« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月

ツイッター(Twitter) しているよ

2月20日

ツイッター(Twitter) しているよ。

検索は Twitter @akamamanabu でも見られるよ。

大桃さんのツイッターの件で ツイッター・つぶやき・120字のコメント

を知った次第。

山路さんにはなれないけどね。

あんなにいい声で、やさいいんだね。彼は。

こちらは、時代遅れのオトコです。

この軽さってないよ。

エジプト蜂起により、認証機関的なファイスバックも知って、登録

しました。

過去のほじくりではなくてね。

一番大切なものをあきらめたくないから。

肩の力を抜いて、世界を見るのもいいかなと。

そんな訳で、今日発信したツイッターを載せるね。

@akamamanabu  の名で。

2011.2.20四大大陸ファイギア女子、安藤1位、浅田2位、長洲3位とのこと。

はや 中国各地に 民主化集会の波が。デモを期待するする人々が1000人単位で、中国20地区以上で発生する。 当局は必死に防護する。中国インタネットでエジプト検索ですぐ、当局にダウン、切られる。中国バブル崩壊のXディはいつか。この流れを注意しよう。ババは掴まないように。
「戦車来る六四天安門広場」を思い出す。Xディは 6月4日 かもしれない。
中国のインターネットの取締りが厳しくなってくる気配を感じる。日本でも情報をサイバーテロをしている団体がある。その規制はなぜしないのか疑問だ。声を上げなくては直らないのか。

2011横浜国際女子マラソン、尾崎好美さん2時間23分代、マラソン界に新星現る、中里麗美(22歳)24分代、 初マラソン、小池門下永尾薫(21歳)26分代、いい大会だった。前の赤羽さんもいるが、いけるぞ。2011 8月 韓国 世界陸上選手権、ばんばれ。
横浜国際女子マラソンで走っている、尾崎好美(29)さん、期待通り勇勝か。あのツルもでているね。100m遅れで坂本直子が走っているが、消極的だね。高橋尚子さんの代りにでたオリンピック以来どうしたのか。これから大阪、東京、もあり、花盛りだが、強い選手がでないな。誰か飛び出せ。
枝野官房長官が飛行機で北方領土視察した。ロシア側の自重を促すためだとのコメント。とぼけている。昭和11年の原節子主演映画の蟹工場の映画でもわかるように、生活していた領土だ。戦後の9月1日に占領されたのだ。露「美人スパイ」来月、北方領土を訪問予定あり。政府よ。これでいいのか。

東アジアの緊張続く。尖閣事件だけでない。あおる訳でないが、中国は「空母キラー」を配備したと、人民日報が報道している。この報道は威嚇であるが、米空母の東シナ海への進出への阻止行動だ。中国の中華思想、地球の中心が中国だという思想がうねりながら行動が始まった。注意が必要だ。

沖縄返還の密約がばれたと外交文書公開で見つかった。1970年あのとき、有事の際、核持込を許可する密約があったと。朝鮮半島の不安定化のために、米国への韓国からの要望であったため。グアムか沖縄か、東アジアは今も変わっていない軍事緊張関係があることを忘れないことが重要だ。
日本に強いリーダーが必要なのに、菅首相の無策、民主党からも退陣の要求あり。内閣支持率15%以下である。不支持率75%以上だ。これでいいのか。自民党もみんなの党も、公明党、社民党、共産党も亡国党である。党のこと、自分しか考えない議員はいかがなものか。末期的状況だ。
中東諸国の民衆の蜂起は今後も続く筈。そして原油高、食料(小麦)等の高騰。珈琲の高騰になる。イスラム諸国の独裁政府の崩壊、王政支配の崩壊、何年後かに中国への波及、中国のバブルの崩壊に対して、政府は手を打っているか。日本のリーダーに強い指導力が必要だ。
こんなの変 、調査捕鯨中止。南極海で調査捕鯨船団が反捕鯨団体「シーシェパード」の妨害をうけて、政府、鹿野農相が船団の帰還を促す。妨害されたから、危険だから、逃げて帰るなら、当初から調査するな。犯罪行為に断固たる態度が必要だろう。尖閣事件と同じに曖昧にしてよいか。
こんな裁判 変。武富士元専務(息子) 逆転勝訴。ありえないのに。2000億円を国税庁が返すことになる裁判判例だと。日本在住がなされれていたかどうかで決まる贈与税の法律の穴を突く悪意有る犯罪行為に対して、課税回避に対して、最高裁判所の立法の対処変、どうなるニッポン。
以上が昨日と今日の ツイッター内容です。
120字で結構書き込みできるね。
このツールが世界を変えるのかな。
情報の波となって。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

 平穏の日々

 平穏の日々は続く。

とりあえず、玄関口にはミスタードーナツ、チョコ、シェイバーを

置いているが、ここ3日は何も起きていない。

 昨日は、昔同僚と月例会である。

仙台市から南へいくと仙台空港があるが、その国道四号線沿い

に岩沼市の警察署があるが、その対面の「そばや」が会合場所

である。横山さんの会津そばのお店である。

この一体は、全国チェーンのお店が連なっているが、一見して、

分かるような平屋であり、7年前に開店したお店である。

更科系のそばで、これはうまい。

横山さんが毎日打っている。

奥さんがてんぷら等の具を揚げている。運ぶ人もいる。

煙草は全店禁煙。20名程しか入れないお店である。

玄関口に灰皿があり、あいきょうがある。

この横山さんは俗にいう脱サラ組である。

48才でおじいちゃんになったので、岩沼に家を建てたし、

心機一転、会津に入って半年程、修行してお店を開店した。

お店は木曜日が定休日であるので、第三の水曜日、

六時から九時までが定例飲み会会場となる。

出席者は八~十二人位である。

アサヒビールで乾杯、

それからは、会席並みに、前菜から、魚の煮付けまで、

つまみがいいタイミングででる。

お酒と焼酎がメーンであるが、最後までビールの御仁も

いるので、会費3000円では赤字であろう。

仙台市市内の、禅 等では 8000円は下らない筈だ。

年末は、松島牡蠣を持参した御仁もいたので、てんぷら

や酢のものや土手鍋用にも料理をしてくれた。

海の工事会社であるから、牡蠣の量も伊達でない。

締めは 更科ざるそばがでる。

富谷町、多賀城市、七ガ浜町からも来ているが、酒を呑まない

御仁もおり、交通の便は気にならない。

私は、東北線の長町駅で降りて、歩いてのご帰還とした。

昨日は雪も消えて、夜も寒くなかった。

美味しい更科系 会津そばのお店なので、

近くの人は 是非ご来店をお願いしますね。

さて、俳誌で企画ものがあり、同人作品の鑑賞が決まった。

例としてあげておくね。

 俳句 解体新書

 解読人 赤間 学

 擂鉢を押へる膝や春祭  小林邦子

 この句を読んだ瞬間一気に立ち上がる香気、擂鉢

 から擂粉木の山椒の発するスパイシーな飛沫、黒胡

 麻の擦られる香ばしし香のザラザラした感触、胡桃

 の甘い香を引き出す滑らかな手触り。それは立ち上

 がり来るみちのくの春の息吹でもある。

 それに対し、戦後復興期の村祭りの子供達の華やぎ

 と豊饒を祈る季語、春祭を配して揺ぎない。

 作者は「擂鉢を押える膝」と端的に表現する事に

 より、昭和三代の母の姿を、黒光りする板の間に車

 座になる大家族の姿をも表現して見せた。

 祭りは夏の季語であるが、この句は北国の人が待

 ち望む春の訪れと、かって出稼ぎ先から帰ってきた

 人々や父母を案じて里帰りする人々の哀愁等も内包

 し、まさにみちのくの俳句である。

 ふつふつと身ぬちの野生枯尾花  小林邦子

  日本中の空地が芒原であった時代があったが、戦後

 、外来植物の背高泡立草と同じ生態系で生息すること

 から圧倒されてきたが、平成になり外来植物撲滅運動

 の影響で、勢力を盛り返しつつあり、未曾有の光の中

 で、いまも仁義なき戦いをしている。

  句意は眼前の枯尾花に、己の抑えきれない野生の

 迸りを感じてしまうという心象俳句であろう。

 「身ぬちの野生」とは文明社会に発達した科学的思

 考と対局にある原始人類の共通の感性、生きる為の無

 意識の感情、さらに宗教、民族、人種、国家、家族、

 親子間の生き残りの争いをも彷彿させる言葉である。

 「野生」は抽象的な言葉の持つイメージの拡散とい

 うより、人間を含む生命の本質にかかわる思索的作

 品へと飛躍させる引き金として働いている。

 では、平穏な日々が続きますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第三弾 シェィビング事件が発覚

第三弾 シェィビング事件が発覚した。

2月15日(月)の朝、また玄関口に紙袋が置かれてある。

外からも分かるように、きれいな茶色の紙袋の中にシェィビングが

置かれてある。パナソニックの大きなマークがあり、ビニールの

包装もそのままであり、どうみても開封されていない新品である。

因みに、チョコとライターの入ったビニール袋も玄関口に置いたま

まにしていたのに。

このシェィビング電動機を置くときに、13日に置いたチェコ袋が、

そのまにしておいたので、今日置くときに、間違いだったら気づく

筈であると思ったのだが。

他所では贈り主のメモがあるのが普通らしいが。

落し物として警察に届けるしかないかな。

仙台南署管内では、1年間に1000万円程の落し物があるらしいが。

とりあえず、そのままにして置く。

昨日から、訪問の人は玄関に袋があるので、変だなと思ってい

るでしょうが、過度に反応はしない方がいいように思うので。

気分転換に、私の俳句結社「滝」について書きましょう。

なぜなら、昨夜、2010年3月12日日曜日付けのー俳句空間ー

豈Weekly の関 悦史氏の記事を読んでいたら・・・。

現代俳句協会青年部勉強会での「田中裕明《夜の形式》とは何か」

第一部 四ツ谷龍 講演 に対するつぶやき記事であったから。

つぶやき記事と云えども中身の濃い記事である。

因みに、田中裕明氏は1959年生まれ、2004年没の俳人で

、角川俳句賞受賞で一番活躍されていた方と思うが、惜しい。

《夜の形式》とは「時間の久しさ」自体のことであり、《昼の形式》

は日向ぼこをしている時間とでも解釈しましょうか。

 講演者 四ツ谷龍氏は、「滝」菅原鬨也主宰が2月月例定例句会

で「鷹」の同人時、鷹誌上で対談したことの話に及び、藤田湘子主

宰との関わりを懐かしく話されていたので目が留まったのである。

ブログでは2月句会の中に内容等も書いているが。

 話を関氏の記事に戻ると、夜の形式、昼の形式に関しては難しい

解釈がなされているようで、私には理解不能だ。

丁寧に説明しておられるのであるが、私にはちょうと難しいという

ことです。

 そこで雑談風に話題に上っていたのだが、眼に留まったのは

田中裕明氏の角川俳句賞受賞作「童子の夢」が掲載された「俳句」

昭和57年6月号を見たので、その見方を書かくという文章である。

このときの選考委員は飯田龍太・桂信子・岸田稚魚・清崎敏郎・

角川春樹。

 田中裕明氏の他に、作風の違う稲富義明氏が農村生活を描いた

一連で同時受賞していると。

どちらも特別強く支持した選考委員がいたわけではなく、討議の末、

飯田龍太が田中裕明を1位、桂信子が2位に推し、清崎敏郎と

角川春樹が稲富義明を推して、3、4篇が団子状態であった中から

上位2人を同時受賞としたようだと。

(ちなみにこの回の予選通過者には菅原鬨也、大石悦子、三村純也、

黛執、長谷川櫂、辻桃子といった名も見られる)と括弧付記されている。

第28回が田中裕明、第29回は菅原鬨也、第30回は大石悦子が

受賞している。

俳句に馴染んでいる方々は、各全国俳句大会の選者として有名になっ

ておられるNHK俳句選者の三村純也氏、黛執氏、

NHK俳句王国選者の辻桃子さん、青森県弘前市の隣、藤崎町に

横浜市から移住されてこられたようですが、美術をなされている方

らしく、佇まいが美しい。

 又、読売新聞の2面左下の「四季」の筆者 長谷川櫂氏、

元読売新聞記者、現在は朝日俳壇選者でもある。

因みに、私が初めて兄の勧めで全国俳句大会等に投句したのは

第50回 松島芭蕉祭全国俳句大会:県俳句協会、松島町主催であり、

「暮れてなほ暮れ行く秋やみちのくは」 学

の句を中央選者 長谷川櫂氏が特選一席に選んでくれまして、

句の講評までしていただいた方です。

つまり、私にとっては長谷川櫂氏は「俳句の神様」という処です。

しかし、三村、黛、辻、長谷川、は角川俳句賞には縁が無かった。

逆に、長谷川櫂氏は現在の角川俳句賞の選者になっている

意地悪な人生の巡り合わせになっている。

 

