たい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「原発」にのめりこむネット人ー活かせ、現実社会に。

「原発」にのめりこむネット人ー活かせ、現実社会に。
7月12日付

きのう書いたが、
大震災や福島第一原発事故を「まるでなかったかのように」して、
大震災前の生活に戻ってしまおうとする人が増えてきている。
そして「被災者支援を持続させられない」社会になってきている。
支援が長続きするには、支援者に「得な動機付け」がほしいと。
 さらに、今後は、「低コスト社会への構築を」と提言した。

このブログがどれだけの影響があるかわかわないが、アクセス数
が一日2000回前後を刻むので、それなりの評価があるのかと
思うと嬉しくなる。

 さて、震災後、ネットの書き込みを見ていうると、震災前と一線を
引く現象がおきていた。
ネットの世界中心に、「福島第一原発事故」に関心を持つ多くの人々
の姿が浮かんできた。
「放射線量」の被爆に関する影響に向いている。
妊婦さんや、学校へ通う子供を持つ親の心配が頂点に達している。
7月12日に「子供を放射線から守る全国ネットワーク」101団体
450人の集会があった。
 関心を持つ多くの人は、知的レベルが高く、情報収集に熱心で、
いまの世の中の趨勢を注意深く見ている人たちだ。

 さらに書き込みを見ていると、少し違和感をもつこともあった
が、「全国ネットワーク」のような親御さんを除くと、これまで一般社会
にうまく適応できなかった引きこもりやニートといった人たちがその
中心層の多くを占めているということだ。

 私も40年近く会社勤めをしてきたので、企業の論理はわかっ
ているつもりだが、企業やアルバイト先で、会社人間としての
振る舞いや低俗なオヤジギャグに会話を合わせることに耐えら
れない人がいるという事実に出くわしている。
薄汚いごますりや打算、好きでもない商品を売ることに対して、
強い憤りを感じる人達だ。
「食っていくためには嘘もつかなければいけないときもあるよ」
と言っても、大人が発するそんな言い訳めいた言葉に、かえって
嫌悪感を強める人達だ。
とにかく純粋なのだ。

大郷町の田舎出身であったので、半分以上が中学校しか出
なかった時代、口減らしで働かなければならなかった人々が
大部分だった。
それを不思議に、だれも思わずにいた時代の私にすれば、
高校を出してもらえば御の字、大学は働いて出るものだと
思っていた。そして、必ず働き先はあると思っていた。

 しかし、日本も東京オリンピックから40年も経つと、
ネットに住む人々が生まれ、稼ぐ手段を持たず、親がかりの人々
がたくさん生まれいる。
この人達が、日本のエネルギー政策、さらに原発を考え、脱原発
について、発信し始めたのだ。

 彼らは、社会をまるでわかっていないような頭の悪い人たちと
一緒にやりたくないという優越感、稼ぎがないという劣等感とが
ない交ぜになっている。
一面では純粋な理想主義者たちだ。
 そんな人々が、原発問題にのめり込んでゆく。。

そして、自民党政権下に、国の原発政策の金まみれ体質と、
東電の隠蔽体質が露呈されて、時間経過と共に、「脱原発」を
「神」として崇拝し始めた。
「脱原発」の主張を貫くことは、自分の純粋な理想主義と
消えかけていた希望のイメージの灯火となり、一緒になった。

 福島事故では御用学者の原子力ムラからの発言が多かったが、
国の対応のちぐはぐさから、以前はメデアからも徹底的に無視され
ていた人達も、期せずして世間からは「それが真理だった」と
評価され始めた。
そして、ネットで原発を考える人達は、「思惑や打算でなく自分の
信念を曲げずに正しいと思うことを信じていれば、いつか自分が
正しかったことが証明される」という幻想も醸成された。

 原発事故を喜ばしいと思う人は誰もいない。
しかし、世界的事故対応において、国や東電、原子炉委員会、
保安院等の、東大という権威が朽ちて行く中で、
「脱原発」として、「小出氏」のように、脚光を浴び時代のヒーロー
になっていく姿は、ネットの人々にとって、理想のイメージ、
希望の星、自分の願いを投影する存在になってしまった。
しかし、「小出氏」はヒーローを望んではいないはずだ。
「原発」の危険性、恐怖を知ったときから、自分で「自分が選んだ
平和利用の原発から、廃止へ」舵を切った人であるから。
仕事の延長線上にその「脱原発」の意見があるのだ。
それだけの強い思いがあるから「ぶれない」のだ。

ネットの人々は、当然、こころを患っているのではない。
現実社会にうまく適応できないという「適応障害」である。
又は、問題点をより多く指摘する「パーソナリティー障害」である。
 しかし、ネットの人々はそれなりにやる気もあり、優秀で学習
意欲も高く、知的好奇心も強い人たちだ。
それなのに、どこか歯車が咬み合わず、社会にうまく溶け込めない。
自分でも社会が受け入れてくれないと思い込んでいる。
 このネットに住み込む人々は、こころの平安を取り戻すために
ゲームやアニメ、あるいはアイドルといったファンタジーに逃避し、
気持ちを落ち着かせてきた。
そして、いま原発問題にこころの平穏を見出しているように見える。
 ファンタジーの世界には、彼らが現実の世界で不満に思っている
ことは出てこない。
登場したとしても、悪者として描かれるのでいずれ排斥される運命
が待っている。
 これまで、彼らが現実逃避のためにのめり込んでいった代表的
なものが「新世紀エヴァンゲリオン」である。
 ネットでは、精神的な用語があると、先を争って精神分析の本を
読み漁った。
宗教的な用語の背景を知ろうと、こぞって宗教学の本と格闘した。
 そんな彼らが、いま原発問題に向かっている。
 ファンタジーの世界ではなく、現実のなかに逃避を正当化できる
テーマが出てきたからだ。
彼らにとって、これほど学びがいがあるテーマはない。
「新世紀エヴァンゲリオン」とは比較にならないほど高度に体系化
された世界だからだ。

 私たちは何気なく原発問題と表現しているが、この問題には
すべての学問領域を網羅する壮大な体系が存在している。
物理学的な側面、工学、建築学、土木学、海洋学などの要素。
原発をめぐる政治、環境問題、地域行政学など。
これまでの原発を取り巻く歴史、文学などは、一つの小宇宙と言っ
てもいいと思うほどだ。

ネットですべてが完結するという錯覚がある。
しかし、現実社会との接点を持つことは避けられない。
 いま、それはインターネット社会の発達によって困難になっている。
彼らの知識欲や他人と交信したいという欲求は、すべてネット上で
満たされるようになってしまったからだ。

 彼らはいま、フィクションの世界ではなく現実の世界に起こった
原発問題にこころを奪われている。
そして、行動するのはあくまでもネットの世界に限定されている。

熱狂するネット上の人々は、原発について喧々囂々の議論をしても、
現実に起こっている原発問題は解決しない。
むしろ現実世界とネット上の世界に大きな乖離が生じてしまっている
ように思えてならない。

「こういう人たちは、ネットで生活を成り立たせ、ネットで人と
コミュニケーションを取ればいいのではないか」という議論もある。
 実際に働きに出なくても、インターネットによるNK225、FX取引
で父親より稼ぐ人も出てきている。
しかし、ホリエモンの収監の様子をテレビで見て、ネット上の
バーチャルな世界が発達しても、限界があることをつくづく感じて
いるはずだ。
 ネット世界の象徴でもあるモヒカン刈のホリエモンも、現実に
身体を拘束される刑務所行きという事態は避けられなかった。
時代が変わっても「ネットで服役」ということは起こり得ないのだ。

 ネット上の人々は原発問題に熱狂して、彼らが何かを変えら
れるとしても、ネットの中の一つの小さなトレンドに過ぎない。
現実に動いている体制には、大きな影響を与えることはできない。
現実社会との接点こそ、ネット全盛の時代にあっても、ないがしろ
にできない大切なことだ。

ネットで原発に関心を持つ人々へ。
それだけの知識を、熱意を、行動に移そう。
現実社会へ活用してほしい。
活用の場を作ることは、大人の務めだが。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

復興に、「暮らしの豊かさ」を見直す-低コスト社会構築へ

復興に、「暮らしの豊かさ」を見直す-低コスト社会構築へ

東日本大震災は、被災地から「選択の自由」を奪った。
「こだわり」を主張すると「贅沢だ」の声が上がった。

被災地の子どもたちに文房具を贈るとき、とりあえず鉛筆と消しゴム
を渡しておけばいいという考えがある。
小学生はまだしも、中学生や高校生は、今や鉛筆を使わない。
 支給されるおにぎりも、震災前までは海苔が
「直巻きでしっとり」「別包装でパリパリ」という違いにこだわっていた。

避難所ではこの「おにぎり」の仕様の、その選択肢はない。
全国からの支援物資のおかげで、被災地には豊富な衣類がある。
 しかし女性は「こういうタイプのものがいい」というこだわりを持つ。
何も高いものでなければいけないということではなく、色やデザイン、
あるいは素材に対するこだわりからだ。
 「贅沢を言うな」
 「あるだけましじゃないか」
 「被災者なんだから、お洒落なんかしなくていい」
 「嫌ならタオルでも巻いておけ」
 支援に善意があるだけに、被災地ではとてもやっかいな問題だ。 

 しかし、お仕着せではなく、数ある選択肢から選びながら生活が
成り立っている社会に、大震災までは暮らしてきたのだ。
「私はユニクロではなく無印良品が好き」
「いやいや、私は無印良品よりもユニクロが好き」
 大きな差があるわけでも、リッチな生活を追求しているわけではない。
私たちが求めてきたのは、自分なりの「こだわり」を持てる生活だ。
これらの事例から、日本人は、自由に「こだわり」を持てる「豊かさ」
社会を構築してきたことがわかる。
その社会は、オーダーメイドの社会なのだ。

 つまり、消費者の要求に応えるため、企業もある種のこだわりや
付加価値をいかに提供できるかという部分で勝負してきた。
同じような商品でも何かしらのプラスアルファを付加し、消費者の
心理を刺激する商品を開発しようと躍起になってきた。
 私たちは、そうして生み出された無数の選択肢のなかから、
「こだわり」を持って選ぶという「豊かさ」を享受してきた。

その豊かさはリッチというより細かい選択が自由にできるという豊かさだ。

 「そんなの、どっちでもいいじゃん」
  [きめ細かさが、日本人らしい資質だね」
外国人には、肯定・否定両面の印象を与えているようだ。

 しかしながら被災地では、震災前とはあまりにもかけ離れた生活を
送らざるを得ない状況が続いている。
それは、これまで手にしてきたモノとはまったく違うモノで暮らさなければ
ならないという生活だ。
 数ある選択肢から自分なりの「こだわり」を満足させるモノを選び、
自分なりの「オリジナルな生活」をしていたのに、震災を境に画一化
された生活を送らなければならないというストレスがそれだ。
被災地以外の人には、食料も洋服もあるのだからいいじゃないかと
映るが被災者たちにとっては、このことが強いストレスになっている。

豊かな社会だったから、選択肢がない生活をストレスに
感じてしまうのだ。

 被災地の状況を「戦後」に例える人がいるが、戦時中の貧しい
生活のなかで焼け野原になった状況と、豊かな生活から
選択肢を奪われた状況を同一視することはできない。
何でも手に入るだけで嬉しいと感じていた時代とは異なるのだ。

震災からの復興を真剣に考える時期が訪れれつつある。
再び同じような「豊かさ」を追い求めていっていいのだろうか。
 
震災で工場が被災し、ペットボトルのフタの生産が間に合わない
そうだ。
本来、温かい飲みものはオレンジ色のフタをつけるのが慣例だが、
「温かい飲みものですが、フタの生産が間に合わないので白色
とある。」
「なんでホットなのにフタがオレンジじゃないの?」
 消費者から寄せられるクレームを避けるために、企業サイドが
先手を打ったということなのだ。

 震災が起こって改めて気づくのは、選択肢を増やしたい、
便利になりたいという欲求を満たすため、私たち自身がコストの
かかる社会を作り上げてきたということだ。
そうした意味では、日本社会は行き着くところまで来ていると思う。
こうした豊かさを追求し、享受してきたことが、果たして本当の
豊かな生活に結びついていたのであろうか。

今回の大災害に際して「豊かさ」が「あだ」となってしまったような
気がする。
この「豊かさ」が無い為にイライラする社会は、こころが貧しい
社会だと思う。
 便利になりたい、もっと選択肢を増やしたいという人間の欲望を
ある時点でストップさせるのはよほどの決意がないと実現できない。

 震災を経た私たちは、選択肢が豊富にあるという意味での豊かさ
をもう一度元に戻すための努力をしていくべきであろうか。
この「豊かさ」の為に、莫大なコストを支払う社会を再び構築する
のが本当にいいのであろうか。

震災からの復興を考える時、この「豊かさ」を見直す必要がある

のではないだろうか。

日本社会のあり方も、生き方も、行政の仕組みも、単純構造の、
低コスト社会の構築が必要ではないかと思う此の頃である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

震災ボランティアが減っているー支援が長続きする為に

震災ボランティアが減っているー支援が長続きする為に

7月11日付

東日本大震災から120日が過ぎた。
夏休みが、始まる。
学生諸君へ。企業へ。

瓦礫の山が未だ残る仙台市の若林区の被災地から
こんな声が聞こえてくる。
「ボランティアに来てくれる人が減った。
 家の中の瓦礫やヘドロを撤去できずに困っている。」
「自衛隊の人たちもどんどん去り、人影が見えなくなり、
  暑いし、これからどうなってしまうのか心配だ。」
「報道関係者も少なくなり、仙台市の報道も少なく、本当の現状
 が伝わっているかどうか不安だ。」
「仙台市市街地はブルーシートで覆われたところはあるが、
 この辺りは、裏道に入れば大震災後と、何ら変わっていない。」
 忘れさられようとしている被災地の訴えは、炎天も加わり悲痛だ。

原発の行方や放射能の問題、菅首相の早期退陣問題などの
政局に目を奪われれている報道の目に、不信感も感じ始めている。
もちろん、それはそれでたいへんな問題だ。
首都圏にも「ホットスポット」の存在が確認されあり、南相馬市の
肉牛から、外部汚染検査はOKでも、内部被爆検査で基準値の
3~5倍程のベクシル量を測定したなど、人々の関心が集まるの
は当然のことと言える。
ただ、仙台市の宅地被害住宅の国の視察は報道されたが、
その結果は、その支援策は報道されない。
県に市に県議に市議にも約束をしたのに。
どう支援策を策定したか、聞かなければならない。
ただ悲惨だと涙を流し、被災ニューズを垂れ流しているだけだ。

震災直後から立ち上がった復興支援の「お祭り」の時期は、
もう終わったといえるだろう。
しかし、復旧復興にはこれから何年もの長い年月がかかる。
今後も、持続的再生可能な支援が必要であることは変わらない。
でも、被災地の復旧も瓦礫の例からも、進んでいないのが現実だ。

だから、夏休み、支援やボランティアをもう一度検証しよう。

大震災で、民間の一人一人の支援やボランティアが日本に定着
したことを示したが、一時のブームではなく、長期にわたって
持続させることの重要性が高まっている。

支援を持続させる社会を作るために、何をすればいいのだろうか。

「タイガーマスク」運動も、全国に広がったが、震災に吹き飛ば
されてしまった。
それはいつもの、一時のブームだった。
次々に新しいものが登場しては、一瞬だけ輝きを放つ。
そして、あっという間に収束を迎える。
個人の自発的な善意や優しさに頼った活動は、社会的になかなか
継続しないのが現状だ。
こうした運動を持続させるには、どうしたらいいのだろうか。

メデアの中では、本当に困っている人は、自分に向けられる
優しさに涙する。
 しかし、ボランティア市民団体は、メデアの中では、商業主義化
されたエンターテインメントだと冷ややかに見ている。
 ボランティア団体やNPO団体等の市民運動家は、メデアに対して
「そんな人達に媚びてまでうって、解かってもらおうとは思わない」
と切り捨ててしまう傾向がある。
媚びたくないという気持ちはわかるが、そのために自分たちの
主張が葬られても構わないのだろうか。
メデアが悪いといい続けるだけでいいのだろうか。

動機がなんであれ、商業主義であれ、持続的に被災地へ支援を
続けることができるのであれば、それはそれでよいのではないか。

さらに、人々の思いを過大に考えすぎることはないのではないか。
例として、気仙沼市へ一人乗り込んで、自分の古い服を小さな
避難所へ持っていって、熱い思いでボランティア活動をしてきた
という人がいた。
そして、被災地は、被災者は、悲惨だ、汚かった、臭かったと
やっと立ち上げた避難所の事を得意気に話す御仁もいた。
思いに駆られた、物見遊山の旅行と変わりないボランティア活動だ。

いずれにしても、思いや善意や優しさだけに依存するには限界がある。

持続可能なボランティアに行きたくなる「仕掛け」が必要な時期だ。
それを大学生諸君、考えて実行してくれ。

 連休中に「ボランティア観光ツアー」といった形の支援が始まっている。
ボランティア活動をしてから温泉に入り、観光や買物をして帰るという
ツアーだ。
ボランティアの経験から、仕掛けを作り、スポンサーから資金を集めない
と、支援を持続させるのは難しいということに気づいたボランティア団体
が、日本にもできたのだ。
しかし、そのツアーを「金儲けだ」「不謹慎だ」と批判する人もいないわけ
ではない。
しかし、思いや優しさだけに依存して支援を持続させるのは困難だ。
誰しも自分のことで精一杯で、継続的に赤の他人を助けるような行為
をできる人はそうそういない。

そんな時代に起こった大震災で、その直後こそ、自分のお金やボラン
ティア精神を供出できても、日常的に続けられないのも仕方がない。
 だったら、復興支援を持続するために、本来の趣旨から多少ズレたり
金儲けの匂いがしたりする仕掛けであっても、反社会的な行為でない
限り構わないのではないだろうか。

こんな仕掛けは不謹慎だろうか。
今をトキメク、AKB48の秋葉原シークレットライブに、ボランティアをしたら
招待する。
フジテレビの歌イベントの前の席をゲットできる。
ボランティアに行けば、安室奈美恵グループとの合コンに参加できる。
単なる金銭的な見返りは被災地に行く動機にならないので、
現地に行かないと手に入らないものを用意する仕掛けだ。
ぜひ、ボランティアの志望者が増える仕掛け、工夫が必要だ。

仙台市も石巻市も釜石市も裏道は瓦礫の撤去が、本当に進んで
いないのだから。
また、企業の新入社員の教育の一環としてのボランティアもありだ。
企業の製品の販売促進活動を応援する仕掛けを、ボランティア増加
に利用してもいいのだ。
企業も、お金を払って自社のロゴ入りのTシャツをボランティアの方に
来てもらうことなどしてもいいと思う。
売名行為と批判するより、それによって瓦礫の山が一日でも早く、
浸水した家からなくなるほうがよいと思う。

被災地の人は、純粋な気持ちで来ているのか、よこしまな動機で
来ているのかわからない。
そんなことに気を回すような時期は過ぎたと思う。

今も進まない、目の前にうず高く積み上がった瓦礫の山を見ると、
手伝ってくれさえすれば、それでいいと思わざろう得ない。
そして、被災地支援を持続できる仕掛けであればいいのだ。

多くの人は思いはあっても、日常生活の制約から、簡単に被災地に
行けるわけではない。

持続可能な支援を確保するには、善意や優しさだけに頼りきるだけ
でなくボランティアに行きたくなる仕組みを作ることだ。
金で動かない人々に対して。
大学生同士で、学生がボランティアに行きたくなる仕組みを
作ってくれ。
一番気持ちがわかるであろう 君へ頼む。

純粋な気持ちからボランティア活動をする人は素晴らしい。
そうした人が増えることを願っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大震災から4ヶ月、避難所約24,000人、死者約20,000人

大震災から4ヶ月、避難所約24,000人、死者約20,000人
7月10日(日)付

被害状況
避難者は避難所の他、旅館・ホテルに約25,000人
親戚など約20,000人、仮設住宅・病院に約30、000人
7月9日現在、警察庁まとめ:計99、236人 

6月11日より131人死者は増えて、1万5544人、
行方不明者は5383人。

6月以降、行方不明者が減って来たが、行政の混乱で
二重計上されていたので身元が確認されて減ってきた。
しかし、行方不明者は、海に呑み込まれてしまったことと
考えられる。

復旧状況
仮設住宅:7県で約3万7000戸が完成。
瓦礫:   3県で2200万トンの内、756万トンを撤去。
義援金: 日赤の約2947億円、被災者には約2割だけ届く。
水道:   3県の計48,000戸。(家屋流失分47,000戸)
JR在来線:気仙沼線、大船渡線等、344キロ運休続く。
       三陸リアス線は久慈駅から、野田村、普代村、
       田野畑村、へ経て、宮古駅までの路線の開通の
       見通しがつかないでいる。
         
岩手、宮城、福島の被災3県で瓦礫撤去が約34%と進まない。
福島第一原発事故の収束のメドが立たず、求心力を失った
菅首相のもと、最前線に立つべき復興相が交代するなど、
政治は停滞を続けており、本格的復興への道筋は
まだ見えない。

仙台市仮設住宅は7月8日に最終3次募集を始めている。
若林区、宮城野区、太白区にある計約1500戸のうち、
空き室約700戸の入居者は19日まで受け付ける。
仮設住宅の申し込みは約54%の約800にとどまっている。
理由は、市は地域のコミュニティーを守る観点から、これまでの
募集は地域の複数世帯を中心に入居を認めてきたが、
今回は、世帯ごとの応募に限った。

なぜ入居が進まないかとというと、他の被災地区と違い、
民間の賃貸住宅の利用ができる点である。
阪神・淡路大震災とは、民間賃貸住宅の利用ができる点が
決定的に違う。
このブログでも3月末には、仮設住宅が8万戸以上必要だ
との要請があると報道されたとき、仙台市等、都市部では
賃貸住宅の充足率が80%を切っている状況から、
いち早く、賃貸住宅へも補助金を出せる制度と書いてきたが、
結果としてよい方向になったと思う。
つまり、仮設住宅は民間用地土地費用も含めると
一戸建設費解体費込みで400万円前後、規則通りだと
2年間では、月約16万円の補助金の支払いになるからだ。
沿岸部では、5年間程の延長が必要になるであろうから、
月約8万円程になるので適切だと思う。

宮城県の瓦礫の仮置場への搬入状況
(搬入率)
        搬入率
石巻市    11%
多賀城市   19%
仙台市     20%
東松島市   26%
女川町    32%
南三陸町   35%
七が浜町  44%
気仙沼市  49%
岩沼市    50%
利府町    60%
松島町    60%
山元町    64%
亘理町    69%
名取市    91%
 平均   29%
つまり、市街地から仮置場へ搬入が済んだのは、3割弱だ。

ブログでも書いてきたが、宮城県の瓦礫の撤去は岩手県の
撤去の搬入率約50%以上と比較しても、見劣りが激しい。
その原因は、地元建設業協会任せで、撤去工程表の提示、
重機の、排出用ダンプ車の少なさを指摘するなどの、指導が
行届いていない事である。
ついに、震災廃棄物を国直轄で処理を代行することが可能
となる特例法案が8日に、閣議決定された。
重機やダンプ等の数は全国レベルで調達は可能になったが、
仮置き場が満杯な地区も多い。
県は瓦礫を仮置き場にいったん運び込み、仕分け後に
焼却・破砕施設で処理する計画だ。
その施設の稼動が決定しておらず、稼動はしていないから、
溜まる一方だ。
仮置き場の付近の環境も悪く、臭い、粉塵、でマスクを付け
て、感染症、肺炎等に注意しなければならない状況だ。

県は復興より、復旧に重点を置いて、着実に瓦礫の撤去を
することに当たれ。

宮城県と各市町村との瓦礫の処理を巡って、調整をうまくいっていないが、

政府が責任を回避し、瓦礫の処理を被災地に任せたことも問題が

あったと言わざるを得ない。

とにかく廃棄物処理特例法案で国主導で瓦礫処理を急げ。

環境省も放射線汚染瓦礫の処理方法を早く提示せよ。

政府は瓦礫処理を直接全額負担すべきだ。

地元業者に加えて、ノウハウと能力を持つ全国の業者に処理を

委託できるようにしてはしたらどうか。

地域の復興計画の中で、瓦礫の再利用を図る視点が重要だ。

石巻市の西北ベニアでは、木質ボードへの再利用を提案している。

全国の各地から廃材を利用したガズ化発電をして瓦礫木材の処理の

応援したいと宮城県に問い合わせが多いのだ。

具体化を急げ。

国、県、市町村、地元業者、等と言っていられない。

被災地目線で知恵を出し、瓦礫処理を急げ。
第二次宮城県震災復興会議の提案は、将来の道筋を付ける為のもので、

現実の今の生活に直結する復旧とは異なる物である。

復興を早くできるようにする為にも、復旧が早くしなければならない。

宮城県は国の大震災での制度の活用が不十分である。

主従関係か対等化かは市民には関係がない。

仙台市は県の活用方法の提示がないので、市民へどう
活用すべきか、言えないという。
被災マンションの共有部分の、修繕・補修の支給金額や
その対象者、申請方法を提示できないでいる。
全壊マンションの解体も始まっているので、仙台市は
被災マンション支援策は急がなければならない。
山を造成して宅地化した宅地被害住宅や一部液状住宅
等も、梅雨、台風時期であり、急いでほしい。

4が月経って、少しやさしくなれた。

「お互いさまだから」
「もったいないね」
「電気は大切に使おう」
「ゴーヤが食えるよ」
ただし突然の「新ルール」は困ったもんだ。
ストレスが溜まる。
「やらせ」
「企業ぐるみ」「組織ぐるみ」と聞くと、
又、いやな気分になる。

「見たくないものは、見えないものだ。」
「聞きたくないものは、聞こえぬものだ。」
それでは、東日本大震災前と変わらない。

震災後は、物を見る目を持ちたい。

自分の心の奥でしっかり見て決めていきたい。

それにしても、被災地を置き去りにしないでほしい。

一日が「もったいない」

熱中症に注意だ。

昨日は仙台市も33.2度。

釜石市は46度。

今日も仙台市は33度以上か。

福島市、石巻市、釜石市、等は35度以上だ。

味噌スープを呑む。

大相撲本場所もNHKで午後3時5分から放送が始まる。

面白い相撲を見たい。

久しぶりに見るぞ。

突然 地震だ。

ええと、時間は9時57分だ。

揺れは強くはない。

長いな、

地面がゴゴゴとうなっている。

1分ほどか、

テレビでは宮城県中部震度4

東日本太平洋沿岸部に津波注意報が出た。

NHKではいわき市の小名浜港の高台岬公園を

アップで映している。

大船渡港では検潮所で10cmを測定している。

午前11時45分 津波注意報を解除した。

よかった。

昭和20年7月10日未明

仙台市大空襲で約1,000人以上が

焼夷弾で亡くなった。

夜空が真っ赤に燃えていたという。

慰霊の会が行われる。

なんと終戦まで1ヶ月だった。

先の大戦で仙台住民は、大陸も含めて

約7,000人以上が亡くなった。

黙祷

7月11日 東北も梅雨が空けた。

二週間は早い。

それにしても

暑い。

水を呑もう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なでしこ 咲く - ドイツの空に (サッカー女子Wカップ)

なでしこJAPAN 咲く - ドイツの空に (サッカー女子Wカップ)
7月10日 午前6時12分

開催国3連覇を狙うドイツを破る。
延長 後半3分 澤からのボールを

宇宙人・丸山(28)がシュートを決めた。
120分の激闘だった。
澤(32)さんhttp://masujimareport.cocolog-nifty.com/blog2/2011/07/post-14d3.html

は、北京の悔しさを秘めて、決め手くれとの
願いをこめたボールを、引退を一度は決めた丸山さんの
執念が決めた。
日本:ドイツ=1:0
初の準決勝進出だ。

因みに、試合前、大震災の映像を見てから、試合に臨んだ。

丸山さんは3月まで東京第一原発勤務の東電社員であった。

東京電力女子サッカー部マリーゼは解散が決定している。

DF鮫島もそうだが、3月末退社、アメリカでプレーを検討中。

スウェーデンとオーストラリアの勝者と準決勝だ。

頂点を目指して、あと2回だ。

すばらしい早いパス回しだった。

準決勝で日本:スウェーデン=3:1 逆転勝利だ。

ネールアートの川澄さん、先発当たる、2発。

澤決勝弾。

試合経過

http://masujimareport.cocolog-nifty.com/blog2/2011/07/post-39a5.html

なでしこメンバー

http://www.jfa.or.jp/national_team/2011/nadeshiko/member/

宮城県常盤木学園高等学校出身者

鮫島 彩 (24)

http://www.jfa.or.jp/national_team/2011/nadeshiko/member/sameshima_aya.html

田中明日菜さん(23)

http://www.jfa.or.jp/national_team/2011/nadeshiko/member/tanaka_asuna.html

熊谷紗希さん(21)

http://www.jfa.or.jp/national_team/2011/nadeshiko/member/kumagai_saki.html

決勝もがんば。

決勝はアメリカとだ。

がんば。

それにしても、女子は世界で活躍している。

女子ゴルフの今季メジャー第3戦、全米女子オープン

雷で途中中止が重なっているが、2ランド終了した。

一位 宮里 美香   -5

二位 宮里  藍   -4

27位 横溝さくら   +3

3ランドが始まったが、午前9時で、又雷で中止している。

もしかしたら、岡本あやこさん以来、

いいニュースが聞かれるかもしれない。

結果は美香5位、藍6位健闘だった。

8月の陸上世界選手権代表選考を兼ねたアジア選手権最終日は

10日、神戸ユニバー記念競技場で行われ、

女子200mは福島千里 http://ameblo.jp/chiasto0627/

が向かい風2・2mの条件下、23秒49で初優勝した。

向かい風2.2mでの記録だ。

日本記録http://www.youtube.com/watch?v=p076RmSE24U

23秒15、(風+1.5m)を狙っていただけに残念だ。

福原愛ちゃん、決勝で惜敗。準決勝は4:0で石川佳純(18)。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110711-00000021-dal-spo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

仙台市宅地被害住宅、被災マンション支援制度を作れ。

仙台市宅地被害住宅、被災マンション支援制度を作れ。
7月9日付

★全壊被災マンションは120棟。5000世帯以上だ。

解体マンションは10棟のみ。
進まない訳。
マンションの解体が進まないのは、建替マンションの支援
制度が不備だからだ。
仙台市は被災マンションの建替の場合、都市計画を変更して
建蔽率を上げて、マンション住民の負担金を減らす制度を
仙台市議会を開催して、直ぐに作れ。

★宅地被害住宅、危険判定は2000世帯以上。

宅地被害住宅に対して、「国のメニューは揃っている、
知恵を出せ」などとは、全くのウソだ。
地滑りや擁壁の崩壊で宅地被害が出ている被災者には、
現実的には、全く救済の制度が無いものと同じだ。
使い勝手が悪い制度なのだ。
被災地から、「新しい制度を作ってほしい」と
仙台市議会議員にも、何度も要請しているのが、
意味を理解していない。
そして、まだ解決していない。

仙台市宅地被害住宅について、検証しょう。

宅地造成等規正法(昭和36年11月7日法律191号)
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S36/S36HO191.html

1)法律は宅造成に伴う崖崩れ又は土砂の流失による災害
  の防止の為。
2)宅地は田圃や畑からの変換には農地法の縛りがある。
 海では公有水面埋立法の縛りがあり、それをクリアーして
 宅地の造成ができる。
3)宅地造成の設計は、建物の建築士のように、
 1ヘクタール(100m×100m) 以上の面積の宅地開発には、
 宅地造成設計有資格者の設計に よらなければならない。
 つまり、2m以上の擁壁の設計、貯め池の設置、道路の幅、
 公共施設用地の確保等、土砂崩れ、流失防止策がなされて
 生活環境が良く、安全に保たれた宅地にする為である。

 しかし、昭和30年代から40年にかけて、宅地開発会社が
 この規制にかからないようにして、小規模宅地を販売した。
 一団の宅地が約23~30戸以下の宅地はそうである。
 民間の小規模な宅地開発会社は、ミニ開発として、この一団の
 規制のゆるい宅地開発を繋ぎながら、安い宅地を提供してきた。

 昭和50年代からは、街づくりの観点から、ミニ開発の問題点が
 発生してきたので、国が補助金を出して、大規模宅地開発を
 推進する動きが始まった。
 土地区画整理組合等の宅地開発だ。

 仙台市太白区でも、昭和初期から、民間宅地会社の販売した、
 向山から八木山の中腹への八木山緑町、香澄町、弥生町等や
 戦後直ぐの茂が崎団地、昭和40年代からの緑が丘団地や
 青山団地、松が丘団地、恵和団地、金剛沢団地、が施工され
 その後、補助金を活用しながら、住宅公社の開発した太白団地、
 ひより台団地、茂庭台団地等大規模宅地開発が行われてきた。
 民間開発でも、昭和50年代後半からは八木山本町等大規模な
 宅地開発も行われてきた。
 因みに泉区の三菱地所のパークタウンは日本で有数の団地だ。
 
 東日本大震災で、仙台市の宅地被害が多いのは、昭和30年代
 から昭和40年代の宅地である。
 つまり宅地造成等規制法が施工された昭和36年以降でもあるが、
 現実的には、この法律の整備はされたが、施工の面においての
 技術的規制が充分でなかっった。
 山を造成する場合、山側と谷側との、切土、盛土の土量の調整が
 付けばいいという程の事であった。
 しかし、硬い地盤の平らにした切土部は良いとしても、谷側部の
 伐採と根を取る程で、ブルドーザで谷成りに均して、そこに山側の
 土砂をブルドーザーで1m位の高さ毎に盛って、重機の重さで
 敷き均しをしながら締め固めてゆくという作業を方法をとった。

 この作業方法が、東日本大震災の宅地崩壊の原因です。

 八木山の緑が丘団地や青葉山その丘陵部から続く折立団地
 の宅地崩壊はこの施工方法が悪いからである。

 10年程前に、名前が出ませんが、東北工業大学の土木科教授
 の市民講座がありましたが、市民にもわかるように、昭和53年の
 宮城県沖地震での仙台市内の宅地崩壊メカニズムを説明されて
 いました。緑が丘団地が中心でしたが。

 結論は、昔の造成する前の山成りに宅地は地すべりしている。

 宅地造成前の山を整形をして、谷部に山の余った土砂を下ろし
 こんで、丁寧に盛りながら造成しても、その隙間はできるので
 整形部と盛土部の間が何年経っても、縁切りされているのだ。
 盛土部が転圧不足だと、地面に割れが発生するが、地震での
 地面の割れは、事前の山成り部と盛土部の境界面が、
 地すべり面となったのである。

 結果として、宅地地面上において、山側の切土部から盛土部の
 境界面にかけて、割れ目が入り、下へ行けば行くほど、
 その割れは大きくなり、宅地の上の家も被害も大きくなる。

 団地の端部で、崖に崩れて家が落ちている宅地は、宅地面積を
 大きく取る為に、擁癖の設計を過小に計算して築造し、崖の傍
 まで開発した結果である。論外である。

 現在の施工方法は、山成りの部分を高さ30cm毎に1mの幅で
 小段を作って起き、盛土を30cm毎の転圧を行い、層毎に締め
 固めていく。特に地山と盛土部の接触面は土砂のかき混ぜを
 行いながら一体的に造成している。

 団地も補修方法は、緑が丘団地で仙台市が施工した、
 地すべり対策としての方法がある。
 結果として、地すべり面の水によるすべり力を減少する為に、
 水が地面に残らないように排水路を作り、さらにコンクリート杭
 打ちによる強力な壁で地すべりの圧力に対抗して防止
 しようとした。
 しかし、宅地は大規模崩壊はしなかったが、宅地として住める
 状態ではない。
 緑が丘4丁目北部等104世帯は宅地が崩壊して、家が危険と
 判定されたのだ。
 昭和53年宮城県沖地震で100世帯程の移転もあったと聞く。
 現在緑地になっている場所である。

● 仙台市では、山を削って造成し宅地化し、東日本大震災で
  被災されたこれたの古い宅地をどう救済されるかが課題だ。

 国の支援制度を見ると、住まいの確保・再建のための
 支援がある。

1)被災地生活再建支援制度
  全壊で支給額は100万円、大規模半壊で50万円
  住宅再建加算金で建設購入200万円
 ※住宅が自然災害、地震、津波、液状化等の地盤被害対象。
2)申請により建物の解体費用は仙台市では無料で行っている。
3)災害復興住宅融資(建設):全壊、大規模半壊、半壊が対象。
  基本融資額 1460万円  返済期間 35年
  特別加算    450万円
  土地取得費   970万円
  整地費      380万円 
  元金据置機関は5年間  金利0%(5年間) 
    問合せ:住宅金融支援機構: 0120-086-353
4)災害復興住宅融資(補修)
  基本融資額 590万円    返済期間 20年
  整地費    380万円
  融資金利(当初5年間1%)
5)災害復興宅地融資: 宅地のみ被害を受けた方が対象
  基本融資額 390万円  返還期間 20年
  特例加算  200万円
6)宅地防災工事資金融資
 ・ 大震災によって、崩壊又は危険な状況にある宅地については、
 宅地造成等規制法、急傾斜地の崩壊による災害防止に関する
 法律、建築基準法にも基づき、その所有者に改善勧告又は
 改善命令が出されます。
 ・ 改善勧告又は改善命令を受けた方に対して、のり面の保護、
 排水施設の設置、整地、擁壁の設置(旧擁壁の除去を含む)
 の工事のための費用を融資します。
 融資限度額1,030万円又は工事費の9割のいずれかの低い額。
 償還期間:  15年以内。
 対称者:宅地造成等規制法急傾斜地の崩壊による災害の防止に
    関する法律、建築基準法に基づき、改善勧告又は改善命令
    を受けた方が対象。
 問合先:住宅金融支援機構 電話 0120-086-353
7)地すべり等関連住宅融資
  移転資金、建設資金 1460万円  返済期間 35年
  土地取得資金      970万円
    
以上が国の支援制度の内容だが、緑ヶ丘団地等の戸建木造
住宅の宅地崩壊で、住めなくなっている人への救済をどうする
かが課題だ。

「住民は65代以上の人が80%以上住んでいる。
 終の住処と考えて住んでおられるが、経済的負担が少なく、
 住むに危険であれば移転も厭わない人が80%を占めている。
 地域的結び付きは、必ずしも大きくない。
 なぜなら、昭和40年代からの団地で、親の代から住み
 付いたから。」

●仙台市は、
 若林区、宮城野区の津波で家が流失された人々(約1200世帯)
 宅地崩壊で住めなくなった人々(2000世帯)
 被災マンション全壊で住めなくなった人々(5000世帯)
 (現在判明しているだけでも、全壊マンションは約120棟あると
 言われている。)の救済が必要だ。 
 
 ★津波被害者は、荒井地区等の既存の区画整理事業内へ
 移転を促進する制度を、新たに仙台市は作るべきである。
 上記の3)の国の支援制度を活用できるように、又仙台市として
 これらの人々へ活用しやすい支援制度に改める事が、仙台
 市議会議員の役割である。

 ★宅地崩壊で住めなくなった人々は、一時市営住宅へ入居して
 頂き、危険な住宅は仙台市の費用で解体し、高齢者世帯で
 あるので、新築資金の調達が難しいので、仙台市が富沢地区
 の隣接地等の優良地に移転先を決めて、持ち出しがないように
 支援する制度を創設すべきだ。
 
 ★被災マンションの解体費用は仙台市の費用とする制度。
  被災マンションの建替用には、日照権に配慮しながら、
  都市計画を変更し、建蔽率の増加を図りながら、新築マンション
  が建築しやすい制度を創設すべし。

 ★仙台市は被災者へ、これらの支援制度を作るための
  プロジェクトチームを編成して、市民のコンセンサスを得て、
  仙台市議会議会で至急討議を開始せよ。

●大震災対策として、仙台市沿岸部を二重の築堤や道路化
 にしようとしているが、宮城県復興構想等、ハード的発想で
 津波をすべて防止しようとしている。
 津波はいつ来るかわからないので、生活に支障がないことが
 ベターであるので築堤方式には反対である。

 そのために、一階部分(天端が約4m高さになる)だけを
 鉄筋コンクリート作りしてその上に住宅を乗せる住宅方式で
 津波来襲に対応する。
 
 こんな記事がある。
 東日本大震災での仙台沿岸部への津波は高さ4m以上
 で襲われた地域では、ほぼすべての木造住宅が
 流出・全壊した。
 日本建築学会東北支部:
 東北工業大学田中礼治氏(耐震工学)の発言である。

 津波が海から内陸部に3キロ以上離れ、津波が寄せた若林区
 沿岸部で、津波の高さと残れた住宅の状態との関係を調べた。

 高さ2m以下の津波が押し寄せた地域は、500軒の木造住宅は、
ほとんど被害がない。

2~4mの津波では全壊は約15%だ。

津波高さが4m以上では、約500軒では、97%が全壊だ。

沿岸部では住居の高台移転が検討されているが、財源や土地の
確保が課題だ。
田中氏は調査結果ら、「1階部分を駐車場にするなど、津波が
抜ける空間にしておければ安全を確保できると指摘。
高台移転ができない場合は、一階部分は鉄筋の柱にだけにして
、その上に木造住宅を建てる方式を田中氏は提案している。

私は、この場合は住宅の建つ宅地の地盤改良が必要になると思う。
雪国の住宅を参考にするのがいい。
 日本海の沿岸の雪深い家や、山形県の奥羽山脈の麓の
 雪深い家の真室川町、金山町のような家の作りだ。
 一階部分は駐車場であり、その上に住宅が乗っている形だ。
 
街づくりと、個人の住宅の関係の調和を図り、
仙台市では高齢者所有の全壊マンションが多いことにより、
経済的に有利な支援制度が、復興には必須だ。
 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

宮城県放射線行政の怠慢ー三浦副知事、県幹部は退任せよ

宮城県放射線行政の怠慢ー三浦副知事、県幹部は退任せよ
7月8日付

苦言を言わなくてはいけない。
塩釜市に生まれ、仙台の高校から、東北大学法学部に入学し、
学生紛争を経て、将来は弁護士か、電力会社員か、銀行マンか、
(因みに高校の同級生は弁護士6人である)
考えた挙句、志高く、県の公務員になって、東京事務所長を経て、
事務方として最高役職の副知事に上りつめた宮城県副知事、
三浦秀一さん、

新聞に、3月23日に放射線量調査の実施要請に対して
「放射線量の調査は、やらないほうがいい。
やっても余計に騒がれるだけだ。」
県幹部はそうつぶやいたとある。

多賀城の自宅も津波の被害を受けたようだが、
会議会議で、白髪に欠伸が目立つ。

晩節を汚さないでほしい。

三浦副知事が承認してきた、宮城県の放射線に取組んだ
対応を書く。

福島第一原発事故の放射線に関して

放射性物質の測定に関して
1)3月17日 厚生労働省は全都道府県に食品の放射線量
  の調査を要請した。県ほおっていた。
2)3月23日 県幹部は「やらないほうがいい」と会議で判断。
3)3月25日、厚生労働省から宮城県に名指しで調査を求め
  られて、村井知事は、野菜と現乳、水道水の測定を始める。

学校ブールの水質検査に関して
1)県教委が調査を実施するか、決めかねていた
  6月6日仙台市教委が市内のプールの水質検査の実施。
 (当ブログでは4月から放射線量の測定を急げと警告してきた)
2)「なぜ県は調べないのか」と批判殺到。
3)6月13日、県全域の小中高校プールの調査を決めた。

他県との放射性物質測定開始日の比較を纏めると
(調査機関:東北大サイクロトロン・ラジオアイソト-プセンター等)
1)ほうれん草、原乳に関して
 3月17日  厚生労働省が県へ調査要請。 茨城県実施
    18日 新潟県
    19日 栃木県、群馬県
    20日 千葉県、埼玉県
    24日 山形県
    25日 宮城県

2)牧草
 4月14日  農水省が調査要請。
    21日 千葉県
    22日 埼玉県
    26日 山形県、群馬県
    27日 栃木県
 5月 9日 茨城県
    11日 宮城県

3)宮城県の主な測定対象(採取開始日)
 3月25日 水道水、原乳、農産物
 4月 1日 水田土壌
    11日 海水
    25日 原木しいたけ
    27日 魚などの水産物
 5月11日  仙台湾の海水、牧草
    30日  浄水場の発生土
 6月29日  簡易型測定器を全市町村に配布と発表した。

 この結果から、宮城県知事、県幹部は放射線量の測定結果から
農協等に配慮して、ヨウ素は8日で半減期であるので、牧草は
事故後2ヶ月以上になって影響が消えてから、測定したと考えられる。

ところが、2ケ月後の測定にも関わらず、県南部の丸森町、
県北部の大崎市など暫定基準値を超えるセシウムが検出された。
セシウムは30年が半減期であるから、半減期の8日と早い、
ヨウ素も3月、4月には高い被曝量であったことが想定される。
又、県幹部は福島原発事故後から、牛には放牧の草を与えない
ように指示していたと言う。
3月には牧草の基準値をオーバーしているのを知っていたとしか
考えれない。

県民へ、消費者への嘘の報告として確信犯だ。
東電という企業の組織ぐるみの隠蔽工作と同じように、
宮城県は同じ事をしているのだ。
宮城県はなぜ放射線量調査に関して、こんな判断をしたのか。
農協の為に、風評被害を起こさせない為にか。
宮城県知事は、都合の良い情報だけを出して、世論作りの
やらせを行っていたことと同じだ。
知事の資質もあるが、宮城県の企業体質の悪い面が出ている。
ここにおいても、村井知事は「心配するのはもっともだが、
ヒステリックになる必要はない。
放射線量測定調査は遅いという指摘はあたらない」と釈明した。
皆さんは、どう考えるであろうか。
宮城県は、なぜ住民に、測定ができなかったか、説明すべきである。
私は「遅いと思う。その遅くした理由が問題だ」と言いたい。

又、NHK特集で石巻日赤病院の医師が県庁へ医療の実態報告

のくだりで、防災対策本部の県組織の硬直さがテレビ画面に映り

ひど過ぎるので、テレビクールは退場されたが。

宮城県は被災地復旧、水産業特区、放射線量測定等、行政の
哲学が間違っている。

なお、水産特区でなくても、岩手県の漁協では、船の製造費では国、県

自治体の支援金79%が支給されているので、製造が進んでいるので、

特区の話はでない。

宮城県では、国の支援制度を活用する術を研究するべきだ。
行政はサービル業である原点を思い出せ。
県民を教育する機関ではないのだ。

一方、宮城県の余りの遅さに、民間団体、個人、自治体は独自に
放射線測定を始めた。
県南部の丸森町民は福島県飯館村に近いせいもあるが、3月中旬
から測定を始めている。
丸森町では、5月に財団から測定器を送って頂、測定を行い、高い
被曝線量の学校の校庭の土砂や脇の草木を伐採して、低減を
図っている。
福島県の伊達市では、全8000世帯に測定器を配布した。
その結果、国の避難勧奨地点を指定地区にできる切欠になった。
指定地区になるかどうかは、後の生活支援、保障の面で、大きく
違い、又、情報の開示で、個人の判断で対処することができる。
仙台市五橋中出で、兄の友人の仁志田昇司伊達市長の
がんばりを応援する。

しかし、地域の絆が守れる範囲30~50世帯程は同一指定される

ことが必須条件と国に指摘すべきだ。

宮城県が遅れている間、丸森町や白石市、仙台市等でも、
放射線量の汚染マップ作りが始まっている。
又、ブログでも書いてきたが、平常値でも、水溜りや雨どい
、下水道浄化場付近などのホットスポットの危険マップも
作ってくれるといいね。

娘の嫁ぎ先の白石市が気になるが、「福島ネットワーク」の調査結果、

田町のつくし公園の芝生から高さ50cmで0.44マイクロシーベルト/時

で市測定と同じだが、ブロック塀表面で1・99、木製ベンチは1.81

と跳ね上がる。場所に寄って値が違うことを知ること。

お母さんはベンチを使うので、ベンチ等は塗装してほしいものだ。

福島原発事故の放射線量被害の影響は地図上でのコンパス
で区切られた物ではない。
そろそろ、現状に合わせた被曝線量により、区別が必要になる
だろう。
福島第一原発5キロ圏内は、政府が土地を買取、住民に新しい
生活への道しるべを、早く示す必要があると思う。

今後は、仙台市といえども、30年、50年と長い放射線量との
戦いになる。
特に、50歳以上の男性と比較し、妊婦、0歳から5歳の
女の子の感受性が、「100~300倍」も高い点に注目した
行政の対応が必要である。

さらに「内部被曝量の考え方」、その検査方法の杜撰さに
惑わされず、宮城県の、仙台市の子供への、放射線量の
計測と被曝量を減らす方法を徹底して教育すべきである。

6月28日、県教主催で、宮城大学で教師500人を集めて、専門家の話を

聞いたが、教師は「学者によって言う事が違う」と不信感をあらわにし、

学校に帰って、放射線の説明ができないと話す教師もいた。

「水俣病」のように「放射線」も後手に回るのか、納得がいかないと。

政府の「ただちに、体に影響はでない」と繰り返すことは、目に見えない

放射線への不安感は、払拭されるどころか、むしろ強まっているように

みえる。

「安全宣言」はいらない。

正確な情報をもとに冷静に判断するしかない。

正しく恐れろ、放射能である。

高校時代の応援団長だったように、蛮声を張り上げ、堂々と、

小林伸一宮城県教育長は、放射線量測定と、その積極的
開示、放射線教育、その低減策を学校へ指導することを

期待したい。

「あかままなぶの部屋」の放射線関連ブログの
6月17日付、http://manabu5577.cocolog-nifty.com/blog/2011/06/post-34d0.html
6月30日付、http://manabu5577.cocolog-nifty.com/blog/2011/06/post-39dd.html
を見てほしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東北六魂祭近づくー7月16日(土)7月17日(日)開催

『東北六魂祭』近づくー7月16日(土)7月17日(日)開催

(東北夏祭り・他の祭り リンク)
http://www.rokkon.jp/link/index.html

東京周辺から東北の港を仕事の糧としてきた折々、

夏の祭りを見てきた。

青森ねぶた祭りでは東北電力㈱の山車を囲む提灯衆に

借り出されたり、「跳人(はねと)と跳ね」と踊りまくったことも

ある。

学生時代は弘前ねぷた祭りで、夏の陸上競技部の合宿中であったが、

大学学生課からお願いされて、「ねぷた愛好会」を急遽結成。

扇ねぷたを引く人、私は大太鼓を打たせてもらう。

た~りらりら~りら、た~りらりら~りら、蝦夷を撃ち帰ってくる

勇壮であるが、哀愁が漂う調べである。

腰には枡を下げて、町ごとの樽酒を汲んで、夜を練り上げたものだ。

さんさ踊りの県庁前の輪踊りに参加したこともあるが、増田元知事も

輪に入り盛り上がったものだ。

今年はボールを受け損ねた達曾(たっそ)知事も、輪に入るだろう。

去年吟行にいった相馬の野馬追も馬の蹄が空に響いて勇壮そのものだ。

八戸の三社祭りには子供たちが山車を引いたし、

定禅寺通りでの七夕祭りでは、娘はハーラーダビットソンの助手席に

から手を振ったり、オープンカーから手振をしたり、この役はバトンガール

のメンバーが受け持つらしいがいい思い出だ。

仙台市のすずめ踊りhttp://www.suzume-odori.com/は難しいよ。

東北の祭りは参加祭りだ。

今年の夏は、東北の祭りに集まろう。

東北六魂祭
http://www.rokkon.jp/

場所:仙台市青葉区、定禅寺通りで東北六魂祭パレード
月日:7月16日(土)午後17時から19時、
    7月17日(日)午後0時から2時
市民広場:勾当台公園:でライブ、郷土芸能、チャリティーイベント
    7月16日(土)10:00~19:00
         7月17日(日)10:00~17:00

東北の誇り高き魂をもう一度奮い立たせ、
まだまだ続くこの試練の時を乗り越えるために。

この夏、東北6県を代表する祭りの数々が
仙台の地に集い、復興への狼煙をあげます。

青森ねぶた祭、秋田竿燈まつり、盛岡さんさ踊り、
山形花笠まつり、仙台七夕まつり、福島わらじまつり。

東北人の不屈の魂を示す6つの祭りが、
長い歴史の中で初めてひとつになるのです。

私たちはこれまで、日本中からたくさんの温かい応援をいただきました。
その声に応えるためにもこの祭典を、
皆様と力を合わせて素晴らしいものにしてゆきたいと願っています。

新しい東北のために、そして新しい日本のために。
東北六魂祭へのご支援・ご協力をどうぞよろしくお願いいたします。
2011年5月31日

青森市長 鹿内 博
秋田市長 穂積 志
盛岡市長 谷藤 裕明
山形市長 市川 昭男
仙台市長 奥山 恵美子
福島市長 瀬戸 孝則

青森ねぶた祭実行委員会
http://www.nebuta.or.jp/

秋田市竿灯まつり実行委員会
http://www.kantou.gr.jp/index.htm

盛岡さんさ踊り実行委員会
http://www.sansaodori.jp/

山形県花笠協議会
http://www.hanagasa.jp/

仙台七夕まつり協議会
http://www.sendaitanabata.com/

今日から七夕踊りの練習が始まった。

福島わらじまつり実行委員会
http://www.fmcnet.co.jp/waraji/

交通情報
http://www.rokkon.jp/access/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

脱原発か反原発かー再生可能エネルギーの推進に向けて

脱原発か反原発かー再生可能エネルギーの推進に向けて

今日7月7日は、全国的には七夕だ。

仙台市では8月5日夜の前夜祭の広瀬川での花火大会

8月6、7、8日の街の七夕飾りとパレードがある。

今年は7月16、17日に東北の六大祭りが仙台に集まる。

震災孤児は宮城県で114名だそうだが、短冊に

何を書いたんだろう。

「お父さん、お母さん・・・」の名が笹に揺れていることだろう。

県が「あしなが募金」を募っている。

問い合わせ:県子育て課: ℡ 022-211-2528 へ。

二十四節気では「小暑」である。

梅雨の後半で激しく雨が降るというが、今年は雨が

少ないようだ。

旱魃ではないが、夏の節水があるかもしれない。

日本の再生可能エネルギーの現状

              発電量    発電コスト  課題
            (億KE/h)   (円/KW)
○再生エネルギー   106(1.1%)    
○太陽光                     49   高コスト
○風力                   10~14 景観、騒音問題
○水力(小規模)              8~50 場所が限定
○地熱                    8~22 場所が限定

水力(中、大規模)  769(8.1%)   8~13 大規模立地困難
火力         5892(61.7%)   7~8  CO2排出
原子力        2785(29.1%)   5~6  事故で影響超大
全体         9551              発電量2009年度

なほ、別のコスト再計算の試算では、原子力は 建設費5億円の他

電源三法交付金        5円

青森県再処理施設費     3円

事故処理費賠償金     3~5円   計 16~18円/kh

なぜ、原発は安い安いと言われていたのか、わからない。

誰が原発を立地することにより、利権を受けていたのだろう。

東京電力の福島第一原発事故ご、民主党政権は電力会社に
自然エネルギーの買取を義務づける「再生可能エネルギー特別
措置法案」を成立させ、原子力に代わる電源に育てる考えに
転換した。
新規産業を生む一方で、電力コストの負担が増やす面もある。
そこで電力コスト増による国際競争力の低下を招くとして、
結果として国内の空洞化をもたらすと、産業界では、期待と
警戒感が交錯している。

特別法案の狙いは、再生可能エネルギーのを使った発電を普及
させるのが狙いだ。
福島原発事故発生直後に閣議決定された
再生可能エネルギー特別法案は、2012年度から、企業が設置した
太陽光や風力、地熱、バイオマスなどの発電の全量を買い取る。
家庭は太陽光熱費のうち、自前で使い切れなかった余剰分を対象
にする内容で、現在より高く買い取る方針だ。
個人も企業にとっても、発電設備の設備費用を回収しやすくなる。
 一方、電力会社が買い取る費用は電気料金に上乗せされるため
に、政府試算では、標準家庭では月150円~200円高くなる。
この法案は地球温暖化物質を出さない為に進めていたが、
福島原発事故後、世界へ原発輸出の推進派から、突然、「脱原発」
を進める菅首相は、原発に代わる基幹電源に育てたいと考えて
いるようだ。

再生エネルギー特措法に基づく日本の制度と独仏伊の取組事例

          日本      独        仏      伊 
導入時期   2012年   1991年   2001年   2002年
①買取対象 各国とも、太陽光、風力、水力、バイオマスであるが、 
の発電方式 独は地熱、仏は家庭ゴミ、伊は太陽熱推進。  

②太陽光発  未定   32.2円~  57.2円~  54.9円~
電買取価格        42.9円   75.4円    61.1円
 
③太陽光発  10年間   20年間  20年間    20年間      
電買取時期

④関連分野  3,083億円 36,293億円 3,524億円 12,245億円
へ投資額
(2010年度データー)

日本のエネルギー計画、昨年6月に閣議決定さらた現行計画
全体の6割を占める火力発電所からの脱却を進める計画。
1)国内54基の原発を30年までに、14基増設、原発の発電量率
  を26%から50%に高める。
2)再生可能エネルギー数%から20%に引き上げる。
背景:鳩山元総理の1990年比で排出量25%削減の目標発言。

海外での状況は
1)欧州は電力会社へ自然エネルギー高値で買取で普及させた。
  デンマークは風力で25%。2050年までに火力発電ゼロに。
2)ドイツは全量固定買取制度採用。
 太陽光発電の価格は、市場価格の6倍で買い取り。
 不安定な電力は、隣国からの電力購入に支えれている。
 福島原発後、22年までに原発17基を全廃。(現在停止7基含)

日本の現在
1)三井物産が東日本大震災被災地などで大規模太陽光発電所
 (メガソーラー)を建設する方針を固めた。
 被災地の復興を支援するほか、「脱原発」の機運が高まる中で
 注目される再生可能エネルギー分野を主要事業の一つとする
 狙いがある。
 ソフトバンクや他の大手商社の住友商事も秋田県酒田北港の
 洋上風力発電の実績から、日本海を中心に、大規模洋上
 発電所の計画を実施に向けて練っている。

日本のエネルギーについて
1)再生可能エネルギーの風力発電は主流発電にはなれない。
2)再生可能エネルギーの太陽光発電は主流発電にはならない。
3)再生可能エネルギーの電力料は高価格であり、電力使用
  企業は、電力料金の負担増になり、経営を圧迫になる。
4)再生可能エネルギーの立地場所が限定され、自然の影響が
  に左右されて、その稼動率は20%前後である。
5)太陽光発電の為に、広大な敷地面積が必要だ。
6)脱原発を補う電力源に育てていくには、政府の支援策や
  国民の理解とコンセンサスが重要である。

脱原発の道は、再生可能エネルギーの技術開発と
省力産業機械の開発を進めながら、
産業界へのダメージを極力少なくしながら、
再生可能の無限のエネルギーを有限のエネルギーと捉え
国民の節電の取り組みを図ることが必要だ。

7月7日の国会はまたまたごたついている。

玄海原発再稼働をめぐるゴタゴタ劇は目を覆うばかりだ。

 日本経済に暗い影を落す電力不足を解消するため、

海江田大臣や経産省は細心の注意を払って地元の佐賀県

や玄海町に説明を繰り返してきた。

しかし、私は原発の安全確認を終了したとは思っていないが。

なぜに、急ぐ。早すぎる。

玄海町長は原発再開にOKを出し、佐賀知事も再稼働容認に傾いて

いたが、菅首相が、国会の委員会で、安全検査「ストレステスト」を打ち出した。

「EUでは6ヶ月かけて6月からストレステストを行う。」ことを決めたかららしいが。

大臣と総理と官房長官の原発への対応がまるで違う。

話し合っている気配もなく、首相単独飛行が始まった。

原発担当の海江田大臣は、悪役に、口あんぐりの顔で、辞任を示唆した。

伊方原発3号機の再開が7月10日の予定だが、当然再開されないだろう。

6月29日の海江田大臣の「原発安全宣言」、

7月6日の首相の「原発にはストレステスト」をする。

それが再開の条件なのか、日常業務の話しなのか、言わない。

原発再開に向けて、混乱しているのだ。

これで全国の原発は事実上、検査終了まで再稼働しないだろう。

来年4月には、全国の原発はすべて停止になるであろう。

 背景について、「菅首相は、浜岡原発停止要請で内閣支持率

が上がったことが“成功体験”として刻み込まれた」という見方や、

「自分の手で再稼働させたら『脱原発』解散・総選挙カード

を失うと考えているのでは」という声もある。

「解散カード」で空転国会、内閣は延命に繋がるジレンマが続く。

エネルギー政策は、日本の大きな課題だ。

落ち着いた内閣でじっくり議論を尽くしてほしい。

それにしても、説明会への組織的なメールのやらせ等、

隠蔽しなければならない事がそんなにあるのか。

益々、原発政策には不信感だらけだ。

さらに政府のぶれる原発安全政策だ。

いいように だまされているだけで 国民はいいのか。

脱原発の原発の即時中止への道を選びたいが、、

現在は、現状の電力量と経済活動を見比べながら、

反原発の段階的廃止への道を選ぶしかないのか。

被災地の血を早く止めてくれ。

輸血はあとでいいから。

あと少し、あと少し、支援制度を作っている最中だというが、

もう120日以上も経つ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

熱中症搬送は3倍に増加ー節電を無理するな

熱中症搬送は3倍に増加ー節電を無理するな

昭和53年8月3日、八戸市北沼地区、中央防波堤用ケーソン製作
(総重量2、000T, M15m×L18m×H16.5m)工事において、
午後4時に鉄筋コンクリート、ケーソン底盤の上に鉄筋作業員が、
倒れており、至急クレーンで引き上げ、救急車で青森県労災病院
(八戸市にある)へ緊急搬送した。
現場から10分程で病院についた。
体温は40度であり、意識はかすかにある。
衣服は胸を開けて楽にさせながら、
部屋はクーラーをかけ、体の周りは氷付けにして治療していた。
その後、家族とは話をできていたが、
しかし、体温が40度前後であり、下がらず、体の痙攣が始まり
4日後に亡くなられた。
男性、年齢64歳であった。
病名は熱射病と診断された。
全国的に、この日は気温が高く、33度以上を記録する場所が
多かった。
全国で、100人以上が熱射病で死亡したと記憶している。
1ヵ月後、全国の労働中の作業員には、労災の判定がなされた。
私の現場も労災を認められた。
又、会社の上乗せ労災の保険も適用された。
その労災保険、上乗せ保険、全額、作業員へ直接支払った。
金額は不確かだが、労災は1千余万円で、上乗せは4千万円
であったと思うが。
それに加え、会社の見舞金500万円を供えた。

その熱射病を検証しよう。

鉄筋作業員(64歳)協力会社社員:男性:
通勤:現場からワゴン車に6人で、40分ほどかかって通勤。
朝は3時に起き、3時半からは6時間まで畑仕事してから、
仕事場、建設現場へ。
又17時30分頃には、家に着くので、日のある19時まで
畑作業をして、風呂に入り、午後20時頃から晩酌をして
食事をして午後10時に寝るそうだ。
丁度梅雨明けで雨もなかったので、2週間はこの繰り返し
だったとのこと。
日曜日は建設現場が休みなので、朝と夕方だけは
畑仕事をしたとも。

現場へは午後7時30分着、
7時45分から朝礼と安全訓話、ラジオ体操第一、後
8時から鉄筋組み立て作業を
10時00から15分休憩
10時15分から鉄筋作業
12時00から13時まで昼休み、昼食、
13時00から14時45分まで鉄筋作業
14時45分から15時まで休憩
15時00から鉄筋作業

16時にケーソン底盤に倒れている事を発見する。

 気温は8時には25度を越え、最高気温は14時で
32度であった。
現場は八戸海上自衛艦が係留されている場所であり、
海風はいつも吹いている。快晴。

 ケーソンとは鉄筋コンクリートの四角い船の建物で、
その中を枡に3m×3m程の壁、幅40cmで仕切られている。
約3mの高さ毎に、鉄筋、型枠、コンクリート打設のサイクル
で進めて築造工事をするが、この時は5段目の高さ12mの鉄筋
組立作業中で、特注平足場上で作業をしていた。

15時40分頃、鉄筋作業員が、鉄筋を組み上げるハッカーという
手に持つ器具を落としてしまった。
運悪く特注の平足場の板の隙間から底盤まで落ちたので、
拾いにゆくと言って、11m下の底盤まで梯子で下りていった。
16時頃になっても、戻ってこない、声をかけても返答もないと、
近くで鉄筋の組立検査をしていた私に声がかかった。
下りて行くと倒れているので、至急救急車を呼ぶように指示し、
クレーンで平足場を撤去し、ゴンドラに作業員を乗せて、
吊り上げて出てきた。
その時の仕切られた底盤の内の気温は40度以上であったろう。
10分後に救急車が来て、意識のある事を確認して、搬送された。

そして4日後に亡くなった。 

この例から、熱射病から、疲労も大敵であった。
なほ、汗をかく現場なので、協力会社の休憩所の入り口に、
塩化カリウム錠剤をおいていた。
スポーツドリンクはまだ飲む習慣はなく、水も、運動部同様に
飲まないのがいいという雰囲気であった。

熱射病も現在では熱中症の一部として扱われている。
熱中症
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%86%B1%E4%B8%AD%E7%97%87

つまり、上の熱射病から判断できるが、
熱中症の予防対策は

1)出来るだけ多くの水分を取る。
2)発汗によって失った水分と塩分の補給をこまめに行う。
  スポーツドリンクなど塩分と糖分を飲みやすく配合した飲み物も良い。
3)塩分の補給には味噌汁やスープなど塩気の感じられる飲料が
  体液と塩分(塩濃度)が近く最適である。
4)高温での発汗を続け水分のみ補給し続けていると体液の塩分
  (塩濃度)が希釈され(体液の絶対量を維持するためのやむをえ
  ない緊急避難反応であるが)、ひどくなると水中毒状態へ進行する。
  水分の補給にかかわらず倦怠感を覚えることが多いが、
  早めの対処が望まれる。
5)睡眠を十分に取る。
6)十分に休憩を取りながら作業する。(休憩により体温を十分に下げる。)
7)体感温度を下げる方法として、日射を防ぐ、通風を確保する、
  扇風機の風を作業場所へ向ける、
  スポット冷房する、作業服の内部へ送風する
  (そのような機能を持った作業服を着用する)、
  蓄冷剤を利用する、水の気化熱を利用して体温を下げるなどの工夫を行う。
8)一人で作業すると発見が遅れることになりかねないので、
  複数で作業すると良い。

 今年は節電の夏だ。
 しかし、ピーク時が問題なのだ。
 午前9時から午後8時までが節電時間だ。
 真夏日の夜のエアコンは使用してかまわない。
 昼は、多くの人を入られるので、公共施設利用もいいらしいが。
 お店も昔みたく、冷たすぎなくていい。
 半そでが多く、店員さんは寒さ対策の長袖派がいなくなった。
 いいことだ。
 仙台市の市民センターや図書館、児童館等で、簡単なイベントを
 企画し、気温の上がる暑い時間に開催してはいかがかな。
 市民館長の腕の見せ所かも。

 因みに今年は例年と比較して 6月中は、
 3倍の人が熱中症で、病院に搬送されたという。

 福島第一原発事故収束の為に活動している作業員は放射被爆の

 管理をしながら、被爆防護服を着て、熱中症になるような作業を

 しておられ、本当に頭が下がる思いです、

 
 
 ドアを開け、窓を開けて、
 風道を作り、扇風機で暮らしているが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

松本復興相7月5日9時45分、辞任。発言を検証。

松本復興相7月5日9時45分、辞任。発言を検証。

オフレコ東北放送(株)に激励、100万通、ツイッター

http://rocketnews24.com/2011/07/04/109547/

菅首相もわからなかった辞任劇。
本人の意思固し。

菅首相と刺し違えならず。

一兵卒として復興に努力したいと。

岩手県選出のの平野達男復興担当副大臣を、昇格して

復興大臣へ。

東大農学部農業工学科卒、農水省官僚から参議院議員に。

平野達男(岩手県北上市、農水省から岩手県に出向経験あり)

http://www.tatuo.jp/

「疑問」
「これからは知恵合戦だ。知恵を出したところは助けるが、

 知恵を出さない奴は助けない。そのくらいの気持ちだ」発言で、

 岩手県知事は キックオフを受けて、納得の表情を受かべているが。

「水産特区」「自衛官」を持ち出されて、さらに

「長幼の序が分かっている自衛隊ならそんなことやるぞ。

(報道陣に対し)今の言葉はオフレコだ。

書いたその社は終わりだから。」

宮城県知事は納得したような、愛想笑いをしているが。

メデアは、ごちゃまぜに、オフレコ部分だよと言われ、変な
正義感を振りかざして、取り上げて報道していると見たが。
不毛の報道である。

●発言の趣旨は「被災地も自助努力を」との厳しいメッセージだ。

松本復興相の放言発言で、「被災地の強い反発を招いた」
という理由をかたって、野党は国会でこの発言を具にして
無駄な時間を費やすな。
国会延長から2週間も審議をしない国会の空転はもう
許されない。
メデアも「うちのかみさん」もホ・ジュンを見ながらhttp://twitpic.com/5lck2q

も「横柄な態度だ」「何様のつもりだ」
「被災地侮辱よ」と昨日の昼から、怒りまくっている。
人の心をさかなでる発言である。

語尾は威圧、恫喝、ヤクザまがいである。なぜ。
いずれも、被災地を中心に考える思いがないことが残念だ。

ただ、一つの発言だけを取り上げて、辞めなきゃいけないという、

メデアの意向に沿った報道糾弾は政治への末期症状だ。

少し発言を検証してみよう。

福岡一区、衆議院議員、松本龍、
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%BE%E6%9C%AC%E9%BE%8D_(%E6%94%BF%E6%B2%BB%E5%AE%B6)
http://mainichi.jp/select/seiji/09shuinsen/area/40/

「以前の発言」
1)菅首相に、閣僚として「一日も早く退陣した方がよい」と発言。
2)閣僚会議で「大震災復興構想会議東北でやるべきだ」と主張。
3)復興相就任時「大震災以来、民主も自民も公明も嫌いだ」と。
  後に自民党と公明党に謝罪。
4)防災相としての被災地入りだが、一番多い国会議員。

「松本龍氏の評判。」
http://www.youtube.com/watch?v=LYFlGZVQ3tY&NR=1
好意的意見
1)世襲3世、衆院当選7回、旧社会党、社民党から民主党へ。
2)祖父は「部落解放の父」と、人権擁護派。
3)現国会議員で2番目の資産家。7億強。
4)性格面は「思った事を素直に口し、周囲の目を気にしない。」
5)復興本部では部下に「責任は俺が持つ」と言うのでやり易いと。
悪意的意見
1)地震発生時にはパニックに陥り、以来、会見もできない」(全国紙)
2)「松本は単なるお飾りと化している」(匿名の官邸スタッフ)
3)岩手県知事との会談で「私はボーッとしていたけど、
  みんなでやってくれた。」
4)宮城県知事との会談 YouTobu
  http://www.youtube.com/watch?v=VtUqWdbjnTk

「各党の対応」
1)岡田、枝野火消し役を。「被災者に傷つけたならおわびする」と。
2)石原氏(自)は「政府の怠慢を地元に転嫁しているだけ」と。
3)山口氏(公)は「勘違いしているのでは。緊張感がかけている」
4)江田氏(み)は「菅首相の任命責任も重要だ。」
※国会の空転は菅首相の延命になるだけだ。この発言問題が
 長引けば、結局。首相の退陣が遅れるという矛盾を抱える。
5)勝又(民主)一回議員は「大臣の資格ない。即刻辞任を」と。

「被災地宮城県民の発言」
1)県庁へ大臣発言の怒りの電話、メールが約300件受ける。
2)怒りをこえて呆れた。
3)大臣は復興してやっているんだという上から目線だ。
3)まだ義援金も受け取ってない。仮設住宅も当たらない。
  先行きが見えないのに、私達の代表の国会議員のはずの人の
  言葉とは思えない。
4)大臣が怒りで、知事との対談も目的を見失ってしまい残念。
5)水産業復興特区について、「漁港の数を3分の1、5分の1に集約
  すると言っているが、それは県でコンセンサス(総意)を得ろよ」
  との発言に県漁協の木村稔会長は「(合意を得るのは)当たり前。
 (知事が)勝手にできることではない。」
6)岩手県自民党宮古市長は松本元大臣を良い人柄から残念と。

「各知事との会談状況」 YouTobu
岩手知事へ「知恵を出さないところは助けない」と知事へ期待を表明。
「仮設住宅はあなたたちがする仕事だ」と指摘したうえで、仮設住宅での
お年寄りの孤独死対策などについて、「いろいろ考えを出してほしい。
フォローできることはする」と。
http://www.youtube.com/watch?v=6B0HeLjc7y8

宮城県知事へ「財源は保障する。国に甘えるのは甘える。突き放す
         ところは突き放すと復興の自助努力を促す。」
特区には「県でコンセンサス得ろよ。そうしないと我々は何もしないぞ、
ちゃんとやれよ」と発言。尚「水産業復興特区」は国の第一次復興構想会議

で構想に盛り込まれなければ委員を辞任すると脅していた経緯があった。
  http://www.youtube.com/watch?v=VtUqWdbjnTk

「岩手県達曾知事の復興大臣への思い」
岩手県達曾知事からは、表立った批判は出ていない。
松本復興相とは防災相の時から、知事とは懇意であった。
知事は東大、郵政省官僚、衆議院議員3期から元総務相
増田知事の引退後に、岩手知事にへ、
出は岩手県盛岡市と宮古市の間の小さな山村の炭焼きの
地元出身者である。
知事は、民主党国会議員時代は無派閥の長として先輩議員と
して付き合ってもらっていた経緯がある。
因みに岩手県は全ての国会議員が民主党である。
だから、身内の県への激励発言であった事は確かだ。

引退を表明した菅首相の下では、復興が進まないので、早く

退陣すべきだ。平野達男復興相とは国会議員では先輩格に

あたり、大学も同窓であり、岩手県選出という事で期待を寄せている。

「被災地も自助努力をする必要がある」と
誰も言わない提言。

厳しい提言を言うだけに、だから、復旧復興財源は心配するな
との熱いメッセイジとも取れる。
岩手県庁への訪問時、大臣が知事にボールをキックして、
このボールの絆のパフォーマンスは空振りに終わった。

「宮城県村井知事の復興大臣への思い」
宮城県知事は、大阪出身、防衛大、自衛官、自民党県議
から、反浅野知事で、その引退で、自民党で知事へ。
震災後2週間後に県内入りした自民党谷垣総裁へは、県庁前
にて、歓迎お迎えし、一日中総裁と被災地回りをした。

震災後の対応は、知事として強いリーダーシュップを発揮し
、県独自の復興構想、仮設住宅建設場所等、水産特区
構想など提案する。放射線量の測定時期は極端に遅い。

又、水産特区構想は、県漁協と話し合いが少なく、
被災民の目線というより、民間企業誘致目線など、反発を
もたらしている。
先には仮設建設場所の県の規格のごり押しがあり、自治体の
反発を招き、岩手県と比較して仮設住宅の建設の遅れ、
地元木材の利用促進の仮設住宅の導入等で岩手県に遅れをとり、

政策の発想に硬直化が見られ、市町村を纏め切れず、

最終的には自治体主導で変わって実施されている。
又、岩手県知事に比べて、宮城県知事はパフォーマンスが優れて
いるが、瓦礫の撤去率等も、見劣りするが、以前ブログに
書いたが、それは地元建設業協会へ一括発注等で、自民党
的発想で、地元建設業者に恩恵を与えているが、
金額も期間も規定しない契約で仕事させ、外部から参入はさせ
ない為に、復旧重機が足りず、瓦礫の撤去が進まないという
悪循環に陥っている。

その典型的な地区が石巻市であり、石巻市選出民主党安住国体

委員長も、早く瓦礫の撤去ができる新解決策を打つ出せないでいる。
巻き添えの被災者はたまったものではない。

又、松本元復興相は旧社会党議員で、さらに「部落開放の父」
と称えられた祖父を持っているが、村井知事は大阪出身の
土地柄、「自衛官」と「部落開放」とは、非常に違和感を
覚えている関係にある。
さらに、全国的には少なくなった自民党知事のホープとして、
自民党の看板を背に受けている覚悟が見える。
だから、同じ宮城県選出(石巻市)の民主党安住国体委員長と
亀山市長(石巻市)と被災地訪問でも、話も交わさないほどの
関係である。
なるほど、知事は、「国と県は対等」と発言するが、実際の政治力学

では違うという、政治家はリアリストでなければならないと思うが。

国は 「財源を確保して、復興法案を通し、実施すること」であり、

県は 「財源を確保して、議員提案の意見を入れて、県条例で

復旧を急ぐことができる」が、財源で決定的な違いがある。

現法律下では、県は財源の確保が難しいのだ。

会談後、松本元復興大臣に対して、「国と県とは対等」
「遅れて入室したのではなく、誰でも自分は、予約時間通りに
入室しているので、批判されるにはあたらない」と
記者会見をして、反駁した。
その為に辞任に追いやったという思いがあるだろうが。
それはリーダーとして、被災地には良い結果は齎さない。
元大臣の「公表したら、その社は終わりだから」とオフレコ発言は

当然、不遜であり、あってはならない話だ。が、テレビカメラの真ん前

で発言する等、危機感はまるでなし、確信犯の匂いもする。

メデアは自分が攻撃されたから、報道で反駁したのであろうが。

しかし知事はそれを諌めるのが、会談の片方の主の務めでしょう。

逆にメデアに、記者会見で媚をうるなど、「もっての外」である。

記者会見は国と宮城県との不信感、疑念を深める結果になった。

それを諌められない副知事以下県幹部も知っているだけ寂しい。

知事は会談で、面と向かって、

「国と県は対等」
「入室遅れも遅れでなく、待たせるのも県の対応内だ」
「国から誰が来ようとお客さま扱いはしない方針だ。」
と、欠席裁判ではなく、会談の時に言うべきであったと思うが。

ただ、知事の会談の思いを記者会見で話して、世論を動かし、
大臣の首を取ったのならば、9月第二日曜日の宮城県議
統一選挙に向けて、自民党としては最高の功労者になろう。

被災地目線では、記者会見等せず、国に財源の確保を促し
とんどん知恵を出して、復興案は大切だが、
先ずは復旧を果たすことを願うだけだ。

私は民主党も自民党も公明党もみんなの党も社民党も
共産党も嫌いです。
既成の政党が嫌いです。
だけど、誰かを選ばなければないのが、日本の代議員制度
の選挙制度なのです。
はがゆいですね。

国会よ
宮城県よ
仙台市よ
被災地への支援制度ができていても、
申請しても、受け取りができないでいる。
早く、行政間の連携を果たし、
宮城県は仙台市へ新たな支援制度のやり方の案を提示せよ。
そうでないと、仙台市は何も行われない。
なんとかしてくれ。

菅首相の延命政権は、限界を露呈した。

統治能力マヒ。

早期退陣を。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「滝」俳句会ー仙台市野草園で6月に続き開催

「滝」俳句会ー仙台市野草園で6月に続き開催

7月3日(日)仙台市太白区、菅原鬨也主宰「滝」定例俳句会が
太白区茂ケ崎、大年寺跡傍の野草園で6月に続き開催された。
野草園
http://www.sendai-park.or.jp/web/info/yasouen/index.html
俳誌「滝」
http://sky.geocities.jp/himatu2008/index.html

大震災で仙台市内の公共施設が使用できないでいたが、6月
中旬には大部分の施設が使用できるようになった。
しかし、「滝」定例俳句会を開催していた青葉区の震災復興会館
はまだ、不使用であるので6月5日(日)に続き、野草園一階の
会議室を特別使用させて頂いている。12時から4時半。

因みに、8月からは震災復興会館も使用できるようになるという
ので、先週、使用会議室の抽選会があったが、くじ運よく、従来
通り同じ場所で、第一日曜日、午後の時間帯が利用可になった。

因みに、仙台フィルの本拠地、仙台市北部の台原森林公園及び
地下鉄旭ケ丘駅に隣接の仙台市青少年文化センター
http://web.midc.jp/bunka/seinenbunka/saiji/
は、7月2日の仙台ジュニアオーケストラの演奏会があった。
また、本格的には7月22日(金)仙台フィルの定期演奏会が開催
され全室使用可能になる。
仙台フィル
http://www.sendaiphil.jp/

定禅寺通りの東京エレクニロンホール(旧県民会館)は未だ復旧
の目途が立っていないと聞く。

坂本冬美さん、北島三郎さん、鳥羽一郎さん等演歌歌謡ショーが、

いずれも開催されず、キャンセルが続いている。

さて私は通常は健康の為に、野草園へは大年寺の門前町
から、長い階段を登って歩いてゆくが、30度程になる予定なので、
地下鉄長町南駅から市営バスで、終着、東北工業大学長町
キャンバスで行くことにした。15分も走れば到着。
そこから、大学構内の登り坂を道路を歩いてゆくと、鶯や不如帰の
が鳴いている。
木漏れ日の中を歩いてゆくと、クヌギ林の下の方から声が聞こえ
てくる。
見えないが、グランドからの運動部の元気な声である。
400m程歩くと一般道にでる。
停留所は茂ケ崎とある。

右の山手には東京タワーの紅白色の仙台放送電波塔がある。
ここから100m程下ると野草園である。
下って50m程には小公園と茂ケ崎地すべり危険区域の看板も
草木の中に隠れるように立っていた。

山の手には、竹林があり、その中心に、原阿佐緒の碑が、苔
むした佇まいの中に凛とあった。
原阿佐緒
http://www.haraasao.jp/
「家ごとにすもも花咲くみちのくの○べをこもり病みて久しも」
とある。旧宮城県黒川郡宮床村出身である。

野草園の向かいにも電波塔があり、東京スカイタワーと似た
構造であり、色もグレーシルバーだ。
それはNHK電波塔。

野草園の入り口は、左手には真っ赤なジギタリスが天へ伸び、
遅咲きの薄桃色の躑躅が植えられてあり、花壇には撫子が
そそと、様々な色を咲かせている。
右手は、ギボウの大きな花がわが世の春と咲き誇っている。
その借景としてガグアジサイが、空の青さと競い合っている。

玄関に入ると、全国のガーデンからの大震災激励のポスター
が掲示されている。食堂兼用の大広間は、ぬりえ、おりがみ
製作の為の広間であり、誰でも無料で制作ができるように
なっている。
ここは一応、2階フローであるので、見晴らし台を兼ねて、
木製のベランダがあり、6人掛け程の丸テービル二台ある。
さらに二人掛けテーブルが二台あるロマンチックなスペース
である。
風に吹かれて、紅茶がうまい。

野草園は新たに新築したばかりであるので、このフロアー
のトイレが綺麗だ。
園内にもトイレが整備されてをり、いずれも気持ちよく使える。

地下へ、1階の園内への出入口の脇に会議室がある。
50人程の会議まではできる。
6月5日は手違いで、半分の部屋になり、50人程が集まっ
ての句会であったので、脇のテーブルで、清記をした物だ
が、独自に行われた10人程のミニ句会を別にすると、震災
後始めての句会であったので、それも 楽しからずや。

入り口に入ると角田市の三山さんが来られていたので、
200円入場料を払い、入り口のテントで一休みしてから
園内吟行へと。
三山に花の名を教えて頂きながら、岩場の場所に来ると
蔵王の岩石と溶岩砂の敷き詰められた場所には、駒草
が発芽中であり、一部は薄紫の花をつけているのもあった。
高山植物であるので、よほど鍛錬されているのであろう。
姉さん被りのおばさんが丁寧に草を抜いておられた。

今日は時期的にもアジサイがメーンだ。
アジサイは二箇所にあり、東側は、2m程の小川の砂防ダム
の両脇に、青い花、薄紅色の蹴鞠程の花を誇っている。
土壌は酸性であるようだ。色がそれをあらわしている。
中央には窪んだ湿地帯があるが、その山側、100m程に
ガクアジサイが咲いている。
私はこの景色が好きだ。
雨にあう花、華麗で華やかな、球体のアジサイもいいが、
そそと表面をかざすガクアジサイの趣に、日本を感じる。

そこから又、夏椿(しゃらの花)の青い実が落ちている小径を
過ぎると、青い萩の葉が、奔放に生い茂っている。
萩の道の通路のドームにはまだ萩は巻いていないが、
この青萩の奔放な姿もいいものだ。
若いカップルもおり、間違って手を振ってきた彼女もいる。

 野草園の中で一番高い木といわれ、四季折々の姿が美しい

「はんてんぼく」がある。

「駒草」同人、宮城県俳人の重鎮、蓬田紀枝子さんの句碑がある。

 はんてんぼくいまは芽吹きの大樹かな  紀枝子

はんてんぼくを仰ぐときにはいつも思い出す句である。

さて句会モードに入いる。

12時から句会費1000円、2句を提出。今日は3選だ。
清記のお手伝いをして、コピーは野草園では出来ないので、
下のコンビニでしてくるので、20分程かかる。

句会の前に、主宰が、辺見じゅん氏の文章を引用して、
震災と俳句を考えている旨を話され、その一部の裏事情
を話された。
「宇宙から見れば、大震災もくしゃみほど」という事の
真意はなにか。

因みに7月号は7月6日発送になり、8月号は通常の
7月末には発送できるとの予定だとのこと。
「滝」は5ヶ月をかけて通常の活動に入る事になる。

又、7月号は、句友の熱意で、俳誌は80ページ、

12ページも増した東日本大震災特集だ。

内容はボランティア対談と、会員180人の震災俳句、随筆だ。

宮城県の俳人として、俳誌「俳句饗宴」主宰「鈴木八州彦氏」
の歩みは8月号へ回して、特集することとした。

又、「滝」二十周年記年事業として、2回目の「宮城県の俳人」
を発行予定である。
この特集を纏めた本です。

さて句会では、河北新報社を退社した同人、石母田星人が

(石母田星人http://furansudo.ocnk.net/product/827  )
仙台青葉カルチャーセンターの俳句実作講座を開設する事
のアピールがあった。
第二・四土曜日、10:00~11:30 受講料2、100円
マンツーマンで教えたいとの意気込みを話された。
長く、河北の文芸部として、短歌、俳句、川柳の投稿作品の
絞込み作業をしてきた人である。
なほ、若林区の自宅は、全壊であり、名取市ゆりあげの
親類は行方不明であるとの事。

石母田星人さんの句
「夏の蝶からくりの糸見えてゐる」
「かたつむり同心円をいぶかしむ」
であったが、
主宰評として、
「夏蝶やからくりの糸見えてゐる」と切れをしっかり入れた方が
写生の点からは、広がりがでる句になるだろうとも。
高得点句は
「人ごゑのうすみどりなる春障子」
「整然と土嚢百袋桜桃忌」
「祭笛闇の真ん中通りけり」
「鉄板に走る湯玉や梅雨明くる」
であった。
名乗りで、この四人の女性群は宮城県俳句大賞受賞者の
面々であったことを知った。

なお、太宰治の忌日の季語として定着している「桜桃忌」は

太宰治に賛美の心がある季語であり、

季語「太宰の忌」は太宰治の生き方そのものを読むときに使うのが

よいとは主宰の言葉で、この季語を区別すべしと。

うなずける。

太宰治http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%AA%E5%AE%B0%E6%B2%BB

太宰治の高校時代、旧制弘前高校(現弘前大学教養部)時代は

青森中学校では芸妓と同棲生活をしていたが、

弘前高校では「走れメロス」的な日の当たる感受性を示していた。

現在弘前大学図書館では、高校時代の太宰の文献の整理をして

いる最中である。

東大卒業後、川端康成氏に芥川賞に推薦してくれと、裏工作を

した面影は高校時代にはない。

作者の「整然と・・・ 」の何が整然となるのだろうか、アイロニーとしての

物なのか、私は採ったが、6人程の意見が出て、句会でも盛り上がったが

意見が分かれた。

因みに私の句は
「老鶯やハングル文字は○多し」

「老いたればアラビア文字の午睡かな」

石母田氏の推薦10句にどちらも採って頂いたが、
「老鶯やハングル文字の○多し」としてはとの指摘あり。
主宰も「は」は強すぎるので「の」とすべしと。
○がいいか、丸がいいかだが、長く考えて○もありと。
「老いたれば」がいいか、もう一度考えることと。

仙台市に戻ってからの反省会は、句会45人から、
19人に上り、予約席が満杯。
高得点者の乾杯で始まり、旨いビール、酒が飲めた。
7時頃に終了したが、外は明るさがまだ残っている。
快い疲労のある一日であった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

AU携帯使用出来ずー新携帯へ無料交換の深読み

AU携帯使用出来ずー新携帯へ無料交換の深読み

AUbyKDDI から「お客さまの携帯電話について重要なお知らせ」
という案内が6月26日、届きました。

8ページ冊子の表紙には
「2012年7月22日をもって、お客さまの携帯電話は、ご利用いただ
けなくなります。対象のお客さまには、
『新しいケータイへ無料で交換』いたします」 と。
「」内は大文字で黄色で目立つデザインで印字されている。

どうも(携帯電話の周波数切替で)
   (無料機種も用意したから機種変してね。)
   (事務手数料も無料よ。」
   っていうお知らせらしい。)

2ページ目
 「どうして利用できなくなるの」
 周波数を有効利用するための区画整理を行っております。
 (新たな周波数に対応していない携帯電話は、2011年7月22日
  をもって、ご利用いただけなくなりますので、新しい周波数に
  対応した携帯電話への変更をお願いします。) と。
3ページ目
  「どうすればいいの?}
  機種変更のお手続きをお願いしたします。
  (最新機種、7種(X-RAY、ISO5、簡単ケータイ、等
  全機種5,250円~21,000円割引)
4ページ目
  「機種変更っていくらあかるの?」
  無料で交換できる機種もご用意しています。
  (機種代金も手数料も不要です。
   無料交換には、シンプルコースで「誰でも割」
   「スマイルハート割」「年割」のいずれかに同時にご加入
    いただくことが必要です。」
   無料交換 PT002、K006の2種。
5ページ目
  「機種が変わると使い方がわからなくなりそう・・・」
  使いやすい画面で操作ができます。
  PT002なら操作をサポートする「かんたんモード」対応で安心。
6ページ目
  「機種変更すると月々の料金はどうなるの?」
  おトクなプランに変更することができます。
  ○様の基本使用料は 2、632円/月 でした。
  プランEシンプル+誰でも割に、プラン変更すると!
  基本使用料が 780円/月 になります。
  780円/月は 朱の大文字である。
  Eメール送受信無料、国内通話料30秒/21円(無料通話なし)
   あまり通話はしない。Eメールをたくさんしたい方におすすめ。
 お客さまに最適な料金プランをご提案します!
7ページ目
 「機種変更の手続き方法は?」
 お手数ですが、最寄りのAUのお店までお越しください。
 フリーコール 0077-7-033 年中無休9:00~20:00
8ページ目
 「あなたのご家族の方はAUですか?」
 家族割、基本料、通話料、Cメールは無料。
 離れて暮らしているご家族でもOK。10回線まで。

6月30日に仙台市太白区AUショップ長町南店へ行ってみた。
空いている。
500万世帯が該当と聞いていたので、混んでいると思って
いたのに。
カウンターでは4人の女子社員が4人のお客さんに対応している。
フロアーの丸テービルに座ると、小太り、まじめそう、20代後半、
の男性社員に要件はと聞かれる。
青い8ページの小冊子と携帯と運転免許証を提示する。
今、忙しいので、私が小冊子の説明をしますと言うことで
説明がはじまった。

携帯は以前はドコモであった。会社はソフトバンクであった。
アダム エ ロペ(衣料会社)
http://www.adametrope.com/
に勤務していた娘がAUに加入していたらしいので。
そこで、家族割が利くというので、AUに私が変更した。
丁度、携帯番号が通信会社が違っても番号持込が可能に
なった時である。
080-5577-・・・・で在るので自分が覚えやすいから。
機種はW33SA、カメラ、EZテレビ、マルチメデア等内臓。
2万円以上はした。

しかし、普通はパソコンしか使わない。
Eメールも添付資料が基本であるので、郵便変わりに使用している。
俳誌発行所へも、会員の原稿の訂正、打ち込み(富士通オアシス、
ワープロ形式)が基本だが、パソコンの容量オーバーで固まって
しまうので、ワードにしているが。

つまり、携帯は受信でしか使わないようなものである。

孫の写真を送ってもらう為に、見る為に、人に見せる為に、高齢者でも

写メが標準装備であるようであるが。

そんな趣味はない。
又、携帯通話料金は高いというイメージなので、自宅のFAX兼用の

電話で要件を処理している。
嫁いだ子もこの頃は、携帯へではなく、連絡は自宅への電話
が普通になってきたが。
市役所勤務の旦那では、生活が厳しいようだ。

7月2日、全国紙新聞の一面を使って、AUの広告が踊っている。
Android AU withGoogle
続々登場、AUの最強ラインアップ。
3D,スライド、スマートフォンの機種 4種類だ。

そうか。電話通信会社の広告が多いのだ。

新聞も、テレビもそうだ。

上戸彩さん、樋口可南子さん、仙台二女高若尾文子さんはソフトバンク。

渡辺健さんはドコモ、桑田佳祐、瀬戸朝香、木村カエラ、堀北真希さん

AUは今をトキメク人気者グループ「嵐」だ。

これで、メデアはスポンサーの各々の通信会社への厳しい指摘は、

できないのだろう。

問題があっても、報道番組では、表面化しそうになると、

営業サイドから、ノーが係り、抹殺されるのかもしれない。

少し深読み過ぎたかな。

深読み序でに、

8年前にも仙台市内国政選挙で、NTT労働組合の職員を選挙運動に

使って、選挙違反に連座して辞職した人がいた。

2年後には参議院比例区で当選したが当事者・本人として如何なものか。

数の論理が民主主義だという組織の腐敗だ。

選挙では常態化しているNTT労働組合の組織ぐるみ選挙違反

(特に仙台市太白区長町支店を中心に)は、8、4年前にも仙台市議会

選挙区太白区でもトップ上位当選者がいるが、嫌疑不十分で釈放され、

その後はのうのうと市議会議員で活動している。

自分の出身のNTT労働組合長町も舞台にして、先輩二人の国会議員

を選挙違反で辞職に追いやったのに。

こんな親分子分の関係は嫌いだ。

市議会議員はNTT組織内出身者であったので、労働組合幹部は、

供述書で、国会議員より身内をかばい通したということでしょう。

一人の国会議員は、2年後には比例区で「当選」を果たし、禊を得たと

ヤクザ的発想で、反省をせずに、活動を続ける事は、個人の資質の問題だ。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BB%8A%E9%87%8E%E6%9D%B1

組織が大きくなると、組織内でも個人は発言できなくなり、

組織の利益の為に活動する人しか評価されず、数の論理、

組織の論理が絶対となるというが、

今回の「東京電力」の隠蔽体質に繋がる。

組織を守る為に。

その事が福島原発の事故へ繋がっていないだろうか。

事故後の対応を見ると、メルトダウンの発表が2ヶ月遅れた

事などは、その例だろう。

それを認めるか、認めないかは、簡単なようで、難しい問題だ。

大震災で、私のように、価値観が変わった人もいるだろう。

深読みはやめた方がいいに決まっているが、

AU問題も、スッキリしない事である。

雑駁な話をしてきたが、
この周波数の話は、プラチナバンド、一部の携帯電話は24年
7月24日以降から使用できなくなると報道されていたらしい。
私は3~1年前まで、出来るだけテレビも見ず、積極的に情報
を得ようとしてこなかったので、、知らなかった。

インターネットでこの件でも書き込みをみると、
1)今年の1月30日に、携帯電話が7月から使えなくなるという
 インターネットでの書き込みがあった。
2)「auの携帯電話を使用していますが、先日KDDIから『平成
 24年7月24日以降、当該携帯電話は使えなくなる』とのお
 知らせがきました。
 このような話は聞いたことがありません。
 アナログ放送が見られなくなるだけでなく、一部携帯電話も
 使えなくなるというのは本当なのでしょうか」=東京都の男性(55)
3)「プラチナバンド」のメリットとして、一部の携帯電話は24年7月末
 で使えなくなる。
 それは主に携帯電話が使用している「800メガヘルツ帯」
 (810~958メガヘルツ)の周波数を再編成するためだ。
 それに伴い、再編前の周波数にしか対応していなかった
 比較的古い機種の携帯電話が利用できなくなる。
 使用できなくなるのは、800メガヘルツ帯を使用している
 ドコモ(NTTドコモ)とau(KDDI)の一部機種だ。
 ソフトバンクは別の周波数帯を使用しているため今回の再編の
 影響は受けない。

  再編には大きなメリットがある。
 細切れだった周波数をNTTドコモとKDDIに15メガヘルツの
 ブロックをそれぞれ2つずつ割り当て、800メガヘルツ帯内に
 集約することで、900メガヘルツ帯に大きな空白地帯が
 できることだ。
 波長の長い900メガヘルツ帯の周波数はビル陰や山間部でも
 電波が届きやすいため「プラチナバンド」と呼ばれる。
 再編後の24年7月末から使用可能となり、新たに携帯電話や
 物流管理に使われる電子タグなどに割り当てられる予定だという。
 割り当て内容については同省が検討中だが、少しでも多くの
 周波数を確保したい携帯各社からすれば、のどから手が
 出るほど欲しい。
 同省は「年内には割り当て方針を決めたい」と話す。

この周波数の変更に対して、KDDIは

「機種変更に向け優遇措置を」と打ち出しているというが。

 7月末をもって使用できなくなる該当機種は主に「第2世代」と
呼ばれる携帯電話で、現在主流となっている「第3世代」の
1世代前の機種だ。
 ほとんどの第3世代携帯電話は古い周波数にも新しい周波数
 にも対応しているため、継続して利用できる。
 だがKDDIでは第3世代の「CDMA 1X」シリーズと
 「cdmaOne」シリーズのほか、現在主流の「WIN」シリーズでも
 一部機種は古い周波数にしか対応していない。

 KDDIによると、auの携帯電話契約者のうち、24年7月末で使え
なくなる機種は約500万件。
同社は21年4月時点で「周波数再編に伴うサービス終了のお知らせ」
をホームページ(HP)や店頭に掲載し、該当者には個別にダイレクト
メールを送付。
同月15日からは、該当する一部携帯電話の利用者に対し、新しい
周波数に対応した機種へ変更する際の手数料2100円を無料とする
などの優遇措置を開始したとの記事がある。

 一方、NTTドコモは24年3月末に第2世代の「mova」の終了が
決まっており、22年末時点での該当契約数は約163万件。
大半の加入者はすでに、第3世代の「FOMA」に移行しており、
それほどの混乱はないという。

 こうした古い機種の利用者は高齢者が多い。
“おばあちゃんの原宿”として知られる東京・巣鴨に店舗を構える
auショップ巣鴨店では「昨年から問い合わせは何件かきている」
といい、店頭にもダイレクトメールを手に持った高齢者が機種変更
に訪れている。

 総務省の担当者は「携帯電話はどんどん進化している。
スマートフォンなどパソコンに近い機能を持った多機能携帯が人気で、
データ通信量が急速に増えた。
より多くの電波が必要になっている」と指摘する。

それにしても、スマートホンは5~6万円である。

高いなあという感想が、もう老人化していると言われそうだが。

 KDDIコンシューマ事業企画部の前田大輔担当部長も
「利用者に負担を求めるのは心苦しいが、限られた周波数の中で、
利便性を高めて快適に利用してもらうためにはやむを得ない」
と話した上で、「さらなる優遇措置も今後検討していくので、
新機種への変更に協力してほしい」と強調したたと
田中佐和記者が書いている。

どうも、インターネットの書き込みは、「書き込み」をして、
「ブログライター」として、都合の良い世論を作るために、
広告代理会社から、1件500円~2000円程度の報酬目的
で契約している人が書いたと思われる文章が多い。
 私にも、ブログライターとしての審査が終了しましたので、
広告主の要望に沿った記事の書き込みをお願いしたいと
スカウトされた経験があるが。

以上、自分のブログ上で、携帯電話の変更をスムーズに
したい意図の書き込みが横行しているようだ。
内容はウソではないが、
「新携帯へ無料交換」の深読みとして、すぐには了解できない。

KDDI自身の携帯の経営方向性は、勝手でしょう。
しかし、今携帯を使用している人々へ、それを押し付ける行為は、
契約違反でしょう。
携帯購入時、この購入携帯が使用できなくなることは、
説明されていない。
因みに、契約書に、条件変更の場合の瑕疵はどうであったか
わからないが。

 納得いかないことが
「使えなくなるなら、交換携帯は同程度でなければならない。」

AUショップ店に着くと、直ぐに話は、別機種に変更して下さい。
スマートフォンではなく、私の現在持つ携帯と同程度と交換で、
2万余円追加料金が掛かりますと来た。
「スマートフォン」の機種は、其れなりに、優れた機能で、
若者向きであり、追加料金もありかとも思うが、勿体無い。
基本は通話を受ける程度だからだ。

説明が一段落したので、私は4ページを開いて、無料交換の
薄目の機種を指して、白色を、お願いした。

ところが、お店には、無料の機種はないという。
では在庫のある仙台市内であれば、移動が出来るので、
無料機種の在庫のあるお店を紹介して下さいとお願いした。

返答は、宮城県内では、東日本大震災で、どの店にも在庫は
在りませんと言う。
至急お使いなさるには、新機種2万余円の追加料金で購入
されるしかございませんと。
若い男性店員は、必死に食い下がる。
幾ばくかの時間が経った。
最後に、4ぺージの無料機種で、待ちますのでお願いした。

店員は、奥へゆき、相談しているようであったが、帰ってきて
、機種が底を突いているので、白色はございませんと。
では黒色でもいいですよと返答した。
もう一度店の奥へ消えたが、今度は現物の無料携帯機種
をもってきた。
このネービーブルー色の機種しかないのですがと。
それで良いですよと答えると
この携帯は、見本ですので、会社へ注文しますのでとの事。
又、基本料金780円/月への変更もお願いした。
受付日と機種名等、担当者の印鑑を押して受付け控えを
渡された。
こう一度見ると、交換日が記入されていない。
いつ交換になるのかというと、
電話番号を聞かれ、携帯が着いたら、お知らせするとの
事である。
無料交換だからというので、仕方がない。
でも、通信会社の勝手で、携帯が使えなくなるので、
ランクの下げた機種で、お茶を濁すことを、監督官庁は
許しているのであろうか。
総務省はあの片山さんだが、民間からの登用などではない。
より官僚的な人材と思う。
同じく官僚出である国交省、岩手県知事からの増田総務相
の方が、通信事業者への指導で、うなづける事が多かった
と思う。
孫社長のソフトバンクの強引な商売のやり方に対して、
ライブドアの堀江氏への対応も厳しく対処し、

適切であったように思うが。

そこで、突然娘から電話があった。

おかあさんの還暦祝いをという事で、仙台市内の勝山閣へ食事に行く

ことになった。

結婚式もあり、中庭の廊下を花嫁が静々と、篝火の御前に向かう途中に

出くわした。

捻り口より入り、部屋の堀炬燵に四人が席を置き、軽く勝山の吟

醸酒も頂きながら、爽やかな風の吹く夏料理を楽しむ。

かえでの木に小さなかえでの葉が木漏れ日の中にそよいでいる。

そうだ。思い出した。

親戚の○ちゃんが、大震災の時、福島いわき市から、東北の

ファミリーーマート経営者が勝山閣に集まっていたことを。

帰りに家に寄るといっていた事を。

仲居さんに大震災について聞いてみた。

大広間に800人がいて、4階であり、その為に揺れが激しかったが

経営者達だったので、落ち着いて階段を避難されたと。

ただし、仙台市の宿泊予約のホテルが受け入れられないので、

車で、山形方面へ出て、時間をかけて、夫々帰られたと聞きましたと。

そう話しながら、本菜後の熱いほうじ茶が出てきた。

落ち着いた所で、最後のデザートに、杏仁豆腐の上にイチゴの生シロップ

とレモンを閉じ込めたレモンゼリーの冷やし物である。

卵蒸にあんかけもそうだが、すべてが裏ごしをしっかりして、舌触りが

滑らかである。

妻にはパンケーキに滑らかなアイスクリームを特別揃えてくれた。

帰りに、上杉公園の前の石井屋のパンを買ってきた。

お菓子系の味がするパン屋で人気がある。

いつもは、地元泉崎のエトフェのパンだが、エトフェのパンは

健康な味がして、ふわふわっとして安いし、うまうまである。

八木山の和菓子屋さんの二代目であるそうだが、この庶民の味と

安さは、伝統の香りもする。

お店を出ようとすると、電話があった。

AUショップ店からだ。

届いたと。

AU長町南店に行くと、私が手続きをしていると、

娘と婿殿が妻に携帯をプレゼントする事になっていた。

家族割でと。

当然住所も一緒であるから、運転免許証の提示だけで

家族割ができるので、契約してしまっている。

1週間ぐらいで携帯が届くそうだ。

私は基本料金980円/月に契約した。

(加算金200円で1時間/月、1、260円無料になるコース)

受信と通話とEメールのみに絞った契約にした。

あれよあれやの、あっという間の「できレース」であったようだ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011/6/30松本市「牛伏寺(ごふくじ)断層」 激震ー余震に注意。

2011/6/30松本市「牛伏寺(ごふくじ)断層」 激震ー余震に注意。
7月1日付

このブログを見て頂いている皆様に感謝します。

大震災前は一日5~10人のアクセスでした。

大震災後、富沢中学校でボランティアをしていたが、通電した
ので被災マンションに帰り、情報のなさと、その為の混乱を
避難所で見てきたので、3月17日頃から、仙台市の状況を
書いてきた。

すると一日500アクセス、1000アクセスと増え、市営ガス管
補修状況や地区毎の修理状況を書いてくると、2000アクセス
を越すまでになった。
4月には原発事故収束に向けて、放射能拡散測定状況、
地震保険の件や仙台市のボランテイアの仕組み、復旧復興の
方向性などを書いてきた。

アクセス数も2000を超えることもあり、その反響の多さに、
驚くやら、うれしいやらブログの更新をした。
5月の連休には、知人の家の本などの片付けのボランテイアを
しながら、ブログの更新をしていたので、一時は1000アクセスを
下回ることも度々あった。

しかし、5月の中旬からは、仙台市の被災マンションの支援制度
や放射線量の測定値等を書いてくるうちに、6月には2000
アクセスを超え、現在一日3000アクセスを超える日も何日か
あった。

うれしいことです。
7月になり、節電が本格稼動になり、真夏日が続き、電力量率
とエアコンの開閉が気になることでしょうが、
今後も、ブログを宜しくお願いします。

2011/6/30長野県「牛伏寺(ごふくじ)断層」 がずれた。
直下型地震、震度5強、M=5.4、負傷者13名。

本での圧死(男性43歳)1名。

それは、6月9日に政府地震調査委員会が発表していた断層だ。
ピンポイントで予測していたのだ。
大したものである。

政府の地震調査委員会は9日、東日本大震災後の全国106断層
帯への影響を分析した結果、
3断層で地震確立高まるとー政府地震調査委員会
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201106/2011060900915
宮城・福島両県の「双葉断層」
埼玉県・東京都の「立川断層帯」、
長野県の「牛伏寺(ごふくじ)断層」
の3カ所が動きやすくなり、地震発生確率が従来の長期評価より
高くなった可能性があると発表した。
具体的にどれぐらい地震が起きやすくなったかは分からないという。
 また地震調査委は、今年秋までに三陸沖から房総沖の海溝型
地震の長期評価に東日本大震災の影響を反映させると発表した。
 さらに、陸上の津波堆積物や海底の地殻変動の調査結果などを
積極的に評価手法に取り入れ、来年春までに東南海、南海地震の
長期評価を改訂する。
両地震は東海地震と連動する可能性があり、新たな長期評価に
基づいて防災対策を早急に強化する必要があるという。
 これまでの長期評価によると、牛伏寺断層(長野県松本市・
塩尻市、長さ約17キロ)で想定される地震の規模は、同断層を含む
「糸魚川―静岡構造線断層帯」が動いた場合にマグニチュード
(M)8程度と大きく、今後30年間の地震発生確率も14%と高い。

今回の地震がこの地震であるのか、この横ずれ地震が余震で、
今後本震があるのか、判断ができていない。
2,3日に後に、さらに大きな地震が来る可能性も否定できない。
注意が必要だ。
寝るときは枕元にヘルメットや避難用具を準備しておくものよいでしょう。

一方、、立川断層帯(埼玉県飯能市から東京都府中市、約33キロ)
はM7.4程度で0.5~2%とやや高く予想されていたが、牛伏寺
(ごふくじ)断層に誘発されて、地震の発生確率も高くなった。
東京直下型地震であるだけに、地震の規模に比較して、被害が
甚大になる可能性が高い。

因みに立川断層は、玉川用水路上で、太宰治が入水自殺したあの

玉川用水路だ。

太宰治は24年6月13日入水自殺、発見6月19日、直ぐに桐箱の御棺

に治められたが、相手の女性は、筵に巻かれた放置されていたという

事を思い出してしまった。

俳句では季語として「太宰の忌」「桜桃忌」がある。

ここ1ヶ月は様子見が必要だ。

さらに、福島第一原発事故で原子炉燃料棒の冷却が進まぬ中で、
双葉断層(宮城県亘理町から福島県南相馬市、最長40キロ)は
M6.8~7.5程度でほぼ0%。であるが、
 双葉断層は放射能漏れ事故が起きた福島第1原発から近い。
地震調査委事務局の文部科学省によると、想定される地震の
規模は変わらないため、耐震性評価には影響しないという。
阿部勝征地震調査委員長(東大名誉教授)は「科学的根拠に基づき
想定できるものは取り入れていこうという決意表明だ。
地震がいつでも近くで起きるという備えが必要」と話した。 

東日本大震災の地殻変動で活断層内の地震発生確率が高まった。

同委員会の長期評価によると、30年以内に地震が発生する確率は、
双葉断層は ほぼ0%、
立川断層は 0.5~2%、
牛伏寺断層は14%
とされていた事を考えると、地震学者が言われていることは信用
できる。
牛伏寺断層が発生したので、後の二つの断層の地震の確立が
どれだけ高まったかは、まだ発表されていない。

ただ気になるのは、4月11日に福島県で起きたマグニチュード7
の内陸地震は、東日本大震災によって同様の仕組みで誘発され
た可能性が高いということだ。
つまり双葉断層の地震発生リスクが相当に高まっている事だけ
は確かだ。
それにしても、汚染循環水装置の不手際が10日間も続いている。
福島第一原発は安定していると安心しているが、本当に冷却が
できているのであるか。
事故後2ヶ月経ってから「メルトダウン」であったと発表さらた。
今は、原子炉に水を入れてひたすら冷却するだけなのです。
祈るしかないというのは、なんと悲しいことか。

さて、東西に延びる「中央構造線」が、南北方向に延びた断層
「糸魚川-静岡構造線」と交わる場所での今日6月30日の地震。
もし、この地震は海岸線から遠いから原発は安心、などと思って
いたら大変な勘違いである。
胎動する地球の息吹きの次の一息で、東海地震、東南海地震、
南海地震のどれが起こってもまったく不思議のない状況にある
と思うし、火山の大噴火だって起こりえる。
「中央構造線」の西の端の周辺には、1991年に大噴火した雲仙
普賢岳があり、2009年に噴火した桜島があって、記憶も新しい
今年大噴火した新燃岳がある。
阪神淡路大震災の震源地も、この「中央構造線」上にある。
 火山の噴火と地震を切り離して考えることは適切でないように
思う。
火山の噴火も加味しながら、より地震の発生予測できるように
なればと願う。

もう一度、地震の備えを始めよう。

日本とイタリア地震予知責任で差
http://news.nifty.com/cs/headline/detail/jitsuwa-20110629-1209/1.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »