« 福島第一原発(4基)封じ込めと今後の展望 | トップページ | 3月28日夜 仙台市避難勧告 緑ケ丘四丁目100戸 »

東日本大震災 仙台市の水道水 復旧と安全

東日本大震災 仙台市の水道水 

復旧と安全 3月28日

水道水の放射能測定結果 (速報値)

3月24日測定 (測定機関;東北大学)

採取場所 放射性ヨウ素 食品衛生法上 原子力安全委員会

      (ヨウ素131) 暫定指数値   暫定指定値  

国見浄水地  3     100        300

福岡浄水地  2     100        300

茂庭浄水地  6     100        300

仙南・仙塩  不検出

(太白配置所)不検出

● 仙台市の水道水は安全である。

 乳児は100以下で安全とあるが、

 軟水で粉ミルコをといだほうがいいようだ。

なほ、降水後は、川では濃縮しやすいので検査値を注目

 したい。

復旧状況

3月29日までに通水できる配水ブロック

金剛沢、八木山東、鈎取、八木山、

青葉山、折立、中山東

注意:

3月27日通水中止地区

太白区恵和町地区、若葉町15番、の各一部地区

理由:下水道から漏水があり、二次災害防止から

    至急復旧中

3月27日一部不通地区

太白区向山、萩が丘地区

理由:水系切り替え作業により一部不通。

下水道調整部:電話 022-214-8816

水道管計画課:電話 022-304-6030

●太白区内は3月31日内に概ね90%が通水できる

 ことになる進捗状況である。

 仙台市全体では4月15日まででほぼ通水予定。

 若林区、宮城野区の海岸部の復旧は見通しが

 立っていない。

  因みに、太白区泉崎地区(長町付近)は3月14日

 までは通水されている。

●八木山の団地の通水が遅れているのは、水道系統が

  違うからである。七ヶ宿ダムからの水を利用した仙南・

  仙塩広生域水道系からの水を利用しているためである。

  又、情報として、26日、八木山東通水。27日夕方松波町

  は通水。隣の恵和町は通水したら損傷箇所があったので

  、断水させている。

  それぞれ地区に、箇所でも違うので、口コミ情報で

  みんなと通水の喜びを語り合おう。

●交通機関情報

 仙台とのアクセスは、高速バスだけだ。

 仙台市内は仙台市バス、宮城交通バスで

 便数を減らして、大部分の場所へ通じる。

 タクシはガソリン不足で3割ほどの稼動か。

 仙台と東京、青森、酒田、新潟、福島、八戸、

 気仙沼、石巻、盛岡等便数は少ないが便利だ。、

 鉄道は仙台と他の地区とは運休のままだ。

 仙台と近距離を繋ぐのは、

 仙石線(石巻市)あおば通から小鶴新田駅(宮城野区)開通。

 東北線は岩切から仙台へは3月31日から開通予定。

 岩沼から仙台へは4月5日頃が開通予定。

  現在、黒磯から一関間が終日運休。

 仙山線(山形市へ)は4月5日頃開通予定。

 東北新幹線は那須塩原から盛岡駅までが運休。

 復旧は5月連休まで前に復旧できないか、必死の

 修繕作業をしている。

 運行の予定は3月31日までに

 山形新幹線 (福島駅から新庄駅)開通

 4月8日頃 東北新幹線(盛岡駅から一関駅)開通

 4月中旬 東北新幹線(那須塩原駅から福島駅)

4月末東北新幹線(福島駅から仙台駅そして一関駅)

 東JR、東北工事事務所の踏ん張りに期待したい。

 仙台市地下鉄南北線は富沢から台原まで14日には開通。

 台原駅から泉中央駅までは無料バス運行。

 理由は高架の柱に亀裂がみられるので、その修繕に

 時間がかかる。5月連休まで回復してほしいが、

 いつかはわからない。仙台市交通局は情報を出していない。

仙台空港は閉鎖中。復旧のめどが立っていない。

 米軍が津波の被災物、ごみ処理など懸命にしているが

 一階部の電源部が津波の被災で回復はできない。

 時間がかかりそう。発表はされていない。

●郵便・宅配

 日本郵便は被災地へのはがき、手紙、書留便は配達が

 難しい地域でも受付、各避難所を調査して配達する。

 これはすごい。返送もありうるがそれはしかたない。

ゆうバックは、青森、秋田、山形県内の全域、福島県の一部

 でえ集荷と配達が3月23日より始まっている。

 問い合わせ電話 0120-23-2886

       携帯  0570-046-666

 各宅配会社は同様であるらしいが、ヤマト運輸の宅配

 が届いたので書きます。

 宅急便は、岩手、宮城、福島県の一部地域では、営業所

 で荷物の発送と受け取りのみ対応と公式コメント。

 私は家は仙台市太白区泉崎地区ですが、神戸市、愛知県、

 東京の息子、友達から、直接、3月26、27日にヤマト運輸の宅配

 が家にあった。理由は泉崎営業センターが満杯で、宅配

 したほうが早いからと。ありがたい。

●朝、震度5弱の地震があり、津波注意報がでたが、津波は

 こなかったようだ。安心。

● 選抜野球で東北高校が強豪大垣日大に0:7負けた。

 よくがんばった。

●宮城県、仙台市太白区あすと長町3丁目で被災者用

 仮設住宅建設が始まった。完成は4月末が目処だ。 

 因みに岩手県は18日、福島県は20日に建設が始まった

 たのに、何故、遅れたのかわからない。

 支援策に慎重すぎていないか。自衛隊あがりの知事で

 あるのに、防災。危機管理のブレーンはいっぱいいると

 思うのであるが。

★因みに、石巻市亀山市長が仮設建設計画に不満

 県への要望は1万戸。

 決まっているのは1次着工分137戸だけ。

 仮設住宅の計画がないままで、避難者に説明できないと。

 村井知事は「やるやる」でなく、計画を早く示して、

 実行するだけだ。

初動動作は宮城県は遅れた。

  これほどの津波の被害を想定していないからだが。

 想定外の言い訳はもうこりごりだ。

 とにかく、防災地区の見舞いは、知事でなくてもできる。

 レンホウさんのパフォーマンスももういらない。

 谷垣総裁と村井宮城県支知事の選挙用ポスターの撮影

 用と思われるようなツーショットの被災地視察映像が

 放映されているが、何を考えているのか。

 国が一元化されていない。

 宮城県は自民党知事であるので、国からスポイルされて

 いるのか。或いは、国を相手にしていないポーズで自民党の

 支持集めに加担しているのか。

  絶対、そうであってはいけない。皆さんあとで検証してほしい。

支援の輪は広がっているのに、物資がいまだ回り切って

 いない。

 長い列がガソリンスタンドに今も続いている。

 復旧が遅いのだ。

深夜から朝方にあっけて氷点下の日が続く。

避難所で気仙沼だけで25人以上が死んでいる。

大半は低温障害、凍死だ。

生き残った被災者への物資輸送と人命救助が最優先

課題だ。

18日もたっているのに。政府はどうしているのだ。

避難所から帰った火の気のない我が家で寝たときの

暖かさ。

避難所は想像以上に寒いのだ。

現場は福島原発だけでおきているのではないのだ。

 国会議員は、大地震の復旧復興のための立法の策定に

 邁進すべきである。そこに国会議員の価値がある。

● 東京は28日午前10時 靖国神社の照準木で

  開花宣言がなされた。

  日に日に明るい話題が多くなることを祈るばかりだ。

    明日は暖かくなりそうだ。

 

 

 

   

|

« 福島第一原発(4基)封じ込めと今後の展望 | トップページ | 3月28日夜 仙台市避難勧告 緑ケ丘四丁目100戸 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504062/51236981

この記事へのトラックバック一覧です: 東日本大震災 仙台市の水道水 復旧と安全:

« 福島第一原発(4基)封じ込めと今後の展望 | トップページ | 3月28日夜 仙台市避難勧告 緑ケ丘四丁目100戸 »