 ここまで読んでくると、分かると思うが、

第29回角川俳句賞の受賞者菅原鬨也氏の俳句結社が「滝」なのです。

河北新報社に勤務中の受賞でした。現在、その文芸部に居られるのが

句集「邂逅」「膝蓋腱反射」等の石母田星人氏で、同人でもあります。

 俳誌「滝」主宰菅原鬨也氏について、「俳句四季」等の選者で活躍中

でありますが、今後益々俳句界をひっぱていかれる存在と思います。

 そんな中で俳句の道を進む機会を得たのは、八戸港の工事現場

にいたにも関わらず、人集めの為に入会させた兄貴に感謝かな。

最後に田中裕明 「童子の夢」作品の気に入った句を載せておきます。

 春昼の壷盗人の酔ふてゐる

 あゆみきし涅槃の雪のくらさかな

 午後もまた山影あはし幟の日

 草いきれさめず童子は降りてこず

 葡萄いろの空とおもひし貝割菜

 宿の子の寝そべる秋の積木かな

 待春のほとりに木々をあつめたる

それにしても、玄関口に名を告げずに贈り物を置く行為は

止めて欲しいのであるが。

生活には困っていないのになあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

風葬

ミスタードーナツ事件、チェコ事件、バレンタインの日の今日

玄関口に置いたままの「チョコレート袋」は変らず。

かわいそうに。

家を間違ったようだ。

手口からして十代の男の子の置いていったものと思われる。

高校生らしい気がする。

とりあえず包装紙も開けた痕が見られないが、破棄処分して

おきましょう。安全安全。

新作俳句を掲載します。

表題 風葬

★ 藁にほや農婦の奥の雲眩し

★ 海に石投げる工事や船氷柱

★ 凍空へもっこの土を下しけり

★ 津軽平野の凍てつゐて三四人

★ 縄文人の骨の飢餓線冬銀河

★ 冬の川卵の鮭の動く眼

★ ぼたん雪狼いまもゐる如く

★ 春の月風葬である神の島

★ 草萌や大河は空に蛇行せり

★ 戦争の知らない子らや土筆んぼ

★ 春あの花へ行く足でありにけり

★ ひとひらの花あればよし逝く母に

★ こもごもの風になりたり卒業子

★ 木の芽張る全山いよよ風の中

★ 踏切の青空停る彼岸かな

★ 母の声聴きたくなりし桜餅

★ 春雨や剥落続く曼陀羅絵

★ かすみ草写生写生と云はれても

★ 大空よりわだつみの声さくら貝

★ 楡の風ひと夏だけのコンサート

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ミスタードーナツ事件 パート2

ミスタードーナツ事件 パート2

また、事件はおきた。

2月12日(土) いつものように 朝六時玄関に新聞を取りにゆく。

昨日のこと、玄関口にダンボールがあり、中にミスタードーナツ

10個入れの箱があった。テープを剥いだ痕もなく、見た目は

買ってきたばかりのようだった。

 今日は ビニール袋を四角に丸めたものがあるではないか。

中は赤い色が見えるが何かは判別できない。

ちょっと待て。またかよ。

なんなんだ。

気持ちが悪い。

そのままにして、新聞受けから新聞を抜き取り、居間に

きて、頭を覚ます。

居間は、マンション購入前からウッドフロアーに注文してあるが、

椅子とパソコン二台とプリンターとスキャンを置ける組み立て用

パイプ机はあるが、住居では炬燵生活であり好きなのである。

襖越しの隣室の小さな床の間のある部屋は、畳敷きで、その部屋

との床面高さは同じになるように、バリアフリー設計し、注文した。

 話を戻すと、例により、寝覚めの珈琲をドリップしながら、カーテン

がやけに明るい。

開けると、一面の雪、道路の向こうは、サニーライフ、老人福祉施設

の職員が広い門から奥の玄関口までを、雪かきをしているのが見える。

さらに横に目を転じると、大きな駐車場でも、カラフルな大きなスコップ

で雪を掻きをしている。

約10cm程が積もったようだ。雪は止んだ。

 少し落ちついてきたので、玄関にいき、軍手をはめて、ビニール袋を

開けてみる。赤いものは、硬い箱が二個と板ガムの紙容器ぐらいの

大きさのチョコ一本とピンクのライターが二個、点けてみると、

弱弱しく火が点く。

あれ、これって、チョコレート。

目を近づけるのも、まだ少し恐怖があるので、遠目からしか見ない。

間違いなくチョコレートである。

2月14日(月)がバレンタインディーだ。娘はおとといチョコレートを

呉れたが、金色のテープとカバーのあるものである。

玄関口のチョコレートは、コンビニで若い人が普通に食べる

ために、買うようなものである。包装もされていない。

 そうだ。今回は、小さいので玄関口に置いていても気にならない

ので、そのままにしておこうと。

不思議なこともあるものである。

いまだ、だれからも連絡がない。

 昨日からの一連の玄関口に置かれる事件、

ミスタードーナツ事件、チョコ事件といい、

理由がわからない。

相手がわからない。

連絡がない。

そんなに困っていないのに。

 ただ、このミスタードーナツやチョコの感覚から、十代半ばの

感覚であるような気がするが。

相手を間違われているのかもしれない。

とりあえず、チェコはこのままに玄関前において様子をみよう。

ただし、マンションは防犯カメラが五台設置されているので、

それを開示させれば解決するが、その開示費用がかかるので

、悪意っぽくもないので、少し様子をみるのがいいでしょう。

 そうだ。BSテレビを点けたら、エジプト、ムバラク大統領

が退陣。副大統領下で選挙を行う。政権の行方を左右

する軍(アメリカから軍に年間約1000億円の援助がさなれている)

が大統領の指示に従わず、警察と違い、中立を貫いている。

アメリカの影響下に軍部がある。だから安定しているのだ。

 テレビではカイロの群衆が、広場で歓声を上げている画面が

躍っている。非暴力での革命、民衆は自信を深めている。

アメリカの中東安保の行方、イスラエルの動向、アラブ諸国、中国

へのこの民衆の改革、インターネートの情報波及はどうなる。

オバマ大統領の力量が問われる。

 こちらも目が離せない。

 それにしても、みっともない日本の北方領土四島・ロシア政策。

前原外相の落しどころが見えない声明、それに提灯を付けた

菅首相の発言がロシアの政府関係筋の反発を招いた。

日本の突然の北方領土発言で「中国、韓国の投資を促す」

とロシアの対抗策にて反発。

ロシア政府は前原・菅・氏の「暴挙」発言に反発したのだが、ロシア語

は人称も六人称で分けられるぐらい、緻密な言語体系をもっているので

曖昧な訳語にはならない。誤訳はない。ごまかしはできない。

大統領選挙がらみでプーチン首相も北方領土訪問予定とか。

本来、日本はロシア政府筋を北方領土問題解決に持ってゆく

のが、日本外交の本筋であるのに、ロシア側から焦点を

ずらされている。

政府は戦略がないように見えるがそう見るのは私だけだろうか。

 腹の立つ話だけではない。

スポーツの話題の華やかさ。

日本人の若い芽吹きが始まった。

日本ハムの斉藤祐樹さんなどマスコミの注目されているが、

一向に動じない。すごいなあ。

遼くんもアメリカに飛んだ。今年はドライバー平均300ヤード越えだ。

ニ打目がいかに小さなバンテで打つかが大切だ。

それが、バットまでの距離に影響する。入るのは偶然のようで、

緻密な二打目の正確なショットから生まれえる。

それがいいスコアに繋がってくるのである。

今年は勝負か。狼ヘアーでもいいよ。

 昨日の井岡のボディー一撃がすごかった。テレビで見ていると

一瞬何があったのか分からないうちに、40戦無敗の王者オーレドン

が苦しそうにマットに沈んだ。井岡叔父きも切れ味鋭かったが、

甥っ子井岡はその上を行く逸材だ。七人いる日本のチャンピオンで

一番面白い存在に躍り出た。

今後も注目してゆく。

リングサイドに「あしたのジョー」の映画看板あり、

ジョー役は山ピー、丹下親父の香川さん(話題作へ出ずっぱり)、

力石の伊勢谷さん、体脂肪率 5%とのこと。

すごく割れた腹だね。懐かしくなるファイテング原田、面白そうだ。

因みに、大学の担当教授が元東大ボクシング部ということで、

卒論実験をおろそかにするとシャドーボクシングで威嚇された

ものである。

ト蔵(ぼくら)教授元気かな。

還暦祝いを卒業生でお祝いしたら、頭髪を真っ赤に染めてきて

、大学教授に似つかわない風貌でもあったが。

理科系でありながら、宮澤賢治のふるさと、岩手県東山町での

「石っこけんさん」祭りでは「童話にでてくる冷害の話」等の講演

に来たりしてお迎えしたことがあったね。

因みに、宮澤賢治は、晩年花巻農学校を止めて、現在の

三菱セメント東山工場へ石灰岩を供給している東北タンカルという

会社へ2、2年勤めていたようだ。冷害に耐えうる田んぼにするため、

土に石灰岩が入れて、酸性土壌を中性化するためだが、その石灰石

の営業マンになったのである。

因みに、昭和28年から現在まで続く賢治ブームであるが、

この事実を知っても賢治が好きであるといってほしいね。

ある時期、賢治は東京にいった一年弱の時があるが、それは

宗教、浄土真宗の信徒である宮澤家の父から怒られたこと、

国柱会への入会の件である。最右系の神道にのめりこみ

童話を書き始めたのは、賢治が現場でその教義普及するより、

田舎に帰って、一般の人向けに分かるような教義を書いたらと

副会長より指示されたことによる。

つまり、急進的な賢治に対して国柱会はお払い箱にしたという

ことなのである。それが我々には良かったのであるが。

誤解を招くかもしれないが、このような行動を起こす賢治は、もし

生きていたら、斉藤茂吉さん等と同様、戦争賛美の文章を書い

たのではないかという疑念を私は持つ。

去年、仙台文学館で第50回土井晩翠賞(現代詩の賞)を最後に

割愛するということで、その賞の振り返るシンポジュームが館長

故井上ひさしさんから交代した小池光(歌人、読売歌壇選者)が

司会になり、岡井隆氏(歌人)清水哲男(詩人)等の出席中で資料

を交えて討論されていた。

この会には100名程、出席されていて、パネリストの詩人が忘れた

が、時間が無く終わってしまった感があるが、もしこの記事を見てい

たら、その変の事情を詳しく教えてほしいものであるが。

賢治愛好者の皆様、詳しく調べてみてはいかがでしょうか。

賢治愛好者の皆様すみませんでした。

企業後援は三菱マテリアル(旧東北開発)であったので、出店で、

定価500円の金粉箱を、100個を買って、お歳暮に、お得意様

に配ったら喜んで頂いた。お屠蘇に入れると豪華になったと。

またト蔵教授の教え子には賢治も教えた、あの県立花巻農業高校で

教鞭をとっていた先生もいた。

科目は土壌学や園芸ハウス構造における軽労働作業用構造物の

システム開発、基本の灌漑排水、道路、農業用ダム、橋の設計等を

教えている、いまでも学校の玄関の一角に賢治が使用した

オルガン、セロが置かれた一軒家があった。

黒板に白いチョークで「雨ニモマケズ」と書かれていましたよ。

北上川河畔のイギリス海岸へでもいったのでしょうかね。

 そうそう。戦後の八郎潟干拓、十三湖干拓等の大規模稲作

農業の、米あまり状況とその転換の時期に、私は遭遇したので

あるが、考えてみると、先見の明がなかったと言えよう。

話がそれた。

挑戦者 マリリン 全勝だ。

元チーム青森にも勝った。

カーリング日本選手権、

LS北見、マリリンのあの天然の明るさがいいね。

少し太ったかな。地元に帰って若手と一緒になって戦う。

こんなに早くチームが育つなんて、まだ勝たなくてもいい。

伸び伸びと戦えばいい。

バンクーバーのスキップの目黒萌絵さん、みちのく銀行勤務は

寿退社で地元北海道へと帰ったとのこと。

ことらも地元に帰ってチームを造るのかな。

一応大学の後輩にあたるので気になっているが。

でも、カーリングといえば、やっぱり マリリン でしょ。

決勝もがんばれ。

 球春である。

選手の動向が報道されている。楽天の田中マーくん、

星野監督、松井選手、岩村選手、アメリカで苦労したからね。

新人の八戸工業大出の塩見がいいみたい。

開幕はやはり岩隈選手か。来年は大リーグか。

西部は早稲田出の大石選手がいいらしいね。

本格派で先発へチェンジ中か。

肩のスタミナがどうか。慣れだけだよ きっと。

高校時代も大学でもあまり投げていないので かえってチャンス。

花巻東の雄星投手も元大久保コーチと肩の故障からも開放され

たか、ビンビンきているね。躍動している。

片岡選手も今年が一流かの瀬戸際だ。

巨人は、去年新人王の長野選手が顔面にデットボール、

打撃ピッチャ しっかりしてよ。

沢村選手、地肩が強そうだね。江川みたいに手元でホップする。

体重が乗ってくれば、さらに直球に伸びの磨きがかかる。

度胸がいいね。中央の先輩阿部捕手のアドバイスを得られる

のは、得。

5年目田中、3年目大田の打撃が期待されるが、イマイチか。

大リーグでは、松坂投手、今年は万全だとの噂も。

上原投手は残れて よかったね。

仙台市出身の斉藤隆選手もしぶとい。年を感じさせない。

先輩の佐々木投手よりは長くやれたのだから、

今年を最後の年として がんばってね。

斉藤投手の親父さんと 夜の国分町で合えば、知らない人にも、

斉藤投手の話題を投げると、気前がよくなるという噂もあるよ

さて、事件の行方をどうなるか。

 

追伸:BCテレビ、午前11時から、NHK俳句王国を見る。

坊城俊樹選

投稿句:自由題 入選10句に選ばれる。

     鼻先に航空母艦大根引く

そこで坊城さんが、10句の中から、特選句3句を選ぶのであるが、

坊城さんは、一番先に掲示されている短冊の隣に特選のマークを

持ってゆくではないか。間違いでしょう。

つまり、特選に選句される。宮城県 赤間 学。テロップつき。

坊城さんの句評は大根は、三浦半島の三浦大根だねと。

司会の愛ちゃんが、ええと・・と、口ごもっていたが。

きっとこの方宮城県の人ですよとでも、いいたげだったようだが。

坊城さんは虚子氏のひ孫で、鎌倉と縁があり、そこから三浦半島

が伸びている。厨子市、横須賀市があり、航空母艦が冬空の晴れ

きった群青の海を行く風景を見ていたのであろう。

大根は有名な三浦大根とある。

正月用に大根引く夫婦ので忙しく働く姿が見える。

現在の日本の風景だ。

いい写生の俳句ですねと句評していただきて、終わる。

サンキュウである。

いい日であるが、事件はいまだ解決せず。

バレンタインの日まで待たなくてはならない。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

仙台発 ミスタードーナツ事件とは

仙台発 ミスタードーナツ事件とは

2011年2月11日(金) 祝日、建国記念日、午前六時に読売新聞

を取りにいった自宅マンション玄関口で、仙台発 ミスタードーナツ

置き引き事件が発生した。

善意の贈り物か、或いは・・・事件の匂いもする。

 事件の真相は、玄関の扉を開けた瞬間、目の前にダンボール

が置いてあったことから始まった。私はとっさに、いやな予感がした。

さっと、新聞受けから新聞を抜きさり、玄関を静かに閉めた。

 いやな予感とは、突然浮かんでくるものである。

一番先に浮かんだものは ダンボールの中に子猫か子犬が捨てて

あるかなと、さらにますます妄想が高まり、

「檸檬一果爆弾程の夢を持つ」という句を昨晩作った性かどうか

ダンボールの中身は爆弾が仕掛けれてあるという確信的恐怖が

駆け巡ったことである。

ちなみに、ダンボールは500ml缶ビール入れの箱の大きさである。

 気を落ち着ける為に、一度居間に戻り、テレビを付けた。

みのもんたがスポーツ解説の元気な女子アナをいじっている。

ズームインすると羽鳥アナが、東京の雪を見ている画面だった。

四月からフリーになるらしいという噂を思いだした。

 我が町仙台市太白区の空を見たら冬の青空が澄き通っていた。

東京は雪かと、8チャンネルを押すと、軽部さんと愛ちゃんが

ゲームのようなことをしていた。エぇーと、あやパンはいない。

大塚さんだけじゃ、花がない。女子アナの劣化が進んでいるフジ。

なんちゃって云いながら、チャンネルを押しつつも、頭から現実の事件

が離れない。

 どうすればいいか。

 そうだ。とりあえず、玄関前のダンボールの中身は何か、

見極めなければならない。

もし開けた瞬間、爆発したら。

開けた瞬間、猛毒ガスが噴射したと考えると。

このままそっとしておいた方がいいとも。

 誰が置いていったのか。

たまに白菜やきゅうり、唐黍、かぼちゃ、が置いてあることがあるが、

今回は中身が見えない。

 仕方がない。ダンボールの中身を確認するしかないのだ。

決心はしてみたが、玄関口にあるダンボールの外見を観察するには

少し勇気がいる。足ずりしながらおずおず進む。

観察を始める。コードはどこにもないな。

ダンボールには、桃のマークと、天然水と、ペットボトル二十四本入れ、

い・ろ・は・すと書かれてある。

もっとしっかり観察すると、シールが貼られている。

納品伝表らしいシールである。

納品日11年02月08日、05便、LW 仙台南 513-06 コカ・コーラ

 い・ろ・は・す 発売24本 定価100円とインク記されている。

ダンボールの上蓋は剥がしたり、擦ったりしたあとがある。

十字に組んだ上蓋にガムテープ等は貼られていない。

 ダンボールは約20cm×50cmの箱であるが、持ち運び用の

楕円形の穴が開いている。

そうだ。ここからそっと覗いてみることにする。

ダンボールを動かさないで、覗くには、身を玄関の床に伏しながら

体勢を低くしなければならない。この体勢はきつい。

覗くと、白い箱のようなものに赤い模様が見え、ダンボールの半分

は空になっている。

 そうだ。これならば開けても爆発はしないであろう。

そっと上蓋を開けてみると、中は、細長い白い箱であった。

その箱の合わせ目には、Thanks と記してあるテープが貼ってある。

 ダンボールの中には、ミスタードーナツ10個入れの箱が

入っていたのだ。

取り上げて見ると、「投票総数23万票. ドーナツBEST5」とあり、

ポン・デ・ダブルショコラ、ポン・デ・ショコラ、ポン・デ・クランチショコラ、

ツイスト、きなこボール、オールドファッション抹茶、

オールドファッション抹茶チョコ、ダブルショコラファッション、

ショコラファッション、の絵があった。

その絵に「高校生だった頃、毎日食べていた。」

「ミスドといえばツイストでしょ。」

「もちもちとしてしっかりチョコを楽しめた。」

「このおいしさが2個目を買わせるんですよ。」

ハートマークの中に、いろんな感想が書かれてある。

 やっと、誰かがミスドを置いていったのだ。

今、昔バージョンのミスタードーナツを1個100円でキャンペン

中なので買ってきたということか。昔を思い出して。

ミスタードーナツをプレゼントするために玄関口に置いていった

ということか。

 それにしても何かふに落ちない。

 振り返れば、昨日は6時に帰ってきて、後は玄関を開けていない

ので、午後6時から翌朝の6時までの空白の12時に起きたミステリー

・ミスタードーナツ置き引き事件である。

 それにしても、何故、犯人は名前を告げなかったのか。

夜9時以降にもなり、ピンポンを鳴らすのは失礼に当たるからか。

それなら、連絡はこれからあるのかもしれない。

とりあえず、ダンボールごと居間に持ってくる。

・・・9時になったので、可能性の一番ある近くに住み姉に

℡した。しかし、今回は空振りである。

娘に電話したが、出ない。

30分後に℡をかけてきたが、知らないという。

野菜などを持ってきてくれる町内会の皆さんにも電話をしたが、

違うという。

考えてみると、単純には、犯人は名前を告げなくても

分かるような身近な人であると推測されるが。

 待てよ、ダンボールで24本入れの天然水を買う家庭ということは、

若い家族か、子供が10代後半~30代である家族構成と推測される。

私はミスタードーナツを年齢的にはあまり食わなくなった年代である。

息子も娘も家を出ているが、よく知らない間に自分達の部屋に友達

が遊びに来ていた。

それで友達が帰省したりして、息子が入ると勘違いして、買って来て

くれたのか。

それは可能性が少ないが、友達なら電話番号を知らないので、連絡が

付けられないでいるのかもしれない。

ドーナツの数が10個であると考えると、そうとも云える。

なにせ今は2人だけであるので、ドーナツ10個は多い。

さて、どうするか。 少し、時 間 を 待 と お う。

 一時が過ぎた。

 ダンボールのシールが長町南とあったことに気づく。

森民ビル内の ミスタードーナツ長町南店である、

位置的にはモール店が近いが可能性としては長町南店だ。

 電話をしてみる。

アルバイトさんが出たので、店長さんにかってもらった。

感じのよい若い女性店長だ。

 ダンボールで買っていく人はいたか聞いたが、分からないと。

ケースに店のテープは貼られているが、責任がもてないので、

食べないほうがいいということである。

当然の返答でもあったが。解決はできない。

・・・・昼がすぎたが、連絡はない。

・・・・夕方5時になったが、今だ連絡はない。

ミスタードーナルは今も食べずに、居間に置かれたままである。

 さて安全が確認されて、食べられるように解決されるのか、

うまい珈琲を入れて待っているのであるが。

仙台の伊達直人さんからの贈り物ではないようである。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

中国のバブル、崩壊近づく。

2月8日

中国のバブル、崩壊近づく。

中国のバブル崩壊が10年以内に起こることがあると、

このプログでも書いてきたが、現実味が帯びてきた。

 中国のインフレ抑制の為の金利の上昇現象継続化へ。

1年物定期預金金利3.00%。市場貸出金利 6.0%以上

、インフレ率5%以上、中国発インフレにより世界で食料高騰。

日本にもあった投資用入居者無きマンション建設ラッシュ等、

いつか来た道の危険シグナル発信中。

 世界食料高騰による貧困層の民衆への打撃はチャニジア、

エジプトの暴動と連動した。さらに、民衆による暴動化の波が

アラブ諸国に波及し、政情不安から原油高、貧困民衆の

不満の矛先が、王政支配体制の崩壊に繋がると。

又、その民主化の波が、中国にも波及すると。

その解くカギは何か。

  メディア、情報革命である。

  メディアの変化が時代を大きく変えてきた歴史がある。

日本での江戸時代、読み切りの「かわら版」が町人に

情報をもたらし、新しい文化と趣向と文字社会の到来を

もたらした。ヨーロッパでは活版印刷の発明が市民に

情報の定着性と、学問の普及に貢献し、思想の統一

性をもたらし、新しい国家感による強力な国家の構築

に貢献してきた。占い、加持祈祷、魔女狩り等の偏見

を民衆から解放もした。

 2011年の現在にそれに変わる物は、ラジオから、

テレビ、そしてインターネットの普及だ。

 インターネットはたかだか20年前にアメリカナサの軍事

利用目的で開発されたツールである。

 2010年尖閣列島海上保安庁船への中国漁船衝突事件

のインターネットのYouTobuへの書き込み、情報漏洩問題、

等、国家機密情報の漏洩が簡単に起きる事態になっている。

 このインターネット情報の流れは、アメリカ発「ウィキリークス」

に見られるように、最高級軍事機密ペンタゴン情報までも、

一瞬のクリックで暴かれる段階に達しているのである。

 1989年6月4日の「戦車来る六四天安門広場」の惨劇

はノーベル平和賞の副産物をもたらしたが、衛生テレビ放映

での一部のメディア発信発だけであった。

 しかし、現在この事件級の暴動が起きれば、インターネット

の持つ即時性、さらに群集心理を巻き込んだ個人の感情を

団体行動へとかきたてる増幅機能を発揮して、より過激に

発生し、同時多発のテロ活動に発展する可能性が高い。

 ましてや中国である。2010年中国はJDPで日本を追い

越した。アメリカに次ぐ世界第二位である。人口比から判断

すると、個人資産は 日本の10分1の経済大国であるが。

今年になって、春節を迎え、銀座は中国人だらけである。

一人当り約10万円の購入額で、他の外国人の二倍であ

るようだ。 つまり、このことは中国は貧富の格差が激しい

国家であることを証明している。

  また、インターネット普及率から見ると、日本77%

韓国79%、台湾67%、香港70%、シンガポール74%、

中国30%、インド8%、パキスタン9%, 低い。

北欧諸国のスウェーデン88%、フィンランド83%、高い。

ヨーロッパのイギリス77%、フランス68%、ドイツ76%、

アメリカ75%

 中東諸国、アラブ首長国連邦65%、イスラエル50%

トルコ35%、イラン31%, カタール35%、クウェート35%、

サウジアラビア31%、エジプト17%、ヨルダン26%、

ブラジル38%、チリ33%、 ロシア32%、メキシコ21%、

が世界の普及率だ。

 この普及率の進捗が、世界の民主化の時間軸である。

もう一つの軸が貧富の差である。

この交点が高い程変革、革命のリスクが高い。

 ホームページ上で以上の事柄が起こるであろうと書いてい

るのは、企業人として生きてきた恩返しと思っている。

日本にもその影響下での経済リスクが高まっている。

その新しい流れがエジプトの市民の暴動から、

垣間見られるのである。

 最後の行き着くところは、インターネットによる情報の拡大に

よる中国民衆の蜂起に始まる中国のバブルの崩壊である。

中国のもうひとつの軸はモラルの軸である。

中国のバブル崩壊リスクを座標軸で示すと、情報量の軸と

モラルの軸である。

この座標軸の交点が高い%で交差したとき、崩壊リスクが

高まる。

 この中国バブルで損害を食わない為には、内閣も、企業も

個人投資家も含めて、アラブ諸国及び周辺国、中国及び

周辺国のインターネット普及率の進捗状況をその判断要素と

して採用すべきである。

内閣統計局はこの要素が及ぼす影響を事前に発表し、りスク

回避を図るべきである。

 
 わたくしでは情報要素が少なく、確率計算は不可能に近いが、

漠然とは「三分のニ」の法則が解決してくれる。

 アラブ諸国、中国のインターネット普及率が現在の30%台

から「67%」を越えた時、自ずから民衆に対して、情報

公開されて、市民の情報格差からの開放がなされる。

それによる民衆の行動がバブルの破壊を早めるのである。

「バブルは繰り返される」この法則を肝に命じるべきである。

 一方、私の提言は、予想される経済リスクに対して、内閣

、企業人、議員等によって、「強力なリーダー」によって、

中国経済崩壊という災害に対して、日本が経済損失を防止する

仕組作りを急げと云うことだ。中国に投資している資金、進出

している企業のリスク回避を図る仕組み作りだ。

そして世界同時不況下でも、耐えうる国家を作って置く事である。

貿易拡大は必要だが、食料安保の確保は重要だ。

 そんな国を作る強力なリーダーの出現を待っている。

 今日の読売新聞の一面は「中国の無人都市、群がるマネー」

「小沢氏3秘書、無罪主張」陸山会事件元3秘書公判、冒頭

陳述要旨掲載。

大相撲春場所中止決定、八百長問題の調査を待って、解決する

まで本場所の開催を中止すると。

愛知の反乱。

民主王国愛知県知事は河村たかし氏と連合した

元自民党県連会長大村秀章氏、名古屋市長は

河村たかし氏。3対1の圧勝。

裏に小沢元民主党代表の影あり。だから当選後は連携が

必死の情勢になる。

、さらに大阪府知事橋本徹氏「大阪維新の会」は今年の統一

地方選挙への対応を強化中。この動きにに対して世論調査

では、市民は反対の意思を示している。

世論調査結果は首長新党の手法好ましくない53%。

分かりにくい状況である。

この一年半の民主党政権・特に菅内閣の迷走、瞑想

が影響しているものと考えるが。

 強力なリーダーはいないのか。

市民は、強力なリーダーを欲しているように思う去年今年。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

二月 定例月例句会 ライブ

二月 定例月例句会 ライブ開始

二月六日(日)仙台市戦災復興記念館で午前十一時より滝俳句会の

役員会あり。二十周年記念事業、五月の鍛錬会(吟行会)の打ち合わせ

、尚、社団法人俳人協会出版 「宮城吟行案内」の本の紹介あり。

定価千五百円也、十五冊完売。最後に編集部より、主宰と相談の上、

表題「滝俳句」「解体新書」の企画を発表。同人作品自選二句を同人

が二名(解読人)で鑑賞するという企画。

辛口鑑賞を目指すという趣旨でしたいと報告する。

さて定例月例句会の段取り通り進行し、

午後一時、各人の俳句に番号をつけて、名を伏させた一覧表の

コピー用紙が配布されて選句に取り掛かる。

今回は二句提出四句選で行う。

四十分程で選句用紙に、選者の名と、作品番号、作品を書き

提出する。その選句用紙を読み上げることを披講といいます。

選句時の一覧表には、点数、句番、作品、作者名の空欄があり、

披講するにつれて、作者名が判明、各人は点数を付けていきます。

結果として、最高得点から

十二点 語り部のふいの沈黙榾明り(ほたあかり)

  九点   如月の書架の裏より水の音

 九点  鉛筆の森の匂ひして真冬

 六点  オリオンやワインに浮かぶコルク屑

 六点  一滴の音より始む春の滝

 五点  風花や魚眼レンズに曲がるビル

 五点  百散ってなほ散り足らぬ寒椿

 五点  鋸で挽く木屑のにほひ寒明くる

 五点  多喜二忌の終夜を灯しひよこ飼ふ

 五点  東京の空に水脈あり大試験

気になった句

 三点 手袋の中の暗闇風を聴く

 二点 夕闇は壷を溢るる春の水

 一点 春浅し人形にある黒子かな

 一点 左義長の炎に暗き影を見る

 一点 職人の屋根歩く音寒の明

であったが、私の提出句

     ラガーの肉体白く発光せり

     やには息白くなり六波羅密寺

は零点。スコンクである。

ところがサプライズがあった。

句集「邂逅」で現代俳句中新田大賞、受賞の石母田星人

(インターネット俳句、俳句スクエアの同人らしいが)氏が、

十句選句することになり、其の講評の中で、いの一番に、

今日句会に来た甲斐があった、こんな句に出会えたからと。

  その句とは 

  ラガーの肉体/白く発光せり

ラクビー選手(ラガー)がお互いにぶつかりあうさまを表現して

おり、題材も斬新、表現も題材にあってをり、破調(五七五のリズム

でない調子、/の切れがありということか)が効いていると。

とりあえず、スコンクは免れた。

星人氏の今回の選句テーマは「俳句はきずきの文芸」である点から

選句したとのこと。さらに、職人の屋根歩く音寒の明の句がいいと。

屋根の音から寒の明けを感じることが斬新でいいと。マネがない。

発見があると、ちなみにこの句は私の兄(白石)の句であった。

因みに今年の宮城県新春俳句会で、NHK俳句選者高野ムツオ氏特選

 五六羽の小枝撓める淑気かな   があり気分をよくしている。

尚、星人の句は    夕闇は壷を溢るる春の水 

であったが、夕闇はの 「は」 が曲者であるようだ。

私はこの句を採った。 「夕闇」≒「春の水」の微妙な関係がいいね。

最後に二時間程かけて、主宰による約百句の○△評価とその講評

が始まった。 

ダントツの最高得点句の 語り部のふいに沈黙榾明り については、

星人氏も主宰も 無印。主宰の講評は「付き過ぎ俳句の典型」であり、

創作上で一番注意しなけばならないと。

語り部の(ふいの沈黙)=榾明りの構図

遠野物語の語り部を思い出せばいいが、其のときの風景は

語り部=囲炉裏端の火=榾明り  

これでは、詩性が生まれない。「なぞり」だけであるから

俳句創作上からは、この付き過ぎ俳句は面白味がない。

はっと我に返った次第である。私もこの句採っちゃった。

云われれば、いつも言われていることである。

因みに主宰は別の句 古書店の赤本鷹の鳩と化す の句を

採られた。赤本は過去の入試問題を載せてある本のこと。

この作者は、高得点でも、評価的には低いものであることを

十分に理解をしたようであったのが、幸いである。

主宰は私の句に関しては やには息白くなり六波羅密寺

の方を○としたが。空也上人の寺であるがそれには触れな

かった。ただ字ずら上、七文字の言葉を選んだようだがと。

これまたそっけない。俳句には其々の評価があるものである。

尚、主宰は 凍裂の木霊身にしむ朝かな の句の季語

凍裂について、傍題季語として使われはじめたが、いいのでは

ないかとも。それから話が飛んで、「鷹」同人時代に移った。

小澤實氏、小川軽舟氏のこの頃の評論について活躍状況を

話された。また以前、四ツ谷龍との対談時の逸話等、

そして藤田湘子主宰が四ツ谷氏の五七五におさまらないこと、

叙情をいらないとした作風等があっても、許したことや、

外国のカタカナ用語の俳句の多さ等の雑談に及んだ。

「冬の虹」の話題もあったようだが、ばあとして忘れた。

最後に俳句は「意味のある言葉は使わない」ほうがいいという

言葉だけが今日の収穫であったような気がする。

終了後、星人氏も加わり居酒屋で反省会となったが、星人氏は

ウーロン茶であったことを伝えておこう。

楽しい一日であったことは確かである。

帰って、大河ドラマ「江」を見ている、本能寺の変、信長はどこへ

消えたか、もし信長の首を見つけ、三条河原に晒し首にしたら

明智光秀は天下を取れたかもしれない。

本能寺から信長が忽然と消えたという事実だけが残った。

もしかしたら、出てくるのではという噂やデマが時代を分けた

のかもしれない。

では 今日はこのぐらいで。

追伸、昨日NHK松山から電話があった。マル秘とのこと。

二月十二日(土) 午前十一時より、NHK俳句王国の投稿句サイト

を検証してみては。

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2月定例句会に向けて

2月定例句会に向けて

句会は2月6日(日)仙台市戦災復興会館で開催。

今日、事務局の梅森翔氏よりファックスで連絡あり。

11時から12時まで、事務局会議開催。役員16名へ。

12時からは受付。出席予定者は約60名程、年齢は30代から80代迄で幅広く

男女比は3対7程である。つまり昔の美人が多いのである。

受付で、会計の遠藤、小林女史に句会の参加会費1000円を納付して、

自分の俳句を句会係の加藤女史に、俳句2句提出する。

今回は2句提出3句選か、以前は3句提出4選であったが。

その句を清記する。つまり名前を伏せて1句毎、番号を付けて

一枚の紙に書くこと。ただし俳句作者の名前は伏せておく。

俳句は当季雑詠(季節にあったものであれば、何でもいいよ.

又、兼題といって、句の中に兼題を使わなければならない

という決りは採用していませんので、ご自由にどうぞ)

 13時に開会、教室のように対面方式に席を作り、主宰を中心

にして句会進行係の赤間白石氏、各人の俳句が何回選ばれ

たかを発表する点盛り役の梅森氏、主宰の各句に対し○△

評価を発表する鈴木三山氏が席を占める。

 そこで、そのコピーが各人に配布されて、13時40分まで

3句選句して、選句用紙に自分の名前を書き、選んだ俳句の

番号と俳句を書き提出する。

 この選句用紙を、10名程集めて、披講者が句を読み上げる。

読み上げられた句を作った人は、ハイと同じように、名前を

なのる。声が小さいと点盛り人も分からないので大きな声

で「自分の俳号、或いは 名」で答える。

この披講者と、名乗りの息が合ひ、点盛りの点数が読み上げ

られるタイミングが合うとスムーズで句会の雰囲気が盛り上がる。

披講が終わり、各人の点数が決定した後で、高得点の句に対して

司会進行の方から、選句者に対して、選句理由や評価等を

述べる機会が与えられたり、選句しない訳などをそれとなく

楽しい、和やかな雰囲気で各人に問いかけてくる。

その後で、主宰より、2句提出した句の良い俳句の方に○の評価

を与える。又主宰が特に良しとした俳句に1割程度の割合で○△の

評価も与える。2句とも○がもらえれば、最高ということになる。

その後、主宰は2時間程をかけて、約120句の句評を夫々行う。

その際に、句の作者に対して、質問したり、添削もしたりしながら

又、作者が逆に主宰に質問したりしながら、場が盛り上がってゆく。

なお、1句も選ばれなかった場合は「今日はスコンク」と隠語が

交わされることになるが。

17時の句会終了後、疲れ果てているが、喫茶室での反省会組と

居酒屋反省会組とが分かれて夫々帰宅となる。

因みに、私は居酒屋反省会組である。

なお、俳詩「滝」では、20日締切で、7句の投稿句提出により、

主宰が判別して、4句作品と3句作品に分けられる過酷さ

もあり、その掲載順序と表題30句にも仕分けされます。

 さて、今日は俳句会の仕組みをを書きましたが、また2月6日の

句会をライブ報告致しますので、好ご期待下さい。

 私の資料として、現在、提出予定俳句を下記に乗せておきます。

     ○は現在句会提出予定作品;無印は入れ替え可能作品。

     句会提出 2句予定句

     ○ ラガーの肉体白く発光せり

     ○ やにはに息ぞ白し六波羅密寺

     

     20日締切、投稿句予定作品

      ・ 立春や朱に染め抜きし手漉和紙

      ・ 雪原の機関車の音赤い月

      ・ 狼のゐなくなりたる国家かな

      ・ 恐竜の背骨軋むや春の川

      ・ 日脚伸ぶ棟梁の手の記憶かな

      ・ 雪折や山は全身で震へる

      ・ 縄文人の骨の飢餓線冬銀河

      ・ 月光の固まってゐる氷柱かな

      ・ 紙雛息を吹き込み立たせたり

      以上をあげておく。

      定例句会での 提出○2句の句友の反応。

      主宰の句評の行方。

      それで、20日締切、7句に入れるべきかどうか決める。

             去年2月の私の句は

      ・ 母の指曲がりしままや鬼は外  学

      ・ 鬼怒川の光る魚道や寒明くる

     ・ みどり児の握る力や春の潮

     ・ 神々の意の異なれる海鼠かな

      そんな句会を報告します。

      じゃ、今日はこの辺で。

追伸:俳句結社「滝」、滝俳句会。

    俳誌「滝」 編集発行人 菅原 鬨也(すがわら ときや)

    主宰 菅原 鬨也 (第29回角川俳句賞受賞者)

        住所982-0841 仙台市太白区向山3-10-1

       ℡&Fax 022-227-7797

    俳誌 定価 900円、一カ年10,800円、

    問合事務局:

     滝俳句会連絡先、遠藤玲子 ℡&Fax 022-291-4410

           会員約200名、九州から青森県まで日本各地におります。

     俳句にご興味のあるかたは上記迄、電話&Faxでご連絡下さい。

     会員は現代俳句協会、伝統俳句協会、宮城県俳句協会等、       

     に所属しておられる方々がおられます。

       

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »