« 東日本大震災後 東北、今後の展望 | トップページ | 15.5m防潮堤・水門 岩手県普代村を救う »

仙台市授産施設流失ー運営できずー『助けて』

4月3日

仙台市授産施設流失ー運営できずー『助けて』

『助けて』
仮宿りの連絡先:
現在:共生福祉会「仙台ワークキャンパス」で作業を再開。
981-1102 仙台市太白区袋原5丁目ー12-1
電話:022-741-0998
FAX:022-306-2515

●※:支援者の連絡先:
「仙台ワークキャンパス」へ電話、FAXをかけて、
施設長、中村正利(78)へ支援をお申し込み下さい。

※支援の目的:
1.知的障害者を受け入れる授産施設建設資金。
2.施設に和紙作りやお菓子作りの機械設備購入資金。
3.授産施設運営の職員13人の給料の負担金。  

※支援方法:
 支援者の連絡先へ電話等で支援金などの送付方法や、
 何かできることがあればお問い合わせをお願いします。
 基本は下記の話を聞き、感銘を得たので勝手に書かせ
 てもらいました。

東日本大震災時、多くの人が津波に呑まれた地区で活動
していた仙台市若林区荒浜の知的障害者通所授産施設
「まどか荒浜」も津波の来襲をうけ、施設は全壊した。
現在は、上記の太白区袋原で「仙台ワークキャンパス」の
仮宿りを得て作業を開始した。
 
 地震当時44人の知的障害者が施設にいたが、日ごろ
 から津波対策として、防災訓練を重ねてきた。その訓練
 が役にたち、スムーズに避難できた。
 七郷小から七郷中体育館へ避難を移動しながら、近隣の
 被災者からも車椅子の移動などで応援を得て、通所者
 全員無事であった。しかし、避難後に施設に戻った女子
 職員が津波に巻き込まれ、亡くなったのは残念だった。
 そして、荒浜地区だけで、500人以上の死亡者数が
 あり、この避難行動は奇跡だ。
 河北新報社、読売新聞などに記事が載っている。
 まだ余震がある中での作業をしているが、知的障害者で
 被災者でも生活を成り立たせなければならない。

  人情の深いこの荒浜で再出発を図りたいと。

 私は何もできないが、全国の皆さんへ呼びかけること
 だけはできるので、このブログに掲載させて頂ました。
 是非、ご支援を御願いいたします。

●関連記事:
 「仙台市若林区」へ、避難所を内陸への移転要望したが・・・。
 (1万5000人)の署名を添えて要望したのに。

 若林区荒浜の被害も津波被害であるが、仙台新港から南側
 の砂浜と松林と貞山運河の連なる場所で、夏場は仙台市の
 唯一の海水浴場である低地と田園風景が広がる場所でも
 ある。
  居久根(いぐね)という座敷林に守られた小さな集落で、
  伊達藩時代からの農村風景の残る場所であった。
 偶然にも、10年ほど前に海岸線とほぼ平行に海岸線から
 4kmほどの距離に、常磐高速道と三陸高速道の繋ぎとして
 仙台東部高速道路の盛土築堤(H=6~10m)ができた。
 この高速道路に、3~5mの津波がこの高速道路の防波堤
 に迫ったが、高速道路のカルバートの口だけに流入してだけ
 で、その高速道路から500mほどで津波は止まった。
  田んぼに沢山のごみがあり、その痕跡が今でも手がつけ
 られていない。何年かは稲作りができないであろう。
 
  話を戻すと、仙台市若林区沿岸部で、指定避難場所の市立
 東六郷小1階が津波にのまれた。1階にいた住民は津波に
 流されたという目撃もあるが、被害は把握しきれていない。
  荒浜の町内会長の大友文男さん(79)は津波対策について、
 専門家を招いて勉強会を開いてきた。
  宮城県沖地震も津波が、東六郷小から500m内陸にある
 仙台東部道路近くまで押し寄せる予想を知った。
  去年4月と6月、高速道路を避難所とするよう、若林区や
 NEXCO東日本仙台管理事務所などに1万5000人の署名
 を添えて要望したが、受け入れられなかった。
  震災後、若林区民生生活課は「千年に一度の津波に備え
 るまではできなかった」と。同管理事務所は「自治体と協議
 しながら対応を考えていきたい」としているが、
 津波に呑まれた家族は納得できるだろうか。
 ましてや1万5000人の署名までしたのに。
 すばらしい町内会活動をしていたのに。
 因みに大友町内会長らは230人は道路に避難して無事だった。
 道路が防波堤の役割を果たしたと見られる。
 また、歩道橋に登って助かった人もおり、寒い一夜を過ごして
 自衛隊のボートで救助された人もいた。
 若林区長は知っているのだろうか。
 仙台市の5つの区長は選挙で選ばれたわけではない。
 あくまでも市職員からの内部昇格でのポストの一つである。
 仙台市も東京23区と同じように、区の特徴を生かせる街づくり
 ができるように区長を選挙で選ぶべきだとつくづく思う。

<a href="http://mb.softbank.jp/mb/information/dengon/index.html" target="_blank">災害用伝言板サービス(SoftBank)</a>

|

« 東日本大震災後 東北、今後の展望 | トップページ | 15.5m防潮堤・水門 岩手県普代村を救う »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504062/51289145

この記事へのトラックバック一覧です: 仙台市授産施設流失ー運営できずー『助けて』:

« 東日本大震災後 東北、今後の展望 | トップページ | 15.5m防潮堤・水門 岩手県普代村を救う »