« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月

今日の俳句

★秋灯や雨の生まるる交差点

★川風に鳴くやよしきり秋の空

★青空に触るるよ毬の栗三ツ

★少し出る獣の相や秋の酒

★硬球の弾ける音や夜学の灯

★新刊書けあぐる秋の深さかな

★ひつじ田に日の差し郷土資料館

★幸せをゆたりと着たり藍浴衣

★ 夏雲に迫り来るや三輪車

★グローブの油照りする晩夏かな

★スパイクのピン研ぎすます晩夏光

 

★海月なす漂へる国とも云へり

★青刈りにしたるひつじ田米四俵

★かうぼしや溶接に蚊の飛び入りて

★ おかめがこぎつね小突きて山車踊る

★ 秋風や皺の容は柔らかに

★ 鰯雲ケイタイ持ちて透明に

★夕霧や松ぼっくりに傘閉じる

★ 具は先にスープは後に神無月

★通勤の電車の位置や秋深し

★初秋や木工所より木の香り

★天高し古文書を紐解いてをり

| | コメント (0) | トラックバック (0)

AED講習会 10月19日

AED講習会 2008/10/19(日)講習時間 10:00~16:00

 場所 泉崎集会所 泉崎町内会主催

 日赤に講師をお願いしました。

 講習会費用1500円は町内会負担です。

 出張講習なので、器具を日赤宮城県支部に金曜日に取りに行きました。

 認定証も発行するとのこと。参加者は16名。

3ヶ月前に予約をしなければならないので、6月にご相談したが、明日の講習会を開催できることになりました。窓口は新設なのですが、書類とか、会計は村井知事宛とか、泉崎日赤奉仕団から書類を提出等等、役所的対応で困りましたが。日赤の事務所主催でない講習会開催は宮城県では今年は今回が初めてかな。手続きが面倒だね。ポスターで呼びかけている AEDは普及に積極的とは思われないのが実情でしょうね。

講師は2名派遣されます。先月は雨の中でも決行した防災訓練は、予定を幾分か修正して、3班に分けて、防災マップを持って、震災時の危険をイメージしようにした。集会所で新井川先生のトリアージの話は阪神淡路大地震の現実味があるなかなか濃い話であった。アルファー米のおにぎりは250個作って、参加者96名に2個は渡ったようだ。コンビニの鳥おにぎりよりうまいとはなかなかうまく湯であげたものである。そういえば、上に海苔をまいていたが、それが効いていたかな。現在仕事が忙しくて更新がままならず、すみません。

第18回奥州涌谷金俳句全国大会9・6に応募した俳句が入選しました。

★秋空の落ちて来たりて涌谷城

★ひぐらしのそのまま星になりにけり

★綿くずを吸ひたる肺に夜業の灯

★半分は泣きながら立ってゐる秋

★ 木簡乃以呂波仁保部止梅雨晴間      (いろはにほへと)

★若鮎の瀬に来て水のふくれけり

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »