« 7月の句会へ | トップページ | たばこ値上げ 税収は増えるか »

7月句会の結果

7月句会の結果。

★ 縁日の香具師(やし)の口上夏蓬       0点    主宰 ○ 

★ ロボットの身の振り方や薔薇の辺は     0点        ×

★ 船の灯の突堤かはす半夏雨          0点       △

句会始まって以来のスコンクである。

しかし、主宰の講評はいたって好評であった。香具師の寅さんの口上があるねと。秋の鍛錬会、岩手県花巻・大沢温泉宿泊句会では余興で是非、演じてほしいとの要望もあり。「石っこ賢さん」こと宮沢賢治探索後に予定されている。

 船の灯の句は写生句であるが、幻想的で、半夏雨の季語は初めて聞くが、梅雨時の青田風の吹き始める頃にふる雰囲気がでていてよいとのことであった。

 今回は最高得点が7点が3名いた。☆地に届く虹の片脚かぐや姫 ☆蝉しぐれ傘の重たくなりにけり ☆船頭の膝の青あざ雲の峰 

 なかなか選ぶ人たちもレベルが高い。的確に選ばれてる句が並んだ。

ちなみに私が選んだ4句は、上の句の選者の句以外、

石母田星人2点句:★ 天体や水にほどけゆく蛍

 であった。うまいなという感じ。ちなみに主宰によれば無印句である。天体と大見得を切ったのはいいが、蛍、死、星空などつきすぎで、比ゆ的であっても、創造の域を出ていないから、なるほどとも思うが、なかなか作れない句でもある。

8月中旬までに、句誌で新しいテーマ、「季語と私」、「私と昭和」のテーマで原稿依頼があった。自作の句 ★捨玩具るりいろといふしぐれかな {季語は時雨」★ 生み立ての卵の羽毛原爆忌 「私と昭和」の切り口で書こうと検討中である。

 楽しい高得点句者3名含めて、20数人で飲み会反省会もあり楽しかったが。次の日は4時半起きて、東京へ。サミットで警戒は厳重。駅構内のロッカー使用は中止である。荷物を預けようとして失敗だ。月曜日は雨が降ってきて、ビニール傘を買ったしたが、火曜日は曇りで雨は関係なし。新宿駅西口交番で待ち合わせはスムーズであった。東京都庁通りでは朝から、アニメーションと思しきキャラクラー女戦士の撮影をしていた。赤いポップコーンの狭い道の場所を歩いていたら、やたら、こちらに走ってくる。いやはや、やせているわ、脚がながいわ。驚いた。夜11時に仙台についてたが、土曜日にも東京出張といことで、少し書き込みの時間がとれないことがありそうである。

 さて7月投稿句7句の締め切りが20日である。

7月投稿句は主宰○△の2句の他に

☆ 山宿や蛾の取りに来しランプの灯

☆ あをあをと粟の葉戦ぐ一揆の地

☆ 明易し達磨の片目そのままに

☆ 夏が来る山を背負ひて歩荷来る

☆ 石窟に光さしけり夏至の朝

|

« 7月の句会へ | トップページ | たばこ値上げ 税収は増えるか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504062/41783351

この記事へのトラックバック一覧です: 7月句会の結果:

« 7月の句会へ | トップページ | たばこ値上げ 税収は増えるか